な     る  れ  た  て  た        と      る  葉  は                
 く  傾   ° な  い  き   ° 森     し  ひ  伝  擦   ` 深  伝          
 な  斜     い  し  て  伝  に     て  た  助  れ  静  く  助        天 
 っ  の      °  ` し  助  行     焚  す  が  の  寂  速  は        狗 
 た  き     三  飲  ま  は  こ     い  ら  巻  音  の  い  夜        露 
 ら  つ     つ  ん  っ  妹  う     て  に  き  と  森  息  の          
 父  い     下  で  た  の  と     お  走  起  な  に  遣  山          
 ち  森     の  も   ° 鈴  言     い  り  こ  っ  秋  い  道          
 ゃ  の     鈴  見  菊  が  い     た  続  し  て  草  は  を          
 ん  道     は  た  の  心  出     篝  け  た  後  を  喉  落          
 も  を     数  い  露  配  し     火  る  も  を  叩  を  ち          
 母  登     え   ° が  で  た     が   ° の  追  き  擦  る          
 ち  る     で  何  あ  家  の     見  麓  な  い  起  り  よ          
 ゃ   °    八  よ  る  に  は     え  も  の  か  こ  続  う          
 ん  二     つ  り  の  い  四     た  近  か  け  す  け  に          
 も  人      °  ` な  た  郎      ° い   ° て  よ  る  走          
 悲  き     ま  鈴  ら  か  だ         `    く  う   ° っ          
 し  り     だ  の   ` っ   °       森     る  に  跳  て          
 む  の     死  病  そ  た  弥        の      ° 高  躍  い          
  ° 兄     ぬ  に  い  が  吉        入     そ  く  す  る          
 爺  妹     に  効  つ   ` も        り     の  響  る   °         
 ち   `    は  く  を  や  つ        口     風  く  足             
 ゃ  鈴     早  か  見  は  い        に     は   ° の             
 ん  が     す  も  て  り  て        目      ` 風  運             
 と  い     ぎ  し  み  出  き        印     走  が  び             
                                                         

    の      ┐ れ  を  月      ┐ 言   ┐ ん   ┐ さ      ┐     ┐ 婆 
 峻  巨  四  お  ま  得  か  森  そ  っ  あ  だ  い  ら  四  延  木  菊  ち 
 険  岩  郎  い  で  る  ら  の  ん  た  あ  ぞ  い  に  郎  命  の  の  ゃ 
 な  が  が   `  ` と  夜  最  な  ん   `└   か  続  は  息  枝  露  ん 
 岩   ` 皆  こ  菊  言  露  奥  こ  だ  分      ` け  先  災  を  は  は 
 道  月  に  こ  の  う  が  の  と  ろ  か     今  た  頭  の  振  ど  泣 
 を  に  注  か  露   ° 降  岩  は └   っ     日   ° を  妙  り  ん  く 
 這  向  意  ら  を  そ  り  場  な     て     取     歩  薬  回  な  だ 
 う  か  し  は  飲  れ  る  に  い     る     る     き  な  し  味  ろ 
 よ  っ  た  岩  ん  が   ° は  !     け     菊     な  ん  な  か  う 
 う  て   ° 場  だ   ` そ  岩 └      ど     の     が  だ  が  な   °
 に  伸  山  だ  者  岩  の  紅  四     さ     露     ら  か  ら └     
 し  び  道  ぞ  は  紅  露  菊  郎     あ     は      ` ら  弥       
 て  る  が   ` い  菊  を  が  は      `    な     後   ` 吉       
 登  よ  終  気  な  の  飲  咲  声     お      `    ろ  き  が       
 り  う  わ  を  い  伝  ん  く  を     医     お     も  っ  呟       
 き  に  り  つ   ° 承  だ   ° 荒     者     鈴     振  と  い       
 る  峙   ` け     だ  者  そ  げ     は     ち     り  苦  た       
 と  っ  目  ろ     っ  は  の  た     も     ゃ     向  か   °      
  ` て  の  よ     た  不  紅   °    う     ん     か  ろ          
 平  い  前 └       ° 老  菊        だ     の     ず └           
 ら  た  に        し  長  に        め     為     に             
 に   ° は        か  寿  秋        だ     に     言             
 開     三        し  の  の        っ     取     い             
 け     角        こ  命  満        て     る      `            
                                                         

 大     伝  の      ┐ と  起      ┐ と  わ  中      ┐  ┐ 弁  月  た 
 き  満  承  声  影  そ  思  こ  弥  ち  は  せ  か  四  さ  こ  を  の  所 
 な  月  の  を  の  れ  う  り  吉  ょ  な  た  ら  郎  あ  れ  開  雫  に 
 両  を  続  思  声  は  と   ` が  っ  か   ° 片  は   ` が  い  を  出 
 の  背  き  い  は   `  ` 大  花  と  っ  そ  手  袂  こ   ` て  残  た 
 目  に   ° 出  腹  俺  風  太  に   ` た  れ  に  か  れ  岩  い  ら   °
 と  し  |  し  の  の  の  鼓  口  飲   ° を  余  ら  で  紅  た  ず  奥 
 顔  た  |  て  底  物  中  を  を  ん     袋  る  袋  露  菊   ° 受  に 
 の  大  岩  い  に  だ  か  叩  近  で     に  綿  を  を └      け  は 
 真  男  場  た  響 └   ら  く  づ  み     戻  を  取  取  伝     取   `
 ん  の  に   ° い     大  よ  け  よ     す  つ  り  る  助     ろ  月 
 中  表  近  嗄  た     き  う  た  う      ° ま  出  ん  は     う  光 
 か  情  づ  れ   °    な  な  と └      そ  み  し  だ  荒     と  に 
 ら  は  く  た  そ     黒  ど  き        れ  出  た └   い     す  縁 
 突  よ  な  婆  の     い  ど   `       で  し   °    息     る  取 
 き  く   ° ち  と     影  ん  風        も   ` 伝     で     か  ら 
 出  分  天  ゃ  き     が   ` が        ま  吸  助     呟     の  れ 
 て  か  狗  ん  伝     現  と  鳴        だ  い  は     い     よ  た 
 い  ら  に  の  助     れ  い  っ         ` 尽  そ     た     う  一 
 る  な  食  声  は     た  う  た        露  く  れ      °    に  輪 
 高  い  わ   ° 全      ° 音   °       が  す  を            ` の 
 く   ° れ  岩  く        が  旋        涸  ほ  受           大  紅 
 て  し  る  紅  違        し  風        れ  ど  け           き  い 
 赤  か  ぞ  菊  う        た  が        る  に  取           く  花 
 い  し   ° の  別        か  巻        こ  吸  り           花  が 
                                         `              `

 立  そ  助        伝  よ     で      ┐ 郎  と  と  た         ┐ 鼻 
 ち  の  を  息     助  う  伝  い  振  そ  の  転  来  の  伝  弥  天  が 
 止  途  追  を     の  に  助  っ  り  い  叫  び  た  弥  助  吉  狗  見 
 ま  端  い  切     背  降  は  た  向  つ  び  落  道  吉  は  は  だ  え 
 っ   ` 越  ら     を  り  目   ° く  を  が  ち  へ  に  動  叫  !  た 
 た  篝  し  し     押   ` を     と  お  叩  そ  勢  注  け  ん └    °
  ° 火  て   `    し  草  戻      ` 鈴  き  う  い  が  ず  だ       
    の   ` 篝     て  深  す     四  ち  つ  に  良  れ  に  ま       
    脇  篝  火     い  い  と     郎  ゃ  け  な  く  た  大  ま       
    に  火  ま     る  山  一     は  ん  る  る  送  と  男   `      
    四  の  で     気  道  目     小  に  よ   ° り  き  を  腰       
    郎  炎  辿     が  を  散     刀  飲  う  足  出   ` 見  を       
    と  を  り     し  落  に     を  ま  に  を  さ  伝  つ  抜       
    弥  消  着     た  ち  走     抜  せ  聞  踏  れ  助  め  か       
    吉  し  こ      ° る  っ     き  て  こ  ん  た  は  て  し       
    が  た  う        よ  た      ` く  え  張   ° 四  い  て       
    転   ° と        う   °    大  れ  た  る  足  郎  た  座       
    が  低  し        に  急     男 └    ° 伝  が  に   ° り       
    り  い  た        走  な     の        助  縺  引  大  込       
    出  轟  と        っ  岩     懐        の  れ  っ  男  ん       
    た  き  き        た  道     へ        背   ` 張  の  だ       
     ° が   `        ° を     飛        中  岩  ら  目   °      
    伝  鳴  風        四  転     び        に  の  れ  が          
    助  る  が        郎  が     込         ` 下   ` 地          
    は   ° 伝        が  る     ん        四  へ  も  べ          
                                                         

    森  の      ┐ て      ┐ を  手      ┐  ┐ ん   ┐  ┐        ┐
 四  が  中  大  こ  よ  大  こ  描  に  大  え  爺  だ  頼  そ  二  返  四 
 郎  揺  へ  男  れ  こ  男  れ  い  持  男  ?  に  !  む  れ  人  事  郎 
 と  れ  と  は  は  し  は  を  て  っ  は └   薬 └    ° は  の  は  ! 
 弥  た  消   ` ?  た  懐  持  大  て  右     を  伝  お   ` 後  な    
 吉   ° え  そ └    ° か  っ  男  い  手     や  助  鈴  俺  ろ  い  弥 
 は  受  た  の     油  ら  て  の  た  を     っ  は  が  の  の   ° 吉 
 す  け   ° 問     紙  な  い  手  袋  軽     た  声  死  物  闇     ! 
 ぐ  取  伝  い     の  に  け  に  を  く      ° を  に  だ  か    └  
 に  っ  助  に     包  や   ° 落  舞  振     露  限  そ └   ら       
 目  た  の  は     み  ら  俺  ち  上  っ     は  り  う  地  大       
 を  包  脇  答     だ  取  は  た  げ  た     俺  に  な  面  男       
 覚  み  を  え     っ  り  間   ° た   °    の  叫  ん  が  が       
 ま  は  大  ず     た  出  に      ° 横     物  ぶ  だ  震  一       
 し  菊  風   `     ° す  合     あ  か     だ   °  ° え  歩       
 た  の  が  大        と  っ     っ  ら    └      こ  た  進       
  ° 露  走  太         ` て      ` 強           い   ° み       
 村  よ  り  鼓        伝  い     と  い           つ     出       
 の  り   ` の        助  る     叫  風           が     る       
 田  も  山  音        の └      ぶ  が           な      °      
 圃  重  を  と        胸        間  吹           い             
 道  た  吹  共        元        に  き           と             
 を  か  き  に        へ        袋  つ           だ             
 三  っ  上  旋        投        は  け           め             
 人  た  げ  風        げ        弧   `          な             
     °  `                                                

  ┐  ┐ き  て  た      ┐ が      ┐ ゃ  る  囲  目  火  囲     へ  で 
 た  よ  込  行  蚊  小  お  開  母  お  ん   ° 炉  を  に  ん  家  向  走 
 だ  か  む  く  の  さ  腹  い  ち  鈴  が  手  裏  伏  炙  で  に  か  り 
 な  っ  と  と  啼  な  空  て  ゃ  は  ど  前  の  せ  ら  い  入  っ   `
 あ  た  に   ` く  そ  い  鈴  ん  ど  て  で  中  て  れ  た  る  た  虫 
└   な  っ  鈴  よ  の  た  が  が  う  ら  は  で  い  赤   ° と   ° の 
 父  あ  こ  の  う  声 └   出  こ  だ  を   ` ぱ  る  く  囲   `    声 
 ち   ` り  ほ  な  に     て  っ  い  掛  向  ち   ° 揺  炉  遅     に 
 ゃ  お  と  う   ` は     き  ち └   け  こ  ぱ  父  れ  裏  い     稲 
 ん  鈴  微  か  か   `    た  を     た  う  ち  ち  て  奥  時     穂 
 が └   笑  ら  細  し      ° 向      ° を  跳  ゃ  い  に  間     が 
 大     む  伝  い  か        い        向  ね  ん  る  は  な     揺 
 声      ° 助  も  し        た        い  る  の   ° 父  の     れ 
 が     死  に  の  張         °       た  豆  向  口  ち  に     る 
 出     の  抱  で  り        そ        爺  殻  こ  を  ゃ  皆     の 
 す     病  き  は  が        の        ち  を  う  大  ん  起     を 
  °    は  つ  な  あ        と        ゃ  火  で  き  が  き     聞 
  ┐    影  い  か  り        き        ん  箸  は  く  い  て     き 
 爺     形  て  っ   `        `       の  で   ` へ  て  い     な 
 ち     な  き  た  出        奥        背  掻  母  の   ` て     が 
 ゃ     く  た   ° が        の        中  き  ち  字  右   `    ら 
 ん     消   ° 駆  け        寝        に  混  ゃ  に  の  囲     伝 
 が     え  顔  け  に        間         ` ぜ  ん  曲  横  炉     助 
 な     た  を  寄  聞        の        婆  て  が  げ  顔  裏     の 
 あ      ° 覗  っ  い        襖        ち  い   ` て  が  を     家 
└                                                        

 い  二  包  終     か  て  こ  こ  狗  い   ┐ り  き  で  り  て  |    
 に  個  み  わ  伝  っ  い  と  と  に  る  実  固  て  成   ` い  そ  そ 
 汁  の  が  ろ  助  た  る   °  ° 鈴  三  は  ま  土  り  鈴  た  の  う 
 を  玉  布  う  は   ° よ  父  そ  の  人  な  っ  間  行  が   ° 顔  言 
 引  が  団  と  襖     う  ち  の  快  と  あ  て  か  き  寝  伝  に  っ 
 い  板  の  す  の     で  ゃ  代  復  は └   い  ら  を  て  助  は  て 
 て  の  上  る  上     囲  ん  価  を  対  爺  る  爺  見  い  は   ` 黙 
 い  間  に  と  に     炉  と  と  頼  照  ち   ° ち  守  た   ` 目  っ 
 る  を  落  き  正     裏  母  し  み  に  ゃ     ゃ  っ  布  う  の  て 
  ° ご  ち   ` 座     の  ち  て  に  ゆ  ん     ん  て  団  わ  所  し 
 皆  ろ  た  伝  し     火  ゃ   ` い  っ  は     の  い  の  っ  に  ま 
 の  ご   ° 助  て     を  ん  目  っ  く  鈴     顔  た  上  と  二  う 
 顔  ろ  落  の  聞     見   ` ん  た  り  を     を  四  に  叫  つ   °
 が  と  ち  懐  い     つ  そ  玉  こ  と  膝     覗  郎  襖  ん   ` 伝 
 毒  転  た  が  て     め  れ  を  と  し  の     き  と  ご  で  真  助 
 虫  が  拍  カ  い     る  に  刳   ° た  上     込  弥  と  飛  っ  は 
 を  っ  子  サ  た     ば  婆  り  天  声  に     み  吉  倒  び  暗  爺 
 見  た  に  カ   °    か  ち  貫  狗  で  抱      ` も  れ  退  な  ち 
 た   °  ` サ  爺     り  ゃ  い  に  話  き     あ   ` た  り  大  ゃ 
 よ  玉  包  と  ち     で  ん  て  薬  し  寄     っ  ザ   °  ` 穴  ん 
 う  は  み  動  ゃ     何  は  差  を  出  せ     と  ッ  今  襖  が  を 
 に  蛞  が  い  ん     も  も  し  も  し   `    叫  と  ま  に  口  見 
  ` 蝓  破  て  の     言  う  出  ら  た  驚     ん  走  で  ぶ  を  た 
 一  み  れ   ` 話     わ  知  し  っ   ° い     だ  っ  土  つ  開   °
 斉  た  て  紙  が     な  っ  た  た  天  て     き  て  間  か  け  | 
        `                                                

    る  を     わ  し  ら  っ           そ  ん  し  は  ぽ  最  ぴ  に 
     ° 剥  爺  な  天  岩  た  こ     そ  し  は  ば  爺  り  後  ょ  ゆ 
       く  ち  い  狗  場   ° の     の  て  三  ら  ち  と  に  ん  が 
       よ  ゃ   ° を  に  で  と     場   ` 度  く  ゃ  入  一  と  ん 
       う  ん     弁  行  も  き     に  鈴  瞬  す  ん  っ  際  跳  だ 
       に  も     護  く  村  か     い  の  き  る  の  た  大  ね   °
       な  少     し  な  の  ら     た  方  を  と  目   ° き  て  そ 
       っ  し     た  と  人   `    他  を  す  黒  の   ┐ く   ` の 
       た  変     い  言  は  伝     の  向  る  目  所  痛  飛  飛  二 
        ° わ     気  う   ` 助     者  い  と  を  で  い  ぶ  び  個 
       ま  っ     も   ° 相  は     は  て   ` こ  ぐ  !  と  越  の 
       た  た     す  伝  も  天     皆   ┐  ┐ ち  る └    ` え  玉 
       落   °    る  助  変  狗      ` 見  見  ら  ぐ  爺  爺  た  は 
       ち  大     け  は  わ  に     ぽ  え  え  側  る  ち  ち   °  `
       や  笑     れ   ` ら  親     か  る  る  に  と  ゃ  ゃ  一  敷 
       し  い     ど  そ  ず  し     ん  ぞ └   し  別  ん  ん  度  居 
       な  す      ` の   ` み     と  い  と  て  々  が  の  跳  の 
       い  る     口  戒  天  を     口 └   言  止  に  叫  暗  ね  段 
       か  と     を  め  狗  感     を  と  っ  ま  回  ん  い  る  差 
       と  き     結  を  に  じ     開  目  て  っ  っ  だ  窪  と  ま 
       冷   `    ん  聞  食  る     け  を  目  た  て   ° み  跳  で 
       や  大     で  く  わ  よ     て  見  を   ° い  二  の  ね  転 
       冷  き     何  度  れ  う     い  開  擦  爺  た  個  中  続  が 
       や  く     も  に  る  に     た  い  っ  ち  が  の  に  け  る 
       す  目     言  少  か  な      ° た  た  ゃ   ` 玉  す   ` と 
                                   °  °                 `
[Return]