し  誰     え                          は     い             
 か  が  一   ` 知  私           こ  書     な  勝   ° 耳         ┐
 見  信  体  警  り  は           れ  き     い  利     あ        告 
 え  じ  ど  告  得  告           ら  記      ° を     る        げ 
 な  て  う  し  た  げ           の  せ        得     者        る 
 い  く  や  な  真  な           言   °       る     は        も 
 の  れ  っ  け  実  け           葉           者      `       の 
 で  る  て  れ  の  れ           は           は      〃      └  
 は  だ  知  ば  全  ば           信            `    霊          
 な  ろ  ら  な  て  な           頼           決    〃           
 い  う  せ  ら  を  ら           で           し     が          
 か   ° る  な   ` な       ┌┐ き           て     諸          
  ° 誇  か  い  で  い        ヨ   `          第     教          
    大   °  ° き   °       ハ  ま           二     会          
    妄  い     る           ネ  た           の     に          
    想  や     限           黙  真           死     告          
    狂   `    り           示  実           か     げ          
    か  知     数           録  で           ら     る          
     ` ら     多           ‥  あ           害     こ          
    麻  せ     く           二  る           を     と          
    薬  た     の            ’  °          受     を          
    中  と     人           二              け     聞          
    毒  こ     々           十              る     く          
    者  ろ     に           一              こ     が          
    に  で     伝          └┘             と     よ          
        `                                                

 な  戯     な  分  精     ぎ  か  て  や     見  へ     見     れ    
 ど  言  皆  く  の  緻  そ  な  な  は  街  が  て  の  家  過  し  な  そ 
 一  と  は   ` 主  に  こ  い  く  く  頭   ` い  カ  族  ご  か  い  れ 
 過  と  そ  あ  観   ` で   °  ` れ  で  告  る  ウ  や  す  し  ほ  ほ 
 性  る  れ  り  や  正   ` あ  私  ま  声  げ  こ  ン  友  こ   ` ど  ど 
 の  か  を  の  疑  確  私  る  は  い  を  る  と  ト  人  と  私  だ  バ 
 メ   ` 読  ま  問  に  は  い   `  ° 限  方  な  ダ  が  の  は  っ  カ 
 デ  警  ん  ま   `  ` 手  は  わ  雑  り  法  ど  ウ   ` で  見  た  げ 
 ィ  告  で  を  感  起  記   ` け  踏  に  が   ` ン  周  き  て  の  た 
 ア  と  判  書  情  こ  を  狂  の  の  説  問  ど  を  囲  な  し  だ  話 
 と  と  断  き  と  っ  書  信  わ  中  明  題  う  刻  の  い  ま  か  な 
 は  ら  し  込  い  た  き  的  か  で  し  だ  し  ん  人   ` っ  ら  の 
 異  え  て  む  っ  事  記  な  ら  は  た  っ  て  で  々  隠  た   ° だ 
 な  自  欲  つ  た  実  す  予  ぬ  私  と  た  で  い  が  さ   °     °
 り  衛  し  も  も  の  こ  言  ノ  の  こ   ° き  る   ` れ  知     私 
  ` 手  い  り  の  み  と  者  イ  警  ろ  前  よ  と  全  た  っ     で 
 手  段   ° だ  を  を  に  と  ズ  告  で  述  う  い  世  真  て     さ 
 記  を  こ   ° 極  書  し  で  を  は   ` の  か  う  界  実  し     え 
 は  と  の     力  こ  た  も  発  た  誰  よ  ?  の  の  を  ま      `
 し  る  手     挟  う   ° 映  す  だ  一  う     に  人   ° っ     最 
 っ  か  記     み  と  で  る  る  の  人  に      ` 類     た     初 
 か   ° を     込  思  き  だ  モ  雑  耳   `    何  が      °    は 
 り  テ  狂     む  う  る  ろ  ノ  音  を  テ     も   `    黙     信 
 読  レ  人     こ   ° だ  う  に  で  貸  レ     せ  滅     っ     じ 
 み  ビ  の     と  自  け  か  す  し  し  ビ     ず  亡     て     ら 
                       °                                 

 で  受  そ  な  ろ     う  の  い  と     ど  な  の  し  れ  ま     込 
 き  け  ら  い  う  自  ま  も   ° 思  私   ` い  だ  な  な  と  こ  む 
 る  継  く   °  ° 費  い  の  売  う  は  迫  と   ° い  い  も  の  こ 
 全  い  全  各  と  出   ° と  れ   ° だ  り  い  売  か   ° な  手  と 
 て  だ  て  国  に  版     な  た  流  か  く  っ  れ  ら  出  出  記  が 
 の  あ  処  に  か   `    る  場  通  ら  る  た  る  だ  版  版  は  で 
 も  の  分  対  く  と     よ  合  だ   ` 滅  レ   `  ° 社  の   ` き 
 の  遺  す  す   ` い     う  は  け  私  亡  ベ  売  し  の  仕  お  る 
 を  産  る  る  全  っ     な   `  ` 財  の  ル  れ  か  連  方  そ   °
  ° も  こ  翻  世  て     契  利  馴  の  前  の  な  し  中  で  ら  そ 
     ` と  訳  界  も     約  益  染  全  で  話  い   ` は   ` く  れ 
    い  に  も  に  そ     に  や  み  て  は  で   ` こ  頭  書  私  が 
    く  な  必  部  の     し  印  の  を  ど  は  出  の  が  店  の  救 
    つ  る  要  数  規     て  税  エ  投  れ  な  版  手  固  に  最  い 
    か   ° だ  を  模     お  を  |  じ  ほ  い  社  記  く  並  後  と 
    の  私   ° ば  は     け  出  ジ  て  ど  の  や  は   ` ぶ  の  な 
    特  の  手  ら  巨     ば  版  ェ   ` の  だ  私  そ  売  こ  著  れ 
    許  住  持  ま  大      ` 社  ン  手  意   ° が  ん  れ  と  書  ば 
    や  む  ち  か  な     連  と  ト  記  味  金  儲  な  る  は  と  よ 
    株  家  の  な  も     中  エ  に  を  も  銭  か  も  も  難  な  い 
    や  も  財  け  の     も  |  委  出  な  的  る  の  の  し  る  の 
     `  ` 産  れ  に     嫌  ジ  ね  版  い  な   ` で  し  い  だ  だ 
    現  父  は  ば  な     と  ェ  れ  し   ° 問  儲  は  か  か  ろ  が 
    金  か   ` な  る     は  ン  ば  よ     題  か  な  出  も  う   °
    化  ら  お  ら  だ     言  ト  よ  う     な  ら  い  版  し   °   
                                                         

    れ  に  れ  ろ     事  森  し     き  つ  き     を  い  だ  し    
 私  か  な  ば  う  が  を  の  た  何  終  か  事  前  救   ° か  れ  妻 
 は  ら  っ   `  °  `  ° 奥  奇  か  え  ぬ  に  置  う  そ  ら  な  は 
 御  記  た  な  私  そ     に  怪  ら  る  己  対  き  こ  れ  と  い  大 
 前  す  の  ぜ  が  の     建  な  記  ま  の  す  が  と  に  い  が  い 
 崎  真  か   ` ど  前     て  現  す  で  ふ  る  長  に   ` っ   ` に 
 喜  実  が  そ  う  に     ら  象  べ  に  が  恐  く  な  私  て  そ  怒 
 一  と  わ  の  い  自     れ  の  き  対  い  れ  な  る  が  妻  れ  る 
 郎  重  か  森  っ  己     た  件  か  処  な  と  っ   ° 手  の  も  だ 
  ° 大  ら  の  た  紹     不  か  を  法  さ   ` た     記  た  仕  ろ 
 T  な  な  館  立  介     気  ら  悩  が  故  ど   °    を  め  方  う 
 大  関  い   ` 場  を     味  始  ん  閃  の  う  そ     出  に  が   °
 工  連  か  黒  に  し     な  め  だ  か  こ  対  れ     版  全  な  愛 
 学  性  ら  白  い  て     洋  る  の  ん  と  処  も     す  人  い  想 
 部  が  だ  館  る  お     館  の  だ  こ  だ  す  こ     る  類   ° を 
 の  あ   ° と  の  か     で  が  が  と   ° べ  れ     こ  を  私  尽 
 教  る  そ  椿  か  な      ` い   ` を  願  き  も     と  見  は  か 
 授  の  し  木  説  け     私  い  や   ° わ  な   `    が  殺  妻  し 
 で  だ  て  館  明  れ     が  だ  は     く  の  こ      ` し  を  て 
  `  ° そ  を  し  ば     体  ろ  り     ば  か  れ     結  に  愛  出 
 別     こ  訪  て  な     験  う  最      ` を  か     果  な  し  て 
 に     に  れ  お  ら     し   ° 初     手  未  ら     と  ど  て  い 
 遺     は  る  か  な     た  あ  に     記  だ  記     し  で  い  く 
 伝      ` こ  な  い     出  の  遭     を  考  す     て  き  る  か 
 子     こ  と  け  だ     来   ` 遇     書  え  べ     妻  な  が  も 
                                                     `   

    次  前     た  金  研  た     も  座  と  屈  人     で  り  の  工 
 莫  に  の  私  の  ぐ  究   ° 私  な  っ  で  極  一  そ  会   ` 御  学 
 大  顔  父  は  だ  ら  の  当  は  か  て   ` ま  倍  う  長  本  前  の 
 な  を  と  研  と  い  た  初  早  っ  い  会  り  好  な  と  来  崎  研 
 遺  会  会  究  わ  に  め   ` 々  た  る  社  な  奇  ら  な  は  グ  究 
 産  わ  っ  に  か  思  の  父  に   ° だ  で  い  心  な  る  グ  ル  室 
 は  せ  た  没  る  っ  資  は  ド     け  は  職  の  か  立  ル  |  も 
  ` た  の  頭   ° て  金  烈  ロ     の  特  業  強  っ  場  |  プ  持 
 そ  と  は  し     い  を  火  ッ     毎  別  だ  か  た  に  プ  の  っ 
 の  き   `  `    た  出  の  プ     日  扱  っ  っ  の  あ  会  元  て 
 ほ   ` 結  父     の  し  如  ア     は  い  た  た  は  っ  社  会  い 
 と  父  婚  と     だ  て  く  ウ      ` さ   ° 私   ` た  に  長  る 
 ん  は  の  は     が  く  激  ト     私  れ  お  は  私   ° 勤  で   °
 ど  既  報  疎      ` れ  怒  し     に   ` ま   ` が     め  あ  父 
 が  に  告  遠     今  ま  し   `    と  一  け  普  鬼      ` る  は 
 私  棺  に  に     は  で  た  卒     っ  日  に  通  子     後   ° 御 
 以  の  行  な     そ  し  が  業     て  中  会  の  だ     々  私  前 
 外  中  っ  っ     れ  た   ` し     拷  何  長  会  っ     に  は  崎 
 の  だ  た  た     に   ° 最  た     問  を  の  社  た     は  大  大 
 親  っ  と   °    も  当  後  T     以  す  息  員  か     父  蔵  蔵 
 族  た  き  そ     意  時  に  大     外  る  子  な  ら     の  の   °
 に   ° ぐ  の     味  は  は  へ     の  で  と  ど  だ     跡  長  そ 
 分     ら  後     が  手  諦  と     何  も  い  実  ろ     を  男  う 
 与     い   `    あ  切  め  戻     物  な  う  に  う     継  で   `
 さ     か  生     っ  れ  て  っ     で  く  こ  退  か     い  あ  あ 
        °                                   °            

    遺  と     た  い  あ  さ  も  も  連     館     た  私  だ  分  れ 
 怒  言  は  と   °  ° ま  は  歩  車  れ  最  と  そ   ° に  か  与  た 
 り  だ   ┐ こ     さ  り  広  い  で  ら  初  呼  う     遺  ら  の   °
 狂  っ  こ  ろ     ら  に  大  た  登  れ  は  ば   `    産   ` お  私 
 っ  た  の  が     に  も  で  と  り  て   ` れ  私     の  父  こ  は 
 て  ら  館   `    支  人   ` こ   ` 訪  父  る  に     一  の  ぼ  既 
 い  し  を  相     払  里  各  ろ  そ  れ  の  洋  分     部  弁  れ  に 
 た  い  私  続     う  か  館  に  こ  た  嫌  館  与     が  護  に  御 
 父   ° の  税     べ  ら  も   ` か  洋  が  だ  さ     分  士  あ  前 
 が     好  は     き  離  ど  セ  ら  館  ら  っ  れ     与  か  ず  崎 
  `    き  す     相  れ  っ  ッ  舗  は  せ  た  た     さ  ら  か  の 
 な     に  で     続  て  し  ト  装   ` で  の  遺     れ  連  る  家 
 に     使  に     税  い  り  で  も  Y  は  で  産     た  絡  こ  か 
 ゆ     っ  払     の  た  し  建  さ  市  な  あ  と     と  が  と  ら 
 え     て  い     額   ° た  て  れ  か  い  る  い     聞  あ  は  は 
 そ     い  込     を  不  威  ら  て  ら  か   ° う     い  っ   ` じ 
 こ     い  ん     考  便  容  れ  い  山  と     の     た  た  は  き 
 ま    └   で     え  な  を  て  な  道  思     が     と  と  な  出 
 で     と  あ     る  こ  誇  い  い  を  っ      `    き  き  か  さ 
 の     い  る     と  と  っ  た  私  延  た     黒     は  は  ら  れ 
 便     う  と      ` こ  て   ° 道  々   °    白      ` 不  諦  て 
 宜     の  い     肝  の  い  土  を  と  弁     館     心  審  め  い 
 を     が  う     が  う  た  地  十  二  護     ・     底  に  て  た 
 私     父   °    冷  え  が  の  五  時  士     椿     驚  思  い  か 
 に     の  あ     え  な   ` 広  分  間  に     木     い  い  た  ら 
                                                  `  °  `

 で  は  チ  互  イ  は  か     え     す  全  そ  か     研  る  許  図 
  `  ` ェ  に  |   `  ` な  た  再  ら  て  れ  る  今  究  と  し  っ 
 よ  ヴ  ッ  黒  ス  建  と  ぜ  三  び  ど  は  が   ° に  に  い   ` て 
 う  ィ  カ  と  ト  物  い   ` カ  黒  う   `  ` ま  し  取  う  理  く 
 は  ク  |  白  レ  に  う  黒  月  白  す  父  私  さ  て  り  こ  解  れ 
 黒  ト  ズ  に  イ  頑  の  白  後  館  る  の  を  か  思  組  と  し  る 
 白  リ  ・  塗  ク  丈  は  館  の  ・  こ  仕  こ   ` え  め  は  て  の 
 館  ア  マ  り  ゴ  な   ` ・  こ  椿  と  組  れ  館  ば  る   ` く  か 
 の  ン  ン  分  シ  レ  館  椿  と  木  も  ん  ほ  に   ` と  あ  れ   `
 別  折  シ  け  ッ  ン  の  木  だ  館  で  だ  ど  あ  大  い  る  た  当 
 棟  衷  ョ  ら  ク  ガ  表  館   ° を  き  こ  苦  ん  き  う  意  の  時 
 だ  様  ン  れ  様  を  面  な  館  訪  な  と  し  な  な  こ  味  か  は 
 っ  式 〃   て  式  組  を  ど  は  れ  い  だ  め  秘  間  と  他  と  わ 
 た  の  と  い  な  み  見  と  同  た  運  っ  る  密  違  だ  人  さ  か 
  ° こ  い  る  の   ` れ  い  じ  の  命  た  こ  が  い   ° に  え  ら 
 名  ぢ  う  の  だ  急  ば  う  偉  は  だ  の  と  隠  で     迷  思  な 
 称  ん  ら  だ  が  勾  わ  名  容   ` っ  か  に  さ  あ     惑  っ  か 
 の  ま  し   °  ` 配  か  称  で  全  た   ° な  れ  っ     を  た  っ 
 由  り  い  正  そ  の  る  が  私  て  の  そ  ろ  て  た     か   ° た 
 来  し   ° 式  の  破   ° つ  を  の  か  れ  う  い  こ     け  人   °
 は  た  椿  な  レ  風  黒  い  迎  手  :  と  と  よ  と     る  里  私 
  ` 木  木  名  ン  を  白  て  え  続  :  も  は  う  が     こ  離  の 
 館  造  館  称  ガ  乗  館  い  た  き   °  ` :  と  よ     と  れ  こ 
 の  住  の  は  が  せ  の  る   ° を     父  :  は  く     な  て  と 
 玄  宅  方   〃 交  た  方  の     終     に   °  ° わ     く  い  を 
                                                         

 て  て  広  開  て  覆     暇     し  か  っ     と  が     た  元  関 
 い  い  が  き  い  い  あ  は  い  ま  っ  と  最  白   ` 黒  め  々  前 
 た  た  っ  の  る  被  の  な  や  う  た  早  初   ` 今  白  に  名  に 
  ° が  て  扉   ° さ  日  い   `  ° か  く  か  陰  な  館  後  称  椿 
 シ   ` い  を  長  っ   `  ° 今     も  気  ら  と  ら  は  か  が  が 
 ャ  手  た  開  い  て  私  今  さ     し  づ   ` 陽  そ  一  ら  つ  植 
 ン  入   ° い  間  く  が  で  ら     れ  い  ヒ   ` の  見  つ  い  樹 
 デ  れ  豪  た  保  る  黒  き  そ     な  て  ン  闇  デ   ` け  て  さ 
 リ  が  奢  そ  管  よ  白  る  ん     い  い  ト  と  ザ  奇  ら  い  れ 
 ア  さ  な  の  さ  う  館  こ  な     と  れ  は  光  イ  抜  れ  た  て 
 だ  れ  作  先  れ  な  の  と  愚     思  ば  私  :  ン  す  た  わ  い 
 け  て  り  に  て  空  正  を  痴     う   ` の  :  を  ぎ  の  け  る 
 で  い  の   ` い  気  面   ` を     と  事  前  様  施  る  だ  で  か 
 な  な  シ  黒  た  の  玄  や  漏      ` 態  に  々  し  デ  と  は  ら 
 く  い  ャ  々  と  重  関  る  ら     私  は  提  な  た  ザ  い  な  で 
  ` の  ン  と  い  み  に  だ  す     は  こ  示  キ  理  イ  う  く  あ 
 床  だ  デ  沈  う  を  立  け  の     慚  こ  さ  |  由  ン   °  ` る 
 も  ろ  リ  ん  鍵  感  っ  の  は     愧  ま  れ  ワ  が  だ     黒   °
 埃  う  ア  だ  を  じ  た  こ  よ     の  で  て  |  よ  と     白  こ 
 だ   ` が  玄  使  た  と  と  そ     念  進  い  ド  く  思     館  ち 
 ら  埃  ぶ  関  い  こ  き  だ  う     に  行  た  が  わ  っ     と  ら 
 け  を  ら  ホ   ` と   `  °  °    か  し  の  示  か  た     区  の 
 の  か  下  |  重  を  館     そ     ら  て  だ  す  る  も     別  方 
 よ  ぶ  が  ル  い  憶  か     ん     れ  い   ° も   ° の     す  は 
 う  っ  っ  が  両  え  ら     な     て  な  も  の  黒  だ     る   `
                                         °               

                      ナ  子  実     で  は     の  い  照     で 
  ┐                私  リ  工  に  私   ` な  な  だ  る  明  玄   `
 な                 は  オ  学   ` は  し  ら  ん   ° の  が  関  靴 
 ん                 つ  の  の  足  知  か  な  と     は  一  脇  底 
 じ                 い  一  道  を  ら  も  い  い     意  斉  の  に 
 ゃ                 に  部  を  突  ず  人  秘  う     外  に  ス  ざ 
  `                 ` だ  歩  っ  知  類  密  恐     だ  点  イ  ら 
 こ                 黒  っ  む  込  ら  を  が  ろ     っ  灯  ッ  り 
 れ                 白  た  と  ん  ず  破  あ  し     た  し  チ  と 
 は                 館  の  い  で  の  滅  っ  い     の  た  を  し 
└                  の  か  う  い  う  に  た  こ     だ   ° 操  た 
                   あ  も  こ  た  ち  導   ° と     が  埃  作  感 
                   の  し  と  の   ` く  あ  か      ` だ  す  触 
                   開  れ  も  だ  そ  で  ま   °    実  ら  る  が 
                   か  な   `  ° の  あ  り  黒     は  け  と  あ 
                   ず  い  あ  私  秘  ろ  に  白     そ  の   ` る 
                   の   ° る  が  密  う  も  館     れ  館  シ   °
                   間     い  父  に   ` お  に     に  に  ャ    
                   か     は  か   ` 禁  ぞ  は     も   ` ン    
                   ら     用  ら  こ  断  ま  人     理  電  デ    
                    `    意  離  の  の  し  に     由  気  リ    
                   邪     さ  れ  世  秘  く  知     が  が  ア    
                         れ   ` 界  密  冒  ら     あ  通  以    
                         た  遺  の  が  涜  れ     っ  じ  下    
                         シ  伝  真   ° 的  て     た  て  の    
                                                         

    確   ┐ に  あ     実   ┐ な  二  だ  た  い  ほ        で  国    
 も  か  さ  あ  ま  確  体  し  も  百  け  も  わ  と  四   〃 も  彦  残 
 う  め  あ  る  り  か  験  か  の  ペ  の  の  れ  ん  百  ま  感  は  さ 
 一  よ  :  の  に  に  な  し  を  |  分  で  て  ど  字  わ  じ  ぼ  れ 
 人  う  :  だ  荒  教  の   ` 最  ジ  量  は  し  進  詰  り  た  や  て 
 の  が  ど  ろ  唐  授  か  こ  後  で  に  な  ま  ん  め  く  こ  い  い 
 助  な  ち  う  無  は  ね  い  ま  収  な  い  え  で  原  ど  と  た  た 
 手  い  ら  か  稽  御  ?  つ  で  ま  っ   ° ば  い  稿  い  は   ° 原 
  ` で  に  ?  す  前 └   は  読  り  て  も  そ  な  用  :  た  村  稿 
 竹  す  し     ぎ  崎     :  む  そ  い  し  れ  い  紙  :  だ  松  用 
 下  け  て     る  大     :  読  う  た  こ  ま   ° を 〃   ひ  も  紙 
 鈴  ど  も      ° 蔵     教  者  な  の  の  で  こ  十     と  結  の 
 世  ね   `    山  の     授  が  雰  だ  手  だ  れ  枚     つ  構  束 
 が └   教     奥  息     の  い  囲  ろ  記  が  が  あ     だ  本  を 
 書     授     に  子     創  る  気  う  が   `  ` ま     っ  を  読 
 類     が     二  だ     作  の  で  ?  完  読  御  り     た  読  み 
 を     死     つ  が     な  だ  は     成  ま  前  も      ° む  終 
 整     ん     の   `    の  ろ  な  と  し  さ  崎  使        方  え 
 理     じ     洋  実     か  う  い  て  て  れ  教  い        だ  て 
 し     ゃ     館  体     ?  か  の  も  い  る  授  な        が   `
 な     っ     な  験        ?  だ  百  た  側  の  が         ` 助 
 が     た     ど  に     そ     が  ペ  ら  は  性  ら        そ  手 
 ら     今      ` し     れ      ` |   ` た  格   `       ん  の 
 応     で     本  て     と     そ  ジ  ど  ま  だ  話        な  村 
 え     は     当  は     も     ん  や  れ  っ  と  が        彼  松 
        `                                                

 た  村      ┐  ┐ 机      ┐  ┐ 殺   ┐ 最   ┐ ス  は  |  ィ  が  る 
  ° 松  竹  自  あ  の  竹  ば  お  行  ホ  近  し  ク  電  の  ス  整   °
    は  下  業  |  上  下  か   ` 為  ン   ` か  リ  源  こ  ク  理  御 
    床  は  自  あ  か  が  !  手  で  ト  ち  し  |  が  び   ` し  前 
    に  舌  得   ` ら  フ └   記  す  に  ょ  ま  ン  入  り  C  て  崎 
    し  を └   な  原  ァ     だ  よ   ° っ  あ  セ  っ  つ  D  い  教 
    ゃ  出     ん  稿  イ     け  ね  百  と   ` |  た  い  |  る  授 
    が  す     て  の  ル     に   ° 三  お  な  バ  ま  た  R  机  が 
    み   °    こ  束  を     酒  お  十  か  ん  |  ま  マ  な  の  所 
    込   ┐    と  が  村     気  酒  キ  し  だ  が  で  グ  ど  上  属 
    み  し     を  な  松     帯  で  ロ  か  っ  モ   ` カ  が  に  す 
     ` ょ      ° だ  に     び  も  で  っ  て  ニ  今  ッ  散  は  る 
    原  う     せ  れ  投     運  飲  高  た  あ  タ  ど  プ  ら   ` 研 
    稿  が     っ  落  げ     転  ん  速  け  ん  内  き  が  ば  様  究 
    用  ね     か  ち  つ      ` で  道  ど  な  を  珍  置  っ  々  室 
    紙  え     く  て  け     て  た  路  な  無  動  し  か  て  な  の 
    を  な     片  床  た     か  の  を └   茶  い  い  れ  お  書  書 
    一  ぁ     づ  に   °    ?  か  逆     を  て  幾  て  り  類  斎 
    枚 └      け  散  よ    └   な  走     し  い  何  い   ` や  机 
    ず  と     た  ら  け        ?  だ     た  た  学  る  乾  フ  で 
    つ  ぼ     の  ば  た       └   な     も   ° パ   ° い  ロ  あ 
    拾  や     に  る  は           ん     ん     タ  パ  た  ッ  る 
    い  き     :   ° ず           て     だ     |  ソ  コ  ピ   °
    始  つ     :     み            `    か     ン  コ  |  |  二 
    め  つ    └      で           自      °    の  ン  ヒ  デ  人 
        `           `                                    

 た     が  遙        木   ┐ そ  は  並  て  意  で   ┐ と   ┐  〃   
  ° な  浮  か  そ  こ  館   〃 ち  告  ん  い  中  し  そ  な  な  こ  そ 
    に  か  向  の  れ  か  こ  ら  白  で  う  の  ょ  れ  い  あ  く  れ 
    や  び  こ  と  は  !  く  は  ど  い   ° 異  ?  な  か   ` は  に 
    ら  上  う  き  偶 └   は   〃 こ  る  つ  性     ら  い   〃 く  し 
    禍  が  の   ` 然     く  沈  ろ  小  ま  を  森   ` ?  こ  か  て 
    々  っ  山  原  か     か  黙  か  さ  り  連  の  最 └   く  ん  も 
    し  て  手  稿   °    ん  館   ` な   〃 れ  中  近     は 〃   : 
    い  い  の  を  ま    〃  〃   ま  洋  告  込  に  女     く  と  : 
    雰  る  空  握  さ     に └   と  館  白  ん  忽  子     か  い  と 
    囲  の  に  り  か      〃    も  に  館  で  然  高     ん  う  村 
    気  を   ` し  :     ち     に  入 〃   告  と  生    〃   名  松 
    を  見  な  め  :     ん     話  り  っ  白  現  の     っ  前  は 
    感  た  に  て   °    も     す  込  て  す  れ  間     て  に  原 
    じ   ° や  窓        く     こ  ん  わ  れ  る  で      ` 聞  稿 
    つ     ら  の        か     と  で  け  ば   ` 流     最  き  を 
    つ     黒  外        ん     も  は   °  ` 豪  行     近  覚  眺 
     `    い  を       〃      で  い  で  相  華  っ     ど  え  め 
    村     影  見        ?     き  け  も  思  な  て     こ  が  な 
    松     の  上              な  な   ` 相  洋  い     か  あ  お 
    は     よ  げ        黒     く  い  間  愛  館  る     で  っ  す 
    つ     う  た        白     な  の  違  に   ° 都     聞  た   °
    ぶ     な  村        館     る   ° っ  な  そ  市     い  の  黒 
    や     も  松        と     館  そ  て  る  こ  伝     た  だ  白 
    い     の  は        椿      ° こ  も  っ  に  説     こ   ° 館 
              `                                         `

                わ     な     人  ず  し  い                  ┐
    E        こ  け  告  が  全  類   ` て  た  原  人  数        な 
    N        れ  も  げ  ら  世  は   〃 さ  か  因  類  ヶ        ん 
    D        は  わ  る  滅  界  あ  最  え  も  は  は  月        じ 
             そ  か  べ  ん  の  る  初  い  し  最  滅  後        ゃ 
             う  ら  き  で  人  い  に  な  れ  後  亡   °        `
             い  ず  事  い  々  は 〃   け  な  ま  し           あ 
             う  死  が  っ  は  滅  警  れ  い  で  た           り 
             物  滅  伝  た   ` び  告  ば  御  わ   °          ゃ 
             語  し  わ   ° 教  ず  文  :  前  か              : 
             で  た  ら     授  に  や  :  崎  ら              : 
             あ   ° な     の  済  メ  い  教  な             └  
             る     か      〃 ん  モ  や  授  か                
              °    っ     ま  だ  等   ` が  っ                
                   た     わ  か  で  手   ` た                
                   た     り  も  対  記  手   °               
                   め     く  し  処  の  記  唯                
                   に     ど  れ  法  よ  執  一                
                    `    い  な  を  う  筆  対                
                   ひ     性  い  書  な  途  処                
                   と     格   ° い  体  中  法                
                   つ    〃      て  裁  で  を                
                   の     を     い  を  事  知                
                   種     呪     れ  と  故  っ                
                   が     い     ば  ら  死  て                
                                `                        
[エントリー作品一覧へ戻る]