で  を      ┐ た  は  期     あ  わ  に     で  の  し             
 締  吹  鏑  君   ° 単  の  す  る  ら  酒  と  し  距  い  鏑          
 め  き  木  に     純  芝  る   ° ず  の  こ  て  離  部  木        海 
 上  飛  の  は     明  浦  と     不  席  ろ  い  を  署  洋        上 
 げ  ば  ぶ  関     快  が   `    機  に  が  る  保  に  介          
 る  し  っ  係     で   ` 鏑     嫌  誘  あ  よ  ち  配  は          
 よ  た  き  な     あ  横  木     そ  い  る  う   ` 属  き          
 う   ° ら  い     る  に  の     う  出  日  だ  他  に  わ          
 に  芝  ぼ  こ      ° 座  態     な  し   `  ° の  な  め          
 し  浦  う  と     お  っ  度     顔  て  同     同  っ  て          
 た  は  な  だ     前  て  を     を  し  僚     僚  て  根          
  ° 鏑  言 └      は  執  日     し  ま  の     と  数  の          
 周  木  葉        無  拗  ご     て  っ  ひ     の  ヶ  深          
 り  に  が        口  に  ろ      ` た  と     会  月  い          
 は  飛   `       す  絡  か     そ   ° り     話  に  人          
 た  び  酒        ぎ  み  ら     こ  も  が     も  な  間          
 だ  つ  の        る  始  快     に  っ  そ     最  る  嫌          
 慌  く  回         ` め  く     い  と  ん     小  が  い          
 て  と  っ        と  た  思     る  も  な     限   ` に          
 ふ   ` た        い   ° っ     だ   ` 鏑     の  意  違          
 た  胸  芝        う  彼  て     け  鏑  木     言  識  い          
 め  倉  浦        こ  の  い     の  木  を     葉  的  な          
 く  を  の        と  言  な     こ  は   `    を  に  い          
 ば  掴  理        だ  い  い     と  相  強     選  人   °         
 か  ん  性        っ  分  同     で  変  引     ん  と  新          
                                                         

     ┐ 歩   ┐ 取  出  に        い  ら  そ  慢     帯      ┐  ┐ り 
 芝  あ  き  そ  り  口  充  |      ` 部  こ  で  芝  び  言  何  お  で 
 浦  あ  な  れ  戻  を  分  |     た  屋  に  き  浦  た  い  度  前  あ 
 の   ` が  ほ  し  後  と  が     だ  を  芝  な  は  芝  な  も  の  る 
 ほ  そ  ら  ど  た  ろ  い   `    青  出  浦  く   ┐ 浦  が  言  そ   °
 う  れ  で  ま  声  に  っ  夜     ざ  た  が  な  俺  を  ら  う  の    
 も  は  い  で  で  振  て  風     め   ° 取  っ  の  さ  鏑  が  す    
 先  か  い  に  言  り  い  の     た  同  り  て  話  ら  木   ` ま    
 ほ  ま  か  言  っ  返  い  冷     顔  僚  す   ` を  に  は  そ  し    
 ど  わ  ?  う  た  り  ほ  気     で  た  が  そ  聞  激  芝  れ  た    
 の  ん └   の   ° な  ど  は     見  ち  っ  の  け  怒  浦  は  顔    
 昂  が     な     が  役   `    送  は  て  場 └   さ  の  俺  が    
 ぶ  :     ら     ら  に  鏑     る  彼   ` を  と  せ  手  の  気    
 り  :      `     ` 立  木     他  ら  二  離  し  た  を  勝  に    
 は └      僕     鏑  っ  と     は  の  人  れ  つ   ° 払  手  入    
 薄        の     木  た  芝     な  勢  は  よ  こ     っ  だ  ら    
 れ        秘     が   ° 浦     か  い  絡  う  い     た └   ん    
 て        密     す  先  の     っ  に  ま  と   °     °   └     
 い        を     で  ほ  興     た  圧  る  立  鏑     そ          
 る        教     に  ど  奮      ° 倒  よ  ち  木     れ          
  °       え     落  の  を        さ  う  上  は     が          
 鏑        て     ち  居  醒        れ  に  が  つ     酒          
 木        や     着  酒  ま        て  し  っ  い     で          
 は        る     き  屋  す        し  な  た  に     熱          
 し         °    を  の  の        ま  が   ° 我     を          
                                                         

 鏑  奇     っ   ┐ た  以  そ   ┐  ┐ 界  闇     不     に      ┐ ば 
 木  心  も  て  そ └   来  の  昔  ど  を  が  街  安  触  自  と  僕  ら 
 は  を  は  い  ん      ` ト   ` う  覆   ` の  感  れ  分   ` は  く 
 そ  刺  や  く  な     僕  ラ  僕  い  い  ま  喧  が  て  の  驚  人  立 
 れ  激  知  わ  過     は  ウ  は  う  尽  る  騒  芝  は  体  く  殺  ち 
 か  し  ら  け  去     人  マ  海  こ  く  で  は  浦  な  か  べ  し  止 
 ら  た  ぬ  に  が     と  が  の  と  し  投  す  を  ら  ら  き  だ  ま 
 長   ° 顔  は  あ     必  僕  上  だ  て  網  で  締  な  酔  こ   ° っ 
 い  詳  も  い  っ     要  を  で └   い  の  に  め  い  い  と  何  て 
 間  し  出  か  た     以  ず  溺     た  よ  遠  付  も  が  を  年   `
  ` く  来  な  の     上  っ  れ      ° う  く  け  の  抜  口  か    
 一  話  な  い  か     に  と  て        に  に  た  に  け  に  前    
 言  し  い  だ   °    関  苦  い        ふ  な   ° 触  て  し  に    
 も  て   ` ろ  だ     わ  し  る        た  っ     れ  い  た  人    
 し  く  と  う  が     り  め  男        り  て     て  く   ° を    
 ゃ  れ  い └    `    あ  て  を        を  い     し  の  芝  殺    
 べ   ` う     そ     う  い  見        絡  る     ま  を  浦  し    
 ら  と  気     の     の  る  捨        め   °    っ  感  は  た    
 ず  彼  持     思     が  ん  て        捕  底     た  じ  た  こ    
 歩  は  ち     い     恐  だ  た        り  の      ° て  ち  と    
 き  言  が     を     ろ   ° こ         ` 見     言  い  ま  が    
 続  っ  芝     一     し  そ  と        周  え     い  た  ち  あ    
 け  た  浦     生     く  の  が        り  な     知   ° の  る    
 た  が  の     背     な  事  あ        の  い     れ     う └     
  °  ` 好     負     っ  件  る        世  暗     ぬ     ち       
                          °                              

 談     か  た   ┐ し     と  と  に  ほ  と   ┐ た     さ  た   ┐   
 を  芝  見   ° 男  て  鏑  い   ` 照  ど  き  あ  の  鏑  れ   ° そ  だ 
 聞  浦  え  恐  に   ` 木  う  そ  ら  遠  僕  れ  で  木  て  そ  れ  が 
 く  の  な  ろ  近  懸  の  よ  の  さ  く  は  は  あ  は  し  う  は   `
 な  背  か  し  づ  命  顔  り  波  れ  ま  友  三  る  そ  ま  で  恐  鏑 
 ん  筋  っ  い  き  に  が  も  間  て  で  達  年   ° う  う  も  ら  木 
 て  に  た  骸  声  絶  み   ` に   ` 泳  と  前     前  だ  思  く  の 
 思  冷  か  骨  を  え  る  男  ひ  海  ぎ  離   `    置  ろ  わ   ` 心 
 い  た  ら   ` か  て  み  は  と  面  に  れ  夏     き  う  な  誰  も 
 も  い  だ  何  け  い  る  海  り  は  出   ` の     し └   け  に  揺 
 し  も  :  と  よ  る  青  上  の  ど  て  い  海     て     れ  も  れ 
 な  の  :  言  う  よ  ざ  に  男  こ  い  つ  水      `    ば  責  て 
 か  が └   う  と  う  め  た  が  ま  た  の  浴     つ      ` め  い 
 っ  走     か  し  に  た  だ  泳  で  ん  間  場     い     僕  ら  た 
 た  っ      ` て  見   ° 漂  い  も  だ  に  で     に     の  れ   °
  ° た     骨   ` え  そ  っ  で  き   ° か  の     驚     心  る    
     °    だ  顔  た  の  て  い  ら  夏  海  出     く     は  こ    
    こ     け  を   ° 時  い  る  き  の  岸  来     べ     罪  と    
    ん     の  見     の  る  の  ら  日  が  事     き     悪  は    
    な     顔  た     恐  よ  が  と  の  見  だ     話     感  な    
    と     の  僕     怖  う  見  輝  激  え  っ     を     で  い    
    こ     よ  は     を  だ  え  い  し  な  た     語     押  判    
    ろ     う  仰     思  っ  て  て  い  く   °    り     し  断    
    で     に  天     い  た  き  い  光  な  そ     始     つ  だ    
    怪     し  し     出 └   た  た  線  る  の     め     ぶ  っ    
                          °  °                           

 の  る   ┐  ┐  ┐    の  ん  漂  た   ┐    い  そ  よ  ま  た   ┐  ┐
 か  ほ  あ  わ  そ  ふ  骨  だ  っ  方  だ  鏑  に  の  う  で  だ  :  骸 
 も  ど  れ  か  の  た  男   ° て  角  い  木  泳  場  に  も   ` :  骨 
 知   ` が  ら  と  た  が  助  い  を  ぶ  は  い  を  思  暗  そ  い  だ 
 れ  骸  本  な  き  び  溺  け  た  振  離  息  だ  逃  っ  い  の  や  っ 
 な  骨  当  い   ` 二  れ  て   ° り  れ  も └   げ  た  穴  と   ` て 
 い  に  に  ん  見  人  て  く  し  返  た  つ     た   ° に  き  今 └  
 と  見  化  だ  捨  を  い  れ  ば  る  と  か      ° 僕  し   ` と    
 言  え  け └   て  重  る   ` ら  と  こ  な     競  は  か  そ  な    
 う  た  物  と  た  い  と  と  く   ` ろ  い     泳  悲  見  の  っ    
 不  あ  だ   ` ん  沈  し  い  し  あ  で   °    選  鳴  え  骸  て    
 安  の  っ  鏑  だ  黙  か  う  て  の  立        手  を  な  骨  は    
 が  一  た  木  な  が  思  声   ` 骨  ち        の  上  い  が  本    
  ` 瞬  の  は   ° 包  え  が  突  男  泳        よ  げ  両  僕  当    
 常  は  か  頭  男  ん  な  聞  然  は  ぎ        う  た  目  の  に    
 に  た  ど  を  が  だ  か  こ   ` 相  に        な   ° で  気  そ    
 僕  だ  う  抱  溺   ° っ  え  水  変  な        抜  そ  こ  配  う    
 の  の  か  え  れ     た  る  し  わ  り        き  れ  ち  に  だ    
 心  見   ° た  て    └    ° ぶ  ら   `       手  か  ら  気  っ    
 を  間  考   ° い        ど  き  ず  恐        で  ら  を  づ  た    
 責  違  え     る        う  が  同  る         `  ` じ  い  の    
 め  い  れ     の        見  上  じ  恐        死  一  っ  て  か    
 立  だ  ば     を        て  が  場  る        に  目  と   ` ど    
 て  っ  考     :        も  っ  所  今        物  散  見  ど  う    
 る  た  え     :        あ  た  に  来        狂  に  た  こ  か    
  °         └                                        °   

 び        鏑  が      ┐ て  る  れ  よ     を  ま  か      ┐    い 
 込  と     木  信  芝  俺  い  い  た  う  鏑  絶  う  も  も  君  :  つ 
 ん   `    は  じ  浦  な  た  は  せ  に  木  し  か  知  ち  な  :  ま 
 で  そ     罪  ら  は  ら  の   ` い  な  が  て  も  れ  ろ  ら  鏑  で 
 き  の     悪  れ  ふ  助  で  自  だ  っ  ト  い  知  な  ん  ど  木  も 
 た  と     感  な  と  け  あ  分  っ  た  ラ  た  れ  い   ` う  が   `
  ° き     に  い  そ  に  る  が  た  理  ウ   ° な  と  芝  す  声  い 
     `    捉  か  う  行   ° 実   ° 由  マ     い  い  浦  る  を  つ 
    二     わ  ら  思  く     は  彼  は  に     と  う  に   ` ひ  ま 
    人     れ  だ  っ  だ     人  は   ` 取     言  恐  も  す  そ  で 
    の      `  ° た  ろ     殺  自  か  り     う  怖  即  ぐ  め  も 
    視     一  だ   ° う     し  分  つ  付     恐   ° 答  に  て  : 
    界     生  が  海 └      で  の  て  か     怖  人  は  助  芝  : 
    に     救  そ  上        は  良  そ  れ      ° が  で  け  浦 └  
    数     わ  れ  に        な  心  う   `    そ  死  き  に  に    
    人     れ  を  そ        い  と  い  罪     の  ぬ  な  行  尋    
    の     る  言  ん        か  常  う  悪     ど  の  か  く  ね    
    男     こ  え  な        と  に  究  感     ち  を  っ  か  た    
    た     と  ば  異        い  戦  極  か     ら  見  た  い   °   
    ち     は   ` 形        う  っ  の  ら     の  殺   ° ?       
    の     な  こ  が        不  て  選  人     恐  し  化 └        
    集     い  の  い        安  い  択  を     怖  に  け          
    団     だ  哀  る        と  た  を  避     も  し  物          
    が     ろ  れ  こ        戦   ° 迫  け     想  て  の          
    飛     う  な  と        っ  あ  ら  る     像  し  罠          
           °                                             

    を     集  実      ┐ り  見   ┐  ┐  ┐  ┐    顔  と  に  で    
 芝  あ  少  団  行  鏑  わ  じ  る  底  :  彼  助  芝  が  叫  理  い  不 
 浦  げ  年  の  に  木   ` ゃ  ん  の  :  を  け  浦  い  ん  解  た  良 
 は  た  た  中  移  は  わ  な  だ  な  し  助  よ  は  っ  だ  で  の  少 
 腕  が  ち  に  し  青  か  い   ° い  か  け  う  こ  せ  か  き  で  年 
 を   ` が  飛  た  ざ  っ   ° そ  悩  し  て └   れ  い  ら  た  あ  の 
 掴  そ  わ  び   ° め  た  俺  う  み └    ` と  こ  に  で   ° る  グ 
 ま  れ  っ  込   ┐ た  :  も  し  に     君   ` そ  こ  あ  中   ° ル 
 れ  は  と  ん  や  顔  :  こ  な  捉     の  芝  神  ち  る  年  芝  | 
 て  別  散  で  め  で └   こ  い  わ     ト  浦  様  ら   ° 男  浦  プ 
 い  の  ら  い  ろ  頷     に  と  れ     ラ  は  の  を  と  が  に  が 
 る  恐  ば  っ └   く     い   ` る     ウ  隣  采  振  同  二  は  う 
 鏑  怖  っ  た  と  と     る  悔  よ     マ  の  配  り  時  人  彼  ら 
 木  に  た  の  叫   `    ん  い  り     を  鏑  に  向  に  に  ら  ぶ 
 の  襲   ° だ  び  次     だ  が  も     打  木  違  い   ` 気  が  れ 
 姿  わ  彼   ° な  の     ぞ  残   `    ち  を  い  た  少  づ  何  た 
 を  れ  ら     が  瞬    └   る  運     破  見  な   ° 年  き  を  中 
 見  て  は     ら  間    └   だ  命     る  た  い     た   ` し  年 
 た  い  そ      `  `       け  と     ん   ° と     ち  助  て  男 
  ° た  れ     弾  悲        だ  戦     だ     思     の  け  い  性 
 そ  か  ぞ     け  壮         ° っ    └      っ     凶  て  る  を 
 こ  ら  れ     る  な        君  て           た     暴  く  の  取 
 に  だ  に     よ  決        は  未            °    そ  だ  か  り 
 い  っ  悲     う  意        ひ  来                 う  さ  す  囲 
 る  た  鳴     に  を        と  を                 な  い  ぐ  ん 
     °                                                   

       て        は  を      ┐ す  さ     頭      ┐       は  の 
       て  そ  そ  さ  か  鏑  助  す  れ  す  蓋  骨  今  芝  男  と  は 
       一  の  の  ら  じ  木  け  べ  た  で  の  男  度  浦  は  て  暴 
       目  と  下  に  り  の  て  も  よ  に  中  は  は  は  骸  つ  力 
       散  き  か   ` と  叫  く  な  う  少  に   ` 俺  絶  骨  も  に 
       に   ` ら  そ  ら  び  れ  く  な  年  直  決  を  句  の  な  虐 
       逃  芝  剥  の  れ  が  !  立  空  た  接  し  見  し  顔  い  げ 
       げ  浦  き  鮮   `  `└   ち  間  ち  響  て  捨  た  を  異  ら 
       た  は  出  血  あ  く     止  に  は  い  空  て   ° し  形  れ 
        ° ど  し  に  っ  ぐ     ま   ` 四  て  間  な     て  だ  た 
          う  の  染  と  も     っ  骨  散  く  を  い     い  っ  可 
          し  骸  ま  い  っ     て  男  し  る  伝  の     た  た  哀 
          た  骨  っ  う  て     い  に  て  よ  わ  か      ° の  相 
          か  が  た  間  途     る  腕  い  う  る  ?     骨  で  な 
           ° 現  顔  に  絶     芝  を  る  な  声 └      男  あ  中 
          彼  れ  を  動  え     浦  つ   ° 不  で        だ  る  年 
          は  た  き  か  た     だ  か  闇  気  は         °  ° 男 
          た   ° れ  な   °    け  ま  の  味  な              で 
          だ     い  く  彼     が  れ  ス  な  く              は 
           `    に  な  は     残  た  ポ  声   `             な 
          鏑     舐  っ  骨     っ  鏑  ッ  を  闇              か 
          木     め  た  男     た  木  ト  出  の              っ 
          を     上   ° に      ° と  に  し  中              た 
          見     げ  骨  顔         ` 照  た  か               °
          捨     た  男  面        な  ら   ° ら              実 
                 °                                       
[Return]