た  っ  美  の  く  白  々  だ  た  丼     首  も  に  の             
  ° た  が   ` ほ  雲  を  天   ° チ  日  ま   ` つ  濃  そ          
 丸  が  あ  何  ど  よ  送  に  七  ェ  曜  で  靴  け  緑  の        英 
 焼   ` っ  も  白  り  っ  留  月  |  の  む  下  て  色  日        雄 
 き  そ  た  の  く  も  て  ま  も  ン  午  き  を  は  の  は        は 
 に  れ   ° も   ` 青  い  り  終  店  後  出  靴  い  短  明        復 
 さ  で  太  表  形  空  た   ` わ  に   ` し  の  な  パ  る        讐 
 れ  も  陽  さ  は  の  が  陽  り  行  遅  だ  へ  か  ン  い        を 
 る  私  は  な  く  面   ` 光  に  く  い  っ  り  っ   ` ブ        懼 
 豚  の  雲  い  っ  積  今  に  近  つ  昼  た  ま  た  そ  ラ        れ 
 が  な  の  無  き  の  日  餓  い  も  食   ° で   ° れ  ウ        る 
 く  ま  背  造  り  方  仰  え  と  り  を     押  腕  に  ン          
 る  っ  に  形  と  が  ぐ  る  い  で  取     し  は  靴  の          
 く  ち  隠  の  青  大  空  ほ  う  一  る     下  も  下  T          
 る  ろ  れ  造  い  き  に  ど  の  人  た     げ  ち  と  シ          
 と  い  日  形  稜  い  は  の  に  住  め     て  ろ  ス  ャ          
 焼  肌  射  に  線  よ  青  冷  前  ま  久     い  ん  ニ  ツ          
 か  を  し  は  に  う  い  夏  日  い  し     た  む  |  と          
 れ  焼  の  目  切  だ  輝  の  ま  の  ぶ     の  き  カ  膝          
 や  く  強  を  り  っ  き  折  で  ア  り     で  出  |  下          
 が  気  烈  見  取  た  が  浮  は  パ  に     膝  し  だ  ま          
 て  配  さ  張  ら   ° あ  か  梅  |  駅     下  だ  け  で          
 狐  は  は  る  れ  雲  っ  な  雨  ト  前     か  し  し  の          
 色  あ  な  べ   ` は  た  い  が  を  の     ら   ` か  長          
 に  っ  か  き  そ  輝   ° 日  未  出  牛     足  脚  身  さ          
                                                         

 ン  人  と  か  ら  せ  通  た  私  っ  て  長  三  動  だ     に  待  変 
 タ  の   ` く  れ  た  る  自  は  た  い  方  人  ド  か  牛  感  ち  わ 
 |  客  は  だ  た   ° 人  動  そ   ° た  形  が  ア  ら  丼  ぜ  望  っ 
 席  が  い  か  ポ  牛  の  ド  こ  す  が  の  け  を  こ  屋  ら  ん  て 
 に  い   ` ら  ス  丼  流  ア  に  ぐ   ` カ  の  入  ん  は  れ  だ  い 
 つ  た  と  鰻  タ  を  れ  が  進  後  そ  ウ  カ  り  な  そ  た  日  く 
 い   ° い  丼  |  頼  も  五  み  ろ  の  ン  ウ   ` も  こ   ° 光  よ 
 て  席  っ  を  が  む   ` メ   ` が  二  タ  ン  ど  の  そ     は  う 
 い  の  て  頼  宣  つ  さ  |  端  ト  人  |  タ  こ  だ  こ     ど  に 
 る  三  厨  ん  伝  も  ら  ト  か  イ  の  に  |  に  ろ  混     こ   `
 の  分  房  だ  文  り  に  ル  ら  レ  対  も  に  座  う  ん     か  熱 
 は  の  に   ° 句  だ  店  ほ  二  に  面   ` は  ろ  と  で     痛  線 
 す  一  さ  従  を  っ  の  ど  番  な  の  こ  既  う  思  い     み  は 
 べ  ほ  が  業  歌  た  な  向  目  っ  カ  ち  に  か  い  た     を  私 
 て  ど  っ  員  い  が  か  こ  の  て  ウ  ら  二  と  つ   °    伴  の 
 一  が  た  は  上   ` と  う  席  い  ン  に  人  席  つ  街     い  肌 
 人  埋   ° 冷  げ  土  厨  に  に  る  タ  背  先  を   ` に     つ  を 
 客  ま  店  水  て  用  房  あ  着  の  |  を  客  探  透  人     つ  ち 
 の  っ  の  の  い  の  の  り  い  が  に  向  が  す  明  が     も  り 
 よ  て  な  コ  た  鰻  す   ` た  気  は  け  あ   ° な  出     心  ち 
 う  い  か  ッ  の   ` べ  店   ° に  誰  て  っ  い  ガ  て     地  り 
 だ  る  に  プ  で  と  て  の  入  な  も  二  た  つ  ラ  く     よ  と 
 っ   ° は  を   ` 壁  も  そ  っ  っ  い  人   ° も  ス  る     い  焼 
 た  カ  十  置  せ  に  見  と  て  た  な  座  奥  座  の  日     も  い 
  ° ウ  二  く  っ  貼  渡  を  き  が  か  っ  の  る  自  曜     の  た 
                             `                          °

 で  表  る  こ  思  食  り      ┐  ┐ 心  で  黙  ブ  り  つ  ッ  鰻  一 
 身  面  だ  の  い  え  を  外  は  ご  配  は  然  ル  口  つ  プ  丼  言 
 を  に  ろ  安  つ  ば  し  食  い  注  を  な  と  席  の   ` ル  だ  も 
 切  は  う  物  つ   ` て  す └   文  し  か  箸  に  自  ど  が  ろ  言 
 る  た   ° の   ` こ  か  る     は  て  っ  を  は  動  ん  三  う  葉 
 と  れ  そ  鰻  念  の  ら  と     以  し  た  動  七  ド  ぶ  組  か  を 
 白  が  う  丼  入  あ   ` き     上  ま   ° か  十  ア  り  い   ° 発 
 身  し  信  で  り  り  山  に     で  う  家  す  前  は  を  て  十  せ 
 が  み  じ  も  に  き  椒  は     よ   ° 族  爺  見  右  あ   ` 卓  ず 
 顔  こ  て  山  山  た  を  ど     ろ  と  は  さ  当  奥  お  こ  ほ   `
 を  ん  多  椒  椒  り  鰻  こ     し   ` い  ん  の  に  っ  ち  ど  ど 
 出  で  め  を  を  の  に  で     い  そ  な  を  老  な  て  ら  あ  ん 
 す  焦  に  か  振  対  か  も     で  こ  い  見  爺  る  い  は  る  ぶ 
  ° げ  振  け  る  話  け   `    し  で  の  る  が  が  た  笑  テ  り 
 鰻  茶  っ  る   ° は  る  い     ょ  鰻  だ  の  一   `  ° っ  |  を 
 は  色  た  だ  鰻  省   ° つ     う  丼  ろ  は  人  そ  私  た  ブ  味 
 白  に   ° け  の  か  も  で     か  が  う  あ  で  の  の  り  ル  わ 
 身  光  鰻  で  味  れ  う  も    └   き  か  ま  座  反  位   ` に  っ 
 魚  っ  は  倍  は  る  少  行        た   ° り  っ  対  置  話  は  て 
 だ  て  う  の  山  の  し  わ         ° そ  清  て   ` か  し  二  い 
 と  い  ま  う  椒  だ  上  れ           ん  々  い  左  ら  込  人  る 
 い  る  か  ま  で  ろ  等  る           な  し  た  奥  見  ん  連   °
 う  が  っ  さ  決  う  な  や           余  い   ° の  る  だ  れ  や 
 こ   ` た  に  ま  か  店  り           計  も  一  テ  と  り  の  は 
 と  箸   ° な  る  と  で  と           な  の  人  |  入  し  カ  り 
              °                                          

 情  い  快     音  と  だ  た  テ  わ  な  皮  下  足  ん     り  し  を 
 と  え  で  そ   ° 胸  っ  が  レ  が  が  膚  ろ  の  ぶ  ほ  し  か  こ 
 と  ば  あ  の     と  た   ` ビ  腹  ら  に  す  ア  り  と  た  し  こ 
 も   ` っ  瞬     腹   ° し  で  に   ` 直  と  キ  に  ん  味   ` で 
 に  そ  た  間      ` く  か  み  刻  登  接  蜂  レ  い  ど  わ  白  思 
  ` れ  の  の     三  び  し  く  ま  り  前  が  ス  れ  食  い  身  い 
 理  は  は  私     セ  れ   ` 見  れ  進  足  と  腱   ` べ  が  魚  出 
 性  感  間  の     ン  た  そ  る  て  ん  あ  ま  の  最  終  あ  だ  す 
 も  ぜ  違  心     チ  首  の  ス  お  で  た  っ  あ  後  わ  る  か   °
 働  ら  い  は     は  と  形  ズ  り  こ  り  て  た  の  り  に  ら  味 
 い  れ  な  複     く  こ  状  メ   ` よ  を  い  り  一   ` 違  こ  は 
 て  な  い  雑     だ  し  は  バ  黒  う  か  た  が  口  セ  い  そ  表 
 い  か   ° で     ら   ° 紛  チ  の  と  け   ° む  を  ッ  な  濃  面 
 た  っ  し  表     な  そ  れ  と  方  し   ` 赤  ず  掻  ト  い  い  の 
  ° た  か  現     い  の  も  は  が  て  触  い  む  き  で   ° た  た 
 は  よ  し  し     そ  く  な  種  よ  い  覚  靴  ず  込  つ     れ  れ 
 じ  う   ` が     の  び  く  類  り  る  を  下  と  も  い     の  で 
 め  に  恐  た     体  れ  ス  が  面   ° く  に  か  う  て     味  決 
 手  思  怖  い     長  に  ズ  違  積  黒  る  後  ゆ  と  き     の  ま 
 で  う  が   °     ° 区  メ  う  を  と  く  ろ  く  し  た     な  る 
 払   ° あ  ま     低  切  バ  な  占  黄  る  足  な  た  お     か  の 
 お  ま  っ  ず     く  ら  チ  と  め  色  と  を  っ  と  新     に  だ 
 う  た  た   `    唸  れ  の  は  て  の  動  か  た  き  香     さ  ろ 
 か   ` か  不     る  た  そ  思  い  横  か  け   °  ` を     っ  う 
 と  感  と  愉     羽  頭  れ  っ  て  じ  し   ` 見  左  ど     ぱ   °
                             `                           

 種  し  ぶ  の  た  界  う  し  で  証  落  く  カ  が  身  ッ  情  後  右 
 の  て  可  ま   ° の  目  ば  な  明  ち  飛  |  あ  を  ト  は  は  手 
 苦  い  能  ま  そ  隅  的  し  く  す  た  ん  ボ  る  守  と  明   ` を 
 痛  る  性  に  れ  に  を  気  ボ  る   ° で  |   ° ろ  し  ら  私  振 
 で  私  が  し  は  彼  達  を  ト  ご  彼  壁  ル  私  う  て  か  は  り 
 あ  に  あ  て  明  女  成  失  リ  と  女  に  を  は  と  行  に  ま  上 
 っ  と  る  お  ら  が  し  っ  だ  く ┌┐ 当  蹴  お  い  動  抑  る  げ 
 た  っ  こ  け  か  起   ` た  っ   ` 人  た  る  も  う  し  制  で  か 
  ° て  と  ば  に  き  席  よ  た  音  を  っ  よ  む  思  て  さ  ロ  け 
 命   ` が  そ  自  あ  に  う   ° は  刺  て  う  ろ  考  い  れ  ボ  た 
 を  彼  容  の  ら  が  戻  だ  し  ト  す  ド  に  に  と  た  て  ッ  が 
 奪  女  易  場  の  り  ろ  っ  た  ン  蜂  ン  左  立  行  よ  い  ト   `
 う  に  に  に  生  羽  う  た  た  で  は  と  足  ち  動  う  た  の  そ 
 必  と  得  い  命  音  と   ° か  は  す  鳴  を  上  に  に   ° よ  れ 
 要  ど  心  る  力  を  身  私  に  な  べ  り  振  が  脳  思  目  う  は 
 ま  め  さ  す  を  唸  を  は  打  く  て   ` り  る  の  う  的  だ  思 
 で  を  れ  べ  快  ら  翻  自  ち  ド  雌  ボ  抜  と  全   ° に  っ  い 
 あ  刺  た  て  復  せ  し  ら  据  ン  で  ト  い  壁  能  す  向  た  と 
 る  す   ° の  し  つ  た  の  え  だ  あ  リ  た  に  力  な  か   ° ど 
 の  こ  既  者  つ  つ   ° 身  ら  っ  る  と   ° 向  が  わ  っ  脳  ま 
 か  と  に  に  つ  あ  し  を  れ  た └┘ い  蜂  か  使  ち  て  の  っ 
  ° は  危  危  あ  る  か  守  た   ° の  っ  は  っ  わ   ` 進  な  た 
 一   ` 機  害  り  の  し  る  彼  ポ  重  て  勢  て  れ  自  む  か   °
 瞬  あ  を  が   ` を   ` と  女  ト  さ  床  い  サ  た  ら  ロ  で  そ 
 間  る  脱  及  こ  見  視  い  は  リ  を  に  よ  ッ  感  の  ボ  感  の 
                                                         

    を     い   ┐ 分  喜  こ  あ  と  も  間  り  い  の  間  危  た  の 
 後  出  私 └   そ  な  び  ん  っ  き  止  だ  上  く  ご  違  機   ° 躊 
 か  た  は     こ  毒  を  な  た   ` ま  っ  げ   ° と  い  と  私  躇 
 ら   ° 店     に  薬  感  も   ° 私  っ  た  た  私  く  な  な  個   °
 調     員     蜂  だ  ぜ  の  し  は  た   ° 右  は  で  い  り  人  し 
 べ     に     の   ° ざ  だ  か  誇   ° 時  足  翻  あ  だ  つ  の  か 
 て     そ     死     る  ろ  し  り  再  間  で  し  っ  ろ  つ  も  し 
 み     う     骸     を  う   ` を  び  は  彼  た  た  う  あ  の   `
 る     言     が     得  か  民  感  私  止  女  身   °  ° る  だ  私 
 と     っ     あ     な   ° 衆  じ  の  ま  の  体  こ  心   ° っ  は 
 こ     て     り     い  人  の  て  時  っ  身  を  の  は  そ  た  ま 
 の     か     ま      ° 殺  危  い  間  て  体  も  心  私  の  危  た 
 蜂     ら     す     勝  し  機  た  が  い  全  う  に  の  思  機  も 
 は      `    か     利  の  を   ° 動  た  部  一  引  体  い  は  ロ 
 ヒ     残     ら     は  悲  救  彼  き   ° を  度  っ  外  が  今  ボ 
 メ     り      `    毒  し  っ  女  出  そ  踏  彼  張   ` 心  や  ッ 
 ス     の     拾     薬  み  た  の  し  し  み  女  ら  胸  を  こ  ト 
 ズ     鰻     っ     だ  の  英  死  感  て  し  に  れ  の  満  こ  の 
 メ     丼     て     人  な  雄  を  情  彼  だ  向  て  前  た  に  ご 
 バ     を     や     を  か  の  悼  を  女  い  か  身  辺  し  集  と 
 チ     平     っ     狂  に  気  む  取  の  た  い  体  り  て  う  く 
 で     ら     て     わ  も  持  気  り  命   ° 直  が  に  い  十  動 
 あ     げ     く     せ  勝  ち  持  戻  の  長  し  動  あ  た  数  き 
 っ     て     だ     る  利  と  ち  し  時  い   ` い  る  の  人  出 
 た     店     さ     十  の  は  も  た  計  瞬  振  て  か  は  の  し 
  °                                                      

                                  い  う  と  同  行  分  が  古 
                                  る  た  き  時  動  が   ` 来 
                                   ° め  殺  に  で  英  私  よ 
                                     だ  し  昔  き  雄  は  り 
                                     と  た  幼  た  た  彼   `
                                      ° 者  少  こ  り  女  英 
                                     彼  に  の  と  う  を  雄 
                                     女  印  頃  こ  る  殺  は 
                                     を  を  に  そ  と  し  お 
                                     踏  つ  聞   ` 信  て  姫 
                                     み  け  い  そ  じ  し  様 
                                     殺  る  た  の  た  ま  を 
                                     し   ° 話  証   ° っ  救 
                                     た  そ  を  拠  艱  た  う 
                                     靴  れ  忘  で  難   ° の 
                                     は  は  れ  あ  に  し  が 
                                     今  仲  ら  る  巡  か  仕 
                                     も  間  れ  と  り  し  事 
                                     玄  に  な  思  会  私  で 
                                     関  復  い  え  い  は  あ 
                                     に  讐   ° た   ` あ  っ 
                                     置  し  蜂   ° 迷  の  た 
                                     か  て  は  し  い  日  は 
                                     れ  も  死  か  な   ` ず 
                                     て  ら  ぬ  し  く  自  だ 
                                                         
[Return]