き  さ  も     日  で  あ     さ  っ        を  リ      ┐         
 体  な  い  廃  の  押  る  廃  れ  た  祖     聞  ハ  祖  何          
 調  墓  な  寺  開  さ  た  墟  た  と  沼     い  |  沼  だ        奈 
 不  石  い  の  館  え  め  に   ° こ  町     て  サ  町  っ        落 
 良  に  の  裏  に  込  保  な     ろ  文      ` ル  文  て          
 と  移  で  に  こ  み  存  っ     の  化     町  中  化  !          
 い  さ  一  あ  ぎ   ` 運  て      ` 会     長  に  会             
 う  れ  括  っ  付  町  動  い     荒  館     は  舞  館  徹          
 理  た  し  た  け  議  が  る     れ  は     火  台  大  夜          
 由   ° て  墓  た  会  起  と     放   `    の  の  ホ  し          
 で  地  無  地   ° を  こ  は     題  町     出  せ  |  て          
 断  鎮  縁  は     通  っ  い     に  役     る  り  ル  で          
 り  祭  仏   `    過  た  え     な  場     様  が  の  も          
 を  は  と  こ     さ  が   `    っ  か     な  動  柿  直          
 入  地  し  こ     せ   ` 祖     て  ら     剣  か  落  せ          
 れ  元  て  何     て  町  沼     い  西     幕  な  と  !          
 て  の  町  年     か  長  町     た  へ     で  く  し └           
 き  神  営  間     ら  が  で     廃  四     怒  な  を              
 た  社  墓  は     二  反  一     寺  百     鳴  っ  翌             
 の  の  地  お     年  対  番     の  メ     っ  た  日             
 で  神  の  参      ° 派  古     跡  |     た  と  に             
  ` 主  片  り     や  を  い     地  ト      ° い  ひ             
 町  が  隅  す     っ  裏  建     に  ル        う  か             
 長  表  の  る     と  工  物     建  程        報  え             
 が  向  小  人     明  作  で     設  行        告   `            
                                                         

    っ  建  噂     れ  の     亡  こ  ベ     貫  引  好  文     態  遠 
    た  て  が  そ  一  無  そ  く  ろ  ル  基  工  に  の  化  選  に  く 
     ° の  流  の  週  理  し  な   ` カ  礎  事  落  材  会  挙  な  の 
       白  れ  頃  間  が  て  り  ゼ  |  工  と  成  料  館  で  っ  町 
       亜  始  か  後  祟  や   ` ネ  が  事  な  式  に  を  再  た  か 
       の  め  ら  に  っ  っ  急  コ  削  が  っ  の  な  完  選   ° ら 
       文  た  工  あ  た  と  遽  ン  り  始  た  日  る  成  を     呼 
       化  が  事  っ  の  建  新  の  取  ま   ° を   ° さ  狙     ん 
       会   ` 関  け  か  物  所  所  り  り     設  そ  せ  っ     だ 
       館  町  係  な  町  の  長  長  舞   `    定  の  る  て     神 
       は  長  者  く  役  外  が  が  台  斜     し  た  と  い     主 
       工  は  の  亡  場  観  任  現  の  面     た  め  い  る     に 
       期  一  間  く  の  が  に  場  奈  に     も  無  う  町     よ 
       内  笑  か  な  建  出  つ  か  落  な     の  茶  こ  長     っ 
       に  に  ら  る  設  来  い  ら  部  っ     だ  な  と  に     て 
       な  付  祟  と  担  上  た  帰  分  て     か  工  は  と     執 
       ん  し  り  い  当  が   ° 宅  ま  い     ら  程  自  っ     り 
       と  地  で  う  係  っ     途  で  る      ` と  分  て     行 
       か  下  は  悲  長  た     中  掘  墓     そ  分  の   `    わ 
       完  二  な  劇  が  頃     に  り  地     れ  か  権  選     れ 
       成  階  い  が  脳   `    交  下  の     は  り  勢  挙     る 
       し  地  か  続  溢  そ     通  げ  跡     大  つ  を  公     と 
       た  上  と  い  血  れ     事  て  を     変  つ  示  示     い 
       の  五  い  た  で  ま     故  い  シ     な  も  す  前     う 
       だ  階  う   ° 倒  で     で  た  ョ     突  強  恰  に     事 
                                                         

 い  え        り  し  に   ┐  ┐ 作   ┐     丈  常   ┐ 課  礼      ┐
 く  て  女     て  で  追  ま  :  ミ  馬     夫  が  そ  長  服  玄  完 
  ° 作  性     い  設  及  あ  :  ス  鹿     で  有  れ  に  の  関  全 
 緞  っ  司     っ  備  す  い └   を  な     し  り  が  声  肩  で  に 
 帳  た  会     た  課  る  い      す  こ     た  ま   ` を  に  の  直 
 の  真  者      ° 長  と   `    る  と      ° せ  昨  か  付  テ  っ 
 左  っ  の        を  思  本     の  を     多  ん  夜  け  い  |  た 
 下  赤  挨        睨  っ  番     か  言     分  で  遅  た  た  プ  ん 
 に  な  拶        み  て  で     ?  う     リ  し  く   ° 玖  カ  だ 
 は  太  が        付  い  動        な     ハ  た  ま     珠  ッ  ろ 
 町  陽  終        け  て  か     幼  !     |   ° で     玉  ト  う 
 長  を  わ        た  く  な     稚        サ  今  業     の  を  な 
 の  描  る        あ  れ  け     園  ス     ル  朝  者     紙  終  ! 
 書  い  と        と └   れ     児  イ     の  も  が     ふ  え  ? 
 に  た   `        ` 町  ば     で  ッ     時  何  点     ぶ  た └  
 な  緞  京        階  長  関     も  チ     は  度  検     き  町    
 る  帳  都        段  は  係     間  を     操  も  を     片  長    
  ┓ が  の        で  射  者     違  押     作  試  し     を  は    
 朝  静  西        薄  抜  の     わ  す     ミ  験  た     取   `   
 日  々  陣        暗  く  責     な  だ     ス  し  の     り  舞    
┗   と  で        い  よ  任     い  け     か  ま  で     な  台    
 と  上  特        奈  う  は     ぞ  な     と  し  す     が  下    
 い  が  別        落  な  徹    └   の     :  た  が     ら  手    
 う  っ  に        へ  眼  底        に     :  が   `    設  袖    
 文  て  誂        降  差  的        操    └   大  異     備  で    
                                                         

  ┐ 中     |  照     踏  に  一  眺     口  は     身  い  描     字 
 昨  で  突  |  ら  せ  み  身  瞬  め  せ  か  舞  ス  の  る  き  真  が 
 夜  止  然     さ  り  と  体  平  た  り  ら  台  モ  考   °  ` っ  刺 
  ` ま  油  グ  れ  が  ど  の  衡   ° で  奈  面  |  案  ま  せ  暗  繍 
 修  っ  圧  ウ  た  上  ま  バ  感  ド  上  落  を  ク  だ  る  り  な  さ 
 理  た  ポ  ゥ  町  が  る  ラ  覚  ラ  昇  に  雲  マ  っ  で  で  舞  れ 
 し   ° ン  |  長  る  こ  ン  を  イ  し  ゆ  の  シ  た  大  ゆ  台  て 
 た     プ  ン  の  に  と  ス  失  ア  な  っ  よ  |   ° ス  っ  に  い 
 ん     が     頭  つ  が  を  い  イ  が  く  う  ン     タ  く  ス  る 
 じ     停     が  れ  出  崩   ` ス  ら  り  に  か     |  り  ポ   °
 ゃ     止     客  て  来  し  積  の  町  と  覆  ら     が  と  ッ    
 な     し     席  霧  た  て  乱  霧  長  流  い  吐     登  上  ト    
 い      `    側  の   ° よ  雲  が  は  れ  つ  き     場  が  ラ    
 の     せ     か  中     ろ  に  滝  奈  落  く  出     す  っ  イ    
 か     り     ら  か     け  突  の  落  ち  し  さ     る  て  ト    
 !     は     見  ら     そ  っ  よ  の  る   ` れ     よ  く  が    
       町     え   `    う  込  う  上   ° 黒  る     う  る  光    
 あ     長     始  ス     に  ん  に  の     く  ド     な  町  の    
 れ     を     め  ポ     な  だ  降  四     口  ラ     演  長  円    
 ほ     乗     る  ッ     っ  飛  り  角     を  イ     出  を  を    
 ど     せ      ° ト     た  行  注  い     空  ア     は  待  く    
 言     た        ラ     が  機  い  開     け  イ      ` ち  っ    
 っ     ま        イ     何  の  で  口     た  ス     町  構  き    
 て     ま        ト     と  よ  く  部     せ  の     長  え  り    
 お     途        に     か  う  る  を     り  霧     自  て  と    
                             °                           

 飛     響     付  た  か   ┐ に  感  っ  見  そ   ┐ を  の     に  い 
 び  町  き  奈  い   ° 転  わ  力  覚  た  て  れ  誰  見  よ  客  舞  た 
 つ  長  が  落  て  次  倒  !  強  を  様  も  を  だ  守  う  席  台  の 
 い  は  聞  か  く  第  せ └   く  覚  子  霧  払  !  る  に  か  袖  に 
 た  自  こ  ら  る  に  ず  咄  握  え  も  に  い └    ° 見  ら  に   `
 が  力  え  は   ° 手  に  嗟  ら  た  な  隠  の  町     え  は  向  ど 
  ` で   ` 呻     は  済  に  れ   ° い  れ  け  長      ` 怒  い  こ 
 迫  這  生  き     増  ん  肩  て  そ   ° て  よ  は     千  り  て  を 
 り  い  臭  声     え  だ  の  下  れ  次  何  う  礼     五  に  町  直 
 出  上  い  と     脹  が  高  に  を  の  も  と  服     百  歪  長  し 
 し  が  土  も     脛  足  さ  グ  振  瞬  見  し  の     人  ん  は  た 
 た  ろ  の  機      ` 首  の  イ  り  間  え  た  裾     の  だ  小  ん 
 腹  う  匂  械     膝  を  檜  ッ  払  足  な  が  を     観  町  声  だ 
 が  と  い  音      ` 掴  の  と  う  首  い  そ  小     客  長  で  ! 
 邪  両  が  と     太  む  舞  引  よ  に   ° の  刻     は  の  呟 └  
 魔  手  漂  も     腿  手  台  っ  う  冷  服  手  み     固  顔  く  客 
 で  に  っ  区     ま  は  に  張  に  た  が  は  に     唾  が  よ  席 
 舞  力  て  別     で  離  両  ら  片  い  ど  空  引     を  雲  う  に 
 台  を  く  で     無  そ  手  れ  足  も  こ  を  っ     呑  に  に  聞 
 に  入  る  き     数  う  で  る  を  の  か  切  張     ん  浮  言  こ 
 上  れ   ° な     の  と  掴   ° 振  が  に  っ  ら     で  か  っ  え 
 が  て     い     手  し  ま     る  張  引  た  れ     成  ん  た  な 
 る  舞     微     が  な  り     と  り  っ   ° た     り  だ   ° い 
 こ  台     か     張  か  何      ` 付  か  下  の     行  生     よ 
 と  に     な     り  っ  と     逆  く  か  を  で     き  首     う 
                                         `               

 マ  支  員   ┐ だ  町   ┐    る  ね  そ     や  れ  て        り  が 
 イ  え  の  せ  っ  長  足  そ   ° る  の  数  り  た  見  ス     曲  出 
 ク  た  一  り  た  は  :  の  一  よ  う  人  と  無  え  ポ     げ  来 
 ケ   ° 人  を   ° 恐  :  反  瞬  う  ち  の  見  数  な  ッ     て  な 
 |  暗  が  止     怖     動  呻  に  の  係  え  の  く  ト     体  い 
 ブ  闇  せ  め     に  足  の  き  転  一  員  る  ダ  な  ラ     の   °
 ル  に  り  ろ     震  を  よ  声  げ  人  が   ° ウ  っ  イ     バ  そ 
 が  目  に  !     え  誰  う  が  て  が  町     ン  た  ト     ラ  れ 
 巻  を  飛  !     る  か  に  上  奈   ` 長     ラ   ° が     ン  ど 
 き  凝  び        声  が  再  が  落  足  を     イ  真  消     ス  こ 
 つ  ら  降  緞     で  掴  び  っ  の  を  引     ト  っ  さ     を  ろ 
 い  す  り  帳     係  ん  せ  た  底  踏  き     だ  暗  れ     取  か 
 て  と  町  を     員  で  り  が  へ  み  ず     け  な   `    る  宙 
 い  町  長  下     に  い  が  す  転  外  り     が  客  町     の  に 
 る  長  の  ろ     助  る  上  ぐ  落  し  上     蛍  席  長     が  浮 
  ° の  腰  せ     け  :  昇  に  し  て  げ     の  の  の     精  い 
 係  足  を  !     を  :  を  聞  て  せ  よ     淡  シ  首     一  た 
 員  に  肩 └      求     始  こ  重  り  う     い  |  は     杯  両 
 は  は  に  そ     め  助  め  え  く  の  と     光  リ  舞     だ  足 
 せ   ` 担  う     る  け  た  な  鈍  中  駆     の  ン  台     っ  を 
 り  蛇  い  言     の  て   ° く  い  に  け     よ  グ  の     た  く 
 が  の  で  う     が  く     な  音  落  寄     う  に  闇      ° の 
 上  よ  下  と     精  れ     っ  を  ち  っ     に  着  に        字 
 が  う  か   `    一  !     た  立   ` た     ぼ  け  紛        に 
 る  に  ら  係     杯 └       ° て  撥  が     ん  ら  れ        折 
                                   `                     

    穏  れ        た     く     |  も   ┐ 止  降     ぐ  れ  ビ  の 
 一  や  た  後     の  設   ┓ 腰  |  せ  駄  ま  り  緞  っ  ず  ク  に 
 ヵ  か  が  日     だ  備  朝  を     り  目  ら  る  帳  し  に  と  合 
 月  に   `  `    っ  課  日  挟  グ  は  だ  ず  時  は  ょ  肩  も  わ 
 後  な  死  機     た  長 ┗   む  ウ  上  !  上  は  ゆ  り  を  せ  せ 
 に  り  の  構      ° が  の  寸  ゥ  昇     昇  ど  っ  と  外  ず  て 
 は  責  恐  制        舞  緞  前  |  を  も  を  う  く  濡  し   `  `
 奈  任  怖  御        台  帳  の  ン  続  っ  続  見  り  れ  た  逆  町 
 落  追  を  の        機  も  と     け  と  け  て  と  た   ° に  長 
 に  及  味  ソ        構  3  こ      ` 人  る  も  降   ° 町  せ  の 
 祭  を  わ  フ        制  0  ろ     既  を   °  ┓ り     長  り  腰 
 壇  す  っ  ト        御  セ  で     に  呼     夕  て     は  と  を 
 が  る  た  に        盤  ン  せ     町  べ     陽  き     失  町  肩 
 設  こ  町  バ        の  チ  り     長  !    ┗   た     禁  長  で 
 け  と  長  グ        メ  余  は     の └      に   °    し  の  押 
 ら  は  は  が        イ  し  止     腰  係     し  昇     て  板  し 
 れ  な  人  発        ン  て  ま     を  員     か  る     い  ば  上 
  ` か  が  見        ブ  止  り     挟  が     見  時     た  さ  げ 
 転  っ  変  さ        レ  ま   `    も  叫     え  は     の  み  よ 
 落  た  わ  れ        |  っ  同     う  ん     な   ┓    か  に  う 
 死   ° っ  た        カ  た  時     と  で     い  朝     係  な  と 
 し     た  と        |   ° に     し  い      ° 日     員  り  し 
 た     よ  報        を     沈     て  る     せ ┗      の  耐  た 
 係     う  告        切     み     い  間     り  だ     肩  え  が 
 員     に  さ        っ     行     る  に     は  が     は  切   `
  `                             °                        

    て   ┓ を  ら  が     気  よ  い        を   ┐    |     り  そ 
 町  く  す  抑  回  甦  町  と  う  る  再     :  先     |     行  れ 
 長  れ  ま  え  転  る  長  線  に  と  選     :  人           わ  に 
 の ┗   な  る  す   ° は  香  下  き  を        が     四     れ  廃 
 瞼  町  い  こ  る  全  背  の  が   ` 果    └   築     ヵ     た  寺 
 の  長   ` と   ° 身  広  煙  り  す  た        き     月      ° の 
 裏  は  君  が  額  に  の  が  始  ぐ  し        上     後        無 
 に  目  た  出  に  悪  裾  一  め  後  た        げ              縁 
 は  を  ち  来  は  寒  を  筋  た  ろ  町        て     文        仏 
 交  閉  も  な  脂  が  小  立   ° の  長        き     化        が 
 通  じ  す  い  汗  走  刻  ち  奈  せ  が        た     の        合 
 事  て  ぐ   ° が  り  み  昇  落  り  舞        祖     日        祀 
 故  心  に     滲  眩  に  っ  の  が  台        沼              さ 
 で  の  合     み  暈  引  て  底  ゆ  上        町              れ 
 亡  中  祀     指  で  か  く  か  っ  の        の              て 
 く  で  さ     先  客  れ  る  ら  く  演        文              慰 
 な  唱  せ     が  席  る   ° は  り  台        化              霊 
 っ  え  て     小  が  の     生  と  で        と              祭 
 た  た  も     刻  大  を     暖  黒  熱         `             が 
 ゼ   ° ら     み  き  感     か  い  弁        緑              し 
 ネ     う     に  く  じ     い  口  を        豊              め 
 コ     か     震  歪  て     湿  を  振        か              や 
 ン     ら     え  み   `    っ  開  る        な              か 
 の     許     る  な  悪     た  け  っ        自              に 
 所     し     の  が  夢     空  る  て        然              執 
                                                         

                                                    あ  長 
                                                     り  と 
                                                    あ   `
                                                    り  脳 
                                                    と  溢 
                                                    映  血 
                                                    し  で 
                                                    出  亡 
                                              完     さ  く 
                                                    れ  な 
                                                    て  っ 
                                                    い  た 
                                                    た  町 
                                                     ° 役 
                                                       場 
                                                       の 
                                                       建 
                                                       設 
                                                       担 
                                                       当 
                                                       係 
                                                       長 
                                                       の 
                                                       姿 
                                                       が 
                                                         
[Return]