┐ た  口     な   ┐ 体  の  し  耳     前        こ             
 :   ° を  亮  か  ど  が  亮   ` に  午  の  塾     る  夏          
 :     閉  太  っ  う  細  太  振  微  後  こ  へ     ま  の        身 
 い     じ  は  た  し  か  が  り  か  九  と  行     で  夜        代 
 な      ` の  の  た  く  立  向  に  時  だ  っ      ` に        わ 
 い     舌  ろ  ?  の  震  っ  く  す  半  っ  た     そ  身        り 
 ん     で  の └   ?  え  て  と  す   ° た  弟     れ  代        辻 
 だ     唇  ろ        て  い  襖  り  居   ° を     は  わ          
  `    を  と     亮  い  る  が  泣  間     迎     た  り          
 お     湿  居     太  る  の  半  く  で     え     だ  辻          
 母     ら  間      °  ° が  分  声  寝     に     の  を          
 さ     せ  に     お     見  ほ  が  転     母     迷  通          
 ん     る  入     母     え  ど  聞  が     が     信  っ          
  °    と  っ     さ     た  開  こ  っ     出     だ  て          
 消     よ  て     ん      ° い  え  て     て     と  は          
 え     う  き     は     亮  て  た  テ     行     思  い          
 ち     や  た     ?     太  い   ° レ     っ     っ  け          
 ゃ     く   °          の  て  驚  ビ     た     て  な          
 っ     言  何     一     顔  薄  い  を     の     い  い          
 た     葉  か     緒     は  暗  て  見     は     た   °         
 ん     を  言     に     真  い  身  て     三      ° あ          
 だ     搾  い     帰     っ  廊  体  い     十        の          
  °    り  か     っ     青  下  を  た     分        事          
 あ     出  け     て     で  に  起  私     ほ        が          
 の     し  て     来     身  弟  こ  の     ど        起          
  `                                                      

 ご   ┐ 見  し     れ   ┐ 上  深     は  き  事     つ     だ   ┐ 身 
 ら  い  つ  な  弟   ` 姉  で  呼  家  人  戸  が  私  い  亮  っ  消  代 
 ん  い  め  け  は  何  ち  膝  吸  に  の  を  あ  は  て  太  て  え  わ 
 な  ?   ` れ  小  だ  ゃ  を  を  入  気  開  っ  居  声  が  そ  ち  り 
 さ     そ  ば  学  っ  ん  抱  ひ  り  配  け  て  間  を  か  ん  ゃ  辻 
 い  何  っ   ° 三  た   ° え  と   ` は  外  ち  か  荒  ら  な  っ  の 
└   が  と  混  年  ん  僕  込  つ  引  な  へ  ょ  ら  げ  か  馬  た  と 
    あ  囁  乱  生  だ  :  み  す  き  か  出  っ  廊  て  っ  鹿  ?  こ 
    っ  い  し   ° ろ  :   ` る  戸  っ  た  と  下  し  て  な     ろ 
    た  た  て  私  う  僕  す  と  を  た   ° 遅  に  ま  い  こ  嘘  で 
    の   ° い  は  ?  は  す  居  閉   ° だ  れ  出  っ  る  と  で └  
    か     る  中     ど  り  間  め     が  て  る  た  ん  あ  し    
     `    亮  学  全  う  泣  に  て     右  い  と   ° だ  る  ょ    
    落     太  三  然  し  い  走  鍵     を  る  玄     ろ  わ  ?    
    ち     を  年  分  た  て  っ  を     見  だ  関     う  け       
    着     両  生  か  ら  い  て  掛     て  け  へ     と  な  そ    
    い     手  の  ら  い  る  戻  け     も  な  急     思  い  ん    
    て     で  姉  な  い   ° っ   `    左  の  い     っ  じ  な    
    初     抱  と  い  の     た  胸     を  に  だ     て  ゃ  の    
    め     き  し  ん  ?      ° に     見  違   °    ち  な   `   
    か     抱  て  だ        亮  手     て  い  母     ょ  い  だ    
    ら     え  し  よ  ね     太  を     も  な  は     っ  !  っ    
    話     て  っ  う  え     は  当     道  い  何     と └   て    
    し     顔  か └    `    畳  て     路   ° か     ム     :    
    て     を  り     あ     の  て     に  引  用     カ     :    
                                                         

 ど  っ     :  う  さ  い  遅  を     お  た  そ  ん  い  い  て       
 ん  く  そ  :  ね  ん  つ  く  振  僕  母  く  の  だ  箱  女  た  僕    
 ど  り  し   °└   が  も  な  り  は  さ  な  顔  け  を  の   °  `   
 ん  し  た     っ   ┐ は  っ  返  お  ん  っ  を  ど  抱  子  僕  い    
 消  て  ら     て  う  通  た  っ  母  が  た  見   ` え  が  の  つ    
 え  横   `    言  ち  ら  か  た  さ  待   ° た  急  て  座  他  も    
 て  を  お     っ  へ  な  ら  ら  ん  合  な  と  に  い  っ  に  と    
 い  見  母     て  帰  い  近  そ  と  室  ん  た  そ  た  て  待  同    
 っ  た  さ      ` っ  身  道  の  手  に  だ  ん  の   ° い  合  じ    
 て  ら  ん     二  た  代  を  子  を  入  か  に  子  ず  て  室  よ    
  ` お  が     人  ら  わ  し  は  繋  っ  凄  背  は  っ   ` に  う    
 僕  母  凄     で   ` り  ま  い  い  て  く  中  顔  と  膝  は  に    
 を  さ  い     角  冷  辻  し  な  で  く  怖  が  を  俯  の  黒  駅    
 握  ん  悲     を  た  の  ょ  く  駅  る  く  水  あ  い  上  い  の    
 っ  が  鳴     曲  い  と  う  な  を  の  な  を  げ  て  に  ワ  待    
 て  消  を     が  ジ  こ └   っ  出  が  っ  掛  て  い  は  ン  合    
 た  え  上     っ  ュ  ろ  っ  て  る  見  て  け  笑  て  白  ピ  室    
 手  始  げ     た  |  を  て  た  時  え  目  ら  っ  顔  い  |  で    
 も  め  た     ん  ス  通  言   ° に  た  を  れ  て  も  布  ス  お    
 消  て  ん     だ  を  っ  っ  お   `  ° 逸  た  僕  見  で  を  母    
 え  た  だ      ° 飲  た  た  母  そ     ら  み  を  え  包  着  さ    
 て   °  °    そ  み  の   ° さ  っ     し  た  見  な  ん  た  ん    
  ` 頭  僕     し  ま   ° そ  ん  と     た  い  た  か  だ  髪  を    
 そ  か  が     た  し  お  れ  が  後     ら  に  ん  っ  四  の  待    
 れ  ら  び     ら  ょ  母  で   ┐ ろ      ` 冷  だ  た  角  長  っ    
                       `                 °               

 た  部  れ  に  ど  が  始  ビ      ┐ あ   ┐ て      ┐    か  お  で 
  ° 屋  は  入  開  た  め  が  亮  い  ん  大  し  私  姉     っ  母  : 
 母  の  母  っ  い   ` た  消  太  や  た  丈  ま  は  ち     た  さ  : 
 に  中  だ  て  た  と   ° え  が  だ  は  夫  う  亮  ゃ     ん  ん  気 
 は  に   ° 来  時  音  窓  た  そ  っ  家  よ  な  太  ん     だ  !  が 
 顔  肩  窓  た   ` を  の   ° う  !  で   ° ん  の   °     °└   付 
 が  が  の   ° 外  立  桟  と  言     お  私  て  話  お        っ  い 
 無  入  傍  指  の  て  に  同  っ  い  留  が  こ  が  母        て  た 
 か  り  に  に  闇  な  は  時  て  や  守  辻  と  信  さ        何  ら 
 っ  頭  駆  は  か  が  白  に  私  だ  番  の  が  じ  ん        度  お 
 た  が  け  先  ら  ら  く   ` に  よ  し  と  あ  ら  は        も  母 
  ° 入  寄  日  二  窓  か  居  し  う  て  こ  る  れ  ど        呼  さ 
 目  っ  っ  買  本  が  細  間  が  っ  い  ろ  わ  な  う        ん  ん 
 も  て  て  っ  の  ぎ  い  の  み  !  な  ま  け  か  し        で  が 
 鼻  来  思  た  腕  く  指  ガ  付     さ  で  な  っ  ち        探  い 
 も  た  い  ば  が  し  が  ラ  い  置  い  行  い  た  ゃ        し  な 
 口  時  切  か  部  ゃ  掛  ス  て  い └   っ   °  ° っ        た  く 
 も   ` り  り  屋  く  か  窓  き  て     て     人  た        け  な 
 無  私  手  の  の  と  っ  が  た  い     見     が  の        れ  っ 
 い  は  を  銀  中  三  て  少  時  か     て     目  か        ど  て 
 顔  悲  引  の  へ  十  い  し   ` な     来     の  な        見  た 
 に  鳴  っ  指  泳  セ  る  ず  突  い     る     前  ?        つ   °
 捩  を  張  輪  ぐ  ン   ° つ  然  で     か     で └         か  僕 
 れ  上  っ   ° よ  チ  が  開  テ  !     ら     消           ら  は 
 た  げ  た  あ  う  ほ  た  き  レ └       `    え           な   ┐
        °           `                                    

 よ     弟  て  が  今  て      ┐ れ  し  え  に  閉  身  し  き  い  髪 
 う  帰  を  し  た  度  消  母  お  は  て  な  あ  め  体  い  つ   ` の 
 と  り  隣  ま  と  は  え  の  母  確  く  か  て  て  を  動  い  そ  毛 
 家  た  の  う  震  何  て  声  さ  か  ぐ  っ  た  鍵  無  悸  て  の  が 
 に  く  家  か  え  の  し  は  ん  に  も  た   ° を  理  が  凄  瞬  纏 
 戻  は  に  も  て  音  ま  遠  ?  母  っ   ° 1  掛  や  し  い  間  わ 
 っ  な  連  し  い  も  っ  く     の  た  聞   ` け  り  て  勢   ` り 
 た  か  れ  れ  る  し  た  な  何  声  よ  こ  1   ` 動   ` い  母  つ 
  ° っ  て  な   ° な   ° り  処  だ  う  え   ` 警  か  し  で  の  い 
 隣  た  行  い  こ  く  受  近  に  っ  な  て  0  察  し  ば  闇  後  て 
 の   ° き   ° れ  な  話  く  い  た  小  き   ` に  て  ら  の  ろ  い 
 家  で  言  電  以  っ  器  な  る   ° さ  た  指  電  外  く  中  か  た 
 で  も  い  話  上  た  を  り  の  私  な  の  が  話  を  動  に  ら   °
 掛   ` 訳  を  何   ° 置   ` っ  は  声  は  震  を  覗  く  引  小  私 
 け  も  を  掛  か  亮  い  助  !  思   ° 吹  え  し  い  こ  き  さ  は 
 た  う  し  け  起  太  て  け └   わ  助  雪  る  よ  た  と  戻  な  思 
 ほ  一  て  る  き  は  警  て     ず  け  の   ° う  が  さ  し  黒  わ 
 う  度  預  の  た  身  察  と     大  て  よ  呼  と  誰  え  て  い  ず 
 が  電  か  を  ら  体  に  繰     声  :  う  び  受  も  出  し  腕  手 
 い  話  っ  諦  お  を  掛  り     を  :  な  出  話  い  来  ま  が  を 
 い  を  て  め  か  丸  け  返     上  助  風  し  器  な  な  っ  母  離 
 の  掛  も  て  し  め  直  し     げ  け  の  音  を  い  か  た  の  し 
 だ  け  ら   ` く   ` し   `    て  て  音  は  取   ° っ   ° 胸  て 
 ろ  て  っ  私  な  が  た  そ     い   °  ° 聞  り  窓  た     に  し 
 う  み  た  は  っ  た  が  し     た  そ  そ  こ  耳  を   ° 激  抱  ま 
        °           `        °                           

 私     て  っ        杯  た  の      ┓ い  た     私  い     入  が 
 は  じ  も  た  い     だ  が  引  そ  あ  笑  闇  玄  は  て  台  っ   `
 頭  っ  塀  辻  つ     っ   ` き  し  り  み  の  関  襖  く  所  た  こ 
 を  と  と  は  の     た  少  戸  て  が  を  よ  に  を  る  の  時  ん 
 抱  り  街  ひ  間      ° 女  を  腕  と  浮  う  少  開   ° 方   ` な 
 え  と  灯  っ  に        は  す  に  う  か  に  女  け  足  か  廊  こ 
 て  身  が  そ  か        足  り  抱   ° べ  黒  が   ` 音  ら  下  と 
 辻  体  見  り  私        が  抜  え  も  た  い  立  後  は  ヒ  に  を 
 の  に  え  と  は        速  け  て  う   ° ワ  っ  を  部  タ  何  他 
 真  纏  る  静  身        く  て  い  こ     ン  て  追  屋  ヒ  者  人 
 中  わ  だ  ま  代        て  出  た  れ     ピ  い  っ  の  タ  か  に 
 に  り  け  り  わ        見  て  箱  は     |  た  て  前  と  の  聞 
 う  つ  で  返  り        失  い  を  い     ス   ° 廊  を  廊  気  か 
 ず  く  人  り  辻        わ  っ  廊  ら      ° 白  下  通  下  配  れ 
 く  闇  っ   ` に        な  た  下  な     少  い  を  り  を  が  る 
 ま  に  子  ど  来        い   ° に  い     女  布  曲  過  歩  し  の 
 っ  耐  一  の  て        よ  私  置  わ     は  に  が  ぎ  く  た  は 
 た  え  人  道  い        う  は  く ┗      私  包  っ  て  足   ° 嫌 
  ° ら  見  筋  た        に  急  と        を  ま  た  玄  音     だ 
    れ  え  に   °       す  い   `       見  れ   ° 関  が     っ 
    な  な  目  十        る  で  閉        つ  た     へ  次     た 
    く  い  を  字        の  後  じ        め  箱     向  第      °
    な   ° 凝  路        が  を  た        て  を     か  に     居 
    り     ら  に        精  追  ま        冷  抱     う  近     間 
     `    し  な        一  っ  ま        た  え      ° 付     に 
                                                         

 ど  次  い  伸  付        闇     ぐ  母      ┐ み  夢  か  少      ┓
 う  第  小  ば  く  ど     に  掴  に  の  母  お  な  中  に  女  唐  マ 
 し  に  さ  し  と  う     溶  ん  少  も  が  母  が  で  さ  の  突  マ 
 た  私  な  て  私  や     け  で  女  の  ゆ  さ  ら  後  っ  後  に   °
 ら  の  骨  布  は  っ     る  い  の  で  っ  ん  叫  を  き  姿  響  や 
 母  頭  壷  を  玄  て     よ  た  方  は  く  っ  ん  追  家  が  い  っ 
 を  の  が  開  関  家     う  腕  へ  な  り  !  だ  い  を  見  て  と 
 取  中  入  き  に  に     に  が  向  か  と      °  ` 出  え  き  見 
 り  で  っ   ` 立  帰     消  す  き  っ  振  行     と  て  た  た  つ 
 戻  何  て  四  っ  り     え  る  直  た  り  か     う  行   ° 声  け 
 す  か  い  角  て  着     て  り  り   ° 向  な     と  っ  誰  に  た 
 こ  が  た  い  箱  い     い  と   ` そ  い  い     う  た  か  顔  わ 
 と  満   ° 木  を  た     っ  私  優  の  た  で     二  母  と  を   °
 が  ち  骨  の  見  の     た  の  し  人   ° っ     人  の  手  上  早 
 出  始  壷  箱  つ  か      ° 手  く  は  だ  !     に  後  を  げ  く 
 来  め  の  を  め  も        か  笑  私  が └      追  ろ  繋  る  帰 
 る   ` 中  開  て  覚        ら  い  を  そ        い  姿  い  と  り 
 の  そ  は  け  い  え        離  か  ち  の        つ  だ  で   ` ま 
 か  し  空  る  た  て        れ  け  ら  顔        き  っ  い  遠  し 
 と  て  だ  と   ° い         ` た  り  は         ` た  る  く  ょ 
 い  気  っ   ` 震  な        二   ° と  無        母   °  ° に  う 
 う  付  た  中  え  い        人     見  表        の  私  そ  黒 ┗  
 こ  い   ° に  る   °       の     る  情        腕  は  れ  い    
 と  た  が  は  手  気        姿     と  で        を  無  は  服    
 に   °  ` 白  を  が        は     直   `       掴  我  確  の    
  °                                                      

                                  に     い     か        私 
                               身  に  黒  た  私  ら  待     は 
                               代  っ  い  少  の  数  合     二 
                               わ  こ  ワ  年  正  人  室     階 
                               り  り  ン  は  面  が  に     の 
                               の  と  ピ   ` に  歩  は     自 
                               母  微  |  や  幼  い  誰     分 
                               を  笑  ス  が  い  て  も     の 
                               手  み  に  て  少  く  い     部 
                               に  か  白  私  年  る  な     屋 
                               入  け  い  の  が  の  い     へ 
                               れ  る  布  方  座  が   °    上 
                               る   ° の  に  っ  見  電     が 
                               た     箱  目  た  え  車     り 
                               め     を  を   ° る  が      `
                               に     抱  向  し   ° 着     身 
                                °    え  け  き     い     支 
                                     た  た  り     た     度 
                                     ま   ° に     の     を 
                                     ま     外     か     整 
                                      `    を      `    え 
                                     私     気     改     た 
                                     は     に     札      °
                                     少     し     の       
                                     年     て     方       
                                                         
[Return]