れ     を  孫     心  て  ま     り  こ     い  も                
 を  と  早  可  最  を  い  ま  東  請  う  だ  う  の  結  娘          
 開  り  く  愛  初  し  た  就  京  求  な  が  下  の  婚  の        赤 
 け  あ  も  さ  は  た  も  職  の  す  れ   ` 心   ` す  美        い 
  ` え  受  と   ` の  の   ’ 大  る  ば  も  が  夫  る  奈        如 
 棚  ず  け  老  ご  は  の  結  学  ま  あ  と  ど  の  前  を        雨 
 の  二  入  後  近  始   ` 婚  に  で  る  も  こ  実  か  連        露 
 上  階  れ  の  所  め  自  と  進  で  事  と  か  家  ら  れ       ┌┐
 か  の  る  不  に  て  分  な  学  あ  な  同  に  の  姑  て        じ 
 ら  自  気  安  体  で  の  っ  し  る  い  居  あ  財  と  家        ょ 
 夏  分  に  も  裁  あ  生  た  て   ° 事  な  っ  産  は  を        う 
 用  の  な  あ  が  る  ま  の  ア     を  ど  た  が  上  出        ろ 
 の  部  り  っ  悪   ° れ  で  パ     理  私   ° い  手  た       └┘
 シ  屋  だ  た  い     育   ` |     由  に     つ  く   °         
 |  に  し  の  と     っ  実  ト     に  出     か  行  離          
 ツ  布  て  か  渋     た  家  暮     し  来     自  か  婚          
 を  団  い   ` い     街  に  ら     て  る     分  な  は          
 取  を  る  私  顔     に  は  し      ` 筈     達  い  覚          
 り  敷  よ  が  を     こ  毎  を     慰  が     の  の  悟          
 だ  こ  う  戻  し     う  年  し     謝  な     も  は  の          
 そ  う  で  っ  た     し  里  て     料  か     の  分  上          
 う  と  あ  て  両     て  帰  か     を  っ     に  っ  だ          
 と  押  っ  く  親     戻  り  ら     が  た     な  て  っ          
 し  し  た  る  も     る  は  そ     っ  の     る  い  た          
 た  入   ° 事   `    決  し  の     ぽ  だ     と  た   °         
                                   °                     

    り  冷  た        隣  ら    ┌┐ 口  さ     こ   ┐     ┐    時 
 玄  座  蔵  美  何  闇  の  し  思  そ  の  れ  そ  ん  ど  と  お  隅   `
 関  っ  庫  奈  が  の  家  く  い  う  中  る  う  な  う  取  か  で  ち 
 の  て  か  を  起  奥  の  見  出  だ  に  か  自  と  や  り  あ  パ  ゃ 
 方  一  ら  急  こ  で  屋  え  し   ` 錆  の  分  こ  ら  上  さ  ジ  り 
 で  息  缶  き  っ  金  根  て  た  あ  び  よ  で  ろ  子  げ  ん  ャ  ん 
 は  に  ビ  立  た  属  を   ` 途  の  の  う  言  に  供  て   ` マ  と 
 電  飲  |  て  の  音  目  毟  端  時  味  な  っ  あ  用  見  こ  に  い 
 話  み  ル  る  か  が  掛  る   ` の  が  ス  た  る  の  せ  れ  着  う 
 で  干  を  よ  一  か  け  よ  美  鍵  一  ピ  瞬  の  自  た  自  替  音 
 話  し  取  う  瞬  す  て  う  奈  に  気  |  間  か  転   ° 転  え  を 
 し  た  り  に  分  か  投  に  が  違  に  ド   ` し  車     車  て  さ 
 て   ° 出  床  か  に  げ  取  そ  い  広  で  ま  ら  の     の  い  せ 
 い     し  に  ら  響  捨  り  れ  な  が  遠  る  ?  鍵     鍵  た  て 
 る      ` 付  ず  い  て  上  を  い  っ  い  で └   み     だ  美  何 
 母     台  か  泣  た  た  げ  持 └┘ た  昔  ビ     た     よ  奈  か 
 の     所  す  き   °  ° る  っ       ° の  デ     い     ね  が  が 
 声     の  と  出        と  て        事  オ     ね     ?     落 
 が     テ   ` し         ` い        が  テ     :     !     ち 
 響     |  階  そ        網  る        思  |     :    └      た 
 い     ブ  下  う        戸  の        い  プ                  °
 て     ル  に  な        を  が        出  が     ど             
 い     に  降  顔        開  酷        さ  逆     う             
 た     ひ  り  を        け  く        れ  戻     し             
  °    と  て  し        て  汚         ` し     て             
                                                         

    い     り  気  の     れ  た  を     の     方  り     を  一    
 そ  る  ま  も  が  先  私  て  布  遣  赤  鍵  あ  が  に  し  見  杯  ど 
 れ  と  あ  し  向  生  は  い  巾  っ  ら  に  れ  気  よ  か  よ  に  う 
 を  優  た  て  い  か  と  た  の  て  顔  違  は  に  っ  し  う  育  や 
 幸  越  だ  あ  た  ら  い   ° 臭  も  で  い  小  な  て  今  と  て  ら 
 恵  感  単  げ  時  幸  う     い  ク  い  な  学  っ  今  の  い  た  夫 
 本  が  に  て  に  恵  と     が  ラ  つ  か  校  て  頃  私  う  か  と 
 人  味   ` い  は  と  幸     し  ス  も  っ  二  い  あ  に  事  ら  話 
 は  わ  先  た   ` 仲  恵     た  で  オ  た  年  た  の  と  で  言  し 
 私  え  生   ° ち  良  の     の  は  ド   ° ま   ° 鍵  っ  話  い  て 
 の  た  に     ょ  く  席     で  一  オ     で     が  て  が  出  い 
 好  か  良     っ  し  の      ` 番  ド     同     出  は  ま  し  る 
 意  ら  く     と  て  隣     ク  最  と     じ     て   ` と  た  よ 
 だ  だ  思     相  あ  だ     ラ  後  し     ク     き  そ  ま  ら  う 
 と  け  わ     手  げ  っ     ス  だ  た     ラ     た  ん  っ  き  で 
 誤  だ  れ     を  て  た     の  っ  目     ス     ん  な  て  か   `
 解  っ  た     し  と  為     皆  た  つ     に     だ  事  い  な  ひ 
 を  た  か     た  言  に     か   ° き     い     ろ  よ  る  い  と 
 し  と  っ     り  わ   `    ら  側  を     た     う  り  よ   ` り 
 て  思  た     世  れ  ク     は  に  し     幸     と  も  う  ち  っ 
 い  う  の     話  て  ラ     疎  寄  て     恵      ` ど  だ  ょ  子 
 た   ° と     を  い  ス     ま  る  お     の     そ  う   ° っ  で 
 節     幸     焼  た  の     し  と  り     自     っ  し     と  我 
 が     恵     い  の  担     が  湿   `    転     ち  て     様  が 
 あ     と     た  で  任     ら  っ  何     車     の  よ     子  侭 
                 `                                       

    ッ     け     ま  し    ┌┐    で     た     し        た  り 
 塾  ト  私  て  幸  自   ` 俯  幸  一  発  と   ° 私  て  あ  幸   °  `
 が  の  は  い  恵  転  先  い  恵  瞬  表  こ     は  貰  の  恵     何 
 終  中  そ  な  は  車  生  て  が   ` し  ろ     暗  う  日  と     か 
 っ  に  っ  い  鍵  置  に  恥  満  胸  た  が     算  日  算  は     話 
 て  入  と  の  を  き  は  ず  点  が  の  塾     は  だ  盤  算     し 
 さ  れ  幸  を  良  場  ト  か  ?  詰  だ  の     あ  っ  塾  盤     た 
 あ  て  恵  知  く  に  イ  し  !  ま   ° 先     ま  た  で  塾     そ 
 帰  急  の  っ  無  向  レ  そ └┘ っ     生     り   ° は  も     う 
 ろ  い  自  て  く  っ  に  う     て     が     得      ` 一     に 
 う  で  転  い  す  た  行  に     息      `    意     毎  緒     こ 
 と  教  車  た  の   ° き  赤     が     幸     で     月  だ     っ 
 し  室  の   ° で     た  面     出     恵     は     行  っ     ち 
 た  に  鍵      `    く  す     来     が     な     わ  た     を 
 時  戻  を     自     な  る     な     満     く     れ   °    伺 
  ` っ  抜     転     っ  幸     く     点      `    る        っ 
 幸  た  き     車     た  恵     な     を     三     暗        て 
 恵   ° 取     に     と  の     っ     取     問     算        い 
 は     り     は     告  顔     た     っ     の     検        る 
 途      `    い     げ  に      °    た     間     定        事 
 方     自     つ     て  吐           事     違     の        が 
 に     分     も      ` き           を     え     答        よ 
 暮     の     鍵     そ  気           皆     が     案        く 
 れ     ポ     を     の  を           の     あ     を        あ 
 自     ケ     掛     ま  催           前     っ     返        っ 
                                                         

    心     泉        一  が        屋  て     は     て  に     転 
 午  地  勝  旅  翌     本  悪  あ  そ  の  た  途  い  愚  い  し  私  車 
 後  は  手  行  日     缶  く  の  の  押  と  中  け  図  る  た  は  の 
 は  快  知  に  か     ビ  な  湿  鍵  し  こ  で  な  で   °  ° 知  隣 
 の  適  っ  出  ら     |  っ  っ  が  入  ろ  鍵  い  間     胸  ら  で 
 ん  で  た  か  両     ル  て  た  今  れ  を  を  の  抜     に  な  呆 
 び  あ  る  け  親     を  き  布  頃  に  誰  捨  で  け     あ  い  然 
 り  る  実  て  は     取  た  巾  出  隠  か  て  あ  な     っ  振  と 
 と   ° 家  行   `    り  の  の  て  し  に  よ  っ  幸     た  り  立 
 茶     は  っ  予     出  を  体  き  た  見  う  た  恵     つ  を  ち 
 の      ` た  て     し  吹  臭  た  の  ら  か   ° は     か  し  尽 
 間     親   ° か     た  っ  を  の  だ  れ  と      `    え  て  く 
 で     が     ら      ° 切  ふ  だ  っ  る  も     間     が   ` し 
 寝     い     計        る  と   ° た  の  思     違     取  そ  て 
 転     な     画        よ  思      ° が  っ     っ     れ  の  い 
 び     い     し        う  い        恐  た     て     て  日  た 
 な     と     て        に  出        く  が     も     ほ  は   °
 が     な     い         ` し        て   `    私     っ  そ    
 ら     る     た        冷   `        ` 子     よ     と  そ    
 ワ     と     二        蔵  苛        結  供     り     し  く    
 イ     な     泊        庫  々        局  な     優     た  さ    
 ド     お     三        か  し        自  が     れ     の  と    
 シ     更     日        ら  て        分  ら     て     を  塾    
 ョ     住     の        も  気        の  に     い     覚  を    
 |     み     温        う  分        部  捨     て     え  後    
                                                         

 事     を     っ     た  に     い  は  に     い     い     事  を 
 が  私  今  私  た  前   °  ` そ  た  決  じ  私  た  私  頃  美  は  見 
 許  が  で  は  も  日     幸  ん  の  し  っ  と  幸  の   ` 奈  出  て 
 せ  買  も  そ  の  の     恵  な  だ  て  と  友  恵  頭  良  は  来  過 
 な  っ  覚  の  だ  縁     が  あ  と  誘  見  達  の  の  く  近  な  ご 
 か  て  え  瞬  と  日     金  る  思  わ  つ  が  姿  隅  遊  所  か  し 
 っ  貰  て  間  直  で     魚  日  う  な  め  砂  が  に  び  の  っ  た 
 た  え  い   ` ぐ   `    の   `  ° か  て  山  浮  ふ  に  公  た   °
  ° な  る  自  に  私     形  私     っ  い  遊  か  っ  行  園   ° 姑 
 そ  か   ° 分  分  が     を  が     た  た  び  ん  と  っ  に     と 
 し  っ     の  か  両     し  ひ      ° 幸  を  だ   ` て  遊     暮 
 て  た     内  っ  親     た  と     ど  恵  し   ° ジ  い  び     ら 
 そ  如     側  た  に     赤  り     こ  の  て     ャ  た  に     し 
 れ  雨     で   ° ね     い  で     か  姿  い     ン  公  出     て 
 に  露     強     だ     如  公     で  で  る     グ  園  か     い 
 嫉  を     い     っ     雨  園     そ  あ  の     ル  だ  け     た 
 妬   `    怒     て     露  の     ん  る  を     ・   ° て     時 
 し  幸     り     も     を  砂     な   ° 仲     ジ     行     は 
 て  恵     が     買     持  場     幸  そ  間     ム     っ     さ 
 い  が     湧     っ     っ  に     恵  う  に     の     た     す 
 る  持     き     て     て  い     を  い  入     影      °    が 
 自  っ     出     貰     遣  る     楽  う  り     に     私     に 
 分  て     し     え     っ  と     し  時  た     立     も     こ 
 も  い     た     な     て  こ     ん   ` そ     っ     小     ん 
 許  る     の     か     き  ろ     で  私  う     て     さ     な 
                                                         

 い     自        と  ま     で  そ     っ  他     ゴ     フ     せ 
 記  そ  業  私  私  の  に  母  あ  の  そ  た  の  私  ミ  そ  ェ  い  な 
 憶  し  自  が  は  事  落  親  る  日  し   ° 友  は  除  の  ン  き  か 
 の  て  得  欲  も  だ  ち  の   ° の  て     達  幸  去  向  ス  な  っ 
 彼  い  だ  し  ち  っ   ` 話     夜  結     を  恵  用  う  の  り  た 
 方  つ  と  か  ろ  た  水  だ     遅  局     誘  に  の  は  向  幸  の 
 に  の  思  っ  ん   ° 路  と     く   `    っ  く  鉄  用  う  恵  だ 
 封  間  う  た   `    の   `     ` そ     て  る  柵  水  側  か   °
 印  に  事  赤  誰     コ  大     そ  れ     そ  り  の  路  に  ら    
 さ  か  に  い  に     ン  方     の  が     の  と  辺  に  思  そ    
 れ   ` し  如  も     ク  落     用  生     日  背  り  な  い  の    
 た  私  た  雨  そ     リ  ち     水  き     は  を  で  っ  っ  如    
 存  に  の  露  の     |  た     路  た     す  向  く  て  き  雨    
 在  と  だ  を  日     ト  如     で  幸     ぐ  け  る  い  り  露    
 と  っ  っ  見  の     で  雨     死  恵     さ  る  く  て  放  を    
 な  て  た  せ  話     頭  露     体  を     ま  と  る   ` り  取    
 っ  幸   ° び  を     を  を     と  見     公   ` と  赤  投  り    
 て  恵     ら  し     強  取     し  た     園  そ  水  い  げ  上    
 い  と     か  な     打  ろ     て  最     を  の  に  金  て  げ    
 た  い     し  か     し  う     発  後     後  後  揉  魚  や  る    
 の  う     た  っ     た  と     見  に     に  遣  ま  の  っ  と    
 で  人     の  た     ん  し     さ  な     し  っ  れ  如  た   `   
 あ  間     だ   °    だ  て     れ  っ     た  て  て  雨   ° 公    
 る  は     か        ろ  逆     た  た     の  き  い  露     園    
  ° 遠     ら        う  さ     の   °    だ  た  た  は     の    
           `                                °            

 滑     可   ┐  ┐  ┐ ん   ┐     ┐ 声  瞬     っ        で  て    
 り  そ  愛  う  ま  お  で  美  と  直  が  間  美  か  い     あ  い  そ 
 落  の  い  ん  あ  友  い  奈  告  ぐ  聞   ` 奈  り  つ     っ  た  れ 
 ち  言  い   ` っ  達  た   ` げ  夕  こ  玄  が  薄  の     た  の  が 
  ` 葉  の  赤   ` と  の  随  て  飯  え  関  ま  暗  間      ° に  自 
 卓  を └   い  さ  砂  ?  分   ` に  て  の  だ  く  に         ` 転 
 袱  聞     如  っ  遊 └   遅  有  す  き  方  戻  な  か        そ  車 
 台  い     雨  そ  び     く  り  る  て  か  っ  っ  う        の  の 
 の  た     露  く  し     ま  合  か  ほ  ら  て  て  た        時  鍵 
 上  瞬     貸  お  た     で  せ  ら  っ   ` き  い  た        の  を 
 で  間     し  友  の     公  の   ` と  た  て  た  寝        私  使 
 真   `    て  達 └      園  夕  手  し  だ  い   ° を        は  っ 
 っ  持     く  が        で  食  を  た  い  な     し        ま  て 
 二  っ     れ  出        遊  を  洗   ° ま  い     て        だ  ぼ 
 つ  て     た  来        ん  用  っ     !  事     い        気  ん 
 に  い     の  た        で  意  て         に     た        が  や 
 割  た     よ  の        い  し  き     と  心     み        付  り 
 れ  ご      ° ?        た  食  な     い  臓     た        い  と 
 た  飯     金 └         の  卓  さ     う  が     い        て  輪 
  ° 茶     魚           ね  に  い     元  ど     で        い  郭 
    碗     の            ° つ └      気  き      `       な  を 
    が     形           何  い        な  っ     辺        か  現 
    手     し           し  た        美  と     り        っ  し 
    か     て           て   °       奈  し     は        た  て 
    ら     て           遊           の  た     す        の  き 
                                                         

                     ┏┓    く  え        如  違     来   ┐  ┐
                             り  て  思  そ  雨  い  美  る  う  そ 
                             と  き  わ  の  露  な  奈  っ  ん  の 
                      了     廊  た  ず  瞬  だ  く  が  て  ?  じ 
                             下  の  耳  間  っ  あ  座  言      ょ 
                             を  は  を   ` た  の  っ  っ  ほ  っ 
                     ┗┛    こ   ` 押  き   ° 日  て  て  ら   `
                            ち  濡  さ  |      ` い  い  こ  如 
                            ら  れ  え  ん     用  る  た  こ  雨 
                            に  た  た  と     水  脇  か  に  露 
                            向  靴  両  強     路  か  ら  あ  ど 
                            っ  を  手  烈     で  ら └   る  こ 
                            て  ぐ  か  な     く  取     よ  に 
                            く  し  ら  耳     る  り      ° あ 
                            る  ゅ  最  鳴     く  出     で  る 
                            小  ぐ  初  り     る  し     も  の 
                            さ  し  に  が     水  た     大  ? 
                            な  ゅ  漏  し     に  赤     丈  ! 
                            足  と  れ  た     回  い     夫 └  
                            音  い  る   °    っ  如      `   
                            だ  わ  よ        て  雨     後    
                            っ  せ  う        い  露     で    
                            た  て  に        た  は     取    
                             ° ゆ  聞        あ   `    り    
                               っ  こ        の  間     に    
                                                         
[Return]