で  こ  い  っ  一     よ  気  い  る  い     四  ル  話  門          
 送  れ  る  た  緒  私  く  温  う  振  つ  私  人  |  と  を  生       
 っ  か   °  ° に  は  続  三   ` り  も  が  組  プ  悪  見  徒     癒 
 た  ら  す  あ  帰  祈  く  十  第  を  校  一   ° に  口  る  の     し 
 メ  追  ぐ  い  り  る  と  二  三  し  門  番     入  専   ° 下     の 
 |  試  に  つ  た  よ  思  度  者  て  の  気     り  門  い  校     在 
 ル   ° 携  は  い  う  う  の  に   ` 前  が     そ   ` る  が     り 
 は  今  帯  百   ° な   ° 七  は  私  で  重     こ  面   ` 始     処 
  ` 度  が  メ  校  気     月  分  が   ` い     ね  倒  い  ま       
 奴  一  メ  |  門  持     で  か  通  あ  の     で  だ  る  る       
 の  緒  |  ト  の  ち     も  ら  り  あ  が     今  か  い   °      
 学  に  ル  ル  前  で     お  な  過  し   `    更  ら  る  西       
 力  帰  を  ほ  ま  携     構  い  ぎ  て  こ     他  合   ° 側       
 不  ろ  受  ど  で  帯     い  嫌  る  さ  の     に  せ  い  階       
 足  う  信  離  来  で     な  が  一  も  下     友  て  つ  段       
 に ┗   す  れ  て  親     し  ら  瞬  楽  校     達  ま  も  踊       
 よ  だ  る  た  く  友      ° せ  に  し  時     い  す  の  り       
 っ  っ  も  商  れ  の     昨  を  冷  い  間     ま  の  メ  場       
 て  た  返  業 ┗   大     年  す  た  お   °    せ  二  ン  か       
 一   ° 事  高  と  伴     の  る  く  喋  悪     ん  人  バ  ら       
 蹴  す  は  校  メ  に     十  の  黙  り  口     が  と  |   `      
 さ  が   ┓ に  |   ┓    月  だ  り  を  専     一   `  ° そ       
 れ  る  ご  通  ル  今     か   ° 込  し  門     名  他  人  っ       
 た  思  め  っ  を  日     ら  最  む  て  は      ` の  の  と       
  ° い  ん  て  送   `     ` 高  と  い   `    の  グ  噂  校       
        °                                                

 い  あ  な     僅  た  脇  悪  ろ  彼  う  り  に  直  の     と  ら  怒 
 A  い  奴  昇  か  く  を  口  う  女  け  つ   ` 後  半  力  も  メ  り 
 V  つ  ら  降  の  な  通  専   ° は  ど  い  悪  に  分  な  す  |  と 
 関  ら  の  口  間  る  り  門  彼  教   ` た  口  悪  を  く  ん  ル  と 
 係   ` 何  か  満  よ  過  の  女  室  皆  ら  専  口  保  階  と  し  も 
 も  ど  が  ら  た  う  ぎ  タ  も  の   ` し  門  専  健  段  も  た  に 
 可  っ  怖  足  し  な  た  |   ` ど  面  い  が  門  室  を  言  の   ┓
 !  ち  い  取  た   `  ° ゲ  校  こ  倒   ° 同  と  登  下  わ  に  馬 
└┘ が  ん  り   ° 寄  繊  ッ  門  に  だ  薄  情  同  校  り  な ┗   鹿 
 さ  先  だ  が     り  細  ト  で  も  か  っ  を  じ  し  て  か  と   `
 れ  に   ° 重     添  な  だ  た  居  ら  ぺ  誘  ク  て  行  っ  返  勉 
 る  ナ  表  く     い   ` っ  む  場  悪  ら  う  ラ  い  く  た  信  強 
 か  ン  参  な     た  石  た  ろ  所  口  な  泣  ブ  る  と   ° し  く 
 っ  パ  道  る     く  鹸   ° す  が  専  演  き ┌┐ と   `    た  ら 
 て   ` 百   °    な  の  私  る  な  門  技  方  確  聞  六     も  い 
 言  ス  メ  膝     る  香  は ┌┐ く  に  と  で  か  い  組     の  し 
 わ  カ  |  が     よ  り  黙  表  な  同  気  六  空  た  の     の  ろ 
 れ  ウ  ト  震     う  が  っ  向  っ  調  付  組  手  こ  女      ` よ 
 れ  ト  ル  え     な  し  て  き  て  し  い  の  部  と  子     も   °
 ば ┌┐ 歩  そ     匂  た   ` に  し   ` て  女 └┘ が  と     う  困 
  ` こ  く  う     い   ° 六  は  ま  そ  い  子  で  あ  会     携  っ 
 絶  の  間  だ     が  振  組  立  っ  の  る  達  も  る  っ     帯  て 
 対  際  に   °    鼻  り  女  ち  た  う  の  に  め   ° た     は  い 
 勝  怪  私  あ     腔  返  子  話  の  ち  だ  す  た  入   °    う  る 
 つ  し  と  ん     を  り  の  ?  だ  に  ろ  が  末  学  週     ん  か 
                        └┘                              

 線  ン  ラ  帯     と  ン  皆  出  な  達  話  ら   ` シ  を  頭  た  自 
 を  ス  ケ  を  校  の  ド  も  来  嵐  が   °  ` 私  ョ  持  も  し  信 
 交  だ  ッ  ぎ  門  交  や  転  る  の  い  今  自  は  ン  て  私 ┌┐ あ 
 わ  !  ト  ゅ  へ  流   ` 校  っ  大  る  頃  分  私  で   ` の  大  る 
 し     を  っ  と  で   ┐ 先  て  野  と  大  で  を ┌┐ 持  方  伴  し 
 て  私  持  と  ゆ   ` バ  の   ` 君  思  伴  励  励  と  つ  が  も   °
 無  は  っ  握  っ  半  ッ  カ  一  が  う  は  ま  ま  い  ん  い  似  あ 
 事  そ  た  る  く  分  テ  ナ  年  微  こ  追  す  す  っ  だ  い  た  い 
 校  の  集   ° り  私  リ  ダ  前  笑  と  試  し   ° て  |  し  よ  つ 
 門  ス  団  汗  と  を  |   ` 私  ん  が  の  か  だ  も  !   ° う  ら 
 を  コ  が  が  近  忘 └   岡  は  で  肝  最  な  っ   ┐    あ  な  バ 
 出  |   ` 一  付  れ  に  山  言  い  心  中  い  て  明   ┐ ん  も  カ 
 た  ト  ち  気  く  て  出  で  っ  る   ° だ  じ  誰  日  立  な  ん  で 
  ° 群  ょ  に   ° い  て   ` て   ° 待  ろ  ゃ  も  の  つ  奴  だ  こ 
    に  う  出  四  る  く  そ   ` こ  ち  う  ん  励  ジ  ん  ら  け  の 
    混  ど  る  人  け  る  れ  皆  の  受  け  :  ま  ョ  だ   ` ど  前 
    じ  門   ° は  れ  よ  ぞ  は  笑  け  ど  :  し  |  ジ  怖   ` 英 
    り  を  部  当  ど  う  れ  笑  顔  画   `  ° て └   ョ  い  こ  語 
     ` 出  活  然   ° な  金  っ  を  面  電  手  く  見  |  は  こ  と 
    奴  る  に  ま     年  髪  た  見  に  話  に  れ  た └   ず  で  古 
    ら   ° 行  だ     下  碧  ん  れ  は  の  は  な  こ  ば  な  は  文 
    四  今  く  い     野  眼  だ  ば   ` 先   ` い  と  り  い  ス  追 
    人  が  テ  る     球  の   ° 何  大  に  携  ん  な  の   ° ル  試 
    の  チ  ニ   °    少  フ  そ  で  好   ` 帯  だ  け  テ  自  |  だ 
    視  ャ  ス  携     年  レ  の  も  き  友  電  か  ど  ン  信 └┘ っ 
                                          └┘        `   

 員      |  っ  葉  つ  て  普  紹  た        い  び  の  に  布  さ    
 の  悪  ジ  て  に  け   ` 通  介   ° ド      ° る  中  残  し  れ  駅 
 悪  口  は   ┓ は  た  私  科  記  遅  ロ     そ  上   ` す  て  て  前 
 口  専  確  普   ` 者  は  を  事  い  ッ     れ  で  美   ° も  い  ま 
 専  門  実  通  ち  と  A  ド  で  か  プ     を  必  徳  ふ   ` た  で 
 門  と  に  科  ょ  い  君  ロ   ` な  ア      ` 要  や  と  強   ° 辿 
 は  は  落  を  っ  う  自  ッ   ┓  ° ウ     私  な  道   ` い  大  り 
  ` 一  ち  脱  と  捉  身  プ  高  フ  ト     は  の  徳  思  も  安  着 
 コ  年  る  落  高  え  に  ア  1  リ  っ     痛  は  は  っ  の  売  く 
 ス  時   °┗   級  方  選  ウ  の  |  て     い   `  ` た  が  り  と 
 プ  仲     っ  な  を  択  ト  時  ス  言     ほ  頑  理   ° 生  ら   `
 レ  は     て  響  し  肢 ┗    ` ク  葉     ど  強  想  人  き  し  薬 
 メ  悪     書  き  て  が  な  偏  |  の     感  な  論  も  残  い  局 
 イ  く     い  が  い  あ  ん  差  ル  意     じ  肉  で   ` り   ° の 
 ド  な     た  つ  た  り  て  値  に  味     て  体  し  同   ` 害  前 
 喫  か     後  く   °  ` い  重  転  が     い   ` か  じ  さ  虫  に 
 茶  っ     の  の  普  俗  う  視  校  脱     る  愚  な  じ  ら  は  様 
 を  た     A  か  段  世  具  の  し  落      ° 鈍  く  ゃ  に  強  々 
 希   °    君  も  聞  間  合  学  て  だ        な   ` な  強  い  な 
 望  昨     に  知  き  か  に  校  一  と        神  日  い  い   ° 殺 
 し  年     対  れ  な  ら  書  が  年   `       経  々  ?  も  殺  虫 
 た  文     す  な  れ  見  い  合  の  最        に  を     の  虫  剤 
  ° 化     る  い  な  切  て  わ  A  近        過  生  所  を  剤  が 
 女  祭     イ   ° い  り  あ  ず  君  知        ぎ  き  詮  後  を  陳 
 子  委     メ  だ  言  を  っ  に  の  っ        な  延  世  世  散  列 
                                                         

 そ  ご     は  け  時  ラ  カ  と  っ  手  ど  ど  合  の  完  レ  な  高 
 れ  め  大  今  て  期  ス  ラ  友  て  で   `  ° う  コ  全  ビ  い  入 
 に  ん  伴   ` 転  を  メ  オ  達  い  女  考  ま  こ  ス  に  に  け  学 
 甘 └   か  ク  校  同  イ  ケ  の  た  子  慮  あ  と  プ  忘  出  ど  前 
 え  と  ら  ラ  し  じ  ト  や  顔  か  高  す   ` は  レ  れ  て └┘ に 
 て   ` 電  ス  て  く  を  ら  を  ら  に  べ  そ  ま  メ  て  い  は  彼 
 し  私  話  か  し  し  先  シ  し   ` 来  き  ん  ず  イ  い  る   ` 氏 
 ま  が  が  ら  ま  て  導  ョ  て  悪  た  事  な  な  ド  る  イ  男  を 
 い  言  あ  ド  い   ` し  ッ  取  口  と  情  悪  い  喫   ° ケ  子  作 
  ` う  っ  ロ   ` 仲  て  ピ  り  専  打  を  口  っ  茶  中  メ  と  り 
  ┐ べ  た  ッ  行  の  放  ン  繕  門  ち  抱  専  て  な  山  ン  の  損 
 も  き  の  プ  動  良  課  グ  っ  の  明  え  門   ` ん  優  と  出  ね 
 う  こ  は  ア  を  か  後  や  た  案  け  た  は  冷  て  馬   ` 会  た 
 い  と   ` ウ  共  っ  の  ら  悪  に  て  子  笑  静  来  君  一  い  悪 
 い  を  夜  ト  に  た  過   ` 口  反  く  も  っ  に  な  み  般  を  口 
 よ  大  十  し  す  友  ご  と  専  対  れ  い  て  な  い  た  男  猛  専 
└   伴  時  つ  る  達  し  に  門  し  た  る  退  れ  し  い  子  烈  門 
 と  は  だ  つ  友  が  方  か  だ  た  ク   ° け  ば   ` な  高  に ┌┐
 私  開  っ  あ  人  父  を  く  っ   ° ラ  私  ら  分  悪  美  校  求  人 
 は  口  た  る  を  親  提  私  た   ┐ ス  は  れ  か  口  少  生  め  の 
 上  一   °  ° 失  の  案  を  が  そ  メ   ` る  る  専  年  の  て  こ 
 か  番   ┐    っ  転  し  除   ` う  イ  男  範  と  門  は  区  い  と 
 ら  発  今     た  勤  始  い  次  だ  ト  子  疇  思  と  女  分  た   `
 目  し  日      ° で  め  た  第  よ  を  が  だ  う  付  子  す   ° 言 
 線  た   `    私  続  た  ク  に  ね  知  苦  け  け  き  高  ら  テ  え 
     °              °      └                             

 げ     見  ら   ┐ し  め        気  で  わ  っ  強  か  る  せ  の  で 
 つ  お  出  れ  去  た  る  ホ     付   ` ら  て  し  つ   °  ` の  言 
 け  い  し  て  年  た  こ  |     か  私  な  心  ろ  く   ┐ 頼   ` っ 
 て   ` て  否  は  め  と  ム     さ  の  い  の  よ  ん  も  り  深  た 
 や  私  下  定  |  だ  に  ル     れ  心   ° 澱  っ  だ  う  た  刻   °
 り  へ  さ  さ   `  ° な  |     る  は  あ  み  て  よ  さ  い  さ  学 
 た  の  い  れ  や  今  っ  ム      ° 浮  い  は  感   °  `  ° に  校 
 か  厭 └   ち  り  年  た  で     こ  上  つ  消  じ  っ  今  自  つ  で 
 っ  味     ゃ  た  も   °  `    の  し  ら  え   ° て  日  分  い  の 
 た  か     っ  い  文  様  一     繰   ` を  る  あ  い  も  で  て  現 
  ° ?     た  こ  化  々  足     り  そ  笑  け   ` う  悪  も  は  状 
          ん  と  祭  な  早     返  う  え  れ  大  か  口  始  私  に 
    上     で  を  委  事  く     し  し  る  ど  伴   ` 専  末  は  つ 
    履     す  言  員  情  文     だ  な  立   ` も  よ  門  に  一  い 
    き     け  っ  は  で  化      ° け  場  底  か  っ  が  負  切  て 
    を     ど  て  悪  二  祭        れ  に  に └   ぽ  校  え  伝  大 
    脱      ` も  口  年  の        ば  あ  沈  と  ど  門  な  え  伴 
    い     今   ` 専  の  出        な  る  ん  笑  暇  に  い  て  に 
    で     年  な  門  旅  し        ら  と  で  い  ?  い  と  い  は 
    悪     は  ん   ° 行  物        な  思  い  飛     て  分  な  話 
    口     ど  か     が  に        い  い  る  ば  だ  さ  か  い  し 
    専     ん  理     秋  つ        深  こ  重  し  っ   ° っ   ° て 
    門     ど  屈     に  い        刻  む  石  た  た  本  て  そ  い 
    に     ん  付     変  て        さ  こ  は   ° ら  当  は  の  る 
    投     意  け     更  決        に  と  変  笑  勉  む  い  く  も 
                                                         

 神  こ   ┐ 見  を  こ  す   ┐     ┐ 要  い     っ  ク     も  か   ┐
 経  れ  言  た  睨  と └   誰  嫌  そ  な  の  ど  て  ラ  廊  決  い  な 
 な  は  い  こ  む  が  と  が  っ  れ  ん  前  う  こ  ス  下  ま  た  ん 
 人  言  た  と   ° あ  言  言  て  は  じ  に  せ  と  に  側  ら  み  か 
 に  え  い  な  急  る  い  っ  い  高  ゃ   ` 挙   ` な  後  な  た  | 
 対  な  こ  い  に  な  返  て  る  田  な  事  手  皆  っ  ろ  い  い   `
 し  い  と  け  ス  ら  し  も  く  ち  い  情  し  に  て  の  の  で  よ 
 て  人  と  ど  ケ   ` た   ` せ  ゃ  で  に  て  話  最  席  で  す  く 
 の  に   ` :  番  本   ° ク  に  ん  す  よ  も  し  初  に  |  け  分 
 進  対  言  :  口  人  悪  ラ  ち  の  か  っ  無  て  の  い └   ど  か 
 言  し  っ   ° 調  が  口  ス  ゃ  意 └   て  視  い  一  る      ` ん 
 で  て  て  ち  か  ハ  専  の  ん  見  と  無  さ  た  泊  女     そ  な 
 す  じ  い  ょ  よ  ッ  門  こ  付  ?  私  理  れ  は  研  子     う  い 
└   ゃ  い  っ   ° キ  が  と  か └   は  な  る  ず  修  が     い  け 
    な  こ  と  そ  リ  逆  な  よ     立  こ  の  だ  で  髪     う  ど 
    く  と  違  も  言  切  ん   `    ち  と  で   °  ` で     こ   `
     ` は  う  そ  え  れ  だ  と     上  も   `    彼  顔     と  男 
    言  違  ?  も  ば  気  か  呆     が  あ   ┐    女  を     言  子 
    い  う     ス  い  味  ら  れ     っ  る  決     は  隠     っ  苦 
    た  と     ケ  い  に  い  る     て  っ  ま     男  す     て  手 
    い  思     番  だ   ┐ い   °    言  て  る     子   °    い  な 
    放  い     て  ろ  言  と        っ  確  決     が  去     る  人 
    題  ま      `└   い  思        た  認  ま     苦  年     と  ? 
    の  す     実  と  た  い         ° が  ら     手  同      `   
    無   °    際  私  い  ま           必  な     だ  じ     何  と 
                                                         

  ┐ を  っ     だ  っ  い  な   ┐ だ  終  皆     返  く  も  か  周   ┐
 大  出  た  廊  ろ  て  い  い  去  よ  わ   ` 気  し  て  委  っ  囲  は 
 丈  し  み  下  う  く  し  ?  年  :  っ  私  付  た   ` 員  て  に  あ 
 夫  て  た  側   ° れ └  └   の  :  た  を  く   ° 合  の  く  同   `
 ?  立  い  後  馬  れ   °  ` メ   °  ` 見  と     コ  仕  れ  意  高 
    ち   ° ろ  鹿  ば  そ   ┐ イ  泣  と  て   `    ン  事  な  を  田 
 行  上  保  の  み  い  ん  そ  ド  き  思  い  水     の  で  い  求  ち 
 っ  が  健  席  た  い  な  う  案  た  っ  る  を     幹  す  と  め  ゃ 
 て  っ  室  の  い  の  意  だ  は  く  た  の  打     事   ° 困  よ  ん 
 ら  た  行  女   ° に  見  よ  抵  な   ° に  っ     で  彼  り  う   `
 っ   ° っ  子  も  :  が  ね  抗  っ  秋   ` た     い  氏  ま  と  意 
 し     て  が  う  :  出   ` あ  た  に  目  よ     い  作  す  し  味 
 ゃ     く   ` 大   ° 始  可  る   ° は  を  う     ん  り   ° た  分 
 い     る   ┐ 伴  何  め  愛  け  や  旅  合  に     じ  た  公   ° か 
└     └   ご  の  で  た  い  ど  が  行  わ  教     ゃ  い  平  私  ん 
 と     と  め  こ  先   ° 格  普  て  も  せ  室     な  な  に  は  な 
  `    め  ん  と  に  そ  好  通  ク  あ  よ  が     い  ら  意  そ  い 
 周     い   `  ` 発  う  し  の  ラ  る  う  静     で  文  見  の └  
 囲     っ  ち  馬  言  思  た  喫  ス  の  と  ま     す  化  を  隙  と 
 の     ぱ  ょ  鹿  し  う  け  茶  が  に  し  り     か  祭  取  を  悪 
 子     い  っ  と  ち  な  れ  店  ざ   ` な  返     ?  委  り  与  口 
 が     明  と  言  ゃ  ら  ば  な  わ  ど  い  っ    └   員  入  え  専 
 振     る  来  え  っ  早  す  ら  め  う   ° て     と  じ  れ  ず  門 
 り     い  ち  な  た  く  れ  良  き  す  も  い     言  ゃ  る   ┐ は 
 返     声  ゃ  い  ん  言  ば  く   ` ん  う  た     い  な  の  分   `
              °                       °                  

 は  て  か  管     に  逆  こ  と  の  子  理  テ  止  私  た     週  り 
  ` い  っ  が  私  伝  襲  ん  て  横  が  を  |  ん  は   ° ホ  の   `
 ま  る  た  透  に  え   ` な  も  で  そ  口  ブ  だ  こ  静  |  プ  の 
 だ  気   ° け  向  ら  秋  に  柔  振  っ  実  ル   ° ん  か  ム  |  ん 
 話  が  柔   ` け  れ  の  可  ら  っ  と  に  を  が  こ  で  ル  ル  び 
 し  し  ら  指  て  そ  孤  愛  か  た  頬  教  囲  ら  ん   ` |  授  り 
 た  た  か  の  上  う  立  い  く   ° 笑  室  ん  っ   ` 穏  ム  業  と 
 こ   ° さ  付  げ  な  決  ん   ` 午  み  を  で  と  と  や  が  を  言 
 と  痛   ` け  ら  気  定  だ  穏  後   ` 出  座   ` 扉  か  終  生  う 
 も  み  温  根  れ  が  の   ` や  の  テ  た  っ  流  を  な  わ  理   °
 な  が  か  は  た  し  旅  と  か  初  |  廊  て  れ  ノ  声  る  で  皆 
 い   ` さ  彼  手  た  行  知  だ  夏  ブ  下  い  の  ッ  が  の  見   `
 彼  他   ` 女  は   ° で  っ  っ  の  ル  側  た  悪  ク   ` を  学  彼 
 女  の  確  の   ` 受  重  た  た  日  に  後  の  い  し  と  待  し  女 
 か  者  か  頬  白  け  く   °  ° 差  置  ろ  は  引  た  つ  っ  て  の 
 ら  の  な  の  い  止  沈  明  あ  し  い  の   ` き   ° と  て  い  嘘 
 教  痛  存  よ  掌  め  ん  日  あ  を  て  女  六  戸  途  つ   ` た  は 
 え  み  在  う  か  て  だ  か   ` 受  い  子  組  を  端  と  私  の  分 
 ら  を  感  に  ら  く  心  ら  こ  け  た  だ  女  開  に  聞  は  だ  か 
 れ  癒  に  ほ  う  れ  を  の  の   ` 手  っ  子  け  そ  こ  保  か  っ 
 た  す   ` ん  っ  る   ` 悪  子  そ  を  た   ` る  の  え  健  ら  て 
  ° |  私  の  す  気  強  口   ` の  上   ° さ   ° 声  て  室   ° い 
 ぎ  |  は  り  ら  が  が  専  笑  笑  げ  六  っ  小  た  く  に     た 
 こ   ° 触  と  と  し  ら  門  う  顔   ` 組  き  さ  ち  る  行      °
 ち  私  れ  赤  血  た  ず  の  と  は  顔  女  生  な  は   ° っ     先 
                 °                                       

                                                 ま  る  な 
                                                 小  で  く 
                                                 さ  違   `
                                                 く  う  ひ 
                                                 会   ` ど 
                                                 釈  心  く 
                                                 し  の  ぎ 
                                                 た  熱  こ 
                                                  ° く  ち 
                                                ┏┓ な  な 
                                                 了  る  く 
                                                ┗┛ 緊   `
                                                    張  悪 
                                                    で  口 
                                                     ` 専 
                                                    私  門 
                                                    は  に 
                                                    目  意 
                                                    を  見 
                                                    逸  し 
                                                    ら  た 
                                                    さ  時 
                                                    な  と 
                                                    い  は 
                                                    ま  ま 
                                                         
[Return]