┐ う  さ  け  目  下      ┐ み  に  年  昧  い  の              
 彼  こ  だ  れ  な  を  ろ  毒  こ  と  止  も  な  て  中  高         ┐
 は  ん  っ  る  が  向  し  づ  ん  な  ま  飛  空  い  で  島        選 
 も  畜  た  虫  ら  け   ` い  畜  っ  っ  来  気  た  く  は        ば 
 う  生   ° の  歩  る  奇  て  生  て  て  し  が   ° し  三        れ 
 一  が     声  い   ° 妙  み  が  張  は  た  淀  冬  ゃ  日        た 
 度 └      で  て  高  な  る └   り  ぽ  渡  み  に  く  勤        男 
  `       叫  い  島  生  も     付  た  り   ` し  し  を       └  
 今        び  っ  は  き  の     い  ぽ  鳥  長  て  ゃ  終          
 度         ` た  憎  物  の     て  た  が  い  は  と  え          
 は        彼   ° 々  の   `    い  と  し  灰  暖  握   `         
 声        の  靴  し  動  鳥     る  糞  わ  色  か  り  パ          
 に        足  の  げ  き  た      ° を  枯  の  な  な  チ          
 出        の  裏  に  を  ち        落  れ  筋  午  が  ン          
 し        下  で   ` 観  は        と  た  雲  後  ら  コ          
 て        か  そ  そ  察  電        し  声  が  だ   ` で          
 吐        ら  れ  の  す  線         ` を  空  っ  家  儲          
 き        這  は  白  る  の        そ  上  を  た  ま  け          
 捨        い   ` い  よ  高        れ  げ  覆  が  で  た          
 て        登  く  染  う  み        が   ` っ   ` の  金          
 た        っ  ち  み  に  か        道  幾  て  地  細  を          
  °       て  ゅ  を  無  ら        に  羽  い  上  い  ポ          
          く  っ  踏  表  彼        白  も  た  に  道  ケ          
          る  と  み  情  を        い  電   ° は  を  ッ          
          よ  潰  つ  な  見        染  線  今  曖  歩  ト          
                                                         

 う  す  根        る  ン  テ  纏  ゃ      ┐ 腔  悪     外  た       
 に  と  を  逃  そ  と  グ  ン  わ  ぶ  彼  ち  か  い  用  界   ° 高    
 ゲ   ` 止  れ  の  盛  を  を  り  と  は  っ  ら  熱  済  と  誰  島    
 |  彼  め  よ  蠢  り  引  少  つ  手  水   ` 入  気  み  遮  も  が    
 ム  は  る  う  き  上  い  し  か  を  道  い  り  が  の  断  い  家    
 の  満   ° と  は  が  た  開  れ  洗  の  い  込  立  食  さ  な  に    
 モ  足  泡  も  先  っ  缶  け  な  い  蛇  気  み  ち  器  れ  い  着    
 ニ  し  が  が  ほ  た  ビ   ` が   ` 口  な   ` 上  が  た  空  く    
 タ  て  喉  く  ど   ° |  暗  ら  冷  と  も  彼  っ  乱  無  っ  と    
 |  高  を  弱  潰     ル  い  自  蔵  汚  ん  の  て  雑  音  ぽ   `   
 の  揚  通  々  し     の  部  分  庫  れ  だ  細  い  に  の  の  妻    
 ス  感  り  し  た     小  屋  の  か  た   ° 胞  る  積  異  リ  の    
 イ  を  過  い  は     さ  に  部  ら  食  お  の   ° ま  空  ビ  雅    
 ッ  覚  ぎ  気  ず     な  薄  屋  缶  器  気  隙  む  れ  間  ン  美    
 チ  え  て  泡  の     穴  い  へ  ビ  の  楽  間  ん  た  が  グ  は    
 を  た  行  に  染     か  光  引  |  小  主  を  と  シ  そ  は  出    
 入   ° き  齧  み     ら  を  き  ル  さ  婦  満  す  ン  こ  ぼ  か    
 れ  そ   ` り  を      ` 差  上  を  な  は  た  る  ク  に  ん  け    
 た  し  ご  つ  連     白  し  げ  掴  隙 └   し  臭  か  広  や  て    
  ° て  く  き  想     い  込  た  む  間     て  気  ら  が  り  い    
    い  り   ` さ     泡  ま   ° と  で     い  が  は  っ  と  て    
    つ  と  そ  せ     が  せ  遮   ` じ     っ  高   ` て  暖  い    
    も  飲  の  た     ふ  る  光  熱  ゃ     た  島  気  い  か  な    
    の  み  息   °    る   ° カ  気  ぶ      ° の  味  た  く  か    
    よ  下  の        ふ  リ  |  に  じ        鼻  の   °  ` っ    
                                                         

 け  た  と        ち  手  ち  と  フ     世  っ  誘  地  行  近       
 物   ° 自  つ  コ  が  を  構  何  ト  け  話  た  う  味  っ  い  雅    
 を  雅  分  い  ン  陰  し  え  か  が  れ  を   ° と  な  て  コ  美    
 撃  美  の  に  ビ  気  な  て  に  ス  ど  焼  付  付  顔  も  ン  と    
 ち  の  部  彼  ニ  臭  い  い  つ  ト  結  き  き  い  を  そ  ビ  知    
 殺  声  屋  は  の  く  と  て  け  レ  婚   ` 合  て  し  こ  ニ  り    
 す  を  へ  帰  女  さ  今  は  て  ス  し  高  い  来  て  に  だ  合    
  ° か  籠  宅  は  え  度  く  文  に  て  島  が  た  い  い  っ  っ    
 化  き  も  す  全  思  は  だ  句  な  一  は  深  の  た  る  た  た    
 け  消  り  る  く  え  怒  ら  を  っ  年  雅  く  で  が  よ   ° の    
 物  す   ` と  コ   ` っ  な  言  た  も  美  な  い   ` う  当  は    
 が  ほ  ゲ  缶  ン  彼  て  い  い  の  す  に  る  つ  話  な  時   `   
 血  ど  |  ビ  ビ  は  愚  こ  出  か  る  流  に  し  し  気  雅  高    
 に  音  ム  |  ニ  雅  痴  と  し   ` と  さ  つ  か  か  が  美  島    
 染  量  に  ル  エ  美  る  を  た  一   ` れ  れ  何  け  す  は  の    
 ま  を  の  を  ン  が   ° 延   ° 人  高  る   ` と  て  る  そ  勤    
 り  上  め  一  ス  鬱  し  々  彼  の  島  よ  雅  な  み  ほ  こ  め    
  ` げ  り  本  じ  陶  だ  喋  が  時  の  う  美  く  る  ど  の  る    
 ど   ` こ  掴  ゃ  し  い  り  帰  間  変  し  は  付  と  よ  従  地    
 う  次  む  ん  な  く  に  出  宅  は  則  て  甲  き  案  く  業  下    
 っ  々  よ  で  く  な  地  し  す  う  的  結  斐  合  外  見  員  鉄    
 と  現  う   ` な  っ  味   ` る  ん  な  婚  甲  い  話  か  で  の    
 倒  れ  に  さ  っ  た  な  彼  の  ざ  勤  し  斐  が  が  け   ` 宿    
 れ  る  な  っ  た   ° 顔  が  を  り  務  た  し  始  弾  た  い  舎    
 る  化  っ  さ   °    立  相  待  だ  シ   ° く  ま  み   ° つ  に    
                                            `            

 転        た      ┐       い  っ  は  け  感        の  ば  を  と 
 す  し      ° そ  見  今  脳  な  た  血  た  覚  あ     め  な  覚   `
 る  か        の  間  の  裏  い  の  飛   ° に  る     り  じ  え  額 
 電  し        時  違  は  に   ° か  沫  目  酔  日     こ  る  病  の 
 車  そ        は  い  何   ` 見  と  を  の  っ   `    み  ほ  み  奥 
 に  の        大  か  だ  赤  知  思  上  前  て  甲      ` ど  つ  が 
 男  映        し └   っ  い  ら  っ  げ  に  い  高     溺   ` き  空 
 が  像        て     た  血  ぬ  た  て  突  る  い     れ  余  に  白 
 飛  は        気     の  の  男  が  吹  然  と  声     た  計  な  に 
 び   `       に     か  残  は   ` き  男   ` で      ° に  っ  な 
 込  次        も      ° 像  勝  少  飛  が  空  喚        そ  た  っ 
 ん  の        留        が  手  し  ん  降  白  く        の   ° て 
 で  乗        め        滲  に  違  だ  っ  だ  雅        感  雅   `
  ` 務        ず        ん  吹  っ  の  て  っ  美        覚  美  頭 
 あ  で         `       で  き  た  だ  来  た  か        が  が  の 
 っ  現        ま        焼  飛   °  ° て  額  ら        恋  部  中 
 と  実        た        き  ん  彼  彼   ` の  逃        し  屋  が 
 思  に        化        つ  だ  は  は  次  奥  れ        く  の  痺 
 う  な        け        い   ° ボ  一  の  に   `       な  外  れ 
 間  っ        物        た     タ  瞬  瞬  急  痺        っ  で  る 
 も  た        を         °    ン  化  間  に  れ        て  彼  よ 
 な   °       撃              を  け   ` 映  る        ま  を  う 
 く  彼        ち              押  物  男  像  よ        す  な  な 
 そ  の        続              し  を  の  が  う        ま  じ  感 
 の  運        け              て  撃  体  弾  な        す  れ  覚 
                                                         

          が           り  さ  ダ  ら  飛  や      ┐ た  に  同  体 
 翌  あ     あ  そ  あ  あ  が  っ  イ  潰  ん  と  駅  こ   ° 血  じ  は 
 日  の     っ  う  れ  の  高  さ  ヤ  れ  だ  や  の  れ     の  よ  見 
 か   ┐    た  思  は  映  島  と  を  た  腕  っ  ホ  か     滲  う  る 
 ら  お     の  っ   ┐ 像  を  片  乱  男  を  て  | └      ん  に  も 
 彼  告     に  た  お   ° 苛  付  し  の  拾  く  ム        だ  ス  無 
 は  げ      `  ° 告     立  け  た  胴  い  る  で        肉  ロ  残 
 そ └      と  彼  げ     た  て  男  を  上   ° 客        片  |  に 
 の  は     そ  は └      せ  早  の  引  げ  仕  た        が  モ  吹 
 こ  ど     れ  強  だ     た  く   ┐ き  た  方  ち        飛  |  き 
 と  う     に  く  っ      ° 運  部  出   ° な  が        び  シ  飛 
 ば  や     気  唇  た        転  品  し  駅  く  悲        散  ョ  ん 
 か  っ     づ  を  ん        を └   た  員  彼  鳴        り  ン  で 
 り  て     か  噛  だ        再  が   ° が  は  を         ` で  し 
 考  や     な  み   °       開  次  彼  二  運  あ        赤  手  ま 
 え  っ     か   `          し  々  の  人  転  げ        い  足  っ 
 る  て     っ  せ           な  と  乗  が  席   `       跡  が  た 
 よ  来     た  っ           け  集  務  か  を  駅        を  千   °
 う  た     こ  か           れ  め  中  り  降  の        引  切  あ 
 に  の     と  く           ば  ら  に  で  り  連        い  れ  の 
 な  か     を   ┐           ` れ   ` 車   ` 中        て  る  時 
 っ   °    後  お           と  て  守  体  ホ  が        滴   ° 見 
 た        悔  告           い  い  る  の  |  ど        り  ガ  た 
  °       し  げ           う  く  べ  下  ム  や        落  ラ  の 
 自        た └            焦   ° き  か  に  ど        ち  ス  と 
           °                                             

 の      ┐ せ  に              大  を  も     変  ま  況  外  ゲ  分 
 そ  素  嬉  る  潜  そ  雅  や     し  見  の  す  わ  た  を  は  |  は 
 の  直  し   ° り  の  美  は     た  る  を  る  ら  部  思   ` ム  神 
 体  に  い     込  夜  の  り     時  こ  見  と  ず  屋  い  何  中  に 
 を  応  :     み   ` 金  自     間  と  る  時  部  に  出  も  に  選 
 優  じ  :      ` 彼  切  分     は  を  こ  々  屋  籠  し  手  突  ば 
 し  る └      雅  は  り  は     か  自  と  あ  の  も   ` が  然  れ 
 く  雅        美  久  声  特     か  由  が  れ  外  り  同  か  そ  た 
 弄  美        の  し  も  別     ら  に  で  と  で  ゲ  じ  り  の  特 
 ぶ  を        髪  ぶ  今  な     な  コ  き  同  罵  |  感  は  映  別 
  ° 夢        に  り  度  存     か  ン  た  じ  倒  ム  覚  な  像  な 
 た  中        指  に  ば  在     っ  ト   ° 感  し  を  を  い  が  存 
 だ  で        を  雅  か  な     た  ロ  や  覚  た  続  作   ° 飛  在 
 し  責        通  美  り  の      ° |  が  が   ° け  り   ┐ び  な 
 果  め        し  を  は  だ        ル  て  甦     た  出  お  込  の 
 て  立         ` 抱  愛   °       で  コ  っ      ° し  告  ん  で 
 た  て        喘  い  し           き  ツ  て     そ  て  げ  で  は 
 後  た        ぐ  た  く           る  を   ┐    ん  い └   き  な 
  `  °       首   ° 感           よ  掴  お     な  く  を  た  い 
 雅  そ        筋  雅  じ           う  み  告     彼  よ  見  と  か 
 美  し        に  美  ら           に   ` げ     を  う  た  い   °
 が  て        唇  の  れ           な   ┐└      雅  に  と  う    
 と  彼        を  ベ  る           る  お  ら     美   ` き  こ  し 
 ろ  の        這  ッ   °          ま  告  し     は  彼  の  と  か 
 ん  下        わ  ド              で  げ  き     相  は  状  以  し 
                                `└                       

 何  様  初  り  が     し  の  に  を     を        に      ┐ 殴  と 
 で  に  め  台  あ  時  ん  は  出  集  地  受  次     は  雅  何  り  し 
 こ  喜  は  だ  り  に  だ  些  る  中  下  け  第     彼  美  な  つ  た 
 ん  び  半  と   ` は   ° 細  直  さ  鉄  ら  に     が  は  の  け  目 
 な   ` 信  気  そ  い     な  前  せ  の  れ  彼     分  彼   ° た  で 
 に  高  半  づ  れ  く     も  に   ` 暗  る  は     か  の  何   ° 高 
 当  島  疑  い  が  つ     の   ┐ じ  い  よ  自     ら  仕  だ     島 
 た  を  だ  た  競  か     だ  お  っ  ト  う  分     な  打  っ     を 
 る  神  っ   ° 馬  の     っ  告  と  ン  に  の     か  ち  て     見 
 の  様  た  同  の  数     た  げ  前  ネ  な  乗     っ  を  言     る 
 か  か  彼  僚  当  字     が └   を  ル  っ  務     た  図  う     と 
  ` な  ら  に  た  や      ` が  見  で  た  中      ° り  の      `
 と  ん  も  そ  り  そ     彼  現  つ  連   ° に        か   °    ま 
 訊  か  実  れ  馬  の     は  れ  め  続     も        ね └      た 
 ね  の  際  を  券  組     嬉  る  て  す      `        `       鬱 
 ら  よ  に  狙  や  み     し   ° い  る     同        泣        陶 
 れ  う  金  え   ` 合     く  も  る  灯     じ        き        し 
 る  に  を  と  パ  わ     て  っ  と  火     よ        叫        く 
 こ  誉  手  教  チ  せ     何  と   ` の     う        ん        な 
 と  め  に  え  ン  が     度  も  眩  リ     に        だ        り 
 も  そ  す  て  コ  見     も  こ  し  ズ      ┐        °        `
 あ  や  る  や  の  え     そ  れ  い  ム     お        も        そ 
 っ  し  と  る  大  る     れ  で  ホ  に     告        う        の 
 た  た  皆  と  当  こ     を  見  |  意     げ        雅        頬 
 が   ° 一   ` た  と     楽  る  ム  識    └         美        を 
  `                                                      

 が  の     た  出  血  歩      ┐ げ  ろ  彼        と  コ  映     そ 
 っ  後  し  が  さ  ま  い  正  今 └   う  は  立     で  ン  像  た  れ 
 た  に  ま   ` せ  み  て  直  の  が  か  い  ち      ` ビ  も  ま  に 
  ° は  い  見  て  れ  い   ` は  映   ` つ  上     彼  ニ  飛  に  は 
    視  に  る  い  に  る  よ  何  り  徐  も  が     に  の  び  は  答 
    界  は  の  た  な  所  く  だ  込  々  の  る     は  女  込  雅  え 
    が   ┐ は   ° っ  に  わ └   ん  に  よ  モ     関  が  ん  美  ず 
    閉  お  同  も  て  何  か     だ  あ  う  ニ     係  よ  で  が  に 
    ざ  告  じ  う  い  か  ら      ° の  に  タ     の  そ  き  他  た 
    さ  げ  映  一  る  が  な        感  ゲ  |     な  で  た  の  だ 
    れ └   像  度  映  落  か        覚  |  が     い  コ  が  男  口 
    た  は  ば   ` 像  ち  っ        が  ム  ぼ     こ  ン   ` と  の 
    よ  や  か  と  だ  て  た        や  を  う     と  ビ  も  寝  端 
    う  っ  り  思  っ  き   °       っ  始  っ     だ  ニ  う  て  に 
    な  て  で  っ  た  て  そ        て  め  と     っ  エ  そ  い  薄 
    た  来  そ  て   °  ` れ        き  た  明     た  ン  ん  る  笑 
    だ  な  れ  ま  男  そ  は        て   ° る      ° ス  な  な  い 
    真  く  以  た  は  の  雅        モ  一  く        に  の  ん  を 
    っ  な  上  あ  頭  ベ  美        ニ  時  な        な  は  て  浮 
    暗  り  は  の  か  |  が        タ  間  る        っ  ど  い  か 
    な   ` な  感  ら  ジ  男        |  も  の        た  う  う  べ 
    画  あ  い  覚  血  ュ  と        に  経  を        だ  で  不  て 
    面  の   ° を  を  の  並         ┐ っ  見        け  も  愉  見 
    が  感     待  噴  服  ん        お  た  つ        の  良  快  せ 
    広  覚     っ  き  が  で        告  だ  め        こ  い  な  た 
                                      `           °     °

     ┐ ら  確  黙     っ  化  美      ┐  ┐ く  っ      ┐ ド      ┐
 乱  ふ  な  実  っ  今  た  粧  の  彼  ち  ど  部  て  と  帰  ア  が  腑 
 暴  ん  い  の  て  さ  こ  が  声  が  ょ  こ  屋  い  蔑  っ  の  た  に 
 に └    ° よ  い  っ  と  張  が  出  っ  へ  の  た  み  て  外  ん  落 
 雅        う  た  き  を  り  高  て  と  行  ド  ん  を  る  で   ` ち 
 美        だ   ° 見  悟  付  い  く  買  っ  ア  じ  含  の  止  と  ね 
 を        か  こ  た  っ  い   ° る  い  て  を  ゃ  ん └   ま  音  え 
 部        ら  の   ` た  て  作  と  物  た  開  な  で     る  が  な 
 屋         ° コ  雅   ° い  り  は  よ └   け  い  問      ° し  ぁ 
 の        悪  ン  美     る  笑  思   °    て  か  う        て   `
 外        い  ビ  の     の  い  わ  こ     雅   ` 声        雅  ニ 
 へ        女  ニ  身     を  を  な  ん     美  と  が        美  ブ 
 追        に  女  に     見  見  か  な     を  苦  聞        が  っ 
 い        は  が  起     て  せ  っ  に     迎  々  こ        帰  た 
 出        罰  痛  こ      ` る  た  早     え  し  え        っ  か 
 す        が  い  る     彼  そ  の  い     入  く  た        て └  
 と        与  目   ┐    は  の  だ  と     れ  思   °       き    
  `       え  に  お     自  陰  ろ  は     て  い  ど        た    
 ド        ら  遭  告     分  気  う  思     や  な  う         °   
 ア        れ  う  げ     の  臭   ° わ     っ  が  せ        足    
 の        な  こ └      予  い  明  な     た  ら  男        音    
 鍵        け  と  の     想  顔  ら  か      ° 彼  と        が    
 を        れ  だ  こ     が  に  か  っ        は  で        部    
 ロ        ば  け  と     当  濃  に  た        珍  も        屋    
 ッ        な  は  は     た  い  雅  わ        し  会        の    
                              └                          

 フ  い     に  心  歌  彼      ┐ お  ケ  く  鈍        息  が     ク 
 ル  で  駅  ん  は  を  は  今  あ  告  ッ  雅  い  翌     を  彼  自  し 
 な  い  へ  ま  晴  歌  自  日  れ  げ  ト  美  音  々     吐  を  室  た 
 ラ  た  向  り  れ  い  分  は  は └   の  の  と  日     き  祝  の   °
 イ   ° か  と  て   ` も  自  今  の  下  姿  共  の      ` 福  窓    
 ト  ク  う  笑  い  ド  出  分  日  こ  に  を  に  昼     口  し  か    
 が  リ  と  っ  く  ラ  か  の  な  と  あ  遮  玄  頃     の  て  ら    
  ` ス   ` て   ° イ  け  出  の  を  の  光  関   `    端  い   `   
 ツ  マ  夕  み  鏡  ヤ  る  勤  か  思  ベ  カ  の  ご     に  る  昇    
 リ  ス  焼  た  に  |  支  日 └   い  |  |  ド  そ     不  か  り    
 |  が  け   ° 映  で  度  な     出  ジ  テ  ア  ご     気  の  始    
 に  近  に     る  髪  を  の     し  ュ  ン  が  そ     味  よ  め    
 飾  い  彩     自  を  始  が     た  の  の  閉  と     な  う  た    
 ら  の  ら     分  整  め  少      ° 服  隙  ま  雅     笑  に  低    
 れ  で  れ     の  え  た  し        を  間  る  美     み  思  い    
 た   ` た     姿  た   ° 残        着  か  の  が     を  え  月    
 オ  店  町     に   ° ひ  念        て  ら  を  出     浮  て  が    
 |  先  は     V  だ  げ  だ        い  覗  確  か     か   ` 見    
 ナ  に  い     サ  ん  を  が        る  き  認  け     べ  彼  え    
 メ  点  つ     イ  だ  剃  仕         ° 見  し  る     た  は  た    
 ン  滅  も     ン  ん  り  方        と  る  て  気      ° ゆ   °   
 ト  す  よ     を  と  な  が        た  と   ` 配        っ  赤    
 に  る  り     し  高  が  無        ん   ` 出  が        く  黒    
 反  カ  華     て  島  ら  い        に  ジ  て  し        り  い    
 射  ラ  や      ` の  鼻   °        ┐ ャ  行  た        と  月    
                                         °               

           ┐    吹  だ  美     そ  な  時  じ     た  今  さ  サ  し 
 突     と  神  高  き  っ  と  そ  こ  開  の   ` 彼   ° 日  ん  ラ  て 
 然     祈  様  島   ` た  男  の  に  口  感  し  は     ば  の  リ  光 
  `    り   ` の  雅   °  ° 時  は  部  覚  っ  連     か  荷  |  を 
 足     に  今  表  美  破  二   ` 夕  か  が  か  続     り  物  マ  溢 
 元     も  日  情  は  片  人  彼  闇  ら  頂  り  す     は  を  ン  れ 
 を     似  は  は  腹  を  の  に  を  光  点  と  る     久  手  ば  さ 
 突     た  良  喜  の  突  頭   ┐ 背  が  に  前  ト     し  に  か  せ 
 き     呟  い  び  辺  き  上  お  に  見  達  を  ン     ぶ  し  り  て 
 上     き  一  に  り  立  に  告  立  え  し  見  ネ     り  た  で  い 
 げ     を  日  満  を  て  落  げ  ち  た  よ  て  ル     に  買  な  る 
 る     漏  で  ち  赤  た  ち └   並   ° う  い  の     晴  い  く   °
 ド     ら  す   ` く  男  て  が  ぶ  も  と  た  灯     れ  物   ` 彼 
 |     し └   彼  染  の  き  や  ビ  う  し   ° 火     や  客  き  の 
 ン     た     は  め  頭  た  っ  ル  じ  て   ┐ の     か  が  れ  電 
 と      °       て  は  の  て  群  き  い  お  規     な  混  い  車 
 い              い  し  は  来  が  終  る  告  則     気  じ  に  に 
 う              る  ゅ  鋭  た  現  点   ° げ  正     持  っ  化  乗 
 強               ° う  い   ° れ  の  ト └   し     ち  て  粧  る 
 い                 し  ガ  並  る  地  ン  が  い     で  い  し  客 
 衝                 ゅ  ラ  ん  は  上  ネ  や  リ     乗  る  た  も 
 撃                 う  ス  で  ず  駅  ル  っ  ズ     務   ° 女  着 
 が                 と  の  歩  だ  に  の  て  ム     し  彼  や  膨 
 あ                 血  破  く   ° 出  小  来  を     て  も  た  れ 
 っ                 を  片  雅     る  さ  る  感     い   ` く  た 
                                °                        

 ネ      ┐     ┐ け  ク  が   ┐ て  ア     き  う  客     ル  彼  て 
 ル  脱  俺  狭  地   ` リ  ら  お  い  ル  客   ` に  車  緊  の  を   `
 の  線  に  い  震  今  |  も  告  っ  ミ  車  耳  脱  か  急  壁   ` 椅 
 壁  し  :  運  か  に  ト  必  げ  た  の  で  を  線  ら  停  に  激  子 
 に  た  :  転  っ  も  の  死 └    ° 車  は  駄  す  悲  止  ぶ  し  か 
 突  車  俺  室 └   彼  塊  で  か     体  壁  目  る  鳴  装  つ  い  ら 
 っ  体  に  で     に  が  レ  ら     を  の  に  と  が  置  か  揺  彼 
 込  は  な  一     向   ` バ  引     突  躯  す   ` 上  が  り  れ  の 
 ん  横  ぜ  人     か  い  |  き     き  体  る  車  が  作  火  が  体 
 で  倒  お  恐     っ  く  を  戻     破  か   ° 輪  っ  動  花  襲  が 
 い  し  告  怖     て  つ  握  さ     り  ら     と  た  し  が  う  宙 
 く  に  げ  と     飛  も  っ  れ     何  唸     レ   °  ` 散   ° に 
  ° な  が  戦     び  前  て  た     人  り     |  激  レ  っ  傾  浮 
 コ  り  無  い     込  面  い  彼     も  を     ル  し  |  た  い  い 
 ン   ` い  な     ん  の  た  は     の  上     の  い  ル   ° た  た 
 ク  危  ん  が     で  ガ   °  `    乗  げ     擦  揺  の     車   °
 リ  う  だ  ら     来  ラ  天  運     客  て     れ  れ  軋     体  立 
 |  い  っ  高     そ  ス  井  転     の  弾     あ  に  み     が  ち 
 ト  バ └   島     う  を  か  室     肉  け     う  押  が     ガ  上 
 の  ラ     は     だ  激  ら  で     体  出     音  し  足     ツ  が 
 壁  ン     思     っ  し  落  倒     を  し     が  倒  元     ン  ろ 
 は  ス     っ     た  く  ち  れ     も  た     甲  さ  に     と  う 
 高  で     た      ° 叩  た  こ     ぎ  鉄     高  れ  伝     ト  と 
 島  ト      °       き  コ  み     取  筋     く  る  わ     ン  す 
 の  ン              つ  ン  な     っ  が     響  よ  る     ネ  る 
                                   `           °         

                         た     と  た      ┐ 画        込  い 
                          ° 薄  落  体  ひ  お  面  高     ま  る 
                            笑  ち  は  し  告  を  島     せ  運 
                            い  る  既  ゃ  げ  思  は     て  転 
                            を  音  に  げ  :  い  遠     い  室 
                            浮  を  感  た  :  出  の     っ  を 
                            か  聞  覚  運  か  し  く     た  飲 
                            べ  い  を  転  :  て  意      ° み 
                            た  た  失  室  :  い  識        込 
                            高  よ  っ  で └   た  の        み 
                            島  う  て   `     ° 中         `
                            の  な  い  そ        で        紙 
                            目  気  た  の         `       切 
                            に  が   ° 僅        最        れ 
                            は  す  モ  か        後        の 
                             ` る  ニ  な        に        よ 
                            も   ° タ  隙        見        う 
                            う     |  間        た        に 
                            何     の  に        モ        そ 
                            も     電  押        ニ        の 
                            映     源  し        タ        車 
                            ら     が  つ        |        体 
                            な     プ  ぶ        の        を 
                            か     ツ  さ        黒        め 
                            っ     ッ  れ        い        り 
                                                         
[エントリー作品一覧へ戻る]