た  光  並  け     さ  の  は  も  の     し  る     っ  通          
  ° に  ん  ら  部  を  大  な  の  中  蝶  い  で  目  ぷ  り  賑       
 ラ  か  で  れ  屋  も  敵  い  細  に  番  小  う  の  ち  過  や     8 
 ベ  ざ  い  て  の  の  だ   ° い   ` の  屋  ず  前  ま  ぎ  か     月 
 ル  す  る  い  突  と  っ  光  光  ト  取  が  く  に  で  た  な     の 
 の  と   ° て  き  も  た  は  の  タ  れ  建  ま  は  来  町  市     セ 
 文   ` そ   ` 当  せ   ° 僕  柱  ン  か  っ  っ  プ  る  の  街     レ 
 字  琥  の  一  た  ず  僕  の  を  の  け  て  た  レ  と  外  地     ナ 
 を  珀  一  〇  り  に  は  さ  浮  破  た  い  ホ  ハ   ` れ  の     | 
 読  色  つ  セ   `  ` 自  さ  か  れ  ド  る  |  ブ  僕   ` 石     デ 
 み  の  を  ン  三  奥  分  や  び  目  ア   ° ム  に  は  ほ  畳       
 と  帯  そ  チ  方  に  の  か  上  か  を     レ  毛  自  と  を       
 ろ  が  っ  四  の  進  部  な  が  ら  そ     ス  が  転  ん  抜       
 う   ` と  方  壁  ん  屋  コ  ら  射  っ     の  生  車  ど  け       
 と  木  手  の  に  で  よ  レ  せ  し  と     よ  え  を  海   `      
 顔  箱  に  小  は  い  り  ク  て  こ  開     う  た  止  を  迷       
 を  を  取  さ  大  く  慣  シ  い  む  け     に  よ  め  見  路       
 近  薄  り  な  き   ° れ  ョ  た  夕  る     見  う  た  下  の       
 づ  く   ` 木  な     た  ン   ° 方  と     え  な   ° ろ  よ       
 け  縦  屋  箱  棚     こ  に  こ  の   `    る   `    せ  う       
 る  に  根  が  が     の  と  の  光  薄      ` 遠     る  な       
 と  切  か  ず  く     場  っ  部  が  暗     み  目     よ  住       
  ` り  ら  ら  く     所  て  屋   ` い     す  に     う  宅       
 黴  取  降  り  り     の  一  に  幾  部     ぼ  は     な  街       
 と  っ  る  と  つ     暗  番  窓  筋  屋     ら  ま     崖  を       
                                                         

 る  震     の  溶  身  部  て  少     室  ペ  奥  入     た     は  埃 
  ° わ  太  空  け  は  屋   ` し  僕  を  |  は  り  突  箱  ち   ┐ の 
 積  せ  陽  が  な  ス  を  キ  蓋  は  連  ス  暗  口  き  だ  ょ  2  入 
 乱  な  は   ` い  ノ  駆  ャ  を  し  想  に  室  よ  当  っ  う  0  り 
 雲  が  血  強  雪  |  け  リ  ス  っ  さ   ` の  り  た  た  ど  0  混 
 は  ら  で  烈  が  ド  回  |  ラ  か  せ  粗  よ  も  り   ° 三  4  じ 
 薔   ` で  な  ち  |  り  ケ  イ  り  る  末  う  ず  の     年  ・  っ 
 薇  夕  き  夕  ら  ム   ` |  ド  と   ° な  な  っ  壁     前  8  た 
 色  方  た  方  つ  に  隅  ス  さ  ド     椅  完  と  の      ` ・  匂 
 の  の  ゼ  の  く  似  々  か  せ  ア     子  全  堅  一     僕  1  い 
 返  空  リ  光  か  た  ま  ら  た  を     が  な  牢  隅     が  2  が 
 り  を  |  を  わ  球  で  解  だ  閉     一  闇  な  に     一     し 
 血  ダ  の  放  り  形  明  放  け  め     つ   ° 造  は     番  1  た 
 を  イ  よ  っ  に  の  る  さ  で  る     あ  人  り  小     最  8   °
 浴  ダ  う  て   ` 物  く  れ   ` と     る  が  の  さ     初  ‥  辛 
 び  イ  に  い  ジ  体  照  た  光  木     だ  ひ  そ  な     に  0  う 
 て  ・   ` た  オ  で  ら  子  の  箱     け  と  の  ド     閉  4  じ 
  ` ピ  ふ   ° ラ   ` し  犬  束  を     で  り  ド  ア     じ └   て 
 空  ン  る     マ  ド  出  の  が  開      ` 入  ア  が     こ   ° 読 
 は  ク  ふ     の  |  す  よ  飛  け     何  れ  を  あ     め     み 
 ま  に  る     よ  ム   ° う  び  た     と  る  開  る     た     と 
 る  染  と     う  の  木  に  出   °    な  程  け   °    空     れ 
 で  め  輪     な  中  箱   ` し  ほ     く  度  る  建     の     た 
 素  上  郭     八  で  の  狭  て  ん     懺  の  と  物     入     文 
 晴  げ  を     月  は  中  い  き  の     悔  ス   ` の     っ     字 
                                                         

 い  ん  溶     る  ご  に  ど     な  は  な  の  グ     長  T  溢  ら 
  ` ど  か  光  よ  と  空  れ  僕  っ  次  美  複  レ  最  く  シ  れ  し 
 湿  透  し  を  う   ` を  も  の  た  第  し  雑  |  初  濃  ャ  か  く 
 度  明  こ  乱  に  時  眺  同  興   ° に  さ  な  に  に  い  ツ  え  楽 
 の  に  ん  反  な  間  め  じ  味     表  だ  混  紫  惹  影  に  っ  し 
 違  近  だ  射  っ  ご  て   ` は     層  っ  じ   ` か  な  色  て  い 
 い  い  ブ  し  た  と  い  平  次     的  た  り  季  れ  ん  写  い  祝 
  ` よ  ル  て   ° の  る  板  第     な   ° 合  節  た  か  り  た  祭 
 空  う  |  輝      ` う  な  に     夕  し  い  ご  の  と  し   ° か 
 気  な  ・  く     微  ち  青  青     方  か  は  と  は  同  そ  ま   `
 に  ガ  ブ  曇     妙  に  色  空     の  し   ` に  夕  じ  う  る  陰 
 混  ラ  ラ  り     な   ` に  に     美  空  初  グ  方   ` な  で  惨 
 じ  ス  ッ  の     空  い  し  移     し  を  心  ラ  の  無  木  C  な 
 る  の  ク  な     の  つ  か  っ     さ  集  者  デ  空  反  漏  G  事 
 微  空  の  い     青  し  映  て     に  め  を  |  だ  省  れ  の  件 
 粒   ° 空  青     さ  か  ら  い     あ  続  夢  シ  っ  に  日  よ  の 
 子  季   ` の     の  僕  な  っ     ま  け  中  ョ  た  鮮  の  う  予 
 の  節  青  空     違  は  か  た     り  て  に  ン   ° や  緑  に  兆 
 量  に  と   `    い   ` っ   °    魅  い  さ  を  オ  か  や  不  の 
 の  よ  い  微     が  日  た  初     力  る  せ  異  レ  な  道  自  よ 
 違  る  う  か     見  ご  が  め     を  う  る  に  ン  夏  路  然  う 
 い  気  よ  に     分  と   ` の     感  ち  の  す  ジ  の  を  な  な 
 に  温  り  憂     け   ` 飽  う     じ  に  に  る  や  色  横  色  色 
 よ  の  ほ  い     ら  季  き  ち     な   ` 十  色  藍   ° 切  彩  彩 
 っ  違  と  を     れ  節  ず  は     く  僕  分  彩  色     る   ° で 
                                            `            

    ま  眼  僕  た  た  れ  を     だ  密  を  ち     で  の  な  も  て 
 地  る  を  は   ° た  て  探  あ  っ  や  並  寄  こ  き  色  く  し   `
 面  の  つ  小  揺  め   ` そ  ま  た  か  べ  っ  の  る  彩  な  僕  空 
 と  を  ぶ  さ  れ   ` 僕  う  り   ° に  た  て  三  だ  だ  っ  を  は 
 一  待  っ  な  は  地  は  と  夕     自  り  は  年  ろ  け  た  何  無 
 緒  っ  て  椅  ま  面  暗  立  空     分  し   ` 間  う  で  頃  ヶ  数 
 に  た   ` 子  す  に  闇  ち  を     だ  て  集   `  °  ` に  月  の 
 揺   ° 扉  を  ま  ぶ  の  上  眺     け  何  め  学     今   ` も  青 
 れ     に  頭  す  か  中  が  め     の  時  た  校     が  空  窓  の 
 な     背  に  酷  る   ` っ  る     偶  間  空  が     何  だ  の  グ 
 が     中  か  く  前  前  た  気     像  も  を  終     月  け  な  ラ 
 ら     を  ぶ  な  に  に   ° 分     に  過  眺  わ     何  を  い  デ 
  `    押  る  り   ` つ  次  で     祈  ご  め  る     日  見  部  | 
 僕     し  と   ` 壁  ん  の  は     り  し  た  と     な  せ  屋  シ 
 は     つ   ` 立  に  の  瞬  な     を  て  り   `    の  ら  で  ョ 
  `    け  膝  っ  し  め  間  か     捧  い   ` 僕     か  れ  監  ン 
 呆     た  を  て  こ  っ   ` っ     げ  た  新  は     正  た  禁  を 
 然     格  抱  い  た  た  地  た     る   ° し  毎     確  と  し  浮 
 と     好  え  ら  ま   ° 面  僕      ` 僕  く  日     に  し   ` か 
 し     で  て  れ  額  狭  が  は     孤  は  閉  こ     答  た  時  び 
 た     地  う  な  を  い  ぐ   `    独  地  じ  の     え  ら  間  上 
 気     震  ず  く  打  部  ら  別     な  下  こ  場     る   ` の  が 
 持     が  く  な  ち  屋  り  の     異  墓  め  所     こ  僕  感  ら 
 ち     お  ま  っ  つ  だ  と  木     教  地  た  に     と  は  覚  せ 
 で     さ  り  た  け  っ  揺  箱     徒  で  空  立     が  そ  が  る 
  `        `                                            °

 よ     の  ム  銀  ム  ヤ  ス  わ  な  わ  て  天     壊  力  せ  う  棚 
 う  僕  宝  は  色  に  板  の  れ  の  せ  い  井  頭  滅  の  い  鋭  の 
 な  は  物  ボ  の  射  や  よ  て  に  る  た  が  の  的  ほ  で  い  倒 
 清  不  は  |  月  す   ` う  い   `  `  ° 歪  上  な  と   ` 音  れ 
 冽  意  う  ン  光  よ  僕  な  た  真  暗  楕  み  に  打  ん  世  を  る 
 な  に  ち  チ  と  う  の  冷   ° 夏  く  円   ` く  撃  ど  界  背  強 
 白  思  捨  ャ  交  な  埃  気  そ  の  濃  状  そ  わ  を  全  で  中  い 
 と  い  て  イ  わ  光  だ  を  し  夜  い  に  の  ん  受  て  た  越  衝 
 よ  出  ら  ナ  る  を  ら  漂  て  の  青  大  重  と  け  を  だ  し  撃 
 く  す  れ  の  と  投  け  わ  天  む  が  き  み  い  て  費  一  に  や 
 似  |  た  よ   ` げ  の  せ  頂  せ  顔  く  で  う  い  や  つ  聞   `
 た  |  頭  う  一  か  T  な  で  返  を  開  ト  軽  る  し  の  い  ガ 
  ` 月  蓋  に  瞬  け  シ  が  は  る  の  い  タ  い  の  て   ` て  ラ 
 痛  の  骨  無  で  て  ャ  ら   ` よ  ぞ  た  ン  衝  は  作  僕  い  ス 
 々  光  の  数  灰  い  ツ   ` 白  う  か  穴  屋  撃  明  り  が  た  の 
 し  の  よ  の  白  る  や  折  い  な  せ  か  根  を  ら  上  こ   ° 弾 
 い   ` う  ひ  色   °  ` れ  満  色  て  ら  の  感  か  げ  の  こ  け 
 細  目  な  び  に  夕  し  て  月  彩  い   ` 一  じ  だ  た  三  の  る 
 い  を  姿  割  変  空  ま  さ  が  に  た  深  部  て  っ  コ  年  気  よ 
 白  背  に  れ  色  の  い  さ   `  `  ° い  が  見  た  レ  間  紛  う 
 い  け  な  を  し  オ  損  く  ド  僕  こ  湖  剥  上   ° ク   ` れ  な 
 腕  た  っ  生  た  レ  ね  れ  ラ  は  ん  の  が  げ     シ  時  な  パ 
 の  く  た  じ   ° ン  た  た  イ  心  な  底  れ  る     ョ  間  天  ン 
 こ  な   °  ` ド  ジ  ド  ベ  ア  を  状  を  落  と     ン  と  災  と 
 と  る     僕  |  は  |  ニ  イ  奪  態  思  ち   `    が  労  の  い 
                                                         

 フ  彼  よ  り     曲  た  い   ┐ め  限  分  務  の  ロ  て     隙  を 
 ル  女  う  こ  教  で   ° た  ド  に  に  で  怠  よ  ス   ` 三  間   °
 |  は  の  ま  室  し   ┐ 肘  ヴ  小  引  探  慢  う  プ  放  年  か  そ 
 ト  言  な  れ  の  ょ  今  に  ォ  さ  き  さ  な  に  レ  課  前  ら  の 
 の  っ  い  て  窓  う  の  ヨ  ル  な  延  な  保  保  |  後  の  の  腕 
 音  た  演  い  か └   鼻  |  ザ  傷  ば  け  険  健  で  の  そ  ぞ  は 
 の   ° 奏  た  ら     歌  ド  |  を  す  れ  医  室  擦  練  の  い  い 
 よ  口  が  ら  聞      ` チ  ク  作  こ  ば  の  に  り  習  頃  て  つ 
 う  調  頭  し  こ     い  ン  の  る  と  な  お  通  傷  の   ` い  も 
 に  の  に  い  え     つ  キ  交  こ  が  ら  か  っ  を  度  僕  た   `
 柔  厳  残   ° て     も  を  響  と  で  ず  げ  て  こ  に  ら   ° 保 
 ら  し  る  僕  く     オ  塗  曲  に  き   ` で  い  さ   ` の     健 
 か  さ  な  が  る     |  っ  弟  専  た  グ   ` た  え  慣  学     室 
 だ  と  ん  そ  音     ケ  て  八  念  の  ラ  マ   ° て  れ  校     の 
 っ  は  て  う  楽     ス  い  番  し  で  ウ  |  五  い  な  は     ベ 
 た  対   ` 言  が     ト  る   ° て   ` ン  キ  時  た  い  球     ッ 
  ° 照  あ  う   `    ラ  と  弟  い  僕  ド  ュ  に  僕  ス  技     ド 
    的  な  と  無     部   ` 三  た  は  に  ロ  は  は  ラ  大     を 
    に  た   ` 意     が  背  楽   ° で  戻  液  必   ` イ  会     遮 
     ` 気   ┐ 識     練  後  章     き  る  や  ず  ほ  デ  が     る 
    彼  の  あ  の     習  か  ね     る  時  絆  帰  と  ィ  近     カ 
    女  毒  ん  う     し  ら └      だ  間  創  宅  ん  ン  づ     | 
    の  ね  な  ち     て  声  擦     け  を  膏  す  ど  グ  い     テ 
    声 └   救  に     い  が  り     こ  最  を  る  毎  や  て     ン 
    は  と  い  刷     る  し  剥     ま  大  自  職  日  ク  い     の 
                                                         

 そ  っ  る  左     と  こ  を  わ  ま  い  存   ┐ オ  達  そ  し  が    
 の  た  り  腕  彼  し  の  外  れ  し  い  在  ほ  |  は  れ  に  な  彼 
 白  植  と  だ  女  か  ヴ  す  て  た  の  す  ら  ケ  少  だ  見  か  女 
 い  物  し  っ  は  思  ァ  と  も   ° か  る   ` ス  し  け  え  っ  が 
 指  を  た  た  美  え  イ  か  あ  僕  し  た  ま  ト  ず  が  る  た  保 
 が  思  細   ° し  な  オ   ` ま  で  ら  め  た  ラ  つ  僕  細   ° 健 
 フ  わ  く  青  か  い  リ  そ  り  も └   に  テ  部  話  の  い  と  室 
 ル  せ  長  白  っ  わ  ン  う  ピ  分  微   ` ン  の  を  知  左  い  以 
 |  た  い  い  た  ね  は  い  ン  か  か  あ  ポ  演  す  っ  腕  う  外 
 ト   ° 左  静  が └   新  う  と  る  に  と  が  奏  る  て  と  よ  の 
 の  彼  腕  脈   `    た  レ  こ  よ  聞  ど  ず  が  よ  い   ` り  場 
 上  女  は  が  と     な  ベ  な  う  こ  の  れ  い  う  る  シ  は  所 
 を  が   ` く  り     楽  ル  い  な  え  く  た  か  に  彼  |   ` に 
 波  音  一  っ  わ     曲  の  よ  初  て  ら  |  に  な  女  ツ  わ  い 
 の  楽  度  き  け     を  ミ  う  歩  く  い  |  酷  っ  の  か  ず  る 
 よ  の  も  り  僕     作  ス  な  的  る  彼  リ  い  た  外  ら  か  と 
 う  話  日  と  が     り  じ  も  な  演  ら  ズ  か  が  見  出  に  こ 
 に  を  の  浮  惹     出  ゃ  の  ミ  奏  は  ム  と   ` の  た  開  ろ 
 動  す  光  か  か     そ  な  も  ス  に  進  っ  い  も  全  胸  い  を 
 く  る  を  び  れ     う  い  あ  も  僕  化  て  う  っ  て  か  た  僕 
 様  た  浴  上  た     と  で  っ  あ  達  を  い  こ  ぱ  だ  ら  カ  は 
 子  び  び  が  の     し  し  た  れ  は  重  う  と  ら  っ  上  |  見 
 を   ` ず  る  は     て  ょ   ° ば  耳  ね  概  だ  内  た  の  テ  た 
  ` 僕  に   ` 白     い  う   ┐  ` を  れ  念  っ  容   ° 姿  ン  こ 
 ヴ  は  育  つ  い     る   ° 音  言  澄  ば  が  た  は  僕   ° 越  と 
                                         °               

 な  彼   ┐ い  理  の  と  る     て  さ   ┐  ┐ 言   ┐ ろ  ま  度  ァ 
 い  女  そ  よ  由  図  は  こ  球   ` い  だ  ど  っ  明  を  る  も  イ 
 の  が  ろ  う  な  々  で  と  技  耐  し  っ  う  た  日  想  で  彼  オ 
 だ  言  そ  な  く  し  き  に  大  え   ` て  し   ° は  像  ピ  女  リ 
 と  っ  ろ  気  や  さ  る  な  会  ら  泥  み  て     学  し  ア  の  ン 
 思  た  戻  が  っ  を   ° る  が  れ  だ  ん  ?     校  た  ノ  白  の 
 う   ° っ  し  て  僕  し   ° 終  な  ら  な └      に   ° で  い  弦 
 と  僕  た  た  く  は  か  も  わ  い  け  一        来     も  左  を 
  ` は  ら   ° る  持  し  ち  れ └   の  日        な     弾  腕  優 
 不  彼  ?     僕  ち  彼  ろ  ば     汚  中        い     く  の  し 
 思  女 └      を  合  女  ん   `    い  外        と     よ   ` く 
 議  に  も      ` わ  の  口  僕     連  で        思     う  ひ  爪 
 と  と  う     彼  せ  聖  実  も     中  走        う     に  と  弾 
 勇  っ  出     女  て  域  な  保     が  り       └       ` き  く 
 気  て  て     は  い  に  ん  健     た  回        球     優  わ  様 
 が   ` 行     も  な  理  て  室     く  っ        技     し  白  を 
 わ  一  っ     う  か  由  な  に     さ  て        大     く  く  思 
 い  時  て     受  っ  な  く  来     ん  る        会     指  輝  い 
 た  の  欲     け  た  く  た  る     入  で        の     を  く  描 
  ° 闖  し     入  し  侵  っ  口     っ  し        前     這  内  い 
    入  そ     れ   ` 入  て  実     て  ょ        日     わ  側  た 
    者  う     て  何  す   ` は     く  う         `    せ  の   °
    に  な     く  よ  る  来  な     る   °       彼     る  部  僕 
    す  声     れ  り  ほ  る  く     な  う        女     と  分  は 
    ぎ  で     な   ` ど  こ  な     ん  る        が     こ  に  何 
                                                     `   

 箱  の        か  裏     っ  て     冷  を     っ  面  い  と  げ    
 か  中  月     せ  切  僕  た  い  驚  た  想  僕  た  か  た  し  て  僕 
 ら  は  光     た  っ  は  の  る  い  さ  像  は   ° ら  拍  た  初  は 
 放  真  は     ま  た  手  だ  と  て  を  し  彼     見  子  表  め  カ 
 り  昼  穴     ま  と  ひ   ° も  顔  感  な  女     据  に  情  て  | 
 出  の  だ      ` も  ど     つ  を  じ  が  の     え   ` の  彼  テ 
 さ  よ  ら     た  つ  い     か  あ  て  ら  左     た  肩  せ  女  ン 
 れ  う  け     だ  か  裏     な  げ   ` そ  腕     彼  口  い  と  を 
 た  な  の     彼  な  切     い  る  僕  っ  に     女  で  で  向  め 
 夥  明  屋     女  い  り     顔  と  は  と  手     は  切  さ  か  く 
 し  る  根     を  混  を     を   ` 思  手  を      ` り  ら  い  り 
 い  さ  の     見  乱  受     し  目  わ  首  伸     横  そ  に  合  上 
 数  だ  あ     つ  し  け     た  の  ず  を  ば     か  ろ  大  っ  げ 
 の  っ  ち     め  た  た     彼  前  手  掴  し     ら  え  き  た  る 
 空  た  こ     て  気  と     女  に  を  む  た     見  た  く   ° と 
 た   ° ち     い  持  も     が   ` 引  と   °    る  髪  見  大   `
 ち  棚  か     た  ち   `    い  泣  っ   ` 柔     よ  が  え  き  ベ 
 は  か  ら      ° で  逆     た  い  こ  指  ら     り  繊  た  な  ッ 
  ` ら  降         ` に      ° て  め  先  か     も  細   ° 黒  ド 
 隅  転  り        右  自     左  い  た  に  な     ず  に  驚  い  の 
 々  げ  注        手  分     腕  る   ° 氷  皮     っ  揺  い  目  上 
 ま  落  ぎ        を  が     は  と     の  膚     と  れ  て  が  に 
 で  ち   `       宙  彼     義  も     よ  の     綺  た  身   ` 乗 
 染   ` 小        に  女     手  怒     う  感     麗   ° を  は  り 
 み  木  屋        浮  を     だ  っ     な  触     だ  正  引  っ  上 
                                                         

                                     月  じ  帯  を  ち  り  と 
                                     に  こ  び  伸  て  果  お 
                                     そ  め   ` ば  く  て  っ 
                                     っ  た  や  し  る  て  た 
                                     と   ` が  た  月  い  銀 
                                     触  小  て   ° を  た  色 
                                     れ  さ  こ  僕  抱   ° の 
                                     る  な  の  の  き  僕  光 
                                     と  ド  空  両  留  は  の 
                                      ` |  と  手  め  空  せ 
                                     指  ム  同  の  る  の  い 
                                     先  状  じ  中  か  墓  で 
                                     に  の   ` で  の  場   `
                                      ` 空  白   ` よ  の  今 
                                     心  が  い  次  う  真  や 
                                     地  現  月  第  に  ん  全 
                                     よ  れ  と  に   ` 中  て 
                                     い  た  深  球  空  に  灰 
                                     冷   ° い  形  に  座  白 
                                     た  天  青  の  向  り  色 
                                     さ  頂  の  物  か  込  の 
                                     を  に  闇  体  っ  む  残 
                                     感  か  と  が  て  と  骸 
                                     じ  か  を  形  両   ` と 
                                     た  る  閉  を  手  落  な 
                                      °                  
[Return]