残              私        る     の        に                
 っ  目     |     は  そ  飛  水  目  側  そ  お  な  そ  私          
 て  が     |     踏  れ  び  の  の  を  の  前  っ  ん  に        も 
 い  覚     ぴ     み  が  込  音  前  嫌  言  は  た  な  は        し 
 た  め     ち     出  無  め  が  に  が  葉  無   ° 中  友         `
  ° た     ょ     し  性  ば  ぼ  は  る  に  自     で  人        そ 
    時     ん     た  に   ` ん  奈  の  妙  覚     恋  が        の 
     `     °     ° 魅  私  や  落  か  に  に     人  い        露 
    暗     雫        力  は  り  が   ° 納  人     だ  た        を 
    い     が        的  消  と  あ     得  を     け  が        搾 
    感      `       な  え  聞  っ     を  疲     が   `       取 
    じ     一        事  る  こ  た     し  れ     救  何        す 
    の     滴        の   ° え   °    た  さ     い  時        る 
    夢      °       よ     る  そ      ° せ     だ  の        存 
    を              う      ° の     だ  る     っ  間        在 
    見              に        下     か  ん     た  に        が 
    た              感        で     ら  だ     が  か        い 
    と              じ        轟      `  `     ` 疎        た 
    い              ら        々     友  と     彼  遠        と 
    う              れ        と     人  言     と  に        し 
    印              て        渓     も  っ     も  な        た 
    象               `       谷     家  て     別  っ        ら 
    だ              虚        を     族  い     れ  て         °
    け              空        流     も  た     る  い          
     `             に        れ     私   °    事  た          
                                               °         

       て  一        あ  セ           来     無     も     い    
 じ     し  年  仕  そ  る  ッ  鳴  も  す  事  い  い  そ  う  結  っ  ど 
 ん     ま  が  事  う  の  ト  る  う  ぐ  が  や  事  れ   ` 構  た  ん 
 わ     う  過  を  し  だ  し  寸  一  そ  イ   ` を  で  全   ` 様  な 
 り      ° ぎ  し  て  ろ  て  前  度  こ  メ  思  思  も  部  リ  な  夢 
 と         ` て   ` う  い  に  考  ま  |  い  い  何  逃  ア  気  だ 
  `       十   ` 私   ° な  い  え  で  ジ  出  出  と  げ  ル  が  っ 
 ほ        年  恋  の     い  つ  よ  出  と  し  し  は  て  な  す  た 
 ん        が  愛  心     と  も  う  か  し  た  た  な  し  設  る  か 
 の        過  を  は     安  目  と  か  て  と   ° し  ま  定   °  `
 少        ぎ  し  現     心  覚  し  っ  明  い     に  っ  や     漠 
 し         ° て  実     で  め  て  て  滅  う     思  て  想     然 
 ず        何   ` に     き  て   `  ` し  程     考  い  い     と 
 つ        だ  結  引     な  し  目  消  た  じ     を  た  が     し 
  `       か  婚  き     い  ま  覚  え  だ  ゃ     巡   ° あ     か 
 表        時  を  戻     の  う  し  て  け  な     ら     っ     思 
 面        は  し  さ     だ  の  時  し  だ  い     せ     た     い 
 に        す  て  れ     か  で  計  ま   °  °    て     様     出 
 露        ぐ   ` て     ら  無  の  っ     一     い     な     せ 
 が        に  出  行     意  意  音  た     瞬     る     気     な 
 浮        過  産  く     味  味  に   °     `    と     が     い 
 い        ぎ  を   °    は  な  遮        過      `    す      °
 て        て  し        や  の  ら        去     関     る     落 
 行        行  て        は  だ  れ        の     係     の     ち 
 く        っ   °       り  が  た        出     の     に     て 
  °                       `  °                    `      

    く                    じ        時     も  小     い       
 長   ° 目     露     こ  幸  た  同  何  間  何   ` さ  一  事  息    
 い     覚     が     れ  せ   ° 時  だ  の  時  覚  な  人  を  子    
 夢     し     溜     で  な     に  か  流  の  え  手  の  更  が    
 を     の     ま     終  人      `  ` れ  間  て  を  大  に  結    
 見     音     り     わ  生     無  寂  は  に  い  引  人  強  婚    
 て     に      `    り  だ     事  し  早  息  た  い  の  く  を    
 い     促     葉     で  っ     こ  い  か  子   ° て  男  感  し    
 た     さ     は     も  た     こ   ° っ  が     歩  と  じ   `   
 気     れ     少     あ   °    ま     た  大     く  な  た  家    
 が     る     し     る        で      ° 人     感  っ   ° を    
 す     様     重     ま        来        に     覚  た     出    
 る     に     く     い        た        な     も  息     て    
 の      `    な     に        と        っ      ` 子     行    
 だ     ゆ     っ      `       い        て     産  を     く    
 が     っ     た     そ        う        い     ん  見     と    
  `    た      °    ん        達        た     だ  上      `   
 起     り           な        成        の     直  げ     時    
 き     と           事        感        か     後  な     が    
 て     目           を        の        分     に  が     過    
 し     が           思        様        か     感  ら     ぎ    
 ま     覚           っ        な        ら     じ   `    る    
 う     め           た        物        な     た  私     の    
 と     て            °       も        い     感  は     が    
 も     行                    感        程     情   `    早    
                                      `                  

 ら  印        も  夢     る  態  思     ま     も     い  っ     う 
 な  象  あ  何  あ  の  唯  事  か  う  今  っ  色  う  結   ° て  男   `
 ん  に  の  も  っ  中   ` す  ら  の  の  た  々   ` 構     い  の  薄 
 じ  残  男  す  さ  の  部  ら  抜  だ  私   ° な  全   `    る  人  れ 
 ゃ  る  は  る  り  変  屋   ` け  が  に     事  部  リ      ° を  て 
 な  と  誰  事  と  化  に  時  出   ` は     が  逃  ア     い  見  し 
 い  い  な  も  消  や  閉  に  す  し  何     あ  げ  ル     や  て  ま 
 だ  う  ん  な  え  思  じ  酷  術  た  も     っ  て  な      ` い  っ 
 ろ  事  だ  く  て  い  こ  く  を  い  無     た  し  設     男  た  て 
 う  は  ろ   ` し  が  も  お  知  事  い     気  ま  定     の   ° ほ 
 か   ` う  思  ま  魅  り  っ  ら  も   °    が  っ  や     子  漠  と 
  ° 無  か  考  う  力   ` く  な  な  何     す  て  思     だ  然  ん 
    意   ` だ  の  的  無  う  い  く  か     る  い  い     っ  と  ど 
    識  と  け  か  に  為  に   °  ` を     の  た  が     た  そ  思 
    的  考  を   ° 感  な  な  ど  そ  し     に   ° あ     気  ん  い 
    に  え  し     じ  日  る  う  の  な      `    っ     も  な  出 
    何  て  て     た  を   ° す  気  け     簡     た     す  場  せ 
    か  み  い     と  過     れ  力  れ     単     様     る  面  な 
    を  た  る     い  し     ば  も  ば     に     な      ° だ  い 
    感   °  °    う  て     い  無  な     消     気     良  け   °
    じ  そ        の  い     い  く  ら     え     が     く  が    
    て  こ        に  る     の   ` な     失     す     分  印    
    い  だ         ` 私     か  そ  い     せ     る     か  象    
    る  け        こ  に     考  の  と     て     の     ら  に    
    か  が        う  は     え  状  は     し     に     な  残    
                    `                       `            

          い  に     し           離     か     い        い    
 過     眠   ° 夢  深  て  一     過  感  そ  っ  し  た  ふ  |  事  し 
 去     り     を  い  い  度     去  が  し  た  ば  ん  と  |  に  か 
 は     は     見  眠  る  の     や  心  て   ° ら  だ   ` 無  気  し 
 遠     擬     る  り  の  眠     夢  地  ま     く  っ  頭  自  づ   `
 く     似      ° と  は  り     を  良  た     過  け  に  覚  い  ど 
 て     的     そ  浅  目  で     見  く  夢     去   ° 言  に  た  ん 
  `    な     し  い  覚  人     て   ` の     の     葉  人   ° な 
 断     死     て  眠  め  は     ば  気  事     記     の  を     顔 
 片     だ      ` り  る  何     か  が  に     憶     断  疲     を 
 だ     と     深  を  直  度     り  つ  思     を     片  れ     し 
 っ     言     い  交  前  も      ° く  い     探     が  さ     て 
 た     う     眠  互  に  夢        と  を     っ     過        い 
  °    人     り  に  見  を        い  馳     て     っ        た 
       が     の  繰  た  見        つ  せ     い     た        か 
       い     前  り  夢  て        も  る     た      °       す 
       る     の  返  だ  い        そ   °    が     誰        ら 
        °    夢  し  け  る        う  夢      `    が         `
             は   ` で   °       し  や     思      `       も 
             記  浅  あ  し        て  空     い     い        う 
             憶  い  る  か        ば  想     出     つ        思 
             し  眠   ° し        か  と     せ      `       い 
             て  り      `       り  い     は     言        出 
             い  の     記        い  う     し     っ        せ 
             な  時     憶        る  距     な     て        な 
                                °                        

       は     男     ん        え  物           れ     な  何    
 露     愕  過  の  不  だ  |  消  る  に  現  "   何  る  思  記  故  途 
 の     然  去  顔  意   ° |  え  の  変  在  過  だ  事  い  憶  そ  切 
 重     と  だ  は  に     分  て  か  換  が  去  か  を  返  も  ん  れ 
 み     し  と  絶  混     か  行   ° さ  常  と  そ  思  す  あ  な  途 
 に     た  思  対  ざ     ん  く     れ  に  夢  れ  い  程  る  事  切 
  `     ° っ  に  り     な  :     て  過  は  は  知  に   ° を  れ 
 葉        た  思  込     い  :     行  去  同  夢  る   `    覚  に 
 は        そ  い  む     の  そ     く  に  程  に   ° 一     え  印 
 仰        れ  出  様     か  ん     の  な  度  似     度     て  象 
 け        が  す  に      ` な     な  り  の  て     過     い  に 
 反        夢  事  思     お  錯     ら  続  明  い     去     る  残 
 る        の  が  い     前  覚      ` け  瞭  た     に     の  る 
  °       中  で  出     は  が     今   ` さ   °    な     か  出 
          の  き  し     無  過      ` 過  で        っ     と  来 
          言  な  た     自  る     私  去  私        て     自  事 
          葉  い   °    覚   °    は  は  の        し     身   `
          だ   ° そ     に        存  記  中        ま     を  言 
          っ     の     人        在  憶  に        え     疑  葉 
          た     言     を        し  と  あ        ば     う   `
          と     葉     疲        て  い  る        距     様  顔 
          知     を     れ        い  う   °       離     な   °
          り     言     さ        る  曖  "         が      ` 時 
           `    っ     せ        と  昧           生     些  々 
          私     た     る        言  な           ま     細   `
                                                         

 れ     は     の     金     と     力     を  事  て     見       
 な  私   ` 気  空  仕  は  金  て  そ   ` 私  合  を  目  夢  る  乱    
 い  に  私  に  隙  事  結  の  も  し  こ  の  わ  首  が  の  と  暴    
 と  は  は  し  の   ` 構  方  素  て  こ  稼  せ  に  覚  内   ` に    
 思  そ  引  て  様  仕  な  も  的   ` か  い  る  な  め  容  も  叩    
 っ  ん  き  い  な  事  額   ` な  協  ら  だ  時  っ  て  な  う  き    
 た  な  こ  な  時   ` に  も  人  力  抜  金  間  て   ` ん  と  起    
  ° 余  も  か  間  と  な  う  が  者  け  を  を  し  慌  て  っ  こ    
    裕  り  っ  が  集  っ  す  い   ` 出  酒  少  ま  て   ` く  さ    
    が  で  た  あ  中  て  ぐ  て  平  す  代  し  う  て  気  に  れ    
    無   ` は  る  す  来  だ  く  た  為  に  で   ° 身  に  セ  て    
    い  考  ず   ° る  て  っ  れ  く  に  す  も  そ  支  し  ッ   `   
     ° え  の     一  い  た  て  言  必  る  減  れ  度  て  ト  朦    
    あ  事  夢     日  た   ° い  え  要  親  ら  に  を  い  し  朧    
    れ  ば  の      °  ° 彼  る  ば  な   ` し   ` す  る  た  と    
    は  か  事     そ     と   ° 恋  の  人  た  こ  る  余  時  す    
    私  り  が     れ     共     人  は  質  か  の   ° 裕  刻  る    
    の  し  頭     で     同      ° 大  の  っ  家  今  も  を  中    
    願  て  を     も     で     こ  金  様  た  に  度  無  過   `   
    望  過  過      `    貯     っ  だ  な   ° 居  遅  い  ぎ  目    
    な  し  っ     瞬     め     ち   ° 弟     て  刻   ° て  覚    
    の  て  た     間     て     は     と     家  し  一  い  し    
    か  い   °    的     い     既     妹     族  た  瞬  る  時    
    も  る  夢     に     る     に      `    と  ら  に   ° 計    
    し   ° で     心     お      `    暴     顔  仕  し     を    
                                                         

 る        が           た              れ     よ     て  そ    
 水  目  ど  遂  絶  今  明  残  待     "   そ  だ  ま  う  私  ど  う  自 
 の  の  う  に  望  ま  細  り  ち     世  う  け  た  や  は  う  し  分 
 音  前  や  駄  は  で  を  の  に     界  言  が   ` く   ` に  切  の 
 が  に  っ  目  絶  に  見  金  待     は  え  今  夢  床  ボ  か  れ  体 
 ぼ  は  て  に  頂  貯  て  を  っ     一  ば  の  を  に  ロ  仕  て  を 
 ん  奈  そ  な  に  め   ` 口  た     枚   ` 私  見  つ  ボ  事  い   `
 や  落  こ  っ  達  た  一  座  給     の  こ  の  る  く  ロ  を  な  自 
 り  が  に  た  し  金  瞬  に  料     葉  ん  休  の   ° だ  終  い  身 
 と  あ  行   ° た  が  に  振  日     で  な  息  か      ° え  の  で 
 聞  っ  っ      ° 全  し  り   `    あ  夢  な   `    そ  る  に  は 
 こ  た  た     今  部  て  込  い     る  を  の  と     う   °  ` な 
 え   ° の     ま  下  凍  む  つ      ° 見  か  ふ     思     で  い 
 る  そ  か     で  ろ  り   ° も     "   た  も  と     い     き  か 
  ° の  は     に  さ  つ  彼  の        な  し  思     な     て  の 
    下  よ     持  れ  い  と  様         ` れ  う     が     い  よ 
    で  く     ち  て  た  私  に        と  な   °    ら     る  う 
    轟  覚     こ  い   ° の   `       思  い  も     明     と  に 
    々  え     た  た     二  親        い   ° し     け     自  思 
    と  て     え   °    人  に        出     か     方     分  い 
    渓  い     て        の  掠        し     し     に     を  込 
    谷  な     い        口  め        た     た     近     誤  ま 
    を  い     た        座  取         °    ら     い     魔  せ 
    流   °    何         ° ら               `    夜     化  る 
    れ        か           れ              そ     中     し   °
                                               `         

     ┐    る     と     い     を                    私       
    喉      ° 唯  し  心  と  葉  見  世  そ     |  重     は  そ  飛 
    が         ` て  は  私  は  て  界  う     |  み     踏  れ  び 
    渇        そ  行  希  は  心  い  は  言     ぴ  に     み  が  込 
    い        れ  く  望  知  で  る  一  え     ち  耐     出  無  め 
    た        は   ° や  っ   `  ° 枚  ば     ょ  え     し  性  ば 
    な        誰     絶  て  世     の   `    ん  ら     た  に   `
     `       か     望  い  界     葉  こ      ° れ      ° 魅  私 
    そ        の     と  る  は     だ  ん     雫  な        力  は 
    ろ        喉     い   ° 心     と  な     が  く        的  消 
    そ        を     う     が     い  夢      ` な        な  え 
    ろ        潤     露     見     う  を     一  っ        事  る 
    溜        す     を     て     事  見     滴  た        の   °
    ま        為     浮     い     を  た      ° 葉        よ    
    っ        だ     か     る     知  な     グ  は        う    
    て        け     べ     だ     っ   °    ラ   `       に    
    る        に      `    け     て        ス  く        感    
    か        存     や     の     い        に  ず        じ    
    な        在     が     物     て        落  折        ら    
    ?        さ     て     で      `       ち  れ        れ    
   └         せ     雫      `    私        る  る        て    
             ら     と     実     は         °  °        `   
             れ     し     在     そ                    虚    
             て     て     し     の                    空    
             い     落     な     葉                    に    
                                                         

                                                    少    
                                           そ        し  露 
                                           し  そ     ず  を 
                                           て  れ     つ  落 
                                            ` は     重  と 
                                           こ  本     く  し 
                                           れ  当     な  て 
                                           は  に     っ  軽 
                                           本  夢     て  く 
                                           当  だ     い  な 
                                           に  っ     く  っ 
                                           夢  た      ° た 
                                           で  か        葉 
                                           は  ?        は 
                                           な            `
                                           い           ま 
                                           の           た 
                                           か           露 
                                           ?           を 
                                                       浮 
                                                       か 
                                                       べ 
                                                       な 
                                                       が 
                                                       ら 
                                                         
[Return]