響  空  ら  う  ま  の  イ  て  続  チ  の  足  し  る  傍             
 い  の  せ  に  で  か  フ  き  け  を  付  が  て   ° に  猫          
 た  下  る  這  裂  僅  を  た  た  押  け  空  い  目  か  は        水 
  °  ` 鐘  い  い  か  取  と   ° し  根  を  る  は  が  背          
 猫  た  の  出  た  も  り  こ  体  続  に  掻  か  遠  み  骨          
 を  れ  音  て   ° 動  出  ろ  毛  け  ス  く  の  く  込  を          
 踏  込  を  き  ど  か  し  で  が  る  タ  よ  よ  を  ん  後          
 み  め  放  た  ろ  な   ` や  焦   ° ン  う  う  見  で  ろ          
 つ  る  送   ° り  い  腹  め  げ  猫  ガ  に  だ  て  様  に          
 け  雲  し  そ  と   ° に  た  て  は  ン  ゆ  っ  い  子  撓          
 る  に  た  の  ピ  刺  刺   ° 黒  背  を  っ  た  た  を  ら          
 と  低   ° と  ン  し  し  今  く  筋  当  た   °  ° 見  せ          
 口  音  ざ  き  ク  た  た  度  な  を  て  り  ぴ  こ  る  体          
 と  部  ら   ` に  カ   ° は  る  ピ   ` と  く  の   ° の          
 肛  だ  つ  公  輝  ッ  猫  ポ   ° ン  今  円  ん  公  腹  右          
 門  け  い  園  く  タ  は  ケ  鼻  と  度  を  と  園  が  側          
 か  を  た  の  内  |  も  ッ  を  伸  は  描  一  か  忙  を          
 ら  木  録  時  蔵  を  う  ト  衝  ば  ず  い  つ  ら  し  下          
 プ  霊  音  計  が  縦  死  か  く  し  っ  た  痙  逃  な  に          
 シ  さ  の  が  ア  に  ん  ら  臭  て  と   ° 攣  げ  く  し          
 ュ  せ  鐘  朝  メ  切  で  カ  い  細  長  も  す  出  上  て          
 と  る  が  八  |  り  し  ッ  が  か  く  う  る  す  下  倒          
 勢  よ  鈍  時  バ  上  ま  タ  広  く  ス  一  と  道  し  れ          
 い  う  色  を  の  げ  っ  |  が  震  イ  度  左  を  て  た          
 よ  に  の  知  よ  胸  た  ナ  っ  え  ッ  首  前  探  い   °         
                                                         

 !  ら  の  自     カ  け  う  ず  を  つ  は  れ  に  夏  知  た     く 
└┘ な  な  分  雪  ラ  の  じ  階  駆  っ  な  た  手  の  っ   ° 田  黒 
 そ  い  か  の  人  と  あ  て  段  け  こ  か   ` で  初  て  そ  上  い 
 の ┌┐ に  性  は  音  る  手  や  下  ん  っ  そ  こ  め  い  れ  雪  液 
 思  マ  も  器  突  を  お  で  廊  り  だ  た  の  す   ` た  ま  人  体 
 い  マ   ` は  然  た  湯  受  下  ト  手   ° 激  る  薄  彼  で  が  が 
 に  に  階   ┐ 自  て  と  け  に  イ  も  彼  流  と  い  は  も  精  あ 
 駆  見  段  壊  分  て  い  止  透  レ  そ  は  は  突  タ   ` 性  通  ふ 
 ら  つ  と  れ  の  ト  う  め  明  へ  の  ベ  常  然  オ  毎  器  を  れ 
 れ  か  廊  て  意  イ  感  た  な  と  ま  ッ  日  我  ル  夜  に  経  た 
 ト  ら  下  し  志  レ  じ  温  液  飛  ま  ド  頃  慢  ケ   ` 触  験   °
 イ  な  に  ま  に  ッ  だ  か  体  び  に  か  小  で  ッ  布  る  し    
 レ  い  垂  っ  反  ト  っ  な  を  込   ` ら  便  き  ト  団  こ  た    
 を  う  れ  た  し  ペ  た  液  点  ん  二  飛  を  な  に  の  と  の    
 出  ち  た └   排  |   ° 体  々  だ  階  び  我  い  く  な  に  は    
 た  に  小  の  尿  パ  そ  は  と   ° の  起  慢  ほ  る  か  よ  小    
  ° き  便  だ  を  |  れ  無  ま  し  自  き  し  ど  ま  で  り  学    
 自  れ  を  と  行  を  を  色  き  か  分   ` て  の  り  股  快  校    
 分  い  拭  思  っ  巻  便  透  散  し  の  パ  い  排   ` を  感  四    
 は  に  か  っ  た  取  器  明  ら   ` 部  ン  る  尿  い  擦  を  年    
 壊  し  な  た  こ  り  に  で  し  我  屋  ツ  と  感  つ  っ  得  生    
 れ  な  く   ° れ  手  捨  少  た  慢  か  の  き  に  も  て  る  の    
 て  く  て  絶  は  を  て  し   ° し  ら  な  の  お  の  い  こ  時    
 し  て  は  望  |  拭  カ  粘  か  き  階  か  比  そ  よ  た  と  だ    
 ま  は  な  感  |  く  ラ  り  ろ  れ  段  に  で  わ  う   ° を  っ    
                 °                                       

 め  だ  う  つ  重  た  我  む  い  透  を  が  の  る  て  表  て  と  っ 
 た  !  光  の  な  く  慢   ° た  明  保  浮  ?   ° 廊  面  ?  廊  た 
 か └┘ を  水  り  さ  し  す   ° な  ち  き └┘ や  下  張 └┘ 下  と 
 と  雪  廊  の  合  ん  き  る ┌┐ 水  つ  上     が  に  力  そ  に  い 
 思  人  下  玉  い  の  れ  と  僕  滴  つ  が  そ  て  落  が  れ  垂  う 
 う  の  全  と   ` 水  ず  水  は  を  ゆ  っ  の  不  ち  強  ば  れ  認 
 と  悲  体  な  膨  滴  に  滴  壊  見  っ  た  と  安  て  い  か  る  識 
 一  し  に  っ  れ  が  零  の  れ  つ  く  の  き  は  い  の  り  水  は 
 瞬  み  投  た  あ  集  れ  周  て  め  り  だ  不  怒  た  か  を  滴  彼 
 の  が  影   ° が  ま  て  り  し  な  と   ° 思  り   °  ` 考  に  の 
 内  爆  し  周  り  っ  し  に  ま  が  上  水  議  へ  蛍  真  え  視  心 
 に  発  て  囲  充  て  ま  は  っ  ら  昇  滴  な  と  光  球  て  線  に 
 破  し  い  の  溢  き  っ  別  た  も  し  は  こ  変  灯  に  い  を  重 
 裂  た  る  光  し  て  た  の └┘  ` て  ゆ  と  容  の  近  た  注  い 
 し  と   ° を  て  い  温  水     自  い  ら  が  し  明  い   ° ぎ  陰 
 弾  き ┌┐ 集  サ  た  か  滴  浮  分  く  ゆ  起  て  り  ほ  水 ┌┐ を 
 け   ` 僕  め  ッ   ° い  が  き  自   ° ら  こ  い  を  ど  滴  ど  落 
 飛  水  は  ゆ  カ  や  液  現  上  身  し  と  っ  く  反  に  は  う  と 
 ん  の  人  ら  |  が  体  れ  が  の  か  揺  た   ° 射  円  た  し  し 
 だ  玉  間  ゆ  ボ  て  だ  て  っ  こ  し  れ   °┌┐ し  く  だ  て  て 
  ° も  じ  ら  |  水  け  き  た  と  彼  つ  廊  ど  て  盛  の  ?  い 
 辺  輝  ゃ  と  ル  滴  で  た  水  を  は  つ  下  う  輝  り  水     た 
 り  き  な  た  大  同  は   ° 滴  考   ` も  の  し  い  上  よ  ど   °
 は  を  い  ゆ  の  士  な  あ  を  え  そ  球  水  て  て  が  り  う  点 
 水  強  ん  た  一  は  い  の  睨  て  の  形  滴  な  い  っ  も  し  々 
                    °                                    

 を  走  姿  角  の  首  の      ┐ か   ┐ で   ┐ の   ┐ そ  め  っ  浸 
 登  っ  が  線  席  筋  に  友  体  す  な  死  そ  静  あ  し  る  た  し 
 り  た  よ  上  だ  を  相  人  温  ぐ  ん  ん  う  電  い  て  の   ° と 
 口   ° く  に   ° ず  槌  の  高  渇  か  で  そ  気  つ  今  と  汗  な 
 元  そ  見  あ  田  っ  を  女  め  い   ` く  う  み   `  ` 時  を  っ 
 へ  れ  え  り  上  と  打  の  な  て  時  れ   ` た  い  中  を  掻  た 
 と  も  た  麻  雪  眺  ち  子  ん  ん  々  っ  目  い  つ  学  同  い   °
 流  背   ° 梨  人  め  な  達  じ  だ  汗  て  合  に  で  生  じ  て  雪 
 れ  中  見  亜  の  て  が  が  ゃ  け  が  感  わ   ` も  に  く  い  人 
 込  か  つ  が  席  い  ら  田  な  ど  凄  じ  せ  触  ピ  な  し  た  の 
 ん  ら  め  席  は  た  も  上  い  さ  い  じ  な  る  リ  っ  て   ° 体 
 で  首  て  に  前   °  ` 雪  | └   じ  ゃ  い  と  ピ  て  水  雪  は 
 い  の  い  座  か  麻  仲  人   °    ゃ  な  ほ  や  リ  好  を  人  そ 
 く  横  る  り  ら  梨  間  に  気     ん  い  う  ば  し  き  操  は  れ 
 よ  を  と  右  二  亜  麻  対  持      °└   が  い  て  な  る  こ  に 
 う  斜  田  斜  番  は  梨  す  ち     そ     い  っ  る  女  自  の  も 
 に  め  上  め  目  教  亜  る  わ     れ     い  て  よ  の  分  と  増 
 見  に  の  前   ` 室  だ  悪  る     も     よ  感  ね  子  の  き  し 
 え  這  首  を  麻  の  け  評  い     嫌      ° じ   ° が  能  か  て 
 た  い  筋  見  梨  窓  は  で  |     だ     も └   冬  で  力  ら  び 
  ° 上  に  る  亜  寄  田  盛 └      よ     |     の  き  に   ` し 
 一  が  汗  と  の  り  上  り        ね      `    ド  た  目  性  ょ 
 瞬  っ  が  田  ほ  の  の  上         °    ど     ア   ° 覚  に  濡 
  ` て  一  上  ぼ  後  細  が        な     っ     ノ     め  目  れ 
 登  頬  筋  の  対  ろ  い  る        ぜ     か     ブ     た  覚  だ 
                                                  °      

     ┐ 得  梨     び  た  の  の  性  な  面  麻  と  雪     思  た  っ 
 雪  ほ  て  亜  雪  雪   ° よ  毛  だ  ん  に  梨  い  人  麻  っ   ° て 
 人  ら   ` は  人  人  麻  う  を   ° だ  豊  亜  う  は  梨  た  麻  き 
 が   ` 能  ず  は  に  梨  に  立  一   ° か  は  麻  愛  亜   ° 梨  た 
 手  見  力  っ  話  微  亜  包  ち  陣  雪  な  両  梨  を  を  麻  亜  液 
 の  て  を  と  し  笑  は  み  上  の  人  笑  手  亜  告  放  梨  は  体 
 ひ └   実  微  出  み  首   ` が  風  は  み  を  の  白  課  亜  鼓  を 
 ら     演  笑  し  か  を  夕  ら  が  直  を  後  言  し  後  は  動  迎 
 を     し  み  た  け  左  陽  せ  麻  感  湛  ろ  葉  た  の  田  が  え 
 下     て  続   ° る  右  が   ` 梨  し  え  手  と   ° 屋  上  早  入 
 に     見  け  自   ° に  後  彼  亜  た  て  に  そ  そ  上  雪  ま  れ 
 し     せ  て  ら     振  ろ  女  の   ° い  組  の  し  に  人  る  る 
 て     た  い  の     っ  か  の  背  す  た  ん  微  て  誘  に  の  か 
 腕      ° る  忌     た  ら  顔  中  べ   ° で  笑   ┐ っ  夢  を  の 
 を         ° ま     だ  差  の  か  て  こ  左  み  私  た  中  感  よ 
 肘        そ  わ     け  し  周  ら  を  の  に  に  も  の  だ  じ  う 
 の        の  し     で  込  り  吹  受  子  首  有  気  は  っ  た  に 
 高        こ  い     髪  ん  を  き  け  は  を  頂  に  雪  た   ° 田 
 さ        と  力     の  で  鬣  つ  入  僕  傾  天  な  人   °┌┐ 上 
 ま        に  の     乱  夕 ┌┐ け  れ  の  げ  に  っ  の     ま  は 
 で        雪  こ     れ  闇  た  て  て  こ  な  な  て  方     た  口 
 上        人  と     を  色  て  彼  く  と  が  っ  た  だ     だ  を 
 げ        は  を     直  に  が  女  れ  が  ら  て  ん  っ    └┘ す 
 る        力   °    し  輝  み  の  る  好   ` い  だ  た     そ  ぼ 
 と        を  麻     再  い └┘ 髪  女  き  満  た └    °    う  め 
  `                                      °               

 も         ┐     ┐     ┐ も  て  ど      ┐ ん  雪  な  の  さ  辺 
 し  確  麻  だ  麻  う  雪  ど  の  も  の  そ  汗  で  人  か  一  な  り 
 れ  か  梨  っ  梨  う  人  う  だ  の  薄  う  も  い  が  に  つ  雲  の 
 な  に  亜  て  亜  ん  は  ?  っ  じ  い  言  凄  る  麻  ゆ  の  が  空 
 い   ` は   ` の   ` 少     た  ゃ  水  っ  い   ° 梨  ら  水  出  気 
  ° 雪  言  教  答  知  し  驚   ° な  の  て  ん  雪  亜  り  の  来  は 
 い  人  い  室  は  っ  は  い     い  膜  雪  だ  人  を  と  玉  た  急 
 く  は  訳  で  雪  て  に  た      ° が  人  け  も  見  輝  と   ° 激 
 つ  自  す  も  人  た  か └      雪  体  は  ど  顔  や  い  な  そ  に 
 も  分  る  い  に  よ  み        人  中  自  ね  を  る  た  り  れ  乾 
 思  の  よ  ろ  と └   な        自  を  分 └   綻  と   °  ` は  い 
 い  能  う  い  っ     が        体  包  の     ば   ` 手  暮  や  て 
 当  力  に  ろ  て     ら        が  ん  体     せ  麻  の  れ  が  い 
 た  を  付  変  は     聞        水  で  の     た  梨  ひ  ゆ  て  き 
 る  簡  け  な  意     い        の  い  周      ° 亜  ら  こ  バ   `
 節  単  加  の  外     た        中  る  り        は  に  う  ス  雪 
 が  に  え  見  な      °       に  の  を        驚  精  と  ケ  人 
 あ  使  た  た  も              沈  が  眺        い  神  す  ッ  の 
 る  い   ° も  の              ん  分  め        た  を  る  ト  手 
  ° す     の  だ              で  か  た        風  集  屋  ボ  の 
 今  ぎ    └   っ              い  る   °       も  中  上  |  下 
 後  て        た              る   ° 一        な  し  の  ル  に 
 は  い         °             よ  汗  ミ        く  て  景  く  だ 
 気  た                       う  な  リ        微  い  色  ら  け 
 を  か                       な  ん  ほ        笑  た  の  い  小 
                                                         

   ┏┓    け  い  分     の  け  の  は      ┐ て  は      ┐ う  つ 
    了     が  た  自  雪  左  て  体  大  そ  あ  体  右  麻  あ  に  け 
   ┗┛    雪   ° 信  人  手  青  を  き  う  た  の  側  梨  た   ` よ 
          人  告  が  は  の  白  包  な  言  し  前  へ  亜  し  小  う 
          の  白   ` 自  カ  く  み  カ  っ   ` に  倒  は  も  さ  と 
          心  を  白  ら  ッ  輝  暴  ッ  た  害  差  し  一   ` な  思 
          を  し  い  の  タ  く  れ  タ  麻  獣  し  た  歩  黙  声  っ 
          幸  た  輝  臓  |  麻  回  |  梨  駆  出   ° 雪  っ  だ  た 
          福  ん  き  物  ナ  梨  る  ナ  亜  除  し  そ  人  て  っ   °
          で  だ  に  の  イ  亜  紫  イ  の  が  た  し  に  た  た  そ 
          満   ° 飲  海  フ  の  の  フ  右  趣   ° て  近  こ  が  の 
          た  も  み  に  が  笑  電  が  手  味     後  づ  と   ` と 
          し  う  込  漂  下  顔  光  光  に  な     ろ  く  が  鋭  き 
          て  死  ま  い  か  を  を  を  紫  の     手  と  あ  い   `
          い  ん  れ  な  ら  美  見  翻  の └      に  左  る  声  雪 
          た  で  消  が  上  し  た  し  電        組  に  の  で  人 
           ° も  え  ら  へ  い   ° て  光        ん  傾 └   麻  の 
             い  て  世  と  と  自  い  が        で  げ     梨  思 
             い  い  界  切  思  分  た  閃        い  て     亜  考 
              ° く  の  り  っ  の   ° い        た  い     が  を 
             そ  の  す  上  た  放  雪  た        両  た     言  中 
             の  を  べ  げ   ° つ  人   °       腕  首     っ  断 
             思  感  て  ら  麻  光  は  左        を  を     た  す 
             い  じ  と  れ  梨  を  自  手        解  今      ° る 
             だ  て  自  た  亜  受  分  に        い  度        よ 
                       °                                 
[Return]