一         ┐       に  面  い  ト     い  |  S  い             
 番  私     蛇         ` 白  る  を  そ  っ  ズ  U   ` 友          
 ひ  は     沼        一  い  の  超  れ  た  事  I  書  達        蛇 
 ど  小     地        つ  ん  だ  え  に  タ  件  T  か  か        沼 
 い  学     蔵        の  だ  ろ  て  し  イ   `└   れ  ら        地 
 い  生     ま        事  か  う  い  て  ト  鷺  と  て   `       蔵 
 じ  の     つ        件   °  ° る  も  ル  宮  い  い   ┐       ま 
 め  と     り        名  そ  こ   ° す  が  ス  う  る  と        つ 
 は  き     事        に  う  ん  一  ご  何  カ  い  U  に        り 
 中  か     件        目  思  な  日  い  百  |  じ  R  か        事 
 一  ら    └         が  い  陰  あ  ア  個  ト  め  L  く        件 
 の  ず     投        留  な  気  た  ク  も  切  体  を  見          
 夏  っ     稿        ま  が  で  り  セ  並  裂  験  ク  て          
  ` と     者        っ  ら  恨  ど  ス  ん  き  記  リ  み          
 地  い     ‥        た  ス  み  れ  数  で  事  サ  ッ  な          
 蔵  じ     志         ° ク  が  く  だ  い  件  イ  ク  よ          
 ま  め     乃           ロ  ま  ら   ° た   ` ト  し └           
 つ  ら     さ           |  し  い  す   ° 松  で  て  と          
 り  れ     ん           ル  い  の  で     原   ` み  の          
 の  て                 し  サ  人  に     う  佐  た  メ          
 夜  き                 て  イ  が  一     ん  野   ° |          
 で  ま                 い  ト  見  千     こ  画   ┐ ル          
 し  し                 る  の  に  万     事  鋲  P  を          
 た  た                 う  何  来  ヒ     件  シ  U  も          
  ° が                 ち  が  て  ッ     と  ュ  R  ら          
     `                                                   

 ら  ダ  の  原     か  達  傷  い  中  か  た  か     る  朝  な  飾    
 私  ボ  袖  へ  夕  ら  が  つ  ま  学  ら  ん  か  そ  日  か  お  っ  お 
 に  シ  に  行  方  と  で  い  せ  生  私  で  り  の  で  ら  店  て  地 
 罵  ャ  手  き   ` 真  き  た  ん  に  を  す  ま  日  も  晩  が  お  蔵 
 声  ツ  を  ま  私  新  た  こ  で  な  い   ° し  の  あ  ま  並  供  さ 
 を  姿  突  し  は  し  も  と  し  っ  じ  嫌  た  昼  り  で  び  え  ん 
 浴  の  っ  た  浴  い  の  を  た  て  め  な   ° 過  ま  賑   ` を  を 
 び  K  込   ° 衣  浴  と  知   ° も  て  予  夜  ぎ  し  わ  夜  し  洗 
 せ  男  ん  や  を  衣  思  っ  小  い  い  感  の   ` た  う  に  ま  っ 
 る  と  で  は  着  を  い  て  学  じ  る  が  花  Y   ° 日  は  す  て 
 嫌  R  腕  り  て  出   ` い  校  め  M  し  火  子     で  花   ° 新 
 な  男  組  M  花  し  と  た  で  ら  子  ま  大  と     す  火  地  し 
 や  も  み  子  火  た  て  か  の  れ  の  し  会  い      ° 大  蔵  い 
 つ  い  し  が  大  ほ  も  ら  い  て  友  た  に  う     子  会  堂  前 
 で  ま  て  Y  会  ど  喜  で  じ  い  達   ° 一  ク     供  や  の  垂 
 し  す  い  子  の  で  び  す  め  る  な  Y  緒  ラ     が  カ  前  れ 
 た   ° ま  と  会  し  ま   ° 問  こ  の  子  に  ス     夜  ラ  に  を 
  ° こ  し  一  場  た  し  母  題  と  で  は  行  の     遊  オ  は  つ 
    の  た  緒  に   ° た  は  で  を  す   ` こ  女     び  ケ  子  け 
    男   ° に  な      ° 私   `  `  ° 小  う  子     し  大  供  た 
    子  そ  い  っ     せ  に  母  母  で  学  と  か     て  会  の  後 
    も  の  て  て     っ  新  が  に  も  校  誘  ら     も  が  喜   `
    日  隣   ` い     か  し  ひ  話   ` の  っ  電     許  あ  び  提 
    頃  に  浴  る     く  い  ど  し  私  と  て  話     さ  っ  そ  灯 
    か  は  衣  川     だ  友  く  て  は  き  き  が     れ  て  う  を 
        `                                         `      

 と  し     と  す  遅  よ     私  し  連     の  す  ば  も  い  と    
 言  た  蛇  を   ° れ  う  い  は  た  れ  私  で  る  良  私  か  言  M 
 わ   ° 沼  知  私  て  と  っ  罵  が  て  は  す  と  か  の  ら  い  子 
 れ  沼  は  り  は  ド  空  た  倒   ` 行  四   °  ` っ  話   ` 出  が 
 る  の   ` ま  花  ン  を  い  さ  道  か  人     母  た  を  こ  し   ┐
 よ  周  渇  し  火  と  見  ど  れ  が  れ  に     が  の  聞  こ  ま  花 
 う  辺  水  た  の  音  上  こ   ` 悪  ま  囲     ど  だ  こ  で  し  火 
 に  に  に   ° 上  が  げ  へ  笑  く  し  ま     ん  と  う  花  た  な 
 な  は  備     が  鳴  ま  行  わ  て  た  れ     な  思  と  火   ° ん 
 っ  蛇  え     る  り  し  こ  れ  何   ° て     に  い  し  大  他  か 
 た  の  て     方  ま  た  う  ま  度  R   `    が  ま  ま  会  の  面 
 そ  巣  作     角  し   ° と  し  も  男  舗     っ  す  せ  を  人  白 
 う  が  ら     か  た  そ  し  た  つ  が  装     か   ° ん  見  も  く 
 で  た  れ     ら   ° の  て   ° ま  懐  さ     り  け   ° て  賛  な 
 す  く  て      ` 花  と  い     ず  中  れ     す  れ  こ  る  成  い 
  ° さ  い     蛇  火  き  る     き  電  て     る  ど  の └   し  か 
 生  ん  る     沼  大   ` の     ま  灯  い     か   ` と  と  て  ら 
 臭  あ  農     に  会  背  か     し  で  な     と  花  き  言  い   `
 い  っ  業     向  が  後   `    た  地  い     考  火  走  い  ま  肝 
 緑  た  用     か  始  か  位      ° 面  農     え  も  っ  ま  す  試 
 色  の  の     っ  ま  ら  置     そ  を  業     て  見  て  し   ° し 
 の  で  貯     て  っ  光  を     の  照  道     し  ず  逃  た  私  に 
 水   ` 水     い  た  が  確     た  ら  路     ま  に  げ  が  は  行 
 を  蛇  池     る  の  差  認     び  し  へ     っ  帰  帰   `  ┐ こ 
 湛  沼  で     こ  で  し  し     に  ま  と     た  宅  れ  誰  怖  う 
                    `                                 └  

 ま     せ  ク  ま     元  れ  状  し  棄  で     ミ  棄  か     っ  え 
 し  私  る  リ  し  そ  は  ま  況  て  さ  捨  自  拾  さ  れ  そ  て  た 
 た  は  こ  |  た  ん  い  し  か  引  れ  て  転  い  れ  ま  の  い  気 
  °  ` と  ト   ° な  ま  た  ら  き  て  ら  車  を  て  し  夏  ま  味 
    そ  に  造  再  わ  だ   ° し  あ  い  れ  や  す  い  た  は  す  の 
    の  決  の  び  け  に  六  て  げ  ま  て  オ  る  る   °  `  ° 悪 
    蛇  ま  貯  こ  で  判  月  殺  よ  し  い  |  こ  こ  沼  何     い 
    沼  っ  水  う   ` 明  下  人  う  た  た  ト  と  と  底  十     沼 
    に  た  池  い  蛇  し  旬  事  と   ° そ  バ  に  が  が  年     で 
    置  の  に  う  沼  て  の  件  し  泥  う  イ  な  分  干  か     し 
    き  も  作  事  の  い  こ  に  た  水  で  の  り  か  上  ぶ     た 
    去  こ  り  態  脇  な  と  違  時  を  す  ほ  ま  り  が  り      °
    り  の  変  が  に  い  だ  い   ` 吸   ° か  し   ` る  の     今 
    に  頃  え  起  小  と  っ  な  中  っ  縄  に  た  農  と  渇     は 
    さ  で   ` こ  さ  祖  た  く  か  て  で   `  ° 家   ` 水     悠 
    れ  し  周  る  な  父  と   ` ら  重  簀  ど     の  か  で     木 
    る  た  囲  と  無  か  思  す  白  い  巻  う     人  な   `    貯 
    に   ° に  厄  縁  ら  い  ぐ  骨  の  き  い     が  り  蛇     水 
    違     フ  介  仏  聞  ま  に  が  で  に  う     総  い  沼     池 
    い     ェ  な  の  き  す  警  出   ` し  わ     出  ろ  の     と 
    な     ン  の  祠  ま   ° 察  て  小  た  け     で  ん  水     名 
    い     ス  で  が  し  白  へ  き  さ  布  か     沼  な  も     前 
    と     を   ` 作  た  骨  通  ま  く  団  刃     底  物  田     が 
    思     巡  コ  ら   ° の  報  し  バ  も  物     の  が  に     変 
    い     ら  ン  れ     身  さ  た  ラ  遺  ま     ゴ  投  引     わ 
                             °                           

 ま     か  が  に  の  い  壁  ず  ま     ち  え  な  な  き  中  て    
 ま  ど  浴  出  埋  底  で  面  か  す  闇  去  て  私  り  抜  は  沼  予 
 こ  れ  衣  て  ま  か  何  に  な  が  が  り  笑  を  ま  く  湿  へ  想 
 こ  く  の  い  っ  ら  度  向  光   ` 残  ま  い  見  し  拍  っ  落  通 
 で  ら  袖  る  て  出  か  か  が  雑  り  し  ま  下  た  子  て  ち  り 
 死  い  が  の  い  ら  吐  っ  と  木  ま  た  す  ろ   ° に  い  ま   `
 ぬ  時  引  か  る  れ  き  て  き  林  し   °  ° し  せ  下  て  し  蛇 
 の  間  き  ど  何  ず  ま  這  ど  に  た     ひ  て  っ  駄   ` た  沼 
 か  が  千  う  か   ` し  い  き  邪   °    と   ` か  が  足   ° に 
 も  経  切  か  が  涙  た  ま  空  魔  打     し  M  く  脱  が  沼  つ 
 し  っ  れ  も   ` が   ° わ  を  さ  ち     き  子  の  げ  ず  底  い 
 れ  た  て  暗  私  枯  も  り  染  れ  上     り   ` 新   ` ぶ  は  た 
 な  の  無  く  の  れ  が  ま  め  て  げ     嘲  Y  調  い  ず   ` と 
 い  か  く  て  体  る  い  し  る  見  花     っ  子  浴  く  ぶ  表  た 
 と  も  な  見  中  ほ  て  た  の  え  火     た   ` 衣  ら  と  面  ん 
 思  分  っ  え  を  ど  も   ° で  ま  の     後  K  も  探  沈  こ   `
 っ  か  て  ま  切  泣   ` 腐   ` せ  音      ` 男  泥  し  ん  そ  M 
 た  ら  い  せ  り  き  も  っ  お  ん  が     四   ` だ  て  で  乾  子 
 と  な  ま  ん  つ  ま  が  た  ぼ   ° 遠     人  R  ら  も  し  い  に 
 き  く  し   ° け  し  い  よ  ろ  そ  く     は  男  け  見  ま  て  突 
  ` な  た  い  て  た  て  う  げ  れ  か     蛇  が  で  つ  い  い  き 
 白  り   ° つ  痛   ° も  な  に  で  ら     沼  腹  す  か  ま  ま  飛 
 い   `    の  み  沼   ` 泥  見  も  聞     か  を   ° ら  す  し  ば 
 玉  こ     ま   ` の  蛇  の  え   ` こ     ら  か  そ  な   ° た  さ 
 が  の     に  血  中  沼  臭  た  わ  え     立  か  ん  く  引  が  れ 
                                                     `   

 で  い  い  の     歌  ラ  え  っ     蔵  沼  い  ら     た  こ  人  一 
 し  ま  よ  四  私  声  オ  て  た  蛇  さ  か  と   ` 人   ° う  魂  つ 
 た  し  う  時  に  が  ケ  い  の  沼  ん  ら  い  誘  魂     な  だ   `
  ° た  隠  間  と  聞  大  ま  で  か  だ  出  う  う  が     る  と  闇 
     ° れ  ほ  っ  こ  会  す   ` ら  っ  る  こ  よ  私     ん  思  の 
    母  な  ど  て  え  は   ° 小  は  た  こ  と  う  に     だ  い  中 
    は  が  の  は  て  終  た  石   ` か  と  な  に  近     と  ま  を 
    自  ら  こ  一  き  わ  ど  が  農  も  が  ん  行  づ      ` し  漂 
    治  家  と  晩  ま  っ  り  足  業  し  で  だ  っ  い     半  た  う 
    会  へ  だ  中  し  て  着  に  道  れ  き  と  た  て     ば   ° の 
    の  帰  っ  の  た  お  い  喰  路  ま  ま  分  り  き     捨  怖  が 
    手  る  た  出   ° ら  た  い  を  せ  し  か  来  て     て  く  見 
    伝  と  よ  来     ず  先  こ  ま  ん  た  り  た  三     ば  は  ま 
    い   ` う  事      ` は  ん  っ   °  °  ` り  周     ち  な  し 
    か  時  で  に     酔   ` で  す     今  人  し  ほ     な  か  た 
    ら  計  す  思     っ  地  か  ぐ     思  魂  て  ど     気  っ   °
    戻  は   ° え     た  蔵  な  行     う  の  い  回     分  た  こ 
    っ  一  誰  た     お  堂  り  き     と  誘  ま  り     で  で  こ 
    て  〇  か  の     じ  の  痛  ま      ` う  す  ま     そ  す  で 
    お  時  に  で     さ  裏  か  し     あ  方   ° し     れ   ° 殺 
    ら  半  見  す     ん  で  っ  た     の  向  こ  た     を  じ  さ 
    ず  を  つ  が     の  し  た   °    光  へ  っ   °    眺  き  れ 
     ` さ  か   `    陽  た  の  裸     は  歩  ち  そ     め  に  た 
    留  し  ら  ほ     気   ° を  足     お  く  へ  れ     ま  私  人 
    守  て  な  ん     な  カ  覚  だ     地  と  来  か     し  も  の 
                                                         

                力  せ     し     引     ま     し  袋  い  全    
 私           ■  を  ん  今  た  あ  っ  私  し  翌  た  に  ま  身  風 
 は           追  お   ° で   ° の  越  た  た  朝   ° 入  し  に  呂 
  `          跡  願  復  も     と  し  ち   °  `    れ  た  切  場 
 総           情  い  讐   `    き  ま  家     浴     て   ° り  へ 
 毛           報  し  し  M     剥  し  族     衣     捨  浴  傷  行 
 だ           は  ま  た  子     げ  た  は     と     て  衣  が  っ 
 っ           こ  す  い   `    た   °  `    私     ま  は  で  て 
 て           ち   ° 気  Y     親     祖     の     し  母  き  浴 
 小           ら     持  子     指     父     体     た  に  て  衣 
 刻           ■     ち   `    の     母     の      ° 見  い  を 
 み                 で  K     爪     の     傷     そ  せ  て  脱 
 に                 い  男     は     反     を     れ  ら   ` ぎ 
 震                 っ   `     `    対     見     か  れ  左   `
 え                 ぱ  R     二     を     た     ら  な  足  体 
 て                 い  男     度     押     両     布  い  親  と 
 い                 で  へ     と     し     親     団  と  指  浴 
 る                 す  の     生     切     は     に  思  の  衣 
 自                  ° 憎     え     っ     声     突  い  生  を 
 分                 皆  し     て     て     を     っ   ` 爪  洗 
 に                 さ  み     き      `    上     伏  結  が  い 
 気                 ん  は     ま     半     げ     し  局  剥  ま 
 が                 の  消     せ     月     て     て   ` が  し 
 つ                 ご  え     ん     後     泣     寝  ゴ  れ  た 
 い                 協  ま     で     に     き     ま  ミ  て   °
                                                         

          た        い  パ     号  中        人     に   ┐    た 
           ° そ     る  |  写  :  学  7  M  の  ■  か  皆  M   °
          差  の      ° で  真  :  校  8  子  個  追  か  さ  子    
          出  と        買  は   ° :  年  こ  人  跡  る  ん  は    
          人  き        い  小     :  6  と  情  情   ° の  私    
          は   `       物  学    ┌┐ 月   ` 報  報     ご  だ    
          志  新        を  生     株  1  日  が  こ     協   °   
          乃  着        し  か    └┘ 8  野  顔  ち     力       
           ° メ        て  ら     新  日  雅  写  ら     を       
          件  |        い   `    出  生  子  真  ■     お       
          名  ル        る  つ     善  ま   ° つ  を     願       
          は  を        三  い     エ  れ     き  ク     い       
           ┐ 告        日  最     ン   °    で  リ     し       
          見  げ        前  近     ジ  市     晒  ッ     ま       
          ぃ  る        の  の     ニ  立     さ  ク     す       
          つ  音        姿  も     ア  悠     れ  し    └        
          け  が        ま  の     リ  木     て  て     の       
          た  パ        で  ま     ン  小     い  み     一       
         └   ソ        隠  で     グ  学     た  る     文       
          だ  コ        し  あ     勤  校      ° と     が       
          っ  ン        撮  っ     務   `        `     `      
          た  か        り  た        市        私     ひ       
           ° ら        さ   °    電  立        た     ど       
             流        れ  ス     話  浦        ち     く       
             れ        て  |     番  飯        四     気       
                                                         
[Return]