┐ に  分  高  顔        雨      ┐ 剖  の  合  が      ┐         
 青  横  け  い  な  司     が  急  す  に  は  い  法  電  河         ┐
 木  た  し  男  じ  法     降  い  ぐ  違  珍  に  医  話  北        冷 
 善  わ   ` が  み  解     っ  で  に  い  し  な  学  は  先        た 
 太  っ  ダ  浮  の  剖     て  身  参  な  い  る  に  浮  生        い 
 郎  て  |  島  捜  室     い  支  り  い  こ   ° 携  島   `       雨 
  ` い  ク  警  査  に     た  度  ま   ° と  し  わ  警  お       └  
 五  る  ス  視  員  は      ° を  す     だ  か  る  視  休          
 二  裸  |  だ  も  す        し └      っ  し  よ  か  み          
 歳  の  ツ  っ  何  で        て        た   ` う  ら  の          
  ° 死  を  た  人  に        家         ° 日  に  だ  と          
 大  体  き   ° か  警        を        き  曜  な  っ  こ          
 手  は  ち  少  い  察        出        っ  日  っ  た  ろ          
 商  中  ん  し  る  関        る        と  の  て   ° を          
 社  年  と  白   ° 係        と        や  早  か  刑  申          
 の  の  着  髪  そ  者         `       や  朝  ら  事  し          
 営  男  て  の  の  が        鉛        こ   ` も  調  訳          
 業  だ  い  交  中  勢        色        し  自  う  査  あ          
 主  っ  る  じ  で  揃        の        い  宅  十  官  り          
 任  た   ° っ  ひ  い        空        事  に  年  の  ま          
 で   ° 解  た  と  し        か        件  電  以  彼  せ          
 す     剖  頭  き  て        ら        の  話  上  と  ん          
 が     台  を  わ  い        冷        司  が  の  は └           
  `    の  七  背  た        た        法  来  つ   `            
 休     上  三  の   °       い        解  る  き  私             
                                                         

 午   ┐    手  黒  係  合  か  え  候     そ  そ  調  い  を        職 
 前  青     を  の  だ  も  な  を   ` 人  の  う  べ   ° 聞  解     中 
 三  木     照  海  っ  あ  擦  導  た  体  死  し   ` 司  か  剖     で 
 時  善     ら  に  た  れ  過  く  と  は  に  て  メ  法  な  前     し 
 で  太     す  漕  り  ば  傷  と  え  広  至   ` ス  解  い  に     た 
 す  郎     松  ぎ  も   ` が  は  ば  く  っ  目  や  剖  医  予    └  
└   の     明  出  す  ひ  巧  限  顔  て  た  の  鋸  の  師  見       
    妻     は  す  る  ど  妙  ら  色  深  の  前  で  目  も  を       
     `    多  船   ° く  に  な  や  く  か  の  そ  的  い  持       
    洋     い  乗  黙  大  隠  い  傷  て  を  物  の  は  る  つ       
    子     に  り  し  き  さ   ° の  謎  探  言  体  死  と  べ       
    か     越  の  て  な  れ  注  破  め  り  わ  を  因  聞  き       
    ら     し  心  語  裂  た  意  れ  い  出  ぬ  切  の  く  で       
    救     た  境  ら  傷  事  し  具  て  す  死  り  究   ° は       
    急     こ  を  な  が  件  な  合  い  の  体  刻  明  し  な       
    車     と  思  い  事  の  い  な  る  で  の  ん  で  か  い       
    の     は  う  死  件  真  と  ど   ° あ  持  で  あ  し  と       
    要     な  こ  体  と  相  気  が  表  る  ち  異  る  私  し       
    請     い  と  を  は  を  づ  必  面   ° 主  状   ° は  て       
    が      ° が  前  ま  告  か  ず  上     が  を  死  そ   `      
    あ        あ  に  っ  げ  な  ひ  に     い  点  体  う  警       
    っ        る   ` た  て  い  と  現     か  検  の  は  察       
    た         ° 私  く  い  さ  つ  れ     に  す  外  思  の       
    の        行  は  無  る  さ  の  る     し  る  傷  わ  説       
    が        く  暗  関  場  や  答  兆     て   ° を  な  明       
     `                                                   

 り   ┐  ┐ う  見            ┐ い      ┐ す     ノ  木   ┐ け    
 事  そ  自  に  開  頬  私  青  ホ   ° し  自  と  死  ブ  を  駆  た  浮 
 情  う  殺  開  い  が  は  木  ト     か  殺  下  体  に  確  け   ° 島 
 を  で  に  い  た  げ  ぎ  善  ケ     し  で  に  の  ネ  認  つ     警 
 調  し  し  て  目  っ  く  太  の      ` す  青  首  ク  し  け     視 
 べ  ょ  て  い  が  そ  り  郎  顔     警  か  黒  筋  タ  ま  た     は 
 ま  う  は  た  私  り  と  の  色     察 └   い  に  イ  し  救     手 
 し  ?  壮   ° を  と  な  顔  を     は     線  包  を  た  急     元 
 た     絶  顔  睨  こ  っ  :  見     単     状  帯  巻   ° 隊     の 
 ら  ち  な  全  ん  け  た  :  て     純     の  が  き  そ  員     ク 
  ` ょ  顔  体  で   `  °  ° く     な     鬱  残  付  の  は     リ 
 ど  っ  で  も  い  眼        だ     自     血  っ  け  と   `    ッ 
 う  と  す  青  る  窩        さ     殺     が  て   ` き  自     プ 
 も  様  ね  黒   ° も        い     死     認  お  青  の  宅     ボ 
 ホ  子 └   く  薄  く       └      体     め  り  木  状  の     | 
 ト  が     変  い  ぼ              を     ら   ` は  況  寝     ド 
 ケ  お     色  唇  み              司     れ  そ  首  で  室     に 
 は  か     し  が   `             法     た  の  吊  す  で     視 
 殺  し     て  斜  そ              解      ° 包  り  が  死     線 
 さ  い     い  め  の              剖        帯  状   ` 亡     を 
 れ  と     る  に  奥              に        を  態  寝  し     落 
 た  ひ      ° 捻  で              は        少  で  室  て     と 
 ら  と        れ  大              回        し  し  の  い     し 
 し  と        る  き              さ        ず  た  ド  る     て 
 い  お        よ  く              な        ら └   ア  青     続 
                                                         

 で  の  す  の  と  十   ┐       犯  生  殺  た   ┐  ┐ い   ┐  ┐ と 
  ` 洋   ° 高  四  年  青     浮  人  に  人  と  そ  共  う  え  ら  分 
 青  子  昨  か  人  に  木     島  な  は  と  捜  う  犯  犯  え  し  か 
 木  が  年  っ  暮  な  善     警  の  ホ  は  査  で  で  人   ` い  り 
 は  近  暮  た  ら  る  太     視  か  ト  呼  員  は  す  が  ち  ?  ま 
 洋  所  れ  彼  し  妻  郎     は   ` ケ  べ  に  な  か  三  ょ └   し 
 子  の  に  な  で  の  は     ク  教  の  な  告  い  ?  人  っ     た 
 だ  交  D  の  し  洋  七     リ  え  死  い  げ  の └   も  と    └  
 け  番  V  で  た  子  四     ッ  て  因  の  て  で     名  奇       
 で  に  事  す   °  ` 歳     プ  い  を  で  い  す     乗  妙       
 は  駆  件  が  会  そ  に     ボ  た  判  す  ま   °    り  な       
 な  け   `  ` 社  れ  な     |  だ  定  が  す  三     出  状       
 く  込  つ  家  で  に  る     ド  き  し   `  ° 人     て  況       
  ` ん  ま  庭  は  ひ  父     の  た  て  そ  そ  が     ま  で       
 父  だ  り  で  ヤ  と  親     書  い  い  れ  の  三     し  し       
 親  の  家  は  リ  り  の     類  の  た  は  内  人     て  て       
 や  で  庭  問  手  息  源     を  で  だ  そ  の   `   └    `      
 息  す  内  題  の  子  太     め  す  い  れ  ひ  別        私       
 子   ° 暴  を  営  の  郎     く └   て  と  と  々        が       
 に  そ  力  起  業  高   `    っ      ` し  り  な        殺       
 も  の  騒  こ  マ  校  結     て     ど  て  は  方        し       
 暴  時  ぎ  し  ン  生  婚     続     い   ` 正  法        ま       
 力  の  で  て  と   ` し     け     つ  河  確  で        し       
 を  記   ` い  評  修  て     た     が  北  に  殺        た       
 振  録  妻  ま  価  太  二      °    真  先  は  し        と       
                                                         

    葉     ム     青  時            ┐ 絞   ┐ ひ   ┐ す  い  そ  る 
 後  を  黒   ° |  木  と  司     浮  撲  め  は  ょ  す └   い  れ  っ 
 頭  飲  色  ま  |  善  担  法     島  殺  て  い  っ  る     ま  以  て 
 部  み  の  ず  男  太  当  解     警   ` 殺   ° と  と     す  降  い 
 の  込  髪  頭  性  郎  医  剖     視  絞  し  息  し   `    か  も  た 
 髪  ん   ` 部  屍  の  と  は     で  殺  た  子  て  殺     ら  今  こ 
 の  だ  外  :   ` 死  し  外     は   `  ` は  そ  し      ` 年  と 
 毛   ° 観  :  身  体  て  検     な  そ  父  鉄  の  た     D  の  が 
 が     特   ° 長  と  自  と     い  れ  親  パ  家  と     V  夏  分 
 黒     に     百  向  分  呼     が  に  は  イ  族  名     は  頃  か 
 く     異     七  き  の  ば      ` 毒  毒  プ  三  乗     収  ま  っ 
 固     常     二  合  姓  れ     私  殺  を  で  人  っ     ま  で  て 
 ま     な     セ  っ  名  る     は  で  飲  殴  で  て     っ  は  い 
 っ     し     ン  た  を  外     奇  す  ま  り  す  い     た  青  ま 
 て     と     チ   ° 記  観     妙  か  せ  殺  か  る     わ  木  す 
 い     記      `    録  の     な └   た  し └   犯     け  の   °
 た     録     体     し  検     気     と  た     人     で  罵  近 
  °    し     重     て  査     分     主  と     三     は  声  所 
 左     か     は     か  か     に     張  言     人     な  を  の 
 後     け     七     ら  ら     な     し  い     と     か  よ  聞 
 頭     て     四      ` 始     っ     て   `    い     っ  く  き 
 部      `    キ     い  ま     た     い  妻     う     た  聞  込 
  `    私     ロ     よ  る      °    ま  は     の     よ  い  み 
 耳     は     グ     い   °          す  首     は     う  た  で 
 の     言     ラ     よ  日          └   を      `    で  と  は 
                                                        `

 と  留        は  す  轟  び   ┐    思  修  鉄   ┐     ┐ 露  傷  後 
 い  ま  頭  私  バ   ° 音  回  修  浮  わ  太  パ  直  私  凶  出  口  ろ 
 う  っ  蓋  は  イ  そ  を  っ  太  島  れ  の  イ  径  の  器  し  は  あ 
 こ  て  骨  傷  ク  れ  響  て  は  警  る  部  プ  三  問  は  て  円  た 
 と  い  に  口  で  か  か  い  高  視  血  屋  で  二  い  分  い  弧  り 
 で  る  骨  を  飛  ら  せ  た  校  が  痕  に  す  ミ  に  か  る  状  ま 
 あ   ° 折  開  び  修  て  よ  へ  補  が  あ   ° リ  は  っ   ° に  で 
 れ  傷  は  い  出  太  帰  う  は  足  つ  り  バ   ` 鑑  て     後  頭 
 ば  口  見  て  し  の  宅  で  行  す  い  ま  イ  長  識  い     頭  皮 
  ` の  当  み  て  怒  し  す  か  る  て  し  ク  さ  捜  る     部  が 
 後  開  た  た  い  鳴  た   ° ず   ° い  た  改  五  査  の     へ  裂 
 方  き  ら   ° っ  り  の  今  深     ま   ° 造  二  員  で     と  け 
 か  具  な     た  声  を  朝  夜     す  修  用  〇  が  す     回  て 
 ら  合  か     と  が   ` も  ま    └   太  の  ミ  答  か     り   `
 斜  か  っ     言  聞  近  午  で        の  部  リ  え  ?     込  相 
 め  ら  た     い  こ  所  前  バ        指  品  の  た └      ん  当 
 に   `  °    ま  え  の  一  イ        紋  ら  ク   °       で  の 
 振  鉄  傷     す  て  大  時  ク        と  し  ロ            ` 出 
 り  パ  は    └    ` 学  前  を        被  い  ム           一  血 
 下  イ  表        す  生  後  乗        害  の  メ           部  が 
 ろ  プ  皮        ぐ  が  に  り        者  で  ッ            ` 見 
 し  を  の        に  見  バ  回        の  す  キ           頭  ら 
 た  使  剥        ま  て  イ  し        も  が  さ           蓋  れ 
 と  っ  離        た  い  ク  て        の  青  れ           骨  る 
 考  た  に        彼  ま  の  遊        と  木  た           が   °
                                                         

 ュ  か   ┐ す   ┐ 挿  も  喉   ┐ と   ┐ て  め  し  に           え 
 |   ` か  か  大  入  の  ガ  そ  言  咽  喉  に  た  気  首  外     ら 
 ブ  D  な └   手  し  は  ン  う  わ  喉  を  あ  の  に  筋  検     れ 
 が  V  り     商  な  成  が  で  れ  部  覗  っ  で  な  に  は     た 
  ` も  の     社  け  功  見  す  ま  を  い  た  は  る  巻  顔      °
 妻  ひ  シ     マ  れ  だ  つ   ° し  切  て  と  な  も  い  か       
 の  ど  ョ     ン  ば  っ  か  青  た  除  み  思  く  の  て  ら       
 洋  く  ッ     が  な  た  り  木  ね  し  る  わ   ` が  あ  頚       
 子  な  ク      ` ら  よ   ` 善 └   た   ° れ  こ  出  っ  部       
 に  っ  だ     声  な  う  す  太     痕     た  の  て  た  に       
 自  た  っ     を  か  で  ぐ  郎     跡      ° 白  き  包  移       
 分  よ  た     出  っ  す  に  は     が     気  い  た  帯  っ       
 が  う  の     せ  た  が  手  3     認     管  樹  か  を  て       
 殺  で  で     な  よ   ` 術  ヶ     め     チ  脂  ら  取   `      
 し  す  し     く  う  そ  を  月     ら     ュ  チ  だ  り  ま       
 た   ° ょ     な  で  の  し  ほ     れ     |  ュ   ° 外  た       
 と  そ  う     っ  す  時  て  ど     ま     ブ  |  包  す  頓       
 言  し   °    て └   に  い  前     す     だ  ブ  帯  と  挫       
 わ  て  そ     し     気  ま  に      °    っ  保  は   ` し       
 せ   ` の     ま     管  す  社     確     た  護  索  索  た       
 て  そ  鬱     っ     チ   ° 内     か      ° と  状  状   °      
 い  の  憤     た     ュ  手  検      `    口  固  痕  鬱          
 る  気  晴     わ     |  術  診     休     を  定  を  血          
 理  管  ら     け     ブ  そ  で     職     開  の  手  の          
 由  チ  し     で     を  の  咽     中     け  た  当  他          
                                                         

 ブ  ュ  後  も  ば  夫   ┐  ┐ 洋  ほ  っ  き  様  半  た   ┐ た     で 
 で  |  だ  の   ` が  え  笑  子  ん  か  あ  子  頃  夫  洋   ° そ  も 
 息  ブ  っ  だ  首  狂  え  っ  は  の  け  が  を   ` に  子     う  あ 
 が  よ  た  と  が  言   ° た  声  一  る  り  見  そ  呼  は     言  る 
 出  り  の  彼  絞  自  笑  ?  を  瞬  と   ` に  の  び  捜     う  の 
 来  も  で  女  ま  殺  っ └   出  の  上  首  ゆ  呼  鈴  査     と  で 
 る  上  気  は  っ  を  て     し  出  体  に  き  び  を  員      ` す 
 は  に  管  思  て  し  し     て  来  を  ネ  ま  鈴  持  に     浮 └  
 ず  あ  チ  っ  呼  て  ま     笑  事  前  ク  し  が  た  こ     島    
 だ  っ  ュ  て  吸  い  っ     っ  だ  に  タ  た  鳴  せ  う     警    
  ° た  |  い  が  る  た     て  っ  投  イ   ° り  て  話     視    
 窒  か  ブ  た  出  と  と     し  た  げ  を  す  止  い  し     は    
 息  ら  を   ° 来  思  言     ま  そ  出  巻  る  ま  た  て     ク    
 す   ` 刺  と  な  っ  う     っ  う  し  い  と  な  と  い     リ    
 る  首  し  こ  く  た  の     た  で  た  て   ` い  い  ま     ッ    
 こ  を  て  ろ  な  の  で    └   す   ° ド  彼  の  う  す     プ    
 と  吊  い  が  っ  で  す         ° 首  ア  女  で  の   °    ボ    
 は  っ  た  夫  て  す  よ        そ  吊  ノ  の  彼  で  声     |    
 な  て   ° は  死   °  °       し  り  ブ  目  女  す  が     ド    
 い  も  ネ  咽  ぬ  首  彼        て  状  に  の  は  が  出     に    
  ° 夫  ク  喉   ° 吊  女        そ  態  そ  前  夫   ` せ     目    
 つ  は  タ  ガ  そ  り  は        れ  で  の  で  の  午  な     を    
 ま  チ  イ  ン  う  を  自        を  す  先  夫  寝  前  く     落    
 り  ュ  は  の  い  す  分        見  ね  を  が  室  二  な     と    
  ` |  チ  術  う  れ  の        て   ° 引  起  に  時  っ     し    
                             `                           

  ┐    死   ┐ の  く  彼  話  子   ┐ で  激   ┐ 息  気      ┐ 思  自 
 洋  浮   ` で  に  動  女  し  は  そ  す  な  首  死  分  首  そ  い  分 
 子  島  つ  も   ° 揺  は  た  よ  の  ね  心  吊  に  に  吊  れ  こ  の 
 の  警  ま   ` 夫  し  死  と  う  よ └   停  り  は  な  り  は  ん  夫 
 言  視  り  そ  は  て  ん  言  や  う     止  が  至  っ  を  ひ  だ  は 
 う  が  自  の  自  い  で  っ  く  で     を   ` ら  た  す  ど  の  自 
 と  頷  殺  と  分  ま  ゆ  て  事  す     引  紐  な   ° る  い  で  分 
 お  く  に  お  が  す  く  ま  の   °    き  の  い  誤  夫 └   す  へ 
 り   ° な  り  殺   ° 夫  す  重  実     起  掛  の  解  を    └   の 
 だ     る  で  し  そ  を   ° 大  際     こ  け  で  さ  笑        当 
 と     ん  あ  た  う  自  結  さ  に     す  方  あ  れ  う        て 
 す     で  れ  も  と  分  局  に  息     こ  に  る  や  妻        つ 
 る     し  ば  同  知  が   ` 気  を     と  よ   ° す   °       け 
 と     ょ   ` 然  っ  笑  夫  づ  し     を  っ     い  そ        で 
 そ     う  殺  だ  て  っ  は  き  な      ` て     が  の        狂 
 う     ?  人  と  い  て  死   ` く     彼  は      ` 光        言 
 で    └   事  萎  れ  見  亡  慌  な     女  頸     首  景        自 
 す        件  れ  ば  て  と  て  っ     は  動     吊  を        殺 
  °       と  て   ` い  判  て  た     知  脈     り  思        を 
 た        い  い  絶  た  定  一  夫     ら  を     は  う        演 
 だ        う  ま  対  こ  さ  一  を     な  圧     必  と        じ 
  `       よ  し  に  と  れ  九  見     か  迫     ず  暗        て 
 彼        り  た  止  に  ま  番  て     っ  し     し  澹        い 
 女        も └   め  ひ  し  に   `    た  て     も  た        る 
 の        縊     た  ど  た  電  洋     の  急     窒  る        と 
                       °                                 

 さ     そ     め     や     も  と     た        少  黒     接  心 
 ら  次  の  息  ら  |  脳  頭  外  い  胸   ° 残     な  い  今  の  情 
 に  に  こ  子  れ  |  の  皮  検  う  か     り     い  顔  の  死  的 
 胸   ` と  の  ず  脳  損  を  同  私  ら     の     の  の  と  因  な 
 の  首  を  鉄   ° 硬  傷  開  様  の  腹     外     だ  充  こ  で  部 
 上  の  浮  パ     膜  を  き   ` コ   `    検     が  血  ろ  あ  分 
 で  真  島  イ     は  調  頭  頭  メ  生     は     :  が   ` れ  は 
 両  下  警  プ     淡  べ  蓋  部  ン  殖     特     :  頸  そ  ば  理 
 側  か  視  に     い  る  骨  か  ト  器     記      ° 動  の   ` 解 
 に  ら  に  よ     ベ  の  上  ら  が   `    す        脈  可  で  で 
 T  下  告  る     |  で  半  始  記  足     べ        閉  能  す  き 
 の  腹  げ  損     ジ  あ  分  ま  録   `    き        鎖  性  が  ま 
 字  部  る  傷     ュ  る  を  る  さ  腕     事        に  は └   す 
 に  ま   ° は     色   ° 電   ° れ   `    も        よ  高      °
 な  で     表     で     気      ` 手     な        っ  い     も 
 る  一     皮     尋     鋸     内   `    く        て  と     し 
 よ  直     の     常     で     検  背      `       も  私      `
 う  線     傷      `    切     へ  中     ス        た  は     そ 
 に  に     に     血     り     と   `    ム        ら  思     れ 
 切  メ     留     管      `    移  尻     |        さ  う     が 
 り  ス     ま     の     頭     っ   `    ズ        れ   °    ホ 
 開  を     っ     出     蓋     た  と     に        る  た     ト 
 き  入     て     血     内      °  ┐    進        こ  だ     ケ 
  ` れ     い     も     出     内  尋     行        と   `    の 
 肋   `    た     認     血     検  常     し        は  赤     直 
           °                  └                          

  ┐ ス      ┐ に      ┐ 白      ┐ た      ┐ 内        所  量  骨 
 父  に  ポ  同  見  鑑  ホ  い  青  な   ° 空  お  容  続  |  見  を  を 
 親  な  |  じ  せ  識  ト  方  と  ん  私  っ  や  物  け  |  を  測  数 
 の  っ  カ  モ  た  捜  ケ  が  白  で  の  ぽ  ?  を  て  肝  記  定  本 
 青  た  |  ノ   ° 査  が  一  の  す  声  の └   点   ` 臓  録  し  切 
 木   ° フ  で  取  員  常  部  ツ  か  で  胃     検  薬  は  す   ` 断 
 源     ェ  す  り  が  用  黒  |  ?  浮  の     し  物  や  る  さ  し 
 太     |  ね  出  ビ  し  く  ト └   島  中     た  の  や   ° ら  た 
 郎     ス   ° し  ニ  て  濁  ン     警  に      ° 検  黄     に   °
 が     の  こ  た  |  い  っ  を     視  小        査  色     病  心 
  `    浮  れ  錠  ル  た  て  し     が  さ        用  味     理  臓 
 趣     島  が  剤  パ  睡  い  た     の  な        に  が     検   `
 味     警  毒  と  ケ  眠  る  未     ぞ  粒        尿  か     査  肺 
 の     視  殺  較  ッ  薬   ° 消     き  状        を  り     用   `
 庭     の  に  べ  ト  で     化     込  の        採  :     に  肝 
 い     眉  使  る  に  は     の     む  も        取  :     試  臓 
 じ     が  わ   ° 入  な     カ      ° の        し   °    料  な 
 り     微  れ     っ  い     プ        が         `       を  ど 
 で     妙  た     た  で     セ        ひ        胃        切  を 
 使     に  の     ガ  し     ル        と        は        り  取 
 う     ア  で     ラ  ょ     錠        つ        切        取  り 
 農     ン  す     ス  う     だ        見        り        り  出 
 薬     バ  か     瓶  か     っ        つ        開        な  し 
 を     ラ └      を └      た        か        い        が   `
  `    ン        私         °       っ        て        ら  重 
                                            `        `   

 太   ┐ 消  い   ┐ っ  く  で  が      ┐        ┐ 毒   ┐ し  死  息 
 郎  と  化  う  私  た  に  あ  声  解  ど     浮  ふ  殺  胃  か  ん  子 
 は  い  吸  の  も   ° な  る  を  剖  う     島  |  は  壁  も  だ  の 
 死  う  収  は  そ     っ   ° か  を  も     警  む  ム  は   ` 方  睡 
 亡  こ  さ  胃  の     て  事  け  終   `    視 └   リ  尋  こ  が  眠 
 し  と  れ  の  事     い  務  て  え  あ     は     で  常  れ  マ  薬 
 た  は  ま  中  を     た  の  き   ` の     顎     し  で  全  シ  に 
  °  ` す  に  考     が  女  た  手  未     に     ょ  す  然  だ  注 
 そ  睡 └   入  え      ` 性   ° を  消     手     う  し  溶  と  入 
 う  眠     っ  て     そ  が  こ  洗  化     を    └    ` け   ° し 
 な  薬     て  い     れ  お  こ  っ  の     当        毒  て  た  た 
 り  を      ` ま     が  茶  で  て  カ     て        が  い  だ  よ 
 ま  飲     だ  し     今  を  解  会  プ     黙        こ  ま  し  う 
 す  ん     い  た     日  配  剖  議  セ     り        れ  せ   ` で 
 か  で     た   °    初  っ  所  室  ル     込        一  ん  細  す 
  ° か     い  一     め  て  見  に  が     ん        錠  ね  工   °
 覚  ら     一  般     て  く  の  入  気     で        だ  え  し  あ 
 悟  一     分  的     口  れ  質  っ  に     し        け └   た  ん 
 の  分     も  に     に  る  疑  た  な     ま        だ     の  な 
 自  以     す  カ     す   ° 応  私  る     っ        と     は  出 
 殺  内     れ  プ     る  も  答  に  の     た        未     一  来 
 を  に     ば  セ     飲  う  を  浮  で      °       消     個  損 
 し  青     溶  ル     み   ` 行  島  す              化     だ  な 
 よ  木     け  錠     物  昼  う  警  が              で     け  い 
 う  善     て  と     だ  近  の  視 └                `    で  は 
                                                     `   

 っ  を  も  持  て  て        き     と   ┐ い  し   ┐ 問     で  と 
 か  ド  う  ち  い   ` 寝     た  浮  か  す  は  か  頭  を  浮  し  い 
 け  ア  ろ  出  る  女  付      ° 島  な  る  意  し  部  付  島  ょ  う 
 る  の  う  し   ° が  け        警 └   と  識   ` の  け  警  う  男 
  ° と  と  た  男  睡  な        視      ` を  受  傷  加  視  か  が 
 男  こ  な  鉄  が  眠  い        の     事  一  傷  は  え  の  ね  そ 
 の  ろ  る  パ  睡  薬  男        独     件  時  時  内  る  発 └   の 
 足  ま   ° イ  眠  を  が        り     の  的  に  出   ° 言     一 
 を  で  女  プ  薬  運  深        言     順  に  は  血     に     分 
 女  引  は  で  を  ぶ  夜        で     番  失  相  も     会     前 
 は  き  男  女  飲   °  `        `    を  っ  当  な     議     に 
 渾  ず  の  は  み  女  呼        私     入  た  の  く     室     睡 
 身  り  首  男  か  は  び        に     れ  か  痛  致     が     眠 
 の   ` に  を  け  炊  鈴        は     替  も  み  命     ざ     薬 
 力  ド  ネ  殴  た  事  を        ひ     え  し  は  傷     わ     を 
 を  ア  ク  る  と  用  鳴        と     る  れ  あ  に     め     飲 
 込  ノ  タ   ° き  の  ら        つ     必  ま  っ  は     い     む 
 め  ブ  イ  男   ` ビ  す        の     要  せ  た  な     た     な 
 て  に  を  は  息  ニ   °       情     が  ん  は  っ      °    ん 
 引  ネ  巻  激  子  |  言        景     あ └   ず  て     私     て 
 っ  ク  き  痛  の  ル  い        が     る     で  い     が     事 
 張  タ  付  に  部  手  つ        浮     と     す  ま     さ     が 
 る  イ  け  意  屋  袋  け        か     い      ° せ     ら     あ 
  ° を   ` 識  か  を  ら        ん     う     あ  ん     に     る 
 首  引  男  が  ら  し  れ        で     こ     る   °    疑     の 
                                                         

             に        ろ  罪  の  の  に     を  閉   ┐    充  吊 
             変  会     う  を  鉄  こ  署  立  調  鎖  青     血  り 
             わ  議     か  い  パ  と  名  ち  べ  と  木     す  状 
             っ  室      ° ち  イ  を  し  上  る  い  洋     る  態 
             て  の        早  プ  思  な  が  こ  う  子     顔  に 
             い  小        く  を  っ  が  っ  と  よ  を      ° な 
             た  さ        見  見  た  ら  て └   う  任     口  っ 
              ° な        抜  た   °  ` 指     な  意     を  た 
                窓        き  の  バ  私  示     医  で     開  男 
                 °        ` だ  イ  は  を     療  事     き  が 
                外        そ  ろ  ク  殺  飛     知  情      `  `
                の        の  う  で  人  ば     識  聴     出  途 
                冷        身  か  飛  を  す     を  取     せ  中 
                た        代   ° び  告  浮     持   °    な  で 
                い        わ  付  出  白  島     っ  そ     い  気 
                雨        り  い  し  し  警     て  れ     声  づ 
                は        に  た  た  た  視     い  か     を  い 
                 `       な  血  彼  と   °    た  ら     振  て 
                い        ろ  痕  は  い  彼     か   `    り  も 
                つ        う  か   ` う  に     ど  彼     絞  が 
                の        と  ら  戻  息  渡     う  女     る  く 
                間        し  母  っ  子  す     か  が     :   °
                に        た  親  て  の  鑑      ` 頸     :  赤 
                か        の  の  自  修  定     職  動      ° 黒 
                雪        だ  犯  室  太  書     歴  脈        く 
                                                         
[エントリー作品一覧へ戻る]