し  い  す     け  と  意     そ        廃  変  に  も             
 か  き   ° 家  る   ` 味  家  の  私     し  化  見   ` 家          
 し  ま  そ  は  か  被  で  は  信  が     て  が  え  実  は        あ 
 そ  す  し  住  も  写  は  生  念  廃     い  積  な  は  生        る 
 の   ° て  人  し  体   ┐ き  が  屋     く  み  い  日  き        廃 
 死  ち   ` を  れ  と  家  て  あ  の     ん  重  く  毎  て        屋 
 体  ょ  死  失  ま  し  の  い  っ  写     で  な  ら  に  い          
 に  う  ん  っ  せ  て  死  る  た  真     す  っ  い  そ  ま          
 は  ど  だ  た  ん  の  体  と  か  に      ° て  小  の  す          
  `  ` 家  と   ° 廃 └   言  ら  惹     そ   ` さ  姿   °         
 必  生  は  同     屋  と  い  な  か     こ  家  い  を  あ          
 ず  き  驚  時     の  い  ま  の  れ     に  は  で  変  な          
 家  物  く  に     魅  う  し  で  る     住  時  し  え  た          
 が  の  ほ   `    力  こ  た  し  よ     ん  間  ょ  て  が          
 生  死  ど  実     が  と  が  ょ  う     で  と  う  い  毎          
 き  体  の  は     少  に   ` う  に     い  共   ° ま  日          
 て  が  速  そ     し  な  廃   ° な     る  に  し  す  の          
 い  土  さ  の     は  り  屋     っ      ` 成  か   ° よ          
 た  に  で  命     わ  ま  と     た     あ  長  し  一  う          
 と  帰  自  を     か  す  い     の     な   `  ` 日  に          
 き  る  然  失     っ   ° う     も     た  あ  そ  の  見          
 の  よ  に  っ     て  こ  の      `    と  る  の  変  て          
 名  う  帰  て     い  う  は     き     一  い  小  化  い          
 残  に  っ  い     た  言  そ     っ     緒  は  さ  は  る          
 み   ° て  ま     だ  う  の     と     に  荒  な  目  家          
                                   °                     

 が  い  か  報  廃           る  写  皆  は  世     遠  だ  や  は  た 
  ` っ  い  を  屋  も  そ     廃  真  さ   ` 界  私  に  か   ` 必  い 
 そ  し  ま  聞  を  う  の     屋  を  ん  今  中  は  残  ら  恐  ず  な 
 う  ょ  し  く  探  二  廃     で  取  に  ま  の  今  し  私  ろ  し  も 
 い  に  た  と  し  十  屋     の  り  お  で  廃  ま  た  は  し  も  の 
 う  耳   ° す  回  年  は     出  始  話  に  屋  で  い   ` い  楽  が 
 廃  に  そ  ぐ  っ  以  長     来  め  し  私  の  三  と  そ  出  し  刻 
 屋  し  の  に  て  上  野     事  て  し  が  写  十  思  う  来  い  ま 
 に  て  時   ` い  も  県     で  ま  よ  経  真  年  っ  い  事  日  れ 
 は  い   ` 撮  た  前  の     す  だ  う  験  を  以  た  っ  も  々  て 
 さ  ま  私  影  当  の  あ      ° そ  と  し  撮  上  ん  た   ` だ  い 
 ほ  し  は  機  時  話  る        れ  思  た  り  に  で  家  家  け  ま 
 ど  た  そ  材  の  で  町        ほ  い  中  続  渡  す  の  は  で  す 
 珍   ° の  を  私  す  の        ど  ま  で  け  り   ° 記  一  は   °
 し  大  廃  積  は   ° 外        間  す  も  て   `    憶  緒  あ  そ 
 く  体  屋  み   ` 若  れ        が   ° 一  き  日     を  に  り  こ 
 も  想  に  込  人  さ  に        な  そ  番  ま  本      ` 蓄  ま  に 
 な  像  関  ん  か  に  あ        い  れ  の  し  各     写  え  せ  刻 
 い  は  す  だ  ら  ま  り        こ  は  不  た  地     真  て  ん  ま 
  ` つ  る  車  そ  か  ま        ろ   ` 思   ° を     と  い   ° れ 
 幽  く  あ  で  の  せ  し        に  私  議  そ  始     い  る  辛  て 
 霊  で  る  そ  廃  て  た        訪  が  な  こ  め     う  ん  い  い 
 が  し  噂  こ  屋  全   °       れ  廃  体  で  と     形  で  思  る 
 出  ょ  話  に  の  国           た  屋  験  今  し     で  す  い  記 
 る  う  も  向  情  の           あ  の  を  日  て     永   ° 出  憶 
                                   `     `               

 思     を     ま  こ  た  私  を     よ  の  の  道  だ     気  い  と 
 い  私  降  私  っ  ろ  ず  は  終  白  う  蔦  よ  を  早  た  に  わ  い 
 浮  は  り  は  た  は  に  出  え  亜  に  に  う  抜  い  し  し  け  う 
 か  撮  る  し  の  わ  撮  来  て  の  し  覆  に  け  時  か  て  で  噂 
 べ  影  と  ば  か  か  影  る  か  壁  て  わ   ` て  間   ` い  は  で 
 な  を   ` ら  も  り  に  だ  ら  に   ` れ  私  行  で  新  な  な  し 
 が  す  カ  く   ` ま  の  け  数  囲  ひ  て  の  く  し  緑  か  い  た 
 ら  る  メ  そ  敢  せ  ぞ  先  年  ま  っ  い  目  と  た  の  っ  の   °
  ` 時  ラ  の  え  ん  む  入  の  れ  そ  る  に   `  ° 季  た  で  私 
 シ   ` を  姿  て  し  よ  観  年  た  り  そ  飛  そ  青  節  と  す  は 
 ャ  必  取  に  知   ` う  を  月  二  と  の  び  れ  々  だ  思  が  そ 
 ッ  ず  り  見  ろ  そ  に  持  が  階  佇  洋  込  は  と  っ  い   ` う 
 タ  そ  出  と  う  こ  し  た  経  建  ん  館  ん  ま  し  た  ま  い  い 
 |  の  し  れ  と  が  て  な  っ  て  で  は  で  る  た  と  す  つ  っ 
 を  廃  て  て  は  ど  い  い  て  の  い   ` き  で  森  記   ° も  た 
 切  屋  撮  い  思  う  ま  よ  い  建  ま  深  ま  突  を  憶     の  も 
 る  の  影  ま  い  し  し  う  る  物  し  い  し  然  縫  し     こ  の 
 よ  昔  を  し  ま  て  た   ` よ  は  た  森  た  そ  う  て     と  を 
 う  の  始  た  せ  廃  か  余  う   `  ° の   ° こ  よ  い     な  ま 
 に  姿  め  が  ん  屋  ら  分  に  既     中  建  に  う  ま     の  っ 
 し  を  ま   `  ° に   ` な  見  に     に  物  出  に  す     で  た 
 て  頭  し  急     な  本  知  え  そ     と  全  現  走   °    た  く 
 い  の  た  い     っ  当  識  ま  の     け  体  し  る  昼     い  信 
 ま  中   ° で     て  の  は  し  役     込  が  た  細  の     し  じ 
 す  に     車     し  と  持  た  割     む  緑  か  い  ま     て  な 
  °                       °                              

 時  の  イ  間     で        い  た     い  強  れ  い     わ  を  そ 
 の  の  ニ   ` ち  し  洋     た   ° そ  る  力  ま  く  そ  っ  探  の 
 様   ` ン  か  ょ  た  館     の  そ  の  気  な  せ  ら  の  て  し  方 
 子  そ  グ  つ  っ   ° の     で  し  せ  が  エ  ん  い  洋  い  や  が 
 を  こ  ル  て  と     中     す  て  い  し  ネ  が  魅  館  ま  す   `
 頭  か  |  は  し     に      °  ` も  た  ル   ` 力  は  せ  い  荒 
 の  し  ム  家  た     入        気  あ  の  ギ  荒  的   ` ん  か  廃 
 中  こ  :  族  パ     っ        が  っ  で  |  廃  な  私   ° ら  し 
 に  に  :  の  |     て        つ  て  す  み  へ  被  が     で  た 
 浮  残   ° 楽  テ     か        く   `  ° た  向  写  今     す  家 
 か  る  既  し  ィ     ら        と  私     い  か  体  ま      ° の 
 べ  か  に  い  |     も        私  は     な  わ  で  で     こ  中 
 な  す  荒  会  な      `       は  狂     も  せ  し  撮     の  に 
 が  か  れ  話  ら     私        洋  っ     の  る  た  影     や  埋 
 ら  な  果  が  簡     の        館  た     が  残   ° し     り  も 
  ` 名  て  弾  単     熱        の  よ     そ  酷  言  た     方  れ 
 私  残  て  ん  に     は        中  う     の  な  葉  中     は  て 
 は  を  し  で  開     一        に  に     洋  時  で  で     今  い 
 シ  辿  ま  い  け     向        ま  撮     館  間  は  も     で  る 
 ャ  り  っ  た  そ     に        で  影     全  の  上   `    も  わ 
 ッ   ` て  で  う     冷        入  を     体  流  手  忘     ま  ず 
 タ  そ  は  あ  な     め        り  続     に  れ  く  れ     っ  か 
 |  し  い  ろ  広     ま        込  け     漂  に  伝  ら     た  な 
 を  て  る  う  い     せ        ん  ま     っ  抗  え  れ     く  記 
 切  当  も  ダ  洋     ん        で  し     て  う  ら  な     変  憶 
                                         `               

 だ  カ     保  屋  に        部  た  は  に     っ  と  に     ず  り 
 け  |  真  っ  で  飛  部     屋  最  違  そ  し  た  に  あ  そ  の  続 
 時  テ  っ  て  は  び  屋     の  後  う  の  か  の  と  る  う  フ  け 
 間  ン  赤  い  な  込  に     ド  の   ` 部  し  で  い  小  し  ィ  ま 
 が  に  な  る  く  ん  入     ア  フ  何  屋  そ  す  う  さ  て  ル  し 
 止   ` 絨  よ   ` で  っ     を  ィ  か  に  ん   ° の  な  い  ム  た 
 ま  柔  毯  う  ま  き  た     開  ル  特  強  な     は  部  る  を   °
 っ  ら  の  な  る  た  私     け  ム  別  く  疑      ` 屋  う  使  い 
 て  か  敷  整  で  の  は     ま  を  な  惹  問     私  の  ち  い  つ 
 い  そ  か  然  人  は  ま     し  カ  感  き  な     に  前  に  切  の 
 る  う  れ  と  が   ` ず     た  メ  じ  付  ん     は  に   ` ろ  間 
 か  な  た  し  住  そ  自      ° ラ  が  け  て     自  立  不  う  に 
 の  ベ  床  た  ん  れ  分        に  し  ら  ど     分  っ  思  と  か 
 よ  ッ  に  部  で  ま  の        セ  た  れ  う     で  て  議  し   `
 う  ド   ` 屋  い  で  目        ッ  の  て  で     階  い  な  て  多 
 に   ° 白  だ  る  の  を        ト  で  い  も     段  た  こ  い  目 
  ` ま  い  っ  当  よ  疑        す  す  ま  い     を  の  と  ま  に 
 そ  る  壁  た  時  う  い        る   ° し  い     上  で  に  し  持 
 の  で   ° の  の  な  ま        と  私  た  く     っ  す  私  た  っ 
 部  そ  淡  で  姿  荒  し         ` は   ° ら     た   ° は   ° て 
 屋  の  い  す  を  れ  た        静  手  他  い     記  不   `    き 
 だ  部  ピ   ° そ  果   °       か  許  の   `    憶  思  二     て 
 け  屋  ン     の  て  私        に  に  部  私     が  議  階     い 
 が  の  ク     ま  た  の        そ  残  屋  は     な  な  の     た 
 な  中  の     ま  部  目        の  っ  と  既     か  こ  端     は 
                                                         

             憶  し  わ     を  レ  気     の     り  可  押     ぜ 
 |  女  |  私  が  た  か  私  し  ス  を  そ  人  私  綺  愛  し  私  か 
 |  の  |  は  あ   ° り  に  て  を  感  の  形  は  麗  ら  て  は  荒 
 そ  子  こ  女  り  む  ま  は  立  着  じ  時  を  一  な  し  い  呆  廃 
 う  は  こ  の  ま  し  し  す  っ  た  て  で  も  旦  状  い  ま  然  か 
 か  小  は  子  す  ろ  た  ぐ  て  六   ` す  っ   ` 態  人  し  と  ら 
  ° さ  君  に   °  ┐  ° に  い   ` 思   ° と  目  の  形  た  し  逃 
 じ  く  の  言     そ  し  彼  ま  七  わ  私  よ  を  ま  に   ° な  れ 
 ゃ  頷  お  い     う  か  女  し  才  ず  は  く  カ  ま  目  そ  が  て 
 あ  い  部  ま     い  し  が  た  く  振  背  調  メ   ` が  し  ら  い 
  ` た  屋  し     う   ` 生   ° ら  り  後  べ  ラ  そ  止  て  も  た 
 君  よ  な  た     こ  不  き     い  返  に  よ  の  こ  ま   `  ` の 
 が  う  の   °    と  思  て     の  っ  何  う  フ  に  っ  ベ  無  で 
 こ  に  ?        か  議  い     女  た  か  と  ァ  置  た  ッ  意  す 
 の  見          └   と  る     の  の  言  手  イ  か  の  ド  識   °
 部  え           と  怖  女     子  で  い  を  ン  れ  で  脇  に    
 屋  ま           妙  い  の     が  す  知  伸  ダ  て  す  の  何    
 を  し           に  と  子      `  ° れ  ば  |  い   ° 机  度    
 守  た           納  は  で     不  そ  な  し  か  ま  そ  の  も    
 っ   °          得  思  は     思  こ  い  ま  ら  し  の  上  シ    
 て              し  い  な     議  に  異  し  外  た  人  に  ャ    
 い              て  ま  い     そ  は  様  た  す   ° 形  置  ッ    
 る              い  せ  こ     う  赤  な   ° と     も  か  タ    
 ん              た  ん  と     な  い  雰      `    や  れ  |    
 だ              記  で  が     顔  ド  囲     そ     は  た  を    
                                                  `      

 洋           か  玄  頭        に  に  ド  り     屋  う  た     ね 
 館  十  こ     り  関  が  部     ド   ┐ ア  口  私  に  に   ° 女  ? 
 は  年  こ     日  か  ぼ  屋     ア  が  の  に  は  入  見  そ  の    
 取  く  ま     が  ら  う  を     を  ん  隙  歩  彼  り  え  し  子    
 り  ら  で     落  洋  っ  出     閉  ば  間  い  女  込  ま  て  は    
 壊  い  が     ち  館  と  た     め  れ  か  て  を  ん  し   `  `   
 さ  前  私     て  の  し  私     た  よ  ら  行  怖  で  た  よ  私    
 れ  に  の     い  外  て  は     の └   心  き  が  き   ° く  の    
 て  も  不     ま  に   `  `    で  と  配  ま  ら  た  い  見  言    
 し  う  思     し  出  体  そ     す  心  そ  し  せ  わ  き  て  っ    
 ま  一  議     た  ま  が  こ      ° の  う  た  な  け  な  み  て    
 っ  度  な      ° し  重  で        中  に   ° い  で  り  る  い    
 て  そ  体        た  く  急        で  こ  そ  よ  す  見  と  る    
 い  こ  験         ° 感  に        エ  ち  し  う  か  ず   ` 意    
 て  を  の        い  じ  疲        |  ら  て  に  ら  知  彼  味    
  ` 訪  話        つ  ま  労        ル  を  そ   `  ` ら  女  が    
 何  ね  で        の  し  感        を  見  の  ゆ  無  ず  は  わ    
 も  た  す        間  た  に        送  つ  ま  っ  理  の  少  か    
 残  と   °       に   ° 襲        り  め  ま  く  も  大  し  ら    
 っ  き           か  私  わ        な  て  部  り  あ  人  怯  な    
 て  に           辺  は  れ        が  い  屋  と  り  が  え  い    
 い  は           り  そ  ま        ら  る  を  部  ま  自  て  様    
 ま   `          は  の  し         ` 女  出  屋  せ  分  い  子    
 せ  既           す  ま  た        静  の  る  の  ん  の  る  で    
 ん  に           っ  ま   °       か  子  と  入   ° 部  よ  し    
                    `                 `                  

                         ょ  か  覚     も  子     な  今     で 
                         う  言  で  こ  他  に  そ  か  と  後  し 
                         か  わ  も  の  の  会  の  っ  な  に  た 
                          ° れ  見  話  部  っ  写  た  っ  も   °
                            ま  た  を  屋  た  真  こ  て  先    
                            す  ん  す  と  部  で  と  は  に    
                            が  だ  る  同  屋  す  の  あ  も    
                             ` ろ  と  じ  の  が  証  の   `   
                            さ  う   `  ` 写   ` で  と  あ    
                            て  と  ど  荒  真  ど  す  き  ん    
                             ` か  な  れ  な  う   ° 撮  な    
                            あ   ` た  果  ん  に     っ  体    
                            な  お  も  て  で  も     た  験    
                            た  ま  一  た  す  不     写  を    
                            は  え  笑  部  が  思     真  し    
                            信  の  に  屋   ` 議     だ  た    
                            じ  作  付  の  写  な     け  こ    
                            て  り  し  写  っ  の     が  と    
                            い  話  て  真  て  で      ` は    
                            た  な   ` だ  い  す     あ  あ    
                            だ  ん  寝  っ  た   °    れ  り    
                            け  だ  ぼ  た  の  あ     が  ま    
                            る  ろ  け  の  は  の     夢  せ    
                            で  う  て  で  ど  女     で  ん    
                            し  と  幻  す  れ  の     は   °   
                                      °                  
[Return]