癖      伸  母     さ         ま  ギ      は     た              
 伸  の  紀  明  紀  和  な  中     せ  は  そ  ち  も   ° 小         ┐
 明  様  子  は  子  雄  町  居     て   ` し  ゃ  ち     さ        沈 
 自  に  は  所  も  が  工  伸     じ  い  て  ん  ろ     い        黙 
 身  言  日  謂  近  東  場  明     っ  つ  僕  と  ん     頃        す 
 も  っ  頃  か  く  京  が  が     と  も  は  理  今      `       る 
 幼  て   ` ぎ  の  の  倒  小     僕  何  よ  解  で     ウ        ウ 
 心  い  伸  っ  ス  タ  産  学     を  か  く  出  は     サ        サ 
 に  た  明  子  |  ク  し  校     見  を  白  来   `    ギ        ギ 
 両   ° に  に  パ  シ  た  二     つ  告  い  る  白     の       └  
 親     対  な  |  |   ° 年     め  白  ウ   ° い     目          
 の     し  っ  で  会     の     て  し  サ     ウ     は          
 苦     て  た  パ  社     時     い  た  ギ     サ     み          
 労        ° |  に      `    る  そ  の     ギ     ん          
 を     ち     ト  住     父     の  う  夢     の     な          
 感     ゃ     の  み     和     だ  に  を     目     赤          
 じ     ん     仕  込     雄     っ   ` 見     だ     い          
 て     と     事  み     が     た  真  る     け     も          
 い     し     を  で     経      ° っ   °    が     の          
 た     な     始  働     営        赤  そ     赤     だ          
 の     さ     め  く     し        な  の     い     と          
 で     い     た  事     て        目  白     と     思          
  `         の  に     い        を  い     い     っ          
 い     と     で  な     た        潤  ウ     う     て          
 つ     口      ` り     小        る  サ     の     い          
                 `                                       

 校  あ      さ  は     気  て  で      年  っ      が  て         の  も 
 で  る  あ  れ  同  お  が  い   ` 伸  生  た  紀  先  来  ち  丁  だ  叱 
 飼  仕  る  る  時  か  和  た  母  明  に  が  子  走  て  ゃ  度  っ  ら 
 っ  事  日  原  に  げ  や   ° が  は  進   ` は  っ  思  ん  そ  た  れ 
 て  を   ` 因   ` で  か  テ  パ  皆  級  明  か  て  っ  と  の   ° な 
 い  任  担  に  伸  成  に  ス  |  か  し  確  な  言  て  話  頃     い 
 る  す  任  も  明  績  な  ト  ト  ら  て  な  り  葉  い  を  か     様 
 ラ  事  の  な  が  は  っ  の  か  苛  い  治  落  が  る  し  ら     に 
 ラ  を  藍  っ  他  い  た  成  ら  め  っ  療  胆  空  通  よ   `    し 
 と  ホ  川  て  の  つ  か  績  帰  ら  た  方  し  回  り  う  伸     な 
 ル  |  先  い  子  も  ら  が  る  れ   ° 法  た  り  に  と  明     く 
 ル  ム  生  た  供  学  だ  良  ま  一     も   ° し  言  す  の     ち 
 と  ル  が   ° 達  年   ° い  で  緒     見  何  て  葉  れ  吃     ゃ 
 い  |  い     か  で     と  ひ  に     つ  度  し  が  ば  り     と 
 う  ム  つ     ら  一      ` た  遊     か  か  ま  出  す  癖     自 
 二  で  も     ま  番     束  す  ぶ     ら  伸  う  て  る  が     分 
 羽  提  ひ     す  だ     の  ら  友     な  明   ° こ  程  始     に 
 の  案  と     ま  っ     間  ひ  達     い  を     な   ` ま     言 
 ウ  し  り     す  た     で  と  も     ま  病     い  顔  っ     い 
 サ  た  で     疎  も     も  り  い     ま  院      ° 中  た     聞 
 ギ   ° い     ま  の     母  で  な      ` に     気  が   °    か 
 の  そ  る     れ  の     を  勉  か     伸  連     持  熱        せ 
 飼  れ  伸      `  `    包  強  っ     明  れ     ち  く        て 
 育  が  明     無  そ     む  を  た     は  て     だ  な        い 
 係  学  に     視  れ     空  し  の     五  行     け  っ        た 
        `                                                

 進     て  反      進  ら  紹       ┐ 家  の      で  が  の      で  だ 
 の  ど  い  対  休  の  の  介  い  し  が  秋  柴  も  あ  で  当  餌  っ 
 視  こ  る  側  み  垢  転  を  か  ば  あ  か  崎  伸  っ   ` の  を  た 
 線  の  の  の  時  抜  校  す  に  さ  る  ら  進  明  た  た  伸  や   °
 が  ク  が  席  間  け  生  る  も  き  静  冬  が  に   ° び  明  っ  伸 
 ふ  ラ  や  に  に  た  と  と   ` す  岡  に  転  自  そ  た  は  た  明 
 と  ス  け   ` は  服  い   ` 都  す  県  季  校  信  れ  び   ` り  の 
 伸  に  に  伸  あ  装  う  一  会  む  島  節  し  を  を  ウ  ウ  小  学 
 明  も  対  明  っ  や  だ  瞬  育  で  田  が  て  持  何  サ  サ  屋  校 
 に  い  照  だ  と  髪  け  ク  ち  す  市  変  来  っ  度  ギ  ギ  の  で 
 向  る  的  け  い  型  で  ラ  の   ° に  わ  た  て  か  小  と  掃  は 
 け  お  に  が  う  も  も  ス  子    引  る  の  貰  見  屋  い  除   `
 ら  し  な  ポ  間  皆  充  の  供  シ  っ  頃  は  お  か  に  る  を  五 
 れ  ゃ  っ  ツ  に  の  分  中  の  ン  越  だ   ` う  け  立  と  し  年 
 た  ま  た  ネ  進  羨  注  が  様    し  っ  そ  と  て  ち  何  た  生 
 の  で   ° ン  の  望  目  静  に  と  て  た  ん  思  い  寄  も  り  が 
 を  お     と  周  を  を  ま  物  呼  来   ° な  っ  た  っ  話  し  飼 
 見  節     取  囲  集  浴  り  怖  ん  た  東  伸  た  藍  て  す  て  育 
 逃  介     り  に  め  び  返  じ  で  の  京  明  訳  川  は  必  い  当 
 さ  の     残  人  て  て  っ  せ  下  だ  か  が  だ  先  時  要  た  番 
 ず  岸     さ  垣  い  い  た  ず  さ   ° ら  小   ° 生  間  が  の  と 
  ` 田     れ  が  た  た   ° 進  い     母  学     は  を  な  だ  し 
 得  朋     て  出   ° の  東  が └      親  五      ` 過  か   ° て 
 意  美     座  来     だ  京  自        の  年     少  す  っ     交 
 げ  が     っ  た     が  か  己        実  生     し  事  た     代 
     `        °     `                                    

 た  間      ┐ に      と  に  に      え     そ   ┐ 試  は  ど   ┐ に 
 人   ` 伸  や  進  ふ  な  食  ウ  総  も  と  ん  僕  験  一   ` 中  伸 
 な  自  明  あ  が  と  く  べ  サ  合   ` 言  な  だ  皆  番  あ  居  明 
 ど  分  は  ノ  立  そ  自  さ  ギ  試  周  っ  に  っ  楽  な  あ  君  に 
 い  の  慌  ブ  っ  の  分  せ  小  験  囲  て  中  て  し  の  見  は  つ 
 な  事  て  君  て  時  に  て  屋  を  の  進  居  ず  み  よ  え  ね  い 
 か  を  た  !  い   ` 似  い  の  三  皆  が  君  っ  に   ° て  ぇ  て 
 っ  今   °     た  後  て  た  真  日  は  前  勉  と  し  シ  も   ` 話 
 た  ま  突  ど   ° ろ  い   ° ん  後  進  髪  強  学  て  ン  勉  話  し 
 か  で  然  っ     に  る  ち  中  に  を  を  出  年  る  君  強  す  出 
 ら    現  ち     誰  と  ょ  に  控  通  そ  来  で  の  と  は  と  し 
 だ  ノ  れ  が     か  思  っ  座  え  し  っ  る  は └   ど  と  吃  た 
  ° ブ  た  ラ     の  っ  と  り  た  て  と  の  ト     っ  っ  る   °
    君  進  ラ     気  た  お  込  放  東  右  か  ッ     ち  て  か    
      に  で     配   ° ど  み  課  京  手  ぁ  プ     が  も  ら    
    と  び  ど     を     お   ` 後  と  で └   だ     出  出  い    
    親  っ  っ     感     ど  人   ` い  掻     っ     来  来  つ    
    し  く  ち     じ     し  参  伸  う  き     た     る  て  も    
    げ  り  が     振     た  の  明  都  上     け     か   ` 馬    
    に  し  ル     り     仕  欠  は  会  げ     ど      ` い  鹿    
    呼  た  ル     返     種  片  い  を  た     ね     年  つ  に    
    ん  の  な     る     は  を  つ  見  仕      °    末  も  さ    
    で  も  の     と      ` ウ  も  て  種     そ     の  学  れ    
    く  束  ?     そ     ど  サ  の  い  に     っ     総  年  る    
    れ  の └      こ     こ  ギ  様  た  さ     か     合  で  け    
                                °        `               

 る   ┐ て  っ      た    朋     事  事   ┐ 差      ┐  ┐ し   ┐  ┐
 じ  ウ  き  て  伸   ° と  美  お  子  が  僕  し  伸  ま  そ  付  偉  ぼ 
 ゃ  サ  た   ` 明     女  が  父  供  多  さ  出  明  あ  そ  け  い  ぼ 
 ん  ギ   ° 寂  は     の  教  さ  扱  い  ぁ  し  は  い  そ  ち  よ  ぼ 
  ° っ     し   `    子  室  ん  い  し   ` た  半  い  ん  ゃ  な  く 
 だ  て     そ  い     達  の  は  す   ` 家   ° 信  さ  な  っ  ぁ   `
 け  さ     う  つ     と  裏  ど  る  お  に     半   ° こ  て   ` あ 
 ど   `    に  も     ひ  で  う  か  じ  帰     疑  ノ  と  さ  結  の 
 本  い     笑  輪     そ    し  ら  い  っ     の  ブ  思 └   局  あ 
 当  つ     う  の     ひ  シ  て  う  ち  て     ま  君  っ     先  あ 
 は  も     目  中     そ  ン  い  っ  ゃ  も     ま   ` て     生  の 
  ` 黙     の  心     話  君  る  と  ん  つ      ` 僕  な     や  ぉ 
 も  っ     前  に     し  の  ん  う  と  ま     ゆ  に  っ     皆 └  
 っ  て     の  い     て  両  だ  し  お  ん     っ  も  な     は    
 と  与     進  て     い  親  ろ  い  ば  な     く  餌  い     面    
 食  え     が  堂     た  っ  う  し  あ  い     り  あ └      倒    
 べ  ら     急  々     の  て  と  :  ち  ん     と  げ        く    
 た  れ     に  と     を  離  思  :  ゃ  だ     人  さ        さ    
 い  た     身  し     伸  婚  っ └   ん   °    参  せ        い    
 も  餌     近  て     明  し  た     は  マ     の  て        事    
 の  だ     に  い     は  た  と     い  マ     欠  よ        ノ    
 あ  け     感  る     思  ん  同     つ  は     片 └         ブ    
 る  食     じ  姿     い  だ  時     も  い     を           君    
 ん  べ     ら  と     出  っ  に     僕  な     進           に    
 じ  て     れ  違     し  て   `    の  い     に           押    
                                                         

    戸  上      て  か      ┐  ┐  ┐ て   ┐ の  を      ┐ 慢  う  ゃ 
 鍵  締  部  伸  い  っ  伸  な  転  え  く  ね  方  思  伸  そ  し  も  な 
 の  ま  の  明  る  た  明  な  校  っ  れ  ぇ  に  い  明  そ  て  な  い 
 あ  り  影  は  だ  様  が  な  し  ?  な  ノ  顔  詰  は  そ  い  い  か 
 る  は  に  い  け  に  不  っ  て      い  ブ  を  め  ち  う  る  事  っ 
 場  絶  吊  つ  だ   ` 思  に  来  と  か  君  戻  た  ら  な  ん  ば  て 
 所  対  る  も  っ  黙  議  が  て  っ  な   ° し  表  っ  の  じ  か  時 
 も  忘  し  の  た  々  そ  同  直  と  ぁ  僕  た  情  と  か  ゃ  り  々 
  ` れ  た  様   ° と  う  じ  ぐ  っ └   に   ° に  進  な  な  で  思 
 藍  る   ° に     手  に  っ  分  と     も     ど  の  ぁ  い  叫  わ 
 川  事  野  小     元  聞  じ  か  っ     友     き  顔 └   か  び  な 
 先  が  犬  屋     の  き  っ  っ  も     達     っ  を     っ  出  い 
 生  出  が  の     人  返  な  た  だ     と     と  伺     て  し  ? 
 と  来  ウ  戸     参  す  の  よ  ち     し     胸  っ     僕  た     
 伸  な  サ  締     を  と  か   ° っ     て     が  た     な  い  本 
 明  い  ギ  ま     食   ` な  僕  ?     ウ     高   °    ん  の  当 
 で   ° を  り     べ  進  ?  達  !     サ     鳴  そ     か  に  は 
 決     狙  を     る  は └   同 └      ギ     り  の     思   ` 嫌 
 め     う  し     ウ  ま     じ        の      ` 瞬     っ  そ  で 
 た     事  て     サ  る     だ        世     慌  間     ち  れ  嫌 
 秘     も   `    ギ  で    └         話     て   `    ゃ  を  で 
 密     あ  鍵     を  聞              手     て  進     う  ぐ  ど 
 の     る  を     見  こ              伝     ウ  の     な  っ  う 
 隠     の  柱     つ  え              わ     サ  何    └   と  し 
 し     で  の     め  な              せ     ギ  か        我  よ 
        `                                                

 息      た  る  さ      の     の     数  背      て  も  |  り     場 
 も  そ   ° で  え  進  に  伸  も  も  の  に  夕  い  良  ん  も  そ  所 
 白  の      ` 切  と  気  明  進  ち  問  受  焼  た  い  と    の  だ 
 か  翌     嬉  れ  別  が  は  に  ろ  題  け  け   ° 相  染  友  鍵  っ 
 っ  朝     し  ず  れ  付   ` 教  ん  と  て  が     手  み  達  の  た 
 た  は     さ  に  て  い  意  え  伸  か  二  夜     を  入    隠   °
  ° こ     を   ` か  て  外  て  明  話  人  の     見  る    し    
 霜  の     堪  伸  ら  い  に  あ  は  し  は  暗     つ  喜  同  場    
 柱  冬     え  明   ` た  も  げ   ` な  並  闇     け  び  じ  所    
 が  一     切  は  思   ° 自  た  ラ  が  ん  に     た  が    を    
 地  番     れ  家  わ     分   ° ラ  ら  で  変      ` あ  と   `   
 中  の     な  ま  ず     が     と  歩  帰  ろ     そ  っ  進  伸    
 の  寒     い  で  走     あ     ル  い  っ  う     ん  た  が  明    
 小  波     で  一  り     ま     ル  た  た  と     な   ° 言  は    
 石  が     走  目  出     り     の   °  ° し     想  始  っ  進    
 を  遣     る  散  し     吃     違     総  て     い  め  た  に    
 持  っ     無  に  た     ら     い     合  い     が  て  事  も    
 ち  て     垢  走  く     な     は     試  る     伸  自  で  結    
 上  来     な  っ  な     い     耳     験  中     明  分   ` 局    
 げ  て     子  た  っ     で     の     に   `    を  の  伸  教    
 な  い     犬   ° た     話     形     出  木     有  心  明  え    
 が  て     の  そ  衝     し     だ     そ  枯     頂  を  の  た    
 ら   `    様  れ  動     て     と     う  ら     天  開  中   °   
  ` 吐     だ  は  を     い     い     な  し     に  い  に  何    
 朝  く     っ  ま  押     る     う     算  を     し  て  じ  よ    
                                                         

 っ     め     り   ┐     で  て  入      め  に  光  屋  か  を      の 
 と  伸  き  と  ま  大  朝  確  行  る  藍  て  ま  景  の  と  向  伸  光 
 机  明  と  最  し  変  の  か  っ  よ  川  い  み  だ  中  思  け  明  を 
 の  が  悲  初  た  残  ホ  め  た  う  先  る  れ  っ  央  っ  る  は  き 
 中  進  鳴  に └   念  |  る   ° に  生  事  て  た  に  て  と  い  ら 
 央  の  が  告     な  ム  様  伸  言  と  だ  い  の  ラ  後   ` つ  き 
 に  方  上  げ     事  ル  に  明  わ  教  っ  て  は  ラ  ろ  小  も  ら 
 置  を  が  た     に  |   ` は  れ  頭  た   `  ` と  の  屋  の  と 
 い  見  っ   °    な  ム  の  踏   ` 先   ° 半  仰  ル  方  の  様  反 
 た  や  た  そ     っ  が  ろ  み  そ  生     開  向  ル  か  周  に  射 
 両  る   ° れ     た  始  の  散  れ  と     き  け  の  ら  辺  校  さ 
 手  と     と     け  ま  ろ  ら  ぞ  が     の  の  姿  背  に  舎  せ 
 を   `    同     ど  る  と  か  れ  直     赤  白  が  伸  人  に  て 
 見  進     時     :  と  校  さ  大  ぐ     い  い  見  び  だ  向  い 
 つ  は     に     :   ` 舎  れ  騒  に     目  体  え  を  か  か  た 
 め  口      `        藍  に  た  ぎ  駆     が  が  た  し  り  う   °
 て  を     ク     ラ  川  向  霜  で  け     と  二   ° て  が  前    
 い  一     ラ     ラ  先  っ  柱  教  付     ろ  羽  た  覗  出  に    
 た  文     ス     と  生  た  を  室  け     ん  と  だ  く  来  ウ    
  ° 字     の     ル  が   ° わ  に  て     と  も  い  と  て  サ    
    に     中     ル  神     ざ  向   `    空  真  つ   ` い  ギ    
    結     か     は  妙     わ  っ  皆     間  っ  も  ウ  た  小    
    ん     ら     亡  な     ざ  て  教     を  赤  と  サ   ° 屋    
    で     ど     く  顔     爪  走  室     見  な  違  ギ  何  に    
    じ     よ     な  で     先  っ  に     つ  色  う  小  事  足    
                                                         

 先  う      に  確  み   ┐ を  の     ね   ┐ ま     っ   ┐     こ    
 生  間  う  は  か  に  小  振  後  先  ?  鍵  頷  藍  た  中  ホ  っ  伸 
 と  に  な  内  め  職  屋  り   ` 生      の  い  川  の  居  |  た  明 
 何  皆  だ  緒  た  員  の  切  伸  は  そ  あ  た  先  よ  君  ム  ん  は 
 の  に  れ  に  だ  会  中  る  明  一  れ  る   ° 生  ね  :  ル  だ  進 
 話  取  た  し  け  議  に  様  の  体  と  場     の  ?  :  |  と  と 
 を  り  ま  て  だ  で  ね  に  頭  何  も  所     諭 └       ム  思  無 
 し  囲  ま  お  か  話   ` 勢  に  を  中  は     す     昨  の  う  性 
 た  ま  伸  い  ら  し  鍵  い  い  言  居   `    様     日  後  ?  に 
 の  れ  明  て  心  合  が  良  き  っ  君  私     な     も   `     話 
 か  質  が  ね  配  う  落  く  な  て   ` と     問     同  伸  と  が 
  ` 問  教 └   し  事  ち  首  り  い  誰  中     い     じ  明   ° し 
 誰  攻  室     な  に  て  を  進  る  か  居     掛     様  は     た 
 が  め  に     い  な  い  横  の  ん  に  君     け     に  藍     か 
 殺  に  戻     で  っ  た  に  顔  だ  教  し     に     小  川     っ 
 し  な  っ      ° て  の  振  が  ろ  え  か      `    屋  先     た 
 た  っ  て     そ  い  よ  っ  浮  う  た  知     伸     の  生      °
 の  た  行     れ  る   ° た  か  と  か  ら     明     戸  に     ね 
 か   ° く     と  の  兎   ° ん  訝  な  な     は     締  呼     ぇ 
  ` 皆  と      ` で  に     で  し  ?  い     下     ま  ば      `
 お  が   `    こ   ` 角     来  ん └   :     を     り  れ     一 
 前  口  あ     の  中   `    て  だ     :     向     を  た     体 
 が  々  っ     事  居  御      ` 直            い     し   °    何 
 し  に  と     は  君  昼     そ  ぐ     の     た     て        が 
 た   ` 言     皆  に  休     れ  そ     よ     ま     帰        起 
                                                         

 を     お     休      り  し  今             大  伸  た      窓  お  の 
 時  そ  墓  も  み  茨   ` た  と  結  あ     粒  明  不  伸  に  ろ  か 
 は  う  の  ち  に  城  ま  記  な  局  れ     の  は  安  明  も  と  と 
 押  や  辺  ろ   ` の  た  憶  っ  あ  か     涙  ど  が  の  た  進  怒 
 し  っ  り  ん  僕  国  ど  も  て  の  ら     が  う  体  内  れ  を  り 
 流  て  に  ウ  は  立  こ  な  は  年  僕     溢  し  全  側  て  探  出 
 し  何  は  サ  卒  大  か  く  ど  の  は     れ  よ  体  で  校  す  す 
 て  の  新  ギ  業  学  に   ` う  総  そ      ` う  を   ` 庭  と  者 
 行  遠  し  小  以  に  引  六  で  合  れ     始  も  包  何  を   ` も 
 く  慮  く  屋  来  合  っ  年  も  試  な     め  な  ん  か  見  進  い 
 ん  も  校  は  始  格  越  生  良  験  り     て  い  で  が  詰  は  て 
 だ  無  舎  無  め  し  し  に  い  は  に     皆  寂   ` 萎  め  伸   `
 ろ  し  が  く  て  て  て  な  事  行  大     の  し  周  ん  て  明  伸 
 う  に  増  な   ` 島  行  っ  だ  わ  人     前  さ  囲  だ  い  の  明 
 と   ` 築  っ  小  田  っ  て   ° れ  と     で  に  の  感  た  事  は 
  ` 個  さ  て  学  を  て  彼  シ  な  言     声  耐  色  じ   ° な  助 
 僕  人  れ  い  校  離  そ  の  ン  か  わ     を  え  や  が     ど  け 
 も  個  て  て  を  れ  れ  母  君  っ  れ     上  切  形  し     知  を 
 過  人  い   ` 訪  る  き  親  と  た  る     げ  れ  が  た     ら  求 
 去  が  た  ラ  れ  事  り  の  も  気  年     て  ず  氾   °    な  め 
 の  抱   ° ラ  て  に  に  再  あ  が  齢     泣   ` 濫  や     い  る 
 想  く     と  み  な  な  婚  の  す  に     き  目  し  が     素  様 
 い  想     ル  た  っ  っ  が  後  る  な     出  か  出  て     振  に 
 出  い     ル   ° た  た  決  話  が  っ     し  ら  し  冷     り  お 
 に  出     の     春   ° ま  を   ` た     た  は  た  え     で  ろ 
                                °     °     °            

 進  し  警  持   ┓ 事  番     当      地  注  ン  び  て     筑      改 
 と  て  察  っ  本  件  組  何  を  乱  元  ぐ  ス  上  部  い  波  大  め 
 判  い  官  て  日  を  が  気  食  雑  の  と  タ  が  屋  つ  山  学  て 
 明  た  に  い  午  大  始  な  べ  な  お   ` ン  っ  の  も  の  院  蓋 
 し  免  殺  た  前  々  ま  く  出  卓  茶  香  ト  た  明  の  方  の  を 
  ` 許  人  包  九  的  っ  卓  し  袱  だ  ば  の   ° か  コ  か  研  し 
 言  証  未  丁  時  に  た  上  た  台  と  し  味  炬  り  ン  ら  究  た 
 動  か  遂  で  二  報  と  テ   ° の  送  い  噌  燵  を  ビ  身  室   °
 に  ら  の  通  十  じ  こ  レ     上  っ  匂  汁  に  付  ニ  を  を    
 あ   ` 現  行  分  る  ろ  ビ     に  て  い  を  電  け  で  切  出    
 い  現  行  人  頃  ニ  で  を     適  く  が  作  気  る  弁  る  る    
 ま  場  犯  四   ` ュ   ` 点     当  れ  ほ  り  を  と  当  風  頃    
 い  近  で  人  大  |  最  け     な  た  ん   ` 入   ` を  が  に    
 な  く  逮  を  阪  ス  初  る     ス  も  わ  急  れ  殺  買  街  は    
 点  に  捕  次  市  だ  は  と     ペ  の  り  須  て  風  い  を  日    
 が  住  さ  々  西  っ   `  `    |  だ  と  に   ` 景   ` 吹  も    
 多  む  れ  と  成  た  今  丁     ス   ° 辺  お  お  な  ア  き  と    
 い  二  ま  刺  区   ° 朝  度     を     り  茶  湯  室  パ  抜  っ    
 事  十  し  し  の     起  七     作     に  葉  を  内  |  け  ぷ    
 か  四  た   ` 路     こ  時     っ     漂  を  沸  が  ト  て  り    
 ら  歳   ° 駆  上     っ  の     て     っ  入  か  寒  に  い  と    
  ` 無  男  け  で     た  ニ      `    た  れ  し  々  辿  た  暮    
 麻  職  は  付   `    通  ュ     早      ° お  た  と  り   ° れ    
 薬  柴  所  け  男     り  |     速     母  湯   ° 浮  着     て    
 関  崎  持  た  が     魔  ス     弁     が  を  イ  か  い      `   
                                                         

 告         も  だ       い  か     れ         の  裂  映      の  連 
 白  も  な  知  っ  同  僕  出  に  彼  る  そ  あ  上  し  し  ア  病  で 
 さ  し  の  れ  た  じ  が  し  さ  の  事  れ  の  に  た  出  ナ  院  も 
 れ  か  に  な   °   あ  て  れ  生  が  か  同  落  様  し  ウ  に  取 
 て  し  さ  い  何  仲  の  い  て  い  出  ら  級  し  に  た  ン  運  り 
 い  た  っ   ° が  間  時  た  い  立  来  僕  生  た  蘇  そ  サ  ば  調 
 た  ら  き     あ  と  の   ° く  ち  な  は  だ   ° り  の  |  れ  べ 
 の  僕  か     っ  し  事     中  な  く   ` っ      ` 瞬  が  ま  が 
 で  は  ら     て  て  を      ` ど  な  繋  た     僕  間  柴  し  行 
 は   `  `    も  シ  誰     ウ  が  っ  が   `    は   ` 崎  た  わ 
 な  あ  胸     彼  ン  に     サ  次  た  れ  シ     持  心  進  が  れ 
 い  の  騒     と  君  も     ギ  々   ° て  ン     っ  の  の   ` て 
 だ  時  ぎ     は  と  告     小  と     る  君     て  奥  名  重  い 
 ろ  シ  が       秘  白     屋  各     か  そ     い  に  前  体  ま 
 う  ン  し     友  密  し     で  局     の  の     た  閉  を  の  す 
 か  君  て     達  を  な     の  の     様  人     味  じ  伝  模   °
  ` か  仕       共  い     シ  ニ     に  物     噌  込  え  様  四 
 そ  ら  方     で  有  で     ン  ュ     テ  に     汁  め   ` で  人 
 し  何  が     い  し  い     君  |     レ  間     の  て  画  す  は 
 て  か  な     た  た  た     と  ス     ビ  違     お  い  面 ┗   い 
 そ  大  い     か  か  の     の  番     の  い     椀  た  が     ず 
 れ  切   °    っ  っ  は     場  組     前  な     を  記  顔     れ 
 は  な        た  た   `    面  で     か  か     卓  憶  写     も 
 結  事        の  か  た     を  明     ら  っ     袱  が  真     市 
 局  を        か  ら  だ     想  ら     離  た     台  炸  を     内 
                                      °                  

                              ┏┓    て  巡  来         の  僕 
                                      い  り  て  そ  テ  で  が 
                                      た  出  い  こ  レ  は  沈 
                                       ° し  た  に  ビ  な  黙 
                               了         ` ウ  映  の  い  を 
                                         僕  サ  っ  画  だ  決 
                                         は  ギ  て  面  ろ  め 
                                         狭  の  い  は  う  込 
                              ┗┛       い  赤  た  何  か  ん 
                                        部  い  彼  時  と  だ 
                                        屋  目  の  の  い  事 
                                        の  と  充  間  う  で 
                                        真  が  血  に  焦   `
                                        ん  重  し  か  り  永 
                                        中  な  た  砂  が  遠 
                                        で  っ  目  嵐  喉  に 
                                         ` て  と  に  元  封 
                                        ひ  頭   ` な  を  印 
                                        と  の  い  っ  締  さ 
                                        り  中  つ  て  め  れ 
                                        途  を  も  い  付  て 
                                        方  ぐ  夢  た  け  し 
                                        に  る  に   ° た  ま 
                                        暮  ぐ  出      ° っ 
                                        れ  る  て        た 
                                                         
[エントリー作品一覧へ戻る]