け     り  じ     |     ま  ね  き     ね  豆  田      ┐         
 る  何   ` ゃ  雨  |  傘  れ  返  つ  薄  ぇ  腐  楽  亭  甚          
 う  度  少  ば  が  俺  は  ち  る  け  汚   ° 屋  と  主  さ        あ 
 ち  目  し  と  通  は  ね  ま   ° る  れ     だ  冷  が  ん        て 
 に  か  雨  走  り  雨  ぇ  い  真  よ  た     が  酒  俺   `       ど 
  ` の  を  る  沿  の  が  そ  っ  う  暖      ` で  の  雨        な 
 ふ  軒  し  音  い  中   ` う  黒  な  簾     親  ち  だ  降        く 
 と  下  の   ° の  を  待  な  な  雨  を     父  ょ  し  っ        彷 
 気  で  い  そ  屋  駆  つ  気  空  が  跳     の  う  た  て        徨 
 づ   ` で  れ  根  け  の  分  を   ` ね     愛  ど  銭  る        う 
 い  遠  は  し  を  た  も  に  見  闇  あ     想  十  を  ぜ          
 た  慮  ま  か  叩   ° 癪  な  あ  を  げ     の  文  引  ぇ          
  ° な  た  聞  く     だ  る  げ  霞  る     ね   ° っ └           
 い  く  走  こ  音     な   ° て  ま  と     え  居  掴             
 つ  雨  る  え   `     °    い  せ   `    顔  酒  み             
 の  を   ° ね  俺     し     る  な  結     は  が  な             
 間  降     え  が     ょ     と  が  構      ` で  が             
 に  ら      ° ぬ     う      ` ら  な     ど  き  ら             
 か  す     軒  か     が     そ   ` 降     う  て  言             
 若  雨     下  る     ね     の  泥  り     に  田  っ             
 い  雲     目  み     ぇ     ま  と  だ     か  楽  た             
 女  を     掛  を      `    ま  一  っ     な  も   °            
 が  睨     け  じ     走     吸  緒  た     ら  美  豆             
 横  み     て  ゃ     る     い  に   °    ん  味  腐             
 に  つ     走  ば     か     込  跳  叩     か  ぇ  の             
                                                         

 ま   ┐    だ  っ  顔     っ  い   ┐ っ      ┐ 甘  れ      ┐ い  居 
 の  |      ° ち  だ  縋  て  た  あ  ち  女  あ  っ  ず  と  こ  笑  た 
 食  |        ま  が  る   ` だ  た  ま  の   ` た  俺  訊  ん  顔   °
 い  こ        っ  佳  よ  心  け  し  っ  柔  あ  る  の  ね  ば  で  女 
 上  う        た  い  う  細  ま  も  た  ら  あ  く  耳  て  ん   ` は 
 げ  雨         ° 女  な  か  せ  そ   ° か   ` 染  に  き  は     閉 
 さ  が        へ  だ  目  っ  ん  う     そ  茅  み  滑  た   `    じ 
└   続        へ   ° で  た  か  な     う  場  渡  り   ° ど     た 
    い        っ  背  俺  ん  ?  ん     な  ま  っ  込  大  ち     傘 
    ち         ` 中  を  で     で     口  で  た  ん  き  ら     を 
    ゃ        ど  が  み  す  う  す     元 └    ° で  な  ま     振 
    あ        う  ぞ  あ └   っ   °    に        く  声  で     り 
     `       や  く  げ     か  も     見        る  じ └       `
    俺        ら  ぞ  る     り  し     惚         ° ゃ        ど 
    み        そ  く   °    こ  よ     れ        透  ね        ち 
    て        う  し  二     ん  ろ     て        き  ぇ        ら 
    え        悪  て  十     な  し      `       通  の        か 
    な        い  身  ぐ     に  け     情        っ  に        と 
    大        雨  震  れ     遅  れ     け        た   `       い 
    工        で  い  ぇ     く  ば     ね        声  雨        え 
    は        も  し  か     な  ご     ぇ        が  音        ば 
     `       ね  そ   `    っ  一     声        腹  に        あ 
    お        ぇ  う  少     て  緒     色        の  も        ど 
    ま        よ  に  し     し  し     に        底  消        け 
    ん        う  な  幼     ま  て     な        へ  さ        な 
                                                         

     ┐ 人   ┐    て   ┐  ┐ ひ  暗      ┐ て      ┐ 黙  千  打    
 は  そ  を  あ  そ  :  実  い  た  く  俺  誰  囁  小  :  り  代  つ  俺 
 あ  う  み  た  う  :  は  つ  ひ  て  は  か  い  さ  :  込  と   ° は 
  ` い  つ  し  い └   甚  か  た  よ  少  あ  た  な  ね  ん  い  俺  傘 
 話  う  け  な  や     さ  ら  と  く  し  と   ° 手  ぇ  だ  う  が  の 
 が  こ  て  ん  あ     ん  だ  つ  わ  首  を     が   ` ら  ら  甚  下 
 う  と   ` だ   `    と  い  い  か  を  つ     俺  甚  こ  し  六  で 
 ま  か  つ  か  お     会 └   て  ら  傾  け     の  さ  っ  い  と  夢 
 す  い  い  怖  千     う     く  ね  い  て     右  ん  ち   ° 名  中 
 ぎ └   :  く  代     前     る  え  で  る     腕 └   が  お  乗  に 
 る     :  て  は     か      ° が  後 └      を     お  千  る  な 
 と    └    ° ず     ら         ` ろ        引     か  代  と  っ 
 思        だ  っ     い        確  を        っ     し  は   ` て 
 っ        か  と     た        か  み        張     く  濡  女  喋 
 た        ら  後     ん        に  た        っ     な  れ  は  っ 
 ぜ         ` ろ     で        二   °       た     っ  た  名  た 
  °       頼  を     す        本 ┌┐        °    ち  よ  を   °
          り  気      °       差  お        お     ま  う  教  女 
          に  に     そ        し  武        千     い  な  え  は 
          な  し     れ        だ  家        代     そ  眼  て  時 
          り  て     で         ° さ        が     う  で  く  折 
          そ  た     恐        傘  ん        顔     に  俺  れ  相 
          う   °    く        を  か        を     な  を  た  づ 
          な        な        差  :        寄     る  み   ° ち 
          お        っ        し  :        せ      ° る  お  を 
                             `└┘                 °      

   ┌┐     ┐ が        の  二  折  代  速     文  辻  の     目   ┐
 慌  嘘  ぴ  ふ  上  俺     は  本  れ  の  め  水  字  斬  足  俺  無  だ 
 て  だ  ち  う  が  と     間  差   ` 手  や  が ┗   り  音  は  し  っ 
 て  ろ  ゃ   ° っ  お     違  し  す  を  が  跳   ` が  が  生  だ  て 
 振 └┘  ` 安  ち  千     い  が  ぐ  引  っ  ね   ┓ 多  や  唾  と   `
 り     ぴ  心  ま  代     ね  辻  左  い  た  る  首  い  け  を  か  近 
 返     ち  し  っ  は     ぇ  斬  へ  た   ° 音  捨   ° に  飲   ` 頃 
 る     ゃ  な  た  一      ° り   °  ° 俺   ° て  手  耳  み  怖  辻 
  °     `  `  ° 頻        か  こ  ひ  は  ぴ ┗   口  に  込  そ  斬 
 闇     ぴ  お     り        ど  の  ん  舌  ち   ` に  纏  ん  う  り 
 の     ち  千     走        う  辺  や  打  ゃ  あ  な  わ  だ  な  が 
 中     ゃ  代     っ        か  り  り  ち   ` と  ぞ  り   ° 名  多 
 か     |  さ     た        は  は  と  を  ぴ  は  ら  つ  辺  ば  い 
 ら     |  ん      °       わ  眼  冷  し  ち  :  え  く  り  か  で 
 あ         °    も        か  ぇ  て  て  ゃ  :  た   ° に  り  し 
 の        も     う        ら  瞑  ぇ   `  `  ° 通  そ  人 └   ょ 
 男        う     十        ね  っ  手   ┐ ぴ     り  う  気     う 
 の        追     分        え  て  だ  こ  ち     名  言  は      °
 足        い     だ        が  も  っ  っ  ゃ     は  え  な     八 
 が        つ      `        ` 走  た  ち  |      ` ば  い     つ 
 現        け     こ        気  れ   ° だ  |     他  確  し     蜘 
 れ        や     っ        味  る  辻 └   野     に  か   `    蛛 
 た        :     ち        が   ° を  と  郎     も  に  あ     だ 
  °       :     の        悪  あ  右  お  足      ┓ 近  い     と 
 続       └      息        い  の  に  千  を     十  頃  つ     か 
                                                        `

  ┐    肉     た  か  て     間        だ  い  な  そ  曲      ┐ い 
 け  俺  の  男   ° が  足  俺  に  で  左   ` た  り  う  が  息  お  て 
 っ  と  塊  が     光  を  は   ° け  へ  右  の  な  な  っ  が  千  傘 
 け  お  が  近     っ  止  心     え   ° は  か  が  お  た  ど  代  も 
 っ  千  あ  づ     た  め  の     影     行   ° ら  千  か  う   `  `
 け  代  る  く      ° る  臓     が     き  俺  駆  代   ` と  逃  刀 
 っ  は   °  °    白  と  が     行     止  は  け  の  何  か  げ  も 
└   じ  残  片     刃   ` 口     く     ま  走  た  手  度  は  る   °
    り  っ  目     が  男  か     手     り  り   ° を  転  関  ぞ  間 
    じ  た  が     雨  が  ら     を      ° な  振  引  げ  係 └   違 
    り  眼  あ     を  傘  飛     塞        が  り  い  そ  ね     い 
    と  が  っ     弾  を  び     い        ら  返  て  う  ぇ     ね 
    後  嗤  た     き  放  だ     だ        前  る   ` に   `    え 
    退  う  筈      ` る  す      °       を   ` 俺  な  逃      `
    っ   ° の     俺   ° か     居        向  二  の  っ  げ     俺 
    た     場     ら  同  と     た        い  本  方  た  る     ら 
     °    所     が  時  思      °       た  差  が  か  し     を 
          に     き  に  っ     二        |  し  も   ° か     つ 
          は     た  俺  た     本        |  の  っ  俺  ね     け 
           `    道  の   °    差        突  影  と  は  ぇ     て 
          土     を  顔  俺     し        き  は  縺  足   °    く 
          色     塞  の  ら      °       当  ね  れ  元  何     る 
          を     い  横  が     い        り  ぇ  そ  の  度      °
          し     で  で  慌     つ        を   ° う  縺  角       
          た     い  何  て     の        左  撒  に  れ  を       
                                                         

 っ     ね  た  け      ┐ だ     よ      ┐ 先  場      ┐ っ  り    
 て  気  ぇ  脇  た  傘  ぐ   ° 狂  ぉ  割  俺  を  は  男  目  た  込  男 
 た  が   ° 差  相  は  っ  俺  っ   ` け  の  俺  ね  が  無   ° ま  の 
  ° つ     を  手  男 └   の  て  両  ん  眼  に  ぇ  愉  し     れ  嗤 
    い     引  に  の     後  る  方  ば  は  向   ° 快  っ     る  い 
    た     き  体  顔     ろ  |  よ  か  一  け  俺  そ  て     ん  に 
    ら     抜  毎  に     か  |  ぉ  り  つ  た  は  う  知     じ  俺 
    俺     い  ぶ  中     ら  そ └   に  だ   ° 思  に  っ     ゃ  は 
    は     た  つ  っ     お  う     口   °    わ  言  て     ね  凍 
    男     の  か  た     千  思     を  お     ず  う  る     え  り 
    の     は  る   °    代  っ     左  前     お   ° か     だ  つ 
    上     確   ° 俺     が  た     右  ら     千  俺 └      ろ  い 
    に     か  相  の     傘   °    に  は     代  の        う  た 
    乗     だ  手  頭     を  殺     開  何     を  背        か   °
    っ      ° の  は     投  さ     い  故     背  中         ° こ 
    て     あ  腕  真     げ  れ     て  二     中  が        そ  の 
     `    と  を  っ     つ  る     嗤  つ     に  塀        ん  ま 
    血     は  掴  白     け  と     い  あ     庇  に        な  ま 
    塗     |  ん  に     た  思     や  る     っ  当        感  地 
    れ     |  で  な      ° っ     が └      た  た        じ  の 
    の     よ   ` っ        た     る         ° っ        の  底 
    脇     く  腰  た         °     °       男  た        嗤  に 
    差     覚  に   °       そ      ┐       は   °       い  引 
    を     え  残  よ        の     呉        切  逃        声  き 
    握     て  っ  ろ        時     れ        っ  げ        だ  ず 
                                                         

 れ  た  た           ま     の     な  の      ┐ さ  い  に      ┐
 る   °  ° 俺  後  お  ら  こ  ま  俺  ほ  表  透   ┓ な  も  は  息  は 
 血  違  だ  は  で  千  ね  い  ま  は  ど  情  き  目  き  ん  幾  が  ぁ 
 を  う  が  手  音  代  ぇ  つ  塀  野  透  も  通  無  ゃ  が  つ  荒  は 
 滴   `  ` 足  が  は   ° の  に  良  き  浮  っ  し  な  後  も  い  ぁ 
 ら  立  そ  の  す  く  そ  せ  押  犬  通  か  た ┗   ん  か  の   ° : 
 せ  っ  こ  先  る  す  の  い  し  み  っ  べ  声  で  ね  ら  穴  男  : 
 な  て  に  ま  |  り  く  だ  つ  て  た  ず  が  す  ぇ  後   ° は └  
 が  る  目  で  |  と  せ   ` け  え  顔  見  俺  よ  ん  か  い  赤    
 ら   ° 無  強  ぴ  笑  体  こ  た  に  色  下  の   ` だ  ら  く  黒    
  ` 刀  し  ば  し  っ  中  い   ° 喚  で  ろ  胸  こ   ° 滲  ら  い    
 ゆ  を  の  ら  ゃ  て  が  つ     き   ° し  を  い     ん  雨  ぬ    
 っ  だ  死  せ  ぴ  顎  が  の     な     て  抉  つ     で  が  か    
 く  ら  体  な  し  を  ち  せ     が     い  る  は     消  降  る    
 り  り  は  が  ゃ  し  が  い     ら     る   °└      え  っ  み    
 と  と  転  ら  と  ゃ  ち  で     お      ° 振        ね  て  の    
 こ  下  が   `  ° く  と  俺     千     闇  り        え  も  中    
 っ  げ  っ  恐     っ  震  は     代     に  返         °  ` で    
 ち   ` ち  る     た  え   °    に     溶  れ        何  そ  果    
 に  と  ゃ  恐      ° て  血     飛     け  ば        で  の  て    
 近  め  あ  る        る  の     び     ち  お        俺  穴  て    
 づ  ど  い  振         ° 滾     掛     ま  千        が  か  い    
 い  な  な  り           り     り     い  代        人  ら  た    
 て  く  か  返           が      `    そ  が        を  赤   °   
 く  流  っ  っ           収     そ     う  何        殺  黒  胸    
                                                         

  ┐ つ      ┐ せ  代     |     死   ┐ 掴      ┐ お     で   ┐ る 
 け  け  背  ぎ   ` の  俺  |  お  ん  あ  も  俯  お  千  俺  す  驚   °
 っ  や  中  ゃ  そ  顔  は  目  千  で  た  う  い  前  代  は   ° き    
 け  が  に  ぁ  し  は  そ  が  代   ` し  と  た  ぇ  の  思  魂  ま    
 っ  っ  激 └   て   ` の  無  が  あ  は  し  お   ` 腕  わ  だ  し    
 け  た  し     消  両  場  ぇ  顔  た   ┓ て  千  こ  が  ず  け  た    
 っ   ° い     え  の  に   ` を  し  目  も  代  り  無  お  が  ?    
└      痛     ち  目  へ  二  あ  の  無   ` が  ゃ  ぇ  千  延       
       み     ま  が  た  つ  げ  恨  し  俺  な  ぁ   ° 代  々  甚    
       が     っ  抉  り  と  た  み ┗   の  ん └      の  と  さ    
       走     た  り  込  も   ° は  に  手  だ        腕  彷  ん    
       っ      ° 取  ん   °    消  殺  は  か        を  徨   °   
       た        ら  だ        え  さ  空  薄        握  う  恨    
        °       れ   °       ま  れ  を  く        ろ  ん  み    
       目        て  霞        し  た  き  な        う  で  が    
       無        い  み        た  ん  る  っ        と  す  残    
       し        る  の         ° で  ば  て        し  よ  る    
       が         ° よ        や  す  か  い        た └   と    
       袈        口  う        っ   ° り  く        |     成    
       裟        元  に        と  で  だ   °       |     仏    
       懸        だ  な        逝  も   ° 何        だ     で    
       け        け  っ        け  あ     処        が     き    
       に        を  た        る  い     を        無     な    
       斬        綻  お       └   つ     引        ぇ     い    
       り        ば  千           が     っ         °    ん    
                                                         

┌┐ み        に     づ     は     う     す ┌┐    す ┌┐ か    
 逝   ° 俺  俺   ° 俺  い  俺  ど  |  に  振   ` |  何  よ  恨   ° 嗤 
 け  目  も  の     は  た  は  う  |  細  り  目  |  処   ° み  な  い 
 な  無  同  腸     胸   ° 激  す  目  め  向  無  そ  か  今  を  ん  声 
 い  し  じ ┌┐    か     し  り  無   ` く  し  れ  ら  宵  残  で  が 
 ん  の  な  は     ら     く  ゃ  し  ゆ  と  も  に  か  の  し  斬  響 
 で  魂  ん  ら     腹     乱  あ  は  っ  目  :  痛  お  あ  た  ら  く 
 す  が  だ  わ     ま     れ  い  俺  く  無  :  み  千  た  魂  れ   °
 よ  彷   ` た     で     る  い  が  り  し └┘ も  代  し  は  る  あ 
 :  徨  あ └┘     `    胸   ° い  と  の     感  の  の  ね   ` い 
 :  っ  い  が     ま     に  ど  る  大  に     じ  声  よ   ` な  つ 
 甚  て  つ  だ     一     手  う  限  上  や     ま  が  う  月  ん  は 
 さ  い  と  ら     文     を  し  り  段  つ     す  聞  に  の  で  魂 
 ん  る   ° り     字     や  た  逝  に  い      ° こ  |  な  死  だ 
 も  限  俺  と     に     っ  ら  け  構  た     た  え  |  い  ぬ  け 
└┘ り  を  飛     斬     た  逃  ね  え  顔     だ  る └┘ 夜  ほ  に 
    い  殺  び     り      ° れ  え  る   °    逝   °    だ  ど  な 
    つ  し  だ     割     そ  ら  ん   ° 片     け        け  痛  っ 
    ま  た  し     か     し  れ  だ     目     な        体  ぇ  た 
    で  目  て     れ     て  る   °    を     い        を  ん  ん 
    も  無  い     て     よ   ° じ     さ     だ        持  だ  じ 
    |  し  る     い     う     ゃ     も     け        て  よ  ゃ 
    |  へ  こ     る     や     あ     愉     な        る   ` ね 
     ° の  と     こ     く      `    快     ん        ん  俺  ぇ 
       恨  に     と     気     俺     そ     で        で  は  の 
           °                                         °   

                                          ┌┐   ┌┐ て    
                                           了     あ  い  お 
                                          └┘    り  く  千 
                                                 が   ° 代 
                                                 と     の 
                                                 う     声 
                                                  `    が 
                                                 甚     う 
                                                 さ     つ 
                                                 ん     ろ 
                                                 |     に 
                                                 |     響 
                                                 あ     き 
                                                 た      `
                                                 し     俺 
                                                 は     の 
                                                 逝     耳 
                                                 か     を 
                                                 せ     す 
                                                 て     っ 
                                                 も     と 
                                                 ら     す 
                                                 い     り 
                                                 ま     抜 
                                                 す     け 
                                                └┘      
[Return]