に  き  け     こ  を  早  し  に     て  し  動  職             
 突  過  合  ど  助  と  継  く  は  た  就  参  て  力  活  卒          
 然  ご  っ └   手  に  い  か  ず  た  職  加  い  も  動  業        約 
 訪  し  て  と  席  し  で  ら  れ  な  も  す  て  空  に  前        束 
 ね  て  い  い  に  た  い  都  た  い  決  る  も  振  も   `         
 る  い  る  う  乗   ° る  会  と  車  ま  こ  仕  り  便  バ          
 と  た  わ   ° せ     の  に  こ  に  ら  と  方  の  利  イ          
  `  ° け  彼  た     は  移  ろ  乗  な  に  な  ま  だ  ト          
 叔     で  女  奈     叔  り  に  っ  い  し  い  ま  ろ  で          
 父     は  は  緒     父  住   ` て  で  た  の   ` う  溜          
 夫     な  同  子     夫  ん  た   `  `  ° で  最  と  め          
 婦     い  じ  も     婦  で  ま  山  気      ` 後  思  た          
 は     が  サ  他     で  い  た  奥  晴     結  の  っ  金          
 目      ` |  人     あ  る  ま  を  ら     局  夏  た  で          
 を     最  ク  ご     る  か  僕  抜  し      ` 休  か  中          
 丸     近  ル  と      ° ら  の  け  の     サ  み  ら  古          
 く     は  の  の     つ   ` 故  た  ド     |  に  だ  の          
 し     多  同  よ     い  田  郷   ° ラ     ク  な   ° 軽          
 て     く  期  う     で  舎  が  途  イ     ル  っ  と  四          
 驚     の  で  に     に  と  あ  中  ブ     の  た  こ  を          
 い     時   `  ┐    寄  い  る  の  用     合   ° ろ  買          
 た     間  構  別     っ  っ   ° 国  に     宿  ぶ  が  っ          
  °    を  え  に     て  て  両  道  し     に  ら  そ  た          
       一  て  い     み  も  親  を  か     遅  ぶ  の   °         
       緒  付  い     る  家  は  少  役     れ  ら  機  就          
                                                         

       い  り      ┐ 中   ┐  ┐ と  で      ┐     ┐ っ         ┐
 そ     わ  し  叔  そ  に  い  泊  い  も  こ  友  と  そ  た  い  子  サ 
 こ     ん  て  父  れ  向  や  ま  う  わ  の  達   ` の   ° い  供  ト 
 は     ば  い  が  な  こ   ` っ  こ  か  年 └   叔  人  た  な  じ  シ 
  `    か  る   ` ら  う  二  て  と  っ  で  と  母  は  っ  が  ゃ   `
 都     り └    ┐  ` の  三  行  も  て   ` 答  が  ?  た  ら  な  大 
 会     の  と  叔  夕  国  時  く  知  い  ま  え  優 └   ふ  朽  い  き 
 の     愛  笑  母  ご  民  間  ん  っ  る  る  る  し     た  ち  ん  く 
 猛     情  い  さ  は  宿  休  で  て  が  で  と  い     り  た  だ  な 
 暑     が  な  ん  ん  舎  ま  し  い   ` ガ   ` 笑     で  よ  か  っ 
 と     溢  が  は  食  で  せ  ょ  る  そ  キ  奈  顔     暮  う  ら  た 
 は     れ  ら   ` べ  み  て  う   ° う  の  緒  で     ら  に   ° な 
 ま     て  い  お  て  ん  も └      い  よ  子  尋     す  く     あ 
 っ     い  っ  前  い  な  ら        う  う  は  ね     に  す    └  
 た     る  た  が  け  と  っ        接  な  ぺ  た     は  ん       
 く      °  ° 来  る  合  た        し  口  こ   °    大  だ       
 別        ず  た  わ  流  ら        方  の  り        き  大       
 世        っ  早  ね  し  も        が  き  と        す  構       
 界        と  々 └   た  う        彼  き  頭        ぎ  え       
 の        い   `    い  行        ら  か  を        る  の       
 場        て  帰     ん  く        を  た  下        屋  敷       
 所        く  る     だ  よ        喜  だ  げ        敷  居       
 だ        れ  話    └    °       ば   ° た        だ  を       
 っ        と  ば        今        せ  自   °        ° く       
 た         ` か        日        る  分              ぐ       
  °                                                      

  ┐ く   ┐ が     勝  ア     く  愛      ┐  ┐  ┐ っ  の     て    
 好  覚  写  覗  再  手  ル  僕  し  が  も  叔  う  い  て  山  障  横  僕 
 き  え  真  い  び  は  バ  は  た  っ  ち  父  ん  い  き  々  子  に  は 
 だ  て  も  た  畳  よ  ム  ふ  せ  て  ろ  さ └   と  た  の  を  な  広 
 っ  い  残   ° に  く  を  と  い  く  ん  ん     こ   ° 稜  開  っ  い 
 た  る  っ     転  知  取  立  だ  れ  叔  た     ろ     線  け  た  居 
 ?  よ  て     が  っ  っ  ち   ° る  父  ち     ね     が  放   ° 間 
└  └   な     っ  て  て  上  同  の  夫  子    └      は  し  横  の 
       い     て  い  き  が  い  に  婦  供           る  た  で  真 
       な     ア  た  た  っ  年  は  が  は           か  縁  奈  ん 
        °    ル   °  ° て  の  理  僕  い           に  側  緒  中 
       で     バ     小   ` ひ  由  の  な           見  か  子  で 
       も     ム     学  隣  と  が  こ  い           渡  ら  が  ひ 
        `    を     生  の  り  あ  と  の           せ   ` 膝  ん 
       僕     開     ま  仏  娘  る  を └            た  透  を  や 
       は     い     で  壇  だ   ° 本               ° 明  崩  り 
       小     た     住  の  っ  昔  当              雲  な  し  と 
       さ      °    ん  引  た   ` の              が  空  て  し 
       か     そ     で  き   ° 小  子              少  気  休  た 
       っ     の     い  出     さ  供              し  を  ん  畳 
       た     横     た  し     い  の              ず  通  で  に 
       け     で     家  か     子  よ              つ  し  い  頬 
       ど     奈     で  ら     供  う              厚  て  る  を 
        `    緒     あ  古     を  に              く  濃   ° 当 
       よ     子     る  い     亡  可              な  紺     て 
                    °                                    

 の  を        て  夢     こ  に  明  や  そ     り  道  田         ┐
 は  穿  時  ど  両  の  今  か  な  に  顔  ん  大  の  脇  舎  こ  奈  ま 
 不  り  ど  う  親  よ  と  へ  っ  な  は  な  き  遊  の  の  の  緒  さ 
 思  出  き  し  や  う  な  連  て  っ  思  些  く  び  草  道  下  子  か 
 議  さ  帰  て  叔  に  っ  れ  見  た  い  細  な  だ  の  に  の  の   `
 な  れ  っ  こ  父  あ  て  て  つ   ° 出  な  っ  っ  上   ` 村  言  子 
 と  る  て  ん  夫  や  は  い  か  村  せ  こ  た  た  に  車  道  い  供 
 こ  よ  く  な  婦  ふ   ` か  っ  中  な  と  ら   ° 一  が  に  方  だ 
 ろ  う  る  こ  に  や  そ  れ  た  で  い  は   `    日  走   ` が  ぜ 
 だ  な  と  と  確  な  れ  た  ら  さ   ° よ  僕     中  る  ふ  可 └  
  ° き   ` を  認  こ  ら  と  し  ん  そ  く  が     座  こ  た  笑    
    っ  そ  思  す  と  は  い  い  ざ  の  覚  車     っ  と  り  し    
    か  の  い  る  も  全  う   ° ん  子  え  に     て  な  で  く    
    け  度  出  こ  い  部  噂  知  探  は  て  乗     待  ど  よ  な    
    が  に  す  と  く   ` も  ら  し   ` い  せ     っ  た  く  っ    
    見  心  ん  で  つ  遠  聞  な  た  あ  た  て     た  ま  自  て    
    つ  の  だ  も  か  い  い  い  が  る   ° や      ° に  動  思    
    か  底  ろ  な  あ  記  た  車   ` と  だ  る     そ  し  車  わ    
    る  に  う  い  る  憶   ° に  結  き  が   `    ん  か  を  ず    
     ° た   ° と  が  の     乗  局  突   ` と     な  な  見  笑    
    田  ま     思   ` 中     せ  山  然  彼  約     こ  い  に  っ    
    舎  っ     っ  あ  に     ら  奥   ` 女  束     と   ° 行  た    
    と  た     て  ら  あ     れ  で  行  の  し     が  そ  っ   °   
    い  も     い  た  る     て  死  方  名  た     ふ  れ  た       
    う  の     る  め   °    ど  体  不  前   °    た  を   °      
              °                                          

 然      ┐  ┐ 慌  の      ┐  ┐ に  の  で  入      ┐ と  黒  ん    
  ` と  う  も  て  た  叔  嘘  ま  両  横  慌  っ  ぐ  雨  し  い  よ  ぼ 
  ┐ こ  ん  う  て  め  母  ば  た  手  顔  て  て  ず  が  た  密  り  ん 
 こ  ろ   ° 行  帰  に  は  っ  来  を  を  て  き  ぐ  降  仕  雲  と  や 
 の  が  土  く  っ   ` 唇  か  る  合  さ  食  た  ず  る  草  が  暗  り 
 車   ` 砂  の  て  川  を  り  よ  わ  ら  べ  叔  し  よ  で  駈  く  と 
 に  外  降  か  き  魚  尖 └  └   せ  に  た  母  て └   縁  け  な  そ 
 は  に  り └   た  を  ら        た  暗   ° に  い  と  側  る  っ  ん 
 乗  出  の      ° 釣  せ         ° く  厚  は  ら  い  に  よ  て  な 
 り  て  山        り   `          し  い  申  れ  っ  立  う  い  こ 
 た  車  道        に  す           た  雲  し  な  た  ち  に  る  と 
 く  の  な        い  ぐ            ° の  訳  い   °  ` 流  の  を 
 な  前  ん        っ  に           ご  陰  な  よ     ま  れ  に  考 
 い  ま  か        て  叔           め  が  か  う     る  て  気  え 
└   で  運        い  父           ん   ` っ  だ     で  い  づ  て 
 と  来  転        た  を            ` そ  た   °    呪  る  い  い 
 奇  た  し        ら  呼           と  の  が  ス     文   ° た  る 
 妙  と  た        し  び           僕  理   ` イ     で  奈   ° と 
 な  き  く        い  に           は  由  碌  カ     も  緒  垂   `
 こ   ` な         ° 出           お  を  な  を     唱  子  れ  ふ 
 と  奈  い        釣  た           ど  知  話  盆     え  が  下  と 
 を  緒  か        果   °          け  っ  も  に     る  の  が  辺 
 い  子  ら        も  僕           た  た  し  載     よ  ろ  っ  り 
 い  が  ね        な  た           よ  叔  な  せ     う  の  た  が 
 出  突 └         く  ち           う  母  い  て     に  ろ  空  ど 
                                                     °   

 っ  っ  気  い      ┐  ┐ 席   ┐ じ   ┐ な      ┐  ┐  ┐ 送     し 
 た  と  を  る  僕  そ  見  に  い  ゃ  馬  か  彼  変  こ  何  り  そ  た 
  ° 駐  感  は  は  の  え  座  や  な  鹿  っ  女  な  の  い  に  う   °
    車  じ  ず  車  席  な  っ  よ  い  い  た  の  も  車  っ  出  し    
    し   ` が  に  に  い  て   ` か  っ   ° 霊  の   ` て  て  て    
    て  一  な  近  は  よ  い  お └   て  僕  感  ?  変  ん  き  い    
    お  瞬  い  づ  乗 └   る  そ     い  は  癖 └   な  だ  た  る    
    い  息   ° い  れ     の  ら     な  苛  が     も └   叔  う    
    た  が  運  て  な     が  く     い  々  こ     の     父  ち    
    の  で  転  フ  い     見  こ     で  し  ん     が     夫  に    
    だ  き  席  ロ  わ     え  の     早  な  な     乗     婦   `   
     ° な  を  ン └      な  近     く  が  と     っ     も  ぽ    
    熱  く  開  ト        い  く     乗  ら  き     て     驚  つ    
    気  な  い  ガ        の  の     れ  い  に     い     い  ぽ    
    が  っ  た  ラ       └   地     よ  っ  出     る     た  つ    
    篭  た   ° ス           縛      ° た  て     わ     よ  と    
    っ   ° 黒  を           霊     雨   ° こ    └      う  雨    
    て  だ  い  覗           だ     が     よ           に  が    
    い  が  淀  い           と     強     う           顔  降    
    る   ` ん  て           思     く     と           を  っ    
    の  炎  だ  み           う     な     は           し  て    
    は  天  よ  た           わ     っ     思           か  き    
    当  下  う   °           °    て     い           め  た    
    然  に  な  何           助     き     も           た   °   
    だ  ず  空  も           手     た     し            ° 見    
                                                         

 か  違  表  だ         ┐ 覚  量  そ  ボ  た     ス  そ         ┐   
 に  い  情  っ  助  戦  な  を  に  の  ン   ° と  を  の  奈  雨  も  運 
 彼  な  も  た  手  慄  ん  感  一  激  ネ      ` 叩  肩  緒  脚  う  転 
 女  い  わ   ° 席  は  だ  じ  瞬  し  ッ     突  い  に  子  が  少  席 
 と   ° か     に  そ  こ  た  鼓  さ  ト     然  た  傘  は  強  し  に 
 約  大  ら      ` れ  の   ° 膜  で  に      `  ° を  び  く  待  座 
 束  き  な     黒  ば  雨     が  ガ  落     つ     差  し  な  っ  る 
 し  く  い     い  か  は     痺  ラ  ち     ぶ     し  ょ  っ  て  と 
 た  な  黒     影  り └      れ  ス  た     て     か  ぬ  て  み   `
  ° っ  い     が  で         ` の  雨     を     け  れ  き  た  叔 
    た  影     ぼ  は        海  向  は     投     た  の  た  ら  父 
    ら   °    ん  な        中  う  太     げ      ° ま   ° ど  が 
    車  そ     や  か        に  の  鼓     つ     叔  ま  僕  う  外 
    に  れ     り  っ        投  視  を     け     父   ` は  だ  か 
    乗  は     と  た        げ  界  乱     る     が  外  構   ° ら 
    せ   `    浮   °       出  が  れ     よ     心  で  わ  通  声 
    て  あ     か           さ  消  打     う     配  震  ず  り  を 
    や  の     び           れ  え  つ     な     そ  え  エ  雨  か 
    る  死     上           た  た  よ     雨     う  て  ン  な  け 
    よ  ん     が           か   ° う     粒     に  い  ジ  ら  た 
     ` だ     っ           の  凄  に     が     外  る  ン  す   °
    と  女     て           よ  ま  踊     落     か   ° を  ぐ    
    僕  の     き           う  じ  り     ち     ら  叔  か  止    
    は  子     た           な  い  狂     て     ガ  母  け  む    
    確  に     の           錯  雨  い     き     ラ  が  た  ぞ    
                                `                 °└     

          い        く      ┐ の   ┐     ┐    る   ┐ 覚  遅    
          る  そ     な  叔  私  こ  そ  豪  お  僕  よ  助  が  い  ド 
           ° の     っ  母  た  と  う  雨  前  は └   け  な   ° ア 
             間     た  の  ち  じ  じ  の  の  叫     て  く  ハ  を 
             |     雨  声  に  ゃ  ゃ  中  こ  ん     く  な  ン  開 
             |     音  が  女  な  な  か  と  だ     れ  っ  ド  い 
             不     に  は  の  い  い  ら  を   °     ° て  ル  て 
             気     掻  っ  子 └    `  ` 私        叔  い  を  外 
             味     き  き  は     女  叔  た        父  く  握  に 
             な     消  り  い     の  父  ち        さ  の  っ  飛 
             影     さ  と  な     子  の  の        ん  が  た  び 
             の     れ  そ  い     だ  声  子        た  わ  手  出 
             塊     た  う  わ     よ  が  供        ち  か  が  れ 
             は      ° 聞 └       ° か  だ        の  っ  瘧  ば 
             徐        こ        あ  す  と        子  た  の  よ 
             々        え        な  か  い        供   ° よ  か 
             に        て        た  に  つ        が     う  っ 
             そ         `       た  聞  も        い     に  た 
             の        後        ち  こ  思        る     痺   °
             異        は        の  え  っ        よ     れ  し 
             形        さ        子  た  て         °     ` か 
             を        ら        供   ° い        こ     全  し 
             整        に        だ     る        こ     身   `
             え        大         `    よ        に     の  も 
             て        き        僕    └         い     感  う 
                                                         
[Return]