り  う        出        配  暗  が     外  だ  帰  も             
 を  藁  背     せ  だ     で  く  な  体  だ  が  っ  な  幼          
 進  の  景     る  が     ま  て  い  が  っ   ` て  る  い        鐘 
 ん  舟  は     光  そ     っ  大   ° 弱  た  そ  く  と  頃        楼 
 で  が  月     景  ん     た  き  思  い   ° ん  る   ` の        流 
 ゆ   ` も     が  な     く  な  い  せ     な   ° 遠  記        し 
 く  舷  な     あ  ぼ     ダ  洞  出  い     席  昔  く  憶          
  ° 側  い     る  く     メ  穴  を  か     に  話  に  の          
 舟  に  暗      ° に     な  が  た   `    た  を  就  曖          
 を  白  い        も     の  ぽ  ぐ  ぼ     ま  肴  職  昧          
 担  い  夜         `    だ  っ  り  く     に  に  し  さ          
 い  提  だ        た      ° か  寄  に     顔  大  た  は          
 で  灯   °       っ        り  せ  は     を  い  友  ぼ          
 い  を  五        た        と  よ  ほ     出  に  人  く          
 る  た  メ        ひ        口  う  と     し  盛  た  を          
 の  く  |        と        を  と  ん     て  り  ち  孤          
 は  さ  ト        つ        開  し  ど     も  上  が  独          
 黒  ん  ル        だ        い  て  学     ぼ  が  酒  に          
 々  ぶ  は        け        て  も  校     く  ろ  を  す          
 と  ら  あ         `       い   ` に     だ  う  酌  る          
 し  下  ろ        鮮        る  頭  行     け  と  み   °         
 た  げ  う        明        よ  の  っ     は  い  交  夏          
 寡  て  か        に        う  中  た     蚊  う  わ  休          
 黙   ` と        思        な  に  記     帳  わ  し  み          
 な  通  い        い        案  は  憶     の  け  に  と          
                                                         

 こ  れ  る  あ  な  の  か  さ  盆        跳  を  で  と  ら  と  し  大 
 と  る   ° わ  い  晩  ら  ん  を  鐘     ね  川  静  分  の  付  合  人 
 に  と  だ  よ  と  は  彼  ぶ  迎  楼     た  面  か  か  人  い  わ  た 
 な  さ  か  く   ` 子  岸  ら  え  流      ° に  だ  る  影  て  せ  ち 
 っ  す  ら  ば  成  ど  の  提  た  し        押   °  ° は  ゆ  た   °
 た  が  子  入  仏  も  向  げ  家  は        し  大  町  右  く  よ  時 
  ° に  ど  れ  し  た  こ  た  は  厳        出  人  境  に  人  う  折 
 で  腕  も  替  そ  ち  う  そ  鐘  粛        す  た  を  左  影  に  鼻 
 も  白  は  わ  こ  は  側  の  楼  な         ° ち  流  に  が  下  を 
 こ  盛  見  り  ね  み  へ  鐘  舟  儀        提  は  れ  揺  あ  を  啜 
 う  り  て  に  た  ん  と  楼  一  式        灯  無  る  れ  る  向  る 
 し  も  は  な  魂  な  送  舟  艘  な        が  言  大  て   ° い  よ 
 て  そ  い  っ  が  家  り  で  を  の        一  の  き  い  吊  て  う 
 覚  の  け  て  幼  に  出   ` 普  だ        斉  ま  な  る  さ  い  な 
 え  夜  な  自  い  閉  す  亡  請  と        に  ま  川  が  れ  る  音 
 て  ば  い  分  子  じ  の  く  す  父        揺  川  が  着  た   ° が 
 い  か  と  は  ど  こ  だ  な  る  が        れ  辺  あ  物  提  舟  混 
 る  り   ` 俗  も  め  と  っ   ° 教         ` へ  る  姿  灯  の  じ 
 か  は  そ  世  を  ら  い  た  送  え        黒  と   ° の  の  あ  る 
 ら  鳴  れ  に  連  れ  う  人  り  て        い  下  水  女  せ  と  ほ 
 に  り  ほ  戻  れ  る   ° の  提  く        川  り  面  た  い  を  か 
 は  を  ど  ろ  て   ° 鐘  魂  灯  れ        面  る  は  ち  か  ぱ  は 
 た  潜  に  う  ゆ  そ  楼  を  を  た        で  と  穏  ら   ` ら   `
 ぶ  め  諭  と  く  う  流  俗  た   °       光   ` や  し  そ  ぱ  皆 
 ん  る  さ  す  し  し  し  世  く  初        が  舟  か  い  れ  ら  申 
              `                                          

 口  用  た  お        た  暗  今  え  て  尾  む  る  る        る  ど 
 を  の  一  祭  と     し  い  で  上  い  良   ° と   ° 川     い  こ 
 閉  そ  艘  り  こ     か  有  は  が  た  く  舟   ` 石  面     は  か 
 ざ  れ  の  騒  ろ     に  明  観  り  の  傾  の  遠  造  に     屋  ら 
 し  と  舟  ぎ  が     人  の  光   ` だ  き  目  浅  り  浮     根  か 
 鐘  違  だ  と   `    を  海  客  そ   °  ` 方  の  の  か     の  見 
 楼  っ   ° は  ぼ     引  で  も  し  そ  提  と  有  境  ん     上  て 
 舟  て  季  ず  く     き  燃  押  て  う  灯  藁  明  川  だ     に  い 
 を  思  節  い  が     つ  え  し  海  し  の  の  海  橋  鐘     へ  た 
 川  い  は  ぶ  覚     け  上  掛  に  て  蝋  加  へ  を  楼     ば  の 
 岸  出  夏  ん  え     る  が  け  沈   ` 燭  減  と  く  舟     り  だ 
 で  す   ` 違  て     も  り  る  ん  鐘  が  で  出  ぐ  は     つ  ろ 
 見  た  盂  っ  い     の   ` 華  で  楼  藁  ち  て  り  川     い  う 
 送  び  蘭  て  る     が  沈  や  ゆ  舟  に  ょ  ゆ   ` の     て   °
 る  に  盆  い  光     あ  ん  か  く  は  火  う  く  単  流     か  そ 
 大  寒  明  た  景     る  で  な   ° 傾  を  ど   ° 線  れ      ° れ 
 人  々  け   ° は     の  ゆ  行  近  く  つ  海  藁  の  に        は 
 た  と  は  送  そ     だ  く  事  隣  と  け  原  舟  鉄  任        雨 
 ち  し  同  り  う     ろ  多  と  の  同  る  へ  だ  道  せ        戸 
 の  た  じ  出  い     う  数  な  鐘  時  よ  で  か  橋  て        の 
 か  気  だ  す  う      ° の  っ  楼  に  う  る  ら  の  下        隙 
 た  分  が  の  賑        鐘  て  流  一  に  こ  や  下  り        間 
 ま  に   ` は  々        楼  い  し  気  作  ろ  が  を  は        か 
 り  な  観  た  し        舟  る  は  に  ら  に  て  抜  じ         `
 は  る  光  っ  い        は   °  ` 燃  れ  首  沈  け  め        あ 
     °                                                   

 を  の  い  の  に      ┐ 舟        は  は  機  に  に  り  合  も  小 
 無  だ  川  舟  他  橋  な  は  橋     境  小  を  舳  照  つ  わ  な  さ 
 く   ° 水  の  の  の  ま  右  桁     川  走  持  先  ら  め  せ  い  く 
 し  堤  が  提  声  上  ん  舷  が     橋  り  っ  か  さ  た  る  静   `
 て  防  船  灯  が  か  だ  に  光     の  に  て  ら  れ  空  よ  か  彼 
 舳  に  体  が  重  ら  ぶ  傾  で     石  追  い  船  た  気  う  な  ら 
 先  写  の  大  な  念 └   い  揺     桁  い  る  尾  鐘  を  に  鐘  は 
 が  る  藁  き  り  仏     で  れ     に  か  か  ま  楼  微  彼  楼  一 
 反  舟  の  く  唱  が     い  橋     姿  け  の  で  舟  か  ら  流  様 
 転  の  隙  揺  和  漏     た  の     を   ` よ  堂  は  に  は  し  に 
 し  影  間  れ  と  れ      ° 上     消  境  う  々   ` ふ  動  の  肩 
 た  が  を   ` な  た        で     し  川  に  と  藁  る  き  始  を 
  ° 不  浸  舳  る   °       吐      ` 橋   ` し  で  わ   ` ま  落 
 次  安  食  先   ° 低        息     し  の  徐  た  作  せ  引  り  と 
 の  定  し  は  念  く        が     ば  上  々  躯  ら  る  き  で  し 
 瞬  に  浮  さ  仏  て        漏     ら  に  に  体  れ   ° ず   ` て 
 間  右  力  ら  に  細        れ     く  立  加  を  た  煌  る  流  い 
 に  往  を  に  促  い        た     し  ち  速  見  と  々  草  れ  る 
 提  左  奪  傾  さ  声         °    て  止  す  せ  は  と  履  出   °
 灯  往  い  い  れ  の        出     下  ま  る   ` 思  光  の  し  花 
 の  し  取  だ  る  上        て     流  る   ° ま  え  る  音  た  火 
 ひ   ` っ   ° よ  に        き     に   ° 大  る  な  白  だ  鐘  も 
 と  舟  て  容  う   `       た     現  鐘  人  で  い  い  け  楼  か 
 つ  は  い  赦  に  す        鐘     れ  楼  た  発  ほ  提  が  舟  け 
 か  舵  る  な  藁  ぐ        楼     る  舟  ち  動  ど  灯  張  に  声 
                                °                        

 る  と        と      ┐ た  た  け  は     れ  き  炎      ┐ っ  ら 
 こ  床  父     共  意  あ   ° 女  て  ま  そ  の   ` 上  念  な  か  赤 
 と  に  に     に  外  た     は  飛  だ  の  口  今  し  仏  ま  り  い 
 自  臥  こ     川  に  し     火  び  そ  時  も  や  た  の  ん  と  舌 
 体  せ  の     に  近  の     の  降  の   ` 動  川   ° 声  だ  見  が 
 が  て  話     消  く  :     す  り  半  ぼ  き  水  頭  が  ぶ  て  暗 
 お  い  を     え  に  :     ぐ  た  分  く  を  に  を  い └   い  い 
 か  た  す     た  聞 └      そ  の  く  は  止  飲  下  っ     る  夜 
 し  子  る      ° こ        ば  は  ら  何  め  み  げ  そ      ° 空 
 い  供  と        え        に   ` い  か  な  込  手  う        に 
 と  時  笑        た        着  ひ  を  が  い  ま  を  大        向 
 も  代  い        声        水  と  川  鉄   ° れ  こ  き        か 
 言  の  飛        は        す  り  面  道     る  す  く        っ 
 う  ぼ  ば         `       る  の  に  橋     舟  り  な        て 
  ° く  さ        し        と  女  残  か     を  合  り        伸 
 き  が  れ        か        燃  だ  し  ら     見  わ   `       び 
 っ  そ  る        し        え  っ  て  落     つ  せ  鐘        た 
 と  ん   °       そ        る  た  い  ち     め  る  楼        の 
 友  な  そ        の        舟   ° た  る     る  女  舟        を 
 人  も  も        ま        に  手   ° の     男  た  は        ぼ 
 た  の  そ        ま        し  に  そ  を     た  ち  ひ        く 
 ち  を  も        藁        が  鎌  れ  見     ち   ° と        の 
 の  見   `       の        み  を  を  た      ° 目  い        目 
 法  て  ず        残        つ  持  目   °    い  を  き        は 
 螺  い  っ        骸        い  っ  が  舟     ず  開  に        し 
                                                         

    し  来  む  ト  か  い  父  屋        記  て  顔  子  い  く  し  話 
    合  る   ° ラ  に  ろ  の  と  仕     憶  素  色  で  と  だ  ま  を 
    わ  近  小  ッ  置  い  仕  町  事     だ  速  を  こ  い  っ  っ  真 
    せ  所  型  ク  い  ろ  事  道  に     と  く  う  の  う  た  た  に 
    た  の  ト  か  て  な  小  を  入     い  話  か  話  こ   ° の  受 
    か  女  ラ  ら  き  材  屋  挟  る     う  題  が  を  と  も  だ  け 
    の  も  ッ  降  た  料  だ  ん  父     の  を  い  振  は  ち   ° て 
    よ   ` ク  ろ  よ  を   ° で  は     に  す   ` っ  ぼ  ろ  そ   `
    う  み  で  さ  う  下  今  反  近     だ  り  バ  て  く  ん  う  い 
    に  ん  通  れ  な  ろ  年  対  寄      ° 替  ツ  み  自   ` 決  つ 
     ` な  っ  る  父  し  も  側  り        え  の  る  身  そ  め  の 
    表  あ  て  木  は  て  ト  に  が        て  悪  と   ` れ  つ  ま 
    情  ま  く  材   ` ゆ  ラ  建  た        し  そ  友  分  が  け  に 
    に  り  る  や  コ  く  ッ  っ  い        ま  う  人  か  友  ら  か 
    乏  歯  大  藁  マ   ° ク  て  雰        う  な  た  っ  人  れ  そ 
    し  を  工  束  ネ  日  が  い  囲         ° 顔  ち  て  た  る  う 
    く  見  や  を  ズ  頃  次  る  気        そ  を  は  い  ち  と  い 
    無  せ  昼  バ  ミ  の  々  大  を        れ  す  皆  る  か  反  う 
    駄  な  飯  ラ  の  柔  と  き  持        が  る  決   ° ら  論  光 
    口  い  を  ッ  よ  和  や  な  っ        ぼ  か  ま  試  の  の  景 
    も   ° 差  ク  う  な  っ  バ  て        く  ら  っ  し  影  で  を 
    叩  ま  し  に  に  顔  て  ラ  い        の  だ  て  に  響  き  想 
    か  る  入  運  動  を  き  ッ  る        唯   ° ぼ  軽  で  な  像 
    な  で  れ  び  い  ど  て  ク   °       一  そ  く  い  は  い  し 
    い  申  に  込  て  こ   ` が  母        の  し  の  調  な  ぼ  て 
     °           `                                       

 庭  ど  痣  船  憶  に  段  れ        の     て  嫌  は  き  る  よ    
 の  も  だ  底  を   ` 取  を  盂     下  海  つ  で  強  る  か  う  八 
 残  を  ら  に  辿  記  り  出  蘭     で  に  い  も  く   ° ら  に  月 
 材  立  け  あ  り  憶  に  て  盆     沈  出  に  鐘  な  父  だ  父  も 
 の  た  の  る  ぼ  に  出  バ  明     ん  て  は  楼  る  が  ろ  に  半 
 中  せ  子  茣  く  あ  か  ラ  け     で  炎  思  流   ° 頑  う  言  ば 
 に   ` ど  蓙  は  る  け  ッ  の     し  上  い  し  お  な   ° わ  頃 
 紛  足  も  を  船  大  た  ク  夕     ま  す  当  の  ま  に  も  れ  に 
 れ  首  が  捲  尾  き  あ  に  暮     っ  る  た  記  け  隠  う  た  な 
 込  の  息  る  か  な  と  潜  れ     た  は  る  憶  に  そ  ぼ   ° り 
 ま  重  も  と  ら  鐘  だ  り   °    の  ず  の  を   ` う  く  バ   `
 せ  し  絶  想  よ  楼   ° 込  ぼ     か  の  だ  反  離  と  は  ラ  ぼ 
 た  石  え  像  じ  舟  昼  ん  く     :  鐘   ° す  れ  す  そ  ッ  く 
  ° は  絶  し  登  が  間  だ  は     :  楼     う  に  れ  こ  ク  は 
 再  バ  え  て  る  収  の   ° 父      ° 舟     し  ひ  ば  に  の  突 
 び  ラ  に  い   ° ま  熱  父  の        が     て  と  す  何  屋  然 
 バ  ッ  横  た  舟  っ  気  が  言         `    一  り  る  が  根  坂 
 ラ  ク  た  と  の  て  が  今  い        な     日  に  ほ  あ  を  の 
 ッ  の  わ  お  中  い  残  夜  つ        ぜ     を  さ  ど  る  外  上 
 ク  外  っ  り  は  た  っ  の  け        手     過  れ   ` の  す  の 
 の  に  て  だ  案   ° た  鐘  を        前     ご  る  ぼ  か  作  離 
 中  持  い  っ  外  微  暗  楼  破        の     す  と  く  は  業  れ 
 に  ち  た  た  広  か  い  流  り        鉄      ° ぼ  の  想  が  に 
 戻  出   °  ° い  な  土  し   `       道     そ  く  確  像  始  移 
 る  し  子  青   ° 記  間  の  離        橋     し  は  信  で  ま  る 
     `                                                   

      ┌┐    く  実  つ  ぼ  の        に      ┐ ん     き  分  と 
       終     な  か  子  く  役  あ     ぼ  母  あ  だ  記  だ  に   `
       わ     れ  ら  ど  を  立  の     く  は  た  女  憶  っ  言  ぼ 
       り     ば  逃  も  憎  た  夜     の  た  し   ° の  た  い  く 
      └┘     ` げ  が  む  ず  が     足  し  の  そ  向  の  聞  は 
             き  た  姿  べ  だ  父     首  か  息  の  こ  だ  か  船 
             っ   ° を  き  け  を     を  に  子  絶  う   ° せ  底 
             と  で  消  だ  が  変     鎌  そ  を  叫  で     る  の 
             父  も  す  っ  助  え     で  う  連  が  誰      ° 茣 
             も  そ  よ  た  か  た     切  言  れ  今  か     本  蓙 
             目  れ  う   ° り   °    っ  っ  て  や  が     当  の 
             が  も  に  と   ` 自     た  た  行  は  微     は  下 
             覚  今  な  こ  母  殺     の   ° か  っ  笑     あ  に 
             め  夜  り  ろ  は  し     だ  そ  な  き  む     の  身 
             る  で   ` が  還  損      ° う  い  り   °    と  を 
              ° 終  ぼ   ` っ  ね        し  で  と  鉄     き  隠 
                わ  く  あ  て  た        て └   よ  道     に  す 
                り  は  の  こ  ぼ        重     み  橋     す   °
                だ  神  夏  な  く        し     が  の     べ  こ 
                 ° 経  か  か  |        石     え  上     て  れ 
                ぼ  を  ら  っ  |        を     る  か     が  で 
                く  病  ひ  た  寝        外      ° ら     完  い 
                が  ん  と   ° た        す        飛     結  い 
                居  で  り  父  き        た        び     す  と 
                な  現  ず  は  り        め        込     べ  自 
                                                         
[Return]