き  ぶ     め  を  査  死  そ     い  思  で  の     を             
 な  者  し  に  得  を  因  う  国  た  議   ` 場  国  追  三         ┐
 い  が  か   ` る  開  で  と  新   ° な  外  所  新  っ  流        御 
  ° な  し  そ  こ  始  連  し  プ     事  部  で  プ  て  ス        留 
 彼  い   ` れ  と  し  続  た  ロ     に  か  変  ロ  い  ポ        流 
 ら  と  格  が  が  た  し   ° レ     そ  ら  死  レ  た  |        始 
 の  自  闘  当  で  警  て  ニ  ス     の  の  を  ス   ° ツ        末 
 共  負  界  然  き  察  死  ュ  側     う  痛  遂  の     雑        記 
 通  し  の  の  た  の  ん  |  は     ち  烈  げ  五     誌       └  
 の  て  知  処   ° 方  だ  ス   `    の  な  た  人     の          
 接  い  識  置  あ  針  と  で  事     何  打  の  の     記          
 点  る  を  だ  ま  と  偽  は  件     人  撃  だ  若     者          
 を  定  知  と  り  一  っ   ` の     か  に   ° 手      `         
 た  岡  り  判  に  致  た  そ  全     は  よ  死  選     定          
 ち  の  尽  断  も  し  が  れ  貌     密  る  因  手     岡          
 ど  目  く  さ  不  た   ` ぞ  を     室  も  は  た     は          
 こ  は  し  れ  可  た  こ  れ  マ     状  の  全  ち     不          
 ろ  誤  て  た  解  め  の  が  ス     態  と  員  が     思          
 に  魔   ` の  な   ` 発  別  コ     の  思  が   `    議          
 見  化  他  だ  事  全  表  の  ミ     個  わ  同  同     な          
 抜  す  の   ° 件  面  は  時  か     室  れ  じ  時     事          
 い  こ  記     だ  的   ` 間  ら     で  た  内  刻     件          
 て  と  者     っ  な  秘  に  隠     死  が  臓   `    の          
 い  は  に     た  協  密  別  し     ん   ` 破  別     真          
 た  で  並     た  力  捜  の  通     で  不  裂  々     相          
  °                                                      

 カ  こ     の  て  彼  を  ひ     て  の  ロ  そ  る     ゃ  っ       
 メ  と  乱  中  い  ら  裂  と  記  い  も  レ  れ  荻  対  く  て  荻    
 ラ  も  れ  に  る  の  く  り  者  た  の  ス  は  生  座  た  い  生    
 を  出  た  放   ° 中  よ  ず  た   ° で  の  三  の  し  る  る  観    
 通  来  長  り  リ  心  う  つ  ち     あ  新  年  広  て  老  が  自    
 し  な  髪  込  ン  に  な  名  の     る  人  前  大  い  人   ` 斎    
 た  い  と  ま  グ  ぼ  奇  乗  フ      ° 王   ` な  る  で  今  は    
 映  が  髭  れ  上  ろ  声  り  ラ     リ  リ  ま  道  の  あ  だ  静    
 像   ` が  た  で  ぼ  が  を  ッ     ン  |  だ  場  は  る  強  か    
 か  眼  顔  子  は  ろ  上  上  シ     グ  グ  駆  に  定   ° 靭  に    
 ら  光  中  供   ` に  が  げ  ュ     の  開  け   ` 岡     な  ビ    
 も  に  を  の  男  汚  っ  て  と     上  催  出  ビ  だ     肉  デ    
 伝  一  覆  よ  の  れ  た  い  ざ     に  の  し  デ  っ     体  オ    
 わ  種  い  う  体  て   ° る  わ     あ  記  記  オ  た     を  を    
 っ  の  尽  に  格  破  ど  と  め     の  者  者  再   °    維  見    
 て  殺  く  し  は  れ  こ  き  き     五  会  だ  生  彼     持  つ    
 く  気  し  か   ` た  か   ` の     人  見  っ  機  は     し  め    
 る  を  て  見  ま  柔  ら  突  中     の  に  た  を  古     続  た    
  ° 帯  表  え  る  道  舞  如  で     レ  立  定  持  武     け   °   
    び  情  な  で  着  い   `  `    ス  ち  岡  ち  術     て  頭    
    て  は  か  禽  の  降  会  レ     ラ  合  が  込  連     い  髪    
    い  窺  っ  獣  男  り  場  ス     |  っ   ` ん  合     る  は    
    る  い  た  の  が  た  の  ラ     が  た  国  で  を     か  白    
    の  知   ° 群  立  の  空  |     会  と  新  い  束     く  く    
    が  る     れ  っ  か  気  が     し  き  プ  た  ね     し  な    
     `              `                    °               

 生  ら  ん      ┐ 一  と     る  マ  と     速  き        が  ン    
 は  な  で  頭  む  部  立  周  よ  に  い  が  さ  ら  レ  と  い  グ  男 
 考  い  死  の  う  始  ち  り  う  な  う   ` で  め  ス   ` た  下  は 
 え  出  に  お  う  終  上  の  に  る  間  後  躍  き  ラ  突   ° を  周 
 込  来  か  か  む  を  が  者   ` ま  に  は  動  を  |  然     見  り 
 ん  事  け  し └   唖  り  た  リ  で  五  無  し  放  た   `    つ  を 
 で  に  た  い  と  然   ` ち  ン  い  人  残  た  つ  ち  男     め  囲 
 い  し  :  浮   ` と  よ  は  グ  た  の  で   ° よ  の  が     て  む 
 た  か  :  浪  荻  見  ろ   ` 下  ぶ  レ  あ     う  頭  飛     い  巨 
  ° 見  一  者  生  て  け  そ  に  ら  ス  る     に  上  ん     た  体 
    え  般  が  観  い  る  れ  投  れ  ラ   °     ` で  だ      ° レ 
    な  に   ` 自  る  足  か  げ  た  |  リ     そ   `  °    視  ス 
    い  は  リ  斎   ° 元  ら  出   ° に  ン     の  海        線  ラ 
    だ   ` ン  は     で  し  さ  結  袋  グ     徒  面        の  | 
    ろ  た  グ  唸     そ  ば  れ  局  叩  に     手  に        先  た 
    う  だ  の  り     の  ら  た   ` き  降     空  踊        を  ち 
     ° そ  ジ  声     場  く   ° 最  に  り     拳  っ        辿  を 
    だ  れ  ャ  を     所  し     後  合  立     が  た        る  無 
    が  だ  ン  上     を  て     は  い  っ     目  跳        と  視 
     ` け  グ  げ     離  男     猫   ` た     に  ね        ひ  す 
    案  の  ル  た     れ  が     の  満  男     も  魚        と  る 
    の  取  に   °    る  ふ     子  身  は     と  が        り  よ 
    定  る  迷        ま  ら     を  血   `    ま  一        の  う 
     ` に  い        で  ふ     捨  ダ  あ     ら  瞬        少  に 
    荻  足  込        の  ら     て  ル  っ     ぬ  の        年  リ 
                                                         

  ┐ た  の   ┐ は   ┐ だ   ┐  ┐ ら  あ   ┐ 策  た      ┐ し  た   ┐
 な  だ  時  死   ` お └   逆  い  あ  り  あ  だ   ° 荻  君  か  レ  謎 
 ん  け  間  ん  彼  っ     だ  や  の  ま  な  と  定  生  は  あ  ス  の 
 と  の  の  だ  ら  し      °  ` 男  せ  た  考  岡  の  ど  り  ラ  死 
  ` こ  経  者  に  ゃ     レ  違  の  ん  は  え  は  口  う  え  |  を 
 彼  と  過  を  散  っ     ス  う  復  か  古  た  即  調  考  ま  た  遂 
 ら  だ  は  相  々  て     ラ └   讐   ° 武   ° 座  は  え  せ  ち  げ 
 は  よ   ` 手  に  い     |  と  な  僕  術     に  す  て  ん  な  た 
 こ └   定  に  や  る     た   ` の  は  界      ` で  い └   の  五 
 の     め  し  ら  意     ち  荻  か   ` の     こ  に  る     で  人 
 と     ら  て  れ  味     は  生  も  こ  第     の  な  ん     す  は 
 き     れ  は  て  が     そ  が  知  の  一     質  に  だ      °  `
 す     た  戦  い  わ     の  言  れ  一  人     問  ご  ね     彼  す 
 で     結  う  る  か     命  下  な  連  者     に  と └      ら  べ 
 に     果  興  じ  り     を  に  い  の  で     は  か        の  て 
 死     を  味  ゃ  ま     手  否  と  事  す     正  に        接  こ 
 ん     無  も  な  せ     玉  定  思  件   °    直  思        点  の 
 で     残  失  い  ん     に  し  っ  は  こ     に  い        は  リ 
 い     に  せ  で   °    取  た  て   ` の     答  至         ` ン 
 た     も  よ  す  こ     ら   ° い  ひ  男     え  っ        恐  グ 
 と     呼  う  か  の     れ     る  ょ  に     る  た        ら  に 
 !     び   °└   奇     て     の  っ  見     ほ  よ        く  立 
└      覚  そ     妙     い     で  と  覚     う  う        こ  っ 
       ま  の     な     た     す  し  え     が  だ        こ  て 
       し  後     男     の    └   た  が     得  っ        に  い 
                                                         

     ┐ え  う  年  の  い  何   ┐ む      ┐ く  う  必  一   ┐ で    
 荻  も  な  の  に  こ  う  者  や  っ  定  武  の  な  殺  定  人  頷  定 
 生  は  い  な  執  と  武  な  は  と  岡  田  如  幻  技  期  体  い  岡 
 が  や └   ら  着  も  道  の  り  唇  は  :  し  の  だ  間  の  た  が 
 手  こ      ` し  気  家  で  あ  を  荻  :   ° 技   ° が   `  ° 悲 
 を  れ     彼  て  に  と  す  な  噛  生 └   恐  を  三  経  あ     鳴 
 叩  ま     は  い  な  ど  か  た  ん  観     る  :  年  過  る     の 
 く  で     そ  る  っ  う   ° は  だ  自     べ  :  殺  し  急     よ 
 と  か     の   ° て  い  ま  何   ° 斎     き   ° し  た  所     う 
  ` :     技  も  仕  う  た  か     の     は  命  と  後  を     な 
 引  :     を  し  方  繋   ` を     言      ` を  も   ` 突     声 
 き └      少   ` な  が  こ  知     葉     武  賭  呼  一  く     で 
 戸        年  こ  い  り  の  っ     を     田  け  ば  気  こ     叫 
 が        に  の   ° が  現  て     鸚     烈  引  れ  に  と     ぶ 
 音        見  殺  武  あ  場  い     鵡     堂  き  て  破  に     と 
 も        せ  人  田  る  に  ま     返    └   す  お  壊  よ      `
 な        付  が  は  ん  い  す     し        る  る  す  っ     荻 
 く        け  武  明  で  た  ね     に        真   ° る  て     生 
 開        て  田  ら  す  少   °    し        の  ま  と  内     は 
 き        い  の  か  か  年  武     た        武  さ  い  臓     神 
  `       る  仕  に   ° は  田      °       術  か  う  を     妙 
 ひ        と  業   ` 僕   ` と     荻        と   ` 恐  朽     な 
 と        し  だ  こ  に  武  は     生        は  こ  る  ち     面 
 り        か  と  の  は  田  一     は         ` の  べ  ら     持 
 の        思  い  少  そ  と  体     む        斯  よ  き  せ     ち 
                                                  `      

  ┐ て     奴   ┐  ┐  ┐    し  に   ┐    い  警  し  を   ┐    少 
 師  て  そ  の  武  気  今  突   ` と  君  少 └   察  て  受  彼  定  年 
 範  道  の  野  田  配  ま  然  安  っ  は  年     に  い  け  の  岡  が 
 !  場  時  望  烈  で  さ   ` 全  て  大  は     助  る  て  名  は  道 
└   に  で  を  堂  す  に  荻  な  の  変  深     け  の  し  は   ` 場 
    な  あ  挫  が  っ  気  生  と  幸  悪  々     を  だ  ま  宇  信  に 
    だ  る  か  こ  て  配  が  こ  運  い  と     求   ° っ  喜  じ  入 
    れ   ° な  こ └   が  神  ろ  か  と  頭     め  三  て  田  ら  っ 
    込  柔  け  に     動  妙  へ  も  こ  を      ` 年  い  寛  れ  て 
    ん  道  れ  や     い  な  逃  し  ろ  下     少  殺  る  一  な  き 
    で  着  ば  っ     た  顔  が  れ  に  げ     年  し   °  ° い  た 
    き  が  な  て     よ  に  し  な  来  た     の  が  奴  彼  対   °
    た  数  ら  来     う  な  て  い  た   °    身  現  は  は  面  三 
     ° 人  な  た     だ  っ  や   °  ° 定     を  実  少  同  に  年 
        ` い  の      ° た  っ  頼  が  岡     現  で  年  じ  あ  前 
       け └   だ     恐   ° て  む   ` の     代  あ  の  時  っ  の 
       た      °    る     く   ` そ  頭     医  る  命   ` と  ビ 
       た     私     べ     れ  宇  の  は     学  以  を  あ  声  デ 
       ま     は     き     な  喜  こ  混     に  上  引  の  を  オ 
       し     全     殺     い  多  と  乱     委   ` き  忌  上  の 
       い     力     気     か  く  は  し     ね  一  換  ま  げ  少 
       足     を     だ    └   ん   ` て     る  刻  え  わ  た  年 
       音     挙    └         を  私  い     し  も  条  し   ° だ 
       を     げ              保  た  る     か  早  件  い     っ 
       立     て              護  ち   °    な  く  に  技     た 
              `                                         °

 の   ┐    な      ┐ す   ┐ み  ら        ま  こ   ┐  ┐ い  門    
 一  家  闘  立  言  時  ぎ  留  付  の  定  た  せ  ま  第  男  ま  前  ひ 
 子  門  う  ち  い  間  る  流  く  報  岡  っ  ん  で  一  は  し  で  と 
 相  不  気  姿  な  が └   と  よ  告  は  た └   来  道  第  た  待  り 
 伝  出  だ  で  が  な     は  う  に  悪  一     る  場  一 └   ち  が 
 に  に   ° 襷  ら  い     い  に  ま  夢  人     の  に  道     構   `
 よ  て     を   `  `    っ  尋  っ  を  を     は  は  場     え  血 
 っ  留     巻  荻  手     た  ね  た  見  相     時  さ  に     て  を 
 て  め     い  生  短     い  た  く  て  手     間  ら  向     い  吐 
 連  置     た  観  に     な   ° 動  い  に     の  に  か     た  き 
 綿  き      ° 自  話     ん     じ  る  何     問  三  っ     二  な 
 と  候        斎  そ     で     な  の  と     題  十  て     十  が 
 伝   °       は  う     す     か  か  言     で  人   `    人  ら 
 え  留        す └      か     っ  と  う     し  待  奥     が  叫 
 ら  流        っ        ?     た  思  こ     ょ  機  に      ` ん 
 れ  と        く               ° っ  と     う  し  進     瞬  だ 
 て  は        と        分     定  た  だ      ° て  ん     く   °
 き   `       立        か     岡   °  °    も  い  で     間   ┐
 た  即        ち        ら     は  が        は  ま  い     に  ま 
 殺  ち        上        な     そ   `       や  す  ま     や  る 
 人   `       が        い     の  荻         ` が  す     ら  で 
 技  藩        り        こ     横  生        防   `└      れ  怪 
 の  内         `       と     顔  は        ぎ  奴        て  物 
 こ  上        見        が     に  そ        き  が        し  で 
 と  士        事        多     噛  れ        れ  こ        ま  す 
                                                        °

 こ  武   ┐  ┐ り  ま  子  に  争  練  合  ラ  士   ┐  ┐ 密  を  こ  だ 
 の  術  か  武  知  さ  だ   ` 時  り  気  イ  と  そ  そ  か  貪  と   °
 国  が  つ  田  れ  に  と  あ  の  上  道  に  下  う  れ  に  っ  を  百 
 の  地  て  の  ぬ  古  い  の  家  げ  は  あ  士  だ  が  世  て  本  の 
 武  下   ` 狙 └   武  う  姿  老  ら  武  っ  を   ° 留  界  い  領  藩 
 術  に  中  い     術  こ  三   ` れ  田  て  隔  そ  流  最  た  と  に 
 は  潜  国  は     の  と  四  西  た  流  は  て  れ  で  高  わ  す  百 
 明  っ  大  何     表  は  郎  郷  殺  か   ` る  こ  す  水  け  る  の 
 治  て  陸  な     の  公  の  頼  傷  ら  常  も  そ  か  準  で  サ  留 
 維  細  で  の     一  然  モ  母  術  会  に  の  が └   の  は  ム  流 
 新  々  義  で     面  の  デ  に  が  津  相  は  真     殺  な  ラ  が 
  ` と  和  す     に  事  ル  よ  ル  藩  手   ` の     人  い  イ  あ 
 四  受  団  か     過  実   ` っ  |  に  を  地  武     技   ° た  る 
 民  け  拳  ?     ぎ  な  講  て  ツ  渡  制  位  術     能  三  ち   °
 平  継  が └      な  の  道  受  だ  り  す  で  の      ` 百  は  長 
 等  が  列        い  だ  館  け   °  ` る  も  姿     体  年   ` い 
 の  れ  強         °  ° の  継  最  一  力  学  だ     術  も  た  安 
 政  て  に        そ  合  西  が  終  部  だ  問  と     を  の  だ  定 
 策  い  弾        の  気  郷  れ  的  の  っ  で  言     磨  時  い  の 
 に  っ  圧        奥  道  四  て  に  上  た  も  っ     き  間  た  時 
 よ  た  さ        の   ` 郎  い  は  士   ° な  て     続  を  ず  代 
 っ  よ  れ        深  柔  が  る   ` に  例  い  い     け  か  ら  に 
 て  う   `       さ  道  そ   ° 会  よ  え   ° い     て  け  に   `
  ` に  中        は  な  の  さ  津  っ  ば  サ   °    い  て  惰  闘 
 新   ` 国        計  ど  養  ら  戦  て   ` ム  上     た   ` 眠  う 
                    `                        └           

 て      ┐ ん     死  な   ┐    れ   ┐ 武  て   ┐ 新   ┐ 機  元  政 
 い  だ  も  な  何  ぬ  い  で  宇  ま  父  田  い  然  た  そ  を  か  府 
 た  が  は  少  と  と  の  す  喜  せ  は  は  る  り  に  う  迎  ら  に 
  °  ` や  年  言  き  で  か  多  ん  自  今   °  ° 少  か  え  捨  弾 
 荻  荻  時  だ  う  だ  す  ら  少  で  分   ` こ  だ  林   ` て  て  圧 
 生  生  間  と  運  と   °  ` 年  し  の  こ  の  が  寺  中  い  た  さ 
 が  観  が  は  命 └   父  僕  が  た  使  の  宇   ` 拳  国  る  の  れ 
 武  自  な   ° だ     は  は  言 └   命  少  喜  あ  法  武 └   だ  た 
 田  斎  い     ろ     黙  そ  っ     の  年  多  や  を  術      °  °
 の  に   °    う     っ  の  た     こ  の  く  つ  創  を     現  サ 
 防  し  逃      °    て  た   °    と  持  ん  の  出  ひ     代  ム 
 波  て  げ     留     い  っ        を  つ  は  野  し  と      ` ラ 
 堤   ` る     流     ろ  た        死  最  美  望  た  つ     留  イ 
 と  武  ん     最     と  ひ        期  高  前  は  宗  ず     流  が 
 し  田  だ     後      ` と        が  奥  藩   ` 某  つ     は  サ 
 て  烈 └      の     こ  つ        迫  義  留  魔  と  掘     見  ム 
 準  堂        奥     の  の        る  を  流  の  同  り     る  ラ 
 備  の        義     技  最        ま  求   ` エ  じ  起     影  イ 
 し  真        を     を  終        で  め  最  ネ  意  こ     も  で 
 て  の        守     伝  奥        僕  て  終  ル  図  し     な  あ 
 い  力        る     え  義        に  お  伝  ギ  な  て     く  る 
 た  を        の     る  し        教  る  承  |  の  体     消  こ 
 人  見        が     と  か        え  の  者  に  か  系     滅  と 
 数  誤         `    き  知        て  だ  だ  満  :  づ     の  を 
 が  っ        こ     は  ら        く └    ° ち  :  け     危  根 
  `                                       └    `         

 界  か  人     た      ┐ っ  い  か  血         ┐ く  え     す  予 
 の  の  が  穴   ° と  武  た  た   ° の  そ  気  し  気  た  鉄  ぎ  想 
 中  よ   ` を      ` 田   °  ° そ  臭  こ  が  ま  づ   ° 球  た  以 
 に  う  な  跨     そ  烈     定  の  い  に  抜  っ  い  荻  を  の  上 
 は  に  お  い     の  堂     岡  穴  だ  出  け  た  た  生  ぶ  だ  に 
  `  ` も  で     た  で     は  の  っ  来  た  :  が  は  つ   ° 役 
 十  四  武  道     だ  あ      ` 向  た  た  よ  :   `  ` け     に 
 数  方  田  場     な  る     ビ  こ   ° 巨  う └   す  道  る     立 
 人  に  に  の     ら └      デ  う  団  大  に     で  場  如     た 
 が  投  飛  青     ぬ        オ  側  子  な  呟     に  の  き     な 
 道  げ  び  畳     者        の  か  に  穴  い     遅  板  爆     か 
 場  捨  掛  に     は        男  ら  な  か  た     い  壁  裂     っ 
 の  て  っ  踏      `       が   ` っ  ら   °     ° が  音     た 
 点  ら  た  み     肝        そ  ぬ  た  異           粉  に     の 
 描  れ   ° 込     を        の  っ  人  様           砕   `    で 
 に  た  が  ん     震        ま  と  間  な           さ  三     あ 
 な   °  ` だ     わ        ま  野  が  臭           れ  人     る 
 っ  す  ま  と     す        這  獣  投  気           て  は      °
 て  で  る  き     よ        い  の  げ  が           い  何     い 
 横  に  で   `    う        出  よ  つ  漂           る  事     や 
 た   ` 手  後     な        し  う  け  っ           の  か      `
 わ  定  鞠  方     声        た  な  ら  て           に  と     武 
 っ  岡  を  か     で        か  姿  れ  い           い  う     田 
 て  の  扱  ら     言        と  が  た  る           ち  ろ     が 
 い  視  う  数     っ        思  覗  の   °          早  た     強 
                                                         

 ま   ┐  ┐  ┐ の     岡     崩  な  人            ┐ の      ┐ る 
 す  わ  今  奴  柔  道  は  生  し  お  間  満  と  無  警  ま  荻  逃   °
  ° か   ` は  道  場  脇  身   ` か  の  身  同  我  察  ま  生  げ  う 
 必  り  道  ?  着  か  目  が  も  つ  限  の  時  夢  へ  で  に  ろ  め 
 ず  ま  場 └   と  ら  も  何  ん  片  界  力  に  中  !  は  背   ° き 
 逃  し  で     す  廊  触  か  ど  足  を  を   ` で └   殺  中  私  声 
 げ  た  師     れ  下  れ  に  り  を  軽  集  荻  駆     さ  を  が  を 
 き   ` 範     違  を  ず  ぶ  う  絡  く  中  生  け     れ  押  時  あ 
 っ  最  と     っ  走  逃  つ  っ  め  超  し  の  出     る  さ  間  げ 
 て  後  :     た  り  げ  か  て  取  え  た  体  し      ° れ  を  る 
  ` は  :      °  ` た  る  二  ら  て  跳  が  た     定  て  稼  者 
 留  私 └         庭   ° 鈍  転  れ  い  び  宙   °    岡   ` ぐ  も 
 流  た           に     い   ` た  る  蹴  に        は  定 └   い 
 を  ち           抜     音  三   °  ` り  舞         ` 岡     な 
 守  が           け     を  転  荻  入  だ  っ        少  は     か 
 っ  な           る     背  し  生  り  っ  た        年  は     っ 
 て  ん           道     中  た  は  身  た   °       の  っ     た 
 く  と           で     に   ° 着  で  が           手  と      °
 だ  し            `    聞     地  側   `          を  我       
 さ  て           さ     き     に  面  相           慌  に       
 い  も           ら     な     バ  に  手           て  返       
└   食           に     が     ラ  交  の           て  っ       
    い           数     ら     ン  わ  動           掴  た       
    止           十      `    ス  さ  き           ん   °      
    め           人     定     を  れ  は           だ  こ       
                                `              °         

  ┐     ┐ う         ┐ の  の  に  の     岡   ┐    駈  に  壮    
 美  と  死  な  血  武  荻  か  中  奇  で  お  は  そ  し  け  前  な  荻 
 前   ` に  姿  の  田  生  と  に  妙  あ  そ  立  こ  か  た  方  笑  生 
 藩  武  た  だ  池  は  師  思   ` に  る  る  ち  ま  し   ° を  顔  の 
 留  田  く  っ  地  首  範  う  つ  折   ° お  す  で   ` 少  睨  だ  弟 
 流  は  な  た  獄  を  は  と  い  れ  さ  そ  く  だ  彼  年  む  っ  子 
 の  無  か   ° か  横  :  定  さ  曲  ら  る  ん └   ら  が  と  た  の 
 最  気  っ     ら  に  :  岡  っ  が  に  振  だ  と  は  引  広   ° ひ 
 終  味  た      ` 振 └   は  き  っ  後  り   ° い  門  き  大  定  と 
 奥  な  ら     今  っ     無  笑  た  方  返     う  ま  ず  な  岡  り 
 義  光   `    ま  て     性  顔  人  に  る     ど  で  ら  庭  は  だ 
 を  を  で     さ  に     に  で  間  は  と     す  た  れ  を  心  ろ 
 教  込  き     に  や     腹  応  が   `  `    黒  ど  る  門  の  う 
 え  め  る     這  り     が  答   ` 出  そ     い  り  よ  に  中   `
 ろ  た  こ     い  と     立  し  点  来  こ     声  着  う  向  で  屈 
  ° 目  と     上  笑     っ  た  々  の  に     に  け  に  か  手  強 
 い  で  は     が  っ     た  弟  と  悪  あ     背  な  そ  っ  を  な 
 つ  ふ  ひ     っ  た      ° 子  転  い  の     中  か  の  て  合  体 
 ま  た  と     て   °       の  が  木  男     を  っ  後   ` わ  に 
 で  り  つ     き           ひ  っ  偶  が     射  た  に  後  せ  似 
 も  を  だ     た           と  て  人  立     抜   ° 従  は  た  合 
 黙  睨 └      悪           り  い  形  っ     か     っ  ひ  が  わ 
 っ  ん        鬼           も  た  の  て     れ     た  た   ` な 
 て  だ        の           い   ° よ  い      `     ° す  す  い 
 い   °       よ           る  そ  う  た     定        ら  ぐ  悲 
                                                         

     ┐  ┐  ┐ も   ┐     ┐ あ  げ   ┐ た      ┐ な  に     前  る 
 と  な  武  た  す  そ  悪  何  な  る  ど   ° そ  わ  い  な  定  を  わ 
  ` い  士  や  ぐ  の  魔   ` た  と  う  定  の  か   ° る  岡  殺  け 
 聞 └   に  す  に  か  は  本  に  き  せ  岡  時  り     の  は  す  に 
 く     二  い  実  わ  う  当  教  は   ` は   ` ま     を   `└   は 
 が     言  こ  戦  り  れ  か  え   ` 黙  狼  宇  し     必  相     い 
 早     は  と  で   ` し  ?  ま  死  っ  狽  喜  た     死  手     か 
 い     な └   使  お  そ └   し  ぬ  て  し  多 └      に  の     ん 
 か     い     っ  願  う     ょ  と  い  た  少        堪  も     ぞ 
  `    で     て  い  に     う  き  て  が  年        え  つ      °
 少     す     も  が  言      ` だ  も   ` が        た  一     放 
 年     ね     ら  あ  っ     最  と  死  少   `        ° 種     っ 
 は    └      い  り  た     終  さ  ぬ  年  定        が  の     て 
 懐           た  ま   °    奥  れ  ん  の  岡         ` 風     お 
 か           い  す        義  て  だ  声  の        ど  圧     い 
 ら            `  °       を  い   ° は  横        う  に     て 
 短           い  伝       └   る  こ  と  を        し  腰     も 
 刀           い  授            ° の  て  す        て  か     俺 
 を           で  し           わ  奥  も  り        い  ら     の 
 取           す  た           か  義  冷  抜        い  崩     三 
 り           か  技           り  を  静  け        の  れ     年 
 出          └   を           ま  相  だ  て        か  落     殺 
 し              あ           し  手  っ  前        わ  ち     し 
  `             な           た  に  た  に        か  そ     が 
 後              た            ` 告   ° 出        ら  う     お 
                                                         

                                   ┐ し        り   ┐    方 
                                  武  た  少  そ   ` 最  武  に 
                                  士   ° 年  れ  サ  終  田  宙 
                                  に     は  は  ム  奥  は  返 
                                  二      `  ` ラ  義  肝  り 
                                  言     パ  様  イ  と  を  し 
                                  は     フ  式  な  は  抜  な 
                                  な     ォ  美  ら   ` か  が 
                                  い     |  を  当  切  れ  ら 
                                  で     マ  極  然  腹  た  そ 
                                  す     ン  め   ` 術  よ  れ 
                                  よ     ス  尽  行  で  う  を 
                                  ね     を  く  き  す  に  自 
                                  :     続  し  着   ° 口  ら 
                                  :     け  た  く  士  を  の 
                                 └      な  切  と  と  あ  腹 
                                        が  腹  こ  は  ん  に 
                                        ら  方  ろ  死  ぐ  突 
                                         ` 法 └   ぬ  り  き 
                                        さ  だ     事  と  刺 
                                        ら  っ     と  開  し 
                                        に  た     見  け  た 
                                        問   °    つ  た   °
                                        い        け   °   
                                        質        た       
                                                         
[エントリー作品一覧へ戻る]